信州・越後旅行


期間・・・・平成15年9月18日(木)〜20日(土)

目的・・・・なんとなく→パチンコ(??)

総移動距離・・・・1025Km


 平成15年9月18日(木)9:00、出発。一年振りの為、今回はのんびりと旅行する事にしよう。とりあえず、いつものごとくR139を北上し、R20へ。しかし突然アクシデント発生。想像以上に道が渋滞していた為、時間の都合上、仕方なしに中央道を使用する事にした。実は最初の目的地に乗鞍の白骨温泉へと思っていたのだが、下を走っていると、本日中に間に合わないので、やむなく妥協したのだ。いや別に、突然進路変更してもよかったんだけどね、今回どうしても行きたかったもんで。


 という訳で、中央道からさらに長野自動車道へ北上し、まずは松本インターで降りる。そこからR158をひたすら西へ向かう。


  ここは途中のダム湖。

  別に何も無いんだけど、

  なんとなくパチリ。

 

 この辺りは狭いトンネルが多いし、交通量も多いので、慎重に運転すべし。


R158から白骨温泉までの道。

はっきり行って激細。

休日は絶対通行しない方がよろし。

少々遠回りだけど、スーパー林道経由が

お勧めです。もう絶対ね。

 

 ようやく第一目的地へ到着。

 白骨温泉「泡の湯」。

 今回で2回目なのじゃ。

 お湯は真っ白。写真で見せられないのがちと残念。

 ここの温泉水は飲むことが出来るんだけど、不味いっす。

 

 という訳で、とりあえず当面の目的地は制覇。次の目的地は・・・・決まってないんだなこれが。ナビで検索してみると、ふむふむ下呂まで約3時間か。今は3時30分だから丁度いい頃に着きそうだ。R158へ戻り、さらに進路を西へ。安房トンネルを抜けるまでは順調だったが、平湯トンネルのど真ん中で突然アクシデントが発覚した。

 「・・・・け、携帯が無い!!」おおおおお、なんということだ。そういえば温泉でシャツを着るときに、ポケットに入れた記憶が無い。ぐわーーーー。ここまで来て引き返すのか。・・・・仕方ない。まさか温泉の人に「家に送ってください」なんてとても言えないので、元来た道を引き返す。現在16:10。たまたま見た入浴時間は17:00でだから、あと1時間弱で温泉にたどり着かないとしゃれにならん。誰かに悪用でもされたら、目も当てられないし。急遽Uターンし、自分の持てる限りの全てを出して、元来た道を引き返す。まさにぎりぎりの限界走行!。間に合うのかオレ!! 

 ・・・・間に合った。時刻は16:50。ギリギリだ。当然人影は無く、受付の人は、オレの顔を見たとたんに、笑いながら「携帯ですか?」だって。そのとおりでございます!

 ・・・・さて、これからどうしよう。行く当てが無い。とてもじゃないが、もう一度下呂へ向かうなんてイヤだし。そうだ、京都行こう!いや違った(東海地方限定)。西がダメなら東しかない。辺りが暗くなってきたので、早いとこ下ろう。・・・・ということで、とりあえず松本へ到着。松本城を見ようと思ったが、もう暗くてシルエットしか見えない。写真も無理だ。「・・・・今日はもうだめだな」。ならば、次はどうするか。

「善光寺なんかいいんじゃない?」
「・・・・OKでござい。」
・・・・独り言です。

 20:00、長野へ到着。途中吉野家で晩飯をすませ、宿をさがす。すると善光寺のすぐ側に旅館を発見。たくさん。・・・・当たり前か。観光地だから。その中の一軒をATTACK。「すいません。部屋空いてます?」


突然の訪問に、出てきたおばあさんはびっくり。

当たり前か。

ちなみに、これは出発の時に

撮ったものです。


 暗くて分からなかったが、

 部屋は相当古い。

 このクーラーはいつの時代のものだ?

 

 なんとも古い旅館だ。マヂで座敷わらしが住んでるんじゃないか?と思ってしまった。金庫も無い。部屋の鍵も無い。貴重品は何処へしまえばいいんだ?。「・・・・いや、贅沢は敵だ。」戦時中のスローガンのような言葉をつぶやきつつ、新潟のアレジン♂氏に連絡。「今何処にいると思う?」などとメールのやりとりをしているうちに、なぜか新潟は長岡へ向かうことになった。Yagipon氏のお勧めの木崎湖でもよかったが、そちらはまた今度の機会に。


朝一番で、善光寺へ参拝。

さすがに朝は人が一人もいない。

いや、2、3人いたんだけど、

カメラを構えて、無言の圧力を加えていたら、

そそくさとどいてくれた。

長野はいい人ばかりだ。


善光寺の山門。

非常に大きく、立派であるが、

残念ながら、現在工事中。

 

 見にくいですが、

 鴨を撮影。

 亀も数匹いた。


 小一時間程散策した後、いよいよ新潟へ向けて出発。が、その前にアレジン♀さんのお勧めで小布施のアイスとやらを試食しに行く。


・・・・石を投げないで下さい!。

本来は「おみやげ」として頼まれたのだが、

いかんせんさすがに溶けてしまうので、

「写真」でおみやげ。

おいしかったよーん。


 アイスの写真を撮る時は少々恥ずかしかったが、もう二度と会わないのでお構いなし。最近旅に出ると、恥ずかしいという感情が麻痺しつつあるような気がする。いい事だ。・・・・たぶん。
 まだまだ時間はありそうなので、温泉に向かう。とりあえず近場を探すと、・・・・たくさんあるな。じゃあ蕨温泉とかいうところに行ってみるか。


 300円という格安の料金に、

 一抹の不安を感じつつ、入浴。

 予感は的中。

 シャンプーも、ボディソープもない!。

 なにも出来ないので、湯船に浸かって、終わり。

 露天風呂からの景色はいいんだけどねぇ。


 さて、寄り道も終わり、いよいよ長岡へ向かって今度こそ出発。R117へ進路を戻し、さらにR17をひたすら北上。途中幾つもの温泉の誘惑にひたすら我慢し、15:30、ようやく長岡へ到着。が、さてさてアレジン♂氏からの連絡を待つ事になるが、一体いつになることやら。仕方ないのでパチンコでもして時間潰しますか。

 ・・・・「ここにするか」。見つけたのはNo.1というパチンコ店。とりあえず立地条件はいいし、客の入りもまあまあ。1000円単位でしかタマを購入できないが、まあ我慢しよう。機種は・・・・不明。何やら戦国もののようだ。・・・・おお、2000円でいきなりかかった!しかも再抽選で確変Get!なかなかの出だしだ。さらに次も確変だ。すばらしい。が、次はノーマル。終わってしまったぜ。3箱か。少し様子を見ようかな。・・・・1箱飲まれた。やめにしよう。そのまま他の台で打ってもよかったが、気分転換に他の店に行こう。・・・・おっとっと、その前に換金か。ふむふむ、しめて12000円也。1時間弱で10000円Get!晩飯はオレのおごりかな。

 ・・・・なぜ店を変える気になったのか。これが運命の分かれ道というものか。この後、Specialなドラマが待っていた。

 現在17:00。次に来たのはダイナムというパチンコ店。少々町のはずれにあり、車もまばら。とてもじゃないが出そうに無いな。まあいいや、所詮は時間潰し。さっきの10000円もあるし、気楽に行こう。・・・・無いな。「これだ!」という台が無い。やたらと回転数0の台が多い。当然人影もまばら。が、何もしない訳にはいかないので、仕方なしにパッキー2000円を購入し(まだパッキーなんぞ使っているんかい!)、最新の海物語の一つに座る。・・・・ギョワンギョワンギョワン。おおお、1000円でいきなりかかった!しかも確変。ドノーマルリーチからの大当たりはいつ見ても気持ちええのう。とりあえず、時間潰しはできそうだ。このまま待ってりゃ、そのうち連絡来るだろう。などとのほほんと考えてたら・・・・。

 ・・・・18:00、まだ来ない。・・・・・・・・18:30、まだ来ない。・・・・・・・・・・・・19:00、まだ来ない。ええかげんにせい!一体いつまで待たせるんかい!!もう疲れた。もうやめる!!・・・・と言いたが、実はオレはやめたくてもやめられない状態にあった。というのは、始めてから2時間、ずっと連チャンしっぱなしだったのだ!!途中確変中に300回転のはまりを2回経験していたが、それでもタマは順調に増え続け、8箱になっていた。周りの視線(といっても4,5人位だけど)は大当たりする度にオレに集中し、店員も「勘弁してくれ」と言わんばかりの顔。かくいうオレも勝つのはうれしいが、一日中車を運転したりしていたので、いいかげん疲れてきた。「もういいよ、もう十分勝ったから終わってくれ」。らしくないが、これが本音。少々弱気になったところで、ようやくアレジン♂氏からTEL。話によるとアレジン夫妻ともう一人来るらしい。別に何人でもOKだ。「彼らが来る頃には、終わっているだろう」。何の根拠も無いが、なんとなくそう思った。

 ・・・・が、現実はそんな生易しいものではなかった。30分程で彼らは到着したが、オレはまだ台とニラメッコ。「ワリい。もうちょい待ってて」。なぜか勝っているのに、謝っているオレ。待っているはずなのに、待たせる側になってしまった。この時点で11箱。飯をおごるにしても十分な量だ。・・・・ようやく確変が終わった。残りの100回の時短をクリアすれば晴れて自由の身。飯にありつける。昼に唐揚げ定食を食べて以来、何も口にしていない身には、今の状況はちとつらい。ちょっとした喜びに打ち震えていたその時・・・・ギョワンギョワンギョワン。またかよ!!しかもノーマルで当たったと思ったら、再抽選で確変へ。うれしくも気分はブルー。一体いつまで続くのだろう。

 そんな折、珍現象が発生。パチンコジャンキーのアレジン♂氏はどこぞへ行ってしまい、となりで見ていたアレジン♀さんにタマを横流ししていたら、なんといきなり確変Get!.しかもドノーマルリーチで。おいおい、勘弁してくれよ。そんなつもりじゃなかったのに〜、といいつつ、オレは順調に15箱。この後、2人+1(アレジン♀さんのお友達)で大当たりする度に大騒ぎしているのに対し、周りは完全にしらけムード。「勝手にやってくれよ」といわんばかりの視線が突き刺さる。が、もはやそんなものはどうでもいい。完全に開き直ったオレは、飯の事など忘れ完全にパチンコに集中する。こうなったとことんまでやってやるぜ!!

 ・・・・ようやく連チャンが終了した。大当たり回数19回、18箱。最後に少し飲まれたが、まあ十分でしょう。というか、十分すぎる。満足度120%。換金すると106500円。たった1000円でここまで出すなんて、すごいぞオレ!よくがんばったオレ!!いや、今日だけはマジで自分を誉めたいと思ってしまった。空腹の代償は、久々の大勝ちというご褒美でした。

 では他のお三方はどうなったのだろう?アレジン♂氏は、500円で大当たりしたらしいが、どうやら飲まれたらしい。その後もパチスロですってしまったようだ。南無三。それに対してアレジン♀さんは投資金額0円で大当たりし10連チャン。56000円勝ちだって。アレジン♀さんの友人Sさんはオレの使いかけのパッキー1000円でいきなり大当たりするが、残念ながら飲まれてしまったようだ。今日の様子を見ていると、当分アレジン♂氏は、アレジン♀さんに頭が上がらなさそうだ。ちなみに、勝った時の写真を撮っておけばよかったと、後で思った。

 22:00過ぎに、ようやくパチンコから開放される。「飯だ。飯に行くぞ」。といっても、そんな時間ではやってる店も限られてくる。焼肉ならやっているだろうということで、アレジン夫妻お勧め(?)の焼肉店へ。その名も「カルビ大帝」。近所に「カルビ大将」や「カルビ一丁」というのがあるが、それの親戚か?。別にカルビじゃなくても「ロース大将」や「ホルモン大帝」でもいいじゃん。別にいいんだけどね、そんな事。とりとめのない会話をしていたら、何時の間にか0:00。では帰りますか、・・・・いやその前に清算か。

「14xxx円です」
「天戯さん、ごちそうさま」
「どういたしまして」

・・・・オレのおごり。たまにはいいでしょ、こんな事も。

 宿はアレジン夫妻の愛の巣。本来なら「夜はまだまだ長いよ」などと言いつつ、深夜まで無駄話をするんだけど、明日は朝から用事があるとかで、そのままばたんキュー。


・・・・朝、異様な気配を感じ目を覚ますと、アレジン♂氏が「号外ですー」などとほざきながら、ちらしをばらまいている。・・・・・・よく見たらパチンコの広告ばっかじゃん。もう行かねーよ。簡単に朝食をとり、いよいよお別れ。R17まで案内してもらい、アレジン夫妻は新潟方面へ、オレは群馬方面へ。

 ・・・・結局、何しに長岡へ来たんだろう。アレジン夫妻に会いに来たはずなのに、パチンコの記憶しかないぞ。まともな会話もしてないし。と言っても、もはやどうしようもないので、どこぞで体をさっぱりさせよう。


道の駅にある温泉。つーか、温泉がメインのようだ。

かなりの設備で900円は格安。

タオルや着替えもあるし。

さすが新潟。道の駅もスケールが違うぜ。

 

 心も体もリフレッシュ!されたオレは、再びR17を南下。三国峠の手前で関越自動車道へ。なぜって、三国峠ってしゃれにならないくらいスーパーな峠道だから。いや、道そのものは悪くないんだけど、とにかくイヤになるほど長い。途中に何も無いし、はっきりいってつまらん。景色も見えるのは山ばっか(当たり前か)。とりあえずここだけでも越えないと、話にならないのだ。時間もかかるし。


  三国峠手前でパチリ!。

  さすがに運転しながらだと苦しいぜ。

  この辺りは車の通りが少ないので、

  多少車がブレても大丈夫!。

  ・・・・本当か?


 長い長い関越トンネルを抜けると・・・・おや?何も見えない。あたり一面真っ白やんけ!。うおーーーー!!関東地方に入るなり、雨と霧のダブルパンチ。マヂですか??

 「・・・・帰ろ。」突然、何処にも行く気にならなくなった。晴れてたらもう少し何処かを見に行けたけど、なんかもー興ざめしてしまった。途中で高速降りるのもかったるいので、圏央道の入間インターまで高速を使う。この後はR16からR127へ南下するだけ・・・・のはずだった。が、大事なことを忘れていた。そう、ここはTOKIO。当然の如く道は大渋滞。日本中の車がこの地に集結したかのような膨大な量だ。なにしろナビの渋滞迂回路すら渋滞中という、手の施しようの無い状態。「・・・・仕方ない。どこぞで休もう。」入間インターの辺りでは15:00だったのに、厚木に着いたのは18:00。
 疲れたのでちと休憩することにしようと思い、早速ナビで検索すると、飯山温泉というところを発見。早速行って見ることにしよう。


・・・・なんというか、今までで最悪の温泉(旅館兼)。

イスが二つしかないし、

風呂も露天風呂(しかも小さい)の一つ。

これで900円は高すぎる!。

2度と来ねーよ、こんなとこ。


 飯山温泉を後にして、一路My Homeを目指す。箱根辺りで気分直ししたかったが、時間が時間だけにあきらめた。箱根は近いから何時でも行けるし(と言いつつ、実はまともに一回も行っていない。休日はこれまた大渋滞なので)。結局9時頃家に帰り着いた。

 結局、何の為の旅だろう?温泉めぐりのはずだったのに、パチンコの大勝が頭から離れない。そっかー、今回はパチンコ旅行だったんだ。・・・・なんかイヤだな。まあそれはそうと、なんとも前半と後半のギャップの激しい旅でした。