つぶやき2011


  2011年12月31日(土)
 今年もあとわずかとなりましたね。最後にあんまあれこれ書くのは好きでないので、今年もっとも記憶に残ったことでも書こうと思う。

 ん~・・・・やっぱあれかな。パテですかね。いやね、あのテレビCMを見るたびに、どうしても思い出してしまうんですよ。。自分の顔を造形するなんて、世の中の女性はなんて器用なんだろうと感心してしまったよ(´・ω・`)
 あ、別にオレはクリアエステヴェールがダメと言ってるわけではなく、ただそういう風に見えたってだけの事なので、買わないほうがいいとかそんなこと全然思ってないので念のため。


 ・・・・もちろん嘘です。つ~か、こんなもんで締めたらさすがにどこからか怒りの声が聞こえてきそうなので、もうちっとだけまじめな話を少しだけ(´・ω・`)


 オレは、去年まで、自分のため込んだ知識をネット等で補完しながらあれこれ書いてきたが、東日本大震災、特に福島原発事故で状況が一変した。今までのような書き方では全く起こっている現実に追いつかないからだ。
 どうしようか散々考えた挙句、とにかくあちこちにちらばっている記事を必死になって集め、それをそのまま転載し、申し訳程度に自分のコメントを添えることにした。大事なのは記事であって、オレのコメントなんぞおまけで十分だからだ。

 んでまあいつの間にか今のスタイルが定着してしまったわけだが、今度はあまりに容量を食い過ぎて容量不足になってしまい、泣く泣く一部のエントリーを削除する羽目になってしまったわけでして。。おそらく来年からはまた昔のスタイルに戻る・・・・かもしれない。。まだなんも考えてないです(´・ω・`)

 とにかく、今年はいろいろな事を考え過ぎて無駄に忙しかった気がする。。なので、来年はゆっくりのんびりエントリーを考え、もっと深く掘り下げて書けたらいいと思う。・・・・希望ね希望。


 それではみなさん、よいお年を(*´∀`*)ゞ

  2011年12月29日(木)
 前回書いたとおり、思い切り風邪を引いてしまい、延々寝込んでました(´-ω-`)
 おまけに治りかかった頃にここでは言えないような場所が真っ赤っ赤になり、「なんじゃこりゃ?」って思ってる間にどんどんひどくなり、ついには発疹が出てめちゃめちゃ痒くなってしまって、もう大変な状況にヽ(´Д`。)ノ
 どうにもやばくなったので皮膚科で状況を説明すると、


「薬害の可能性があるね」


 だってさ。。


( ・ω・)モニュ?


 いや、オレが飲んだのは漢方だけなんですが・・・・

 すると先生曰く、「漢方でも合わない場合があるよ」だってさ。。しかも、最初は大丈夫でも服用しているうちに徐々に合わなくなることもあるんだそうだ。。


 そんなわけで、風邪薬関係は全く飲まずに発疹の治療に専念することにした。ちょうど風邪自体は治りかけだったので、まあなんとかなるだろうということで。。

 ・・・・ただ、少し問題があってですね。。その発疹の薬というのがめちゃめちゃ眠くなるんですよ。。しゃれにならないくらい。。それを朝と晩に飲むのだから、結果1日中ねむねむの状態で、完全にプチ冬眠モードになってしまったんですよヽ(´Д`。)ノ


 ・・・・そんなわけで、前回の更新以来、風邪とその発疹止めの薬の影響で、ほとんどなにもできませんでした(´-ω-`)  今日になってようやっとまともな思考ができるようになったので、こうして更新した次第です。。

 それと、何の薬の害かをきちんと調べるにはちょっと時間がかかるんだそうだ。血液検査という方法もあるが、どうもその時の症状等によっても薬害が出たり出なかったりするらしく、なかなか見つけるのが困難なんだそうだ。
 1番いいのは、入院して薬の量を調整しながら検査する方法らしいが、そこまでするのは面倒なので、遠慮しといた。まあ、最悪また風邪を引いたときに確かめればいいかって感じだ。・・・・できれば出てほしくないけどね(´-ω-`)


 そういうわけで、今年も年末恒例となりつつあるサタンクロースからのありがたくないプレゼントをいただきました( `д´)  
 ・・・・ほんと迷惑な話だよな(´-ω-`)


 今日のど~でもいいこと。
 御覧の通り、年末ずっとぐだぐだだったので、未だに年賀状を1枚たりとも書いていません。数日遅れでいつもどおりの?チョ~手抜き年賀状が届くと思うので、そのつもりで(´・ω・`)

  2011年12月19日(月)
 先日、かかりつけの病院に健康診断に行ったんですよ。そしたらさ、ドアを開けて入った瞬間に目まいがして、その場で倒れそうになってしまったよ(;´Д`)  しかも、その後待ってる間中吐き気もするし、も~最悪の状況だったよ(´-ω-`)
 原因は、陰の気とでも言えばいいのか、病人が発する気のようなものだと思うのだが、いままでかかりつけの病院でそんなことがなかったので、ちょっとショックを受けてしまった次第でして(´-ω-`)

 ああ、知らない人のために補足しておくと、オレはちょっとだけ霊感体質で、霊地・・・・今ではホットスポットと言ったほうがいいのか。まあ、そういった場所に敏感に反応してしまうんだが、それだけでなく、墓場のようなあまりよろしくない気を発する場所にも反応してしまうんですよ。。
 んで、そのよろしくない場所の一つが病院で、中でも大病院がよろしくない。さらに場所を限定すると、エレベーターやトイレのような狭い場所は最悪で、これも入った瞬間にくらくらしてしまう。幸いオレのかかりつけの病院は小さい病院だったためか全く気にしないでよかったのだが、先日はじめて目まいを起こしてしまったので、これからがちょっと心配だったりする・・・・。。

 まあそれはともかく、目まいと吐き気を我慢しつつもどうにかこうにか検診を終了、帰宅したのだが、その日の夜からどうにも調子がおかしい。どうやら風邪を引いてしまったようなのだが、ひょっとして、病院で風邪をもらったか、それともお袋が友人からもらったものをさらにうつされたか・・・・??
 どちらにせよ、現在マスク姿でこれを書いている最中で、とてもみっともないのだが、誰も見てないので大丈夫だろう。。

 完治にはもうしばらくかかりそうなので、しばらく養生しています(´・ω・`)


 ニュースを見ていたら、とうとう?金正日が死亡した模様。
 ・・・・人の死を嬉しがるのもどうかと思うが、やはり「ようやっとか」という思いだ。これで朝鮮半島が安定化してくれたらいいのだが、あのデブの息子を見る限り、ちょっと期待できないかも。。まあ、それでも当分はおとなしくしてると思われるので、その間に北朝鮮包囲網をしっかり構築するのがよろしいかと。

  2011年12月13日(火)
 AFPより。ノルウェー銃乱射容疑者は「妄想型統合失調症」、精神鑑定

 7月にノルウェーのオスロで銃を乱射して69人を殺害したって事件があったことは覚えていると思うけど、その犯人であるアンネシュ・ベーリング・ブレイビクに「妄想型統合失調症」という診断結果がなされたそうな。ようは、「責任能力がないから罪には問わない」ということだ。今後のことはまだ不明だが、おそらく精神病院で治療し、治ったら退院・・・・となるのだろうが、ノルウェー国民はそれで納得できるんですかね??(´・ω・`)

 まあ、これだけの事件なので、そのまま一生病院で隔離となる可能性もあるわけだが、オレ個人の感覚ではどうにも納得がいかない。
 そもそも、精神異常があるから犯罪を起こしても犯罪にみなされないっておかしいと思うんだが、どうなんだろう??
 だってさ、被害者からすればやられ損なわけじゃん。精神異常者に危害を加えられたり殺された場合。こんなバカな話ってあるか??

 オレとしてはさ、精神異常があろうとなかろうと、きちんと犯した罪に対して刑を確定させるべきだと思うんですよ。んで、治療が完了した時点で刑を服役させる・・・・とすればいいんでないかと思うんですが、いかがなものでしょう?(´・ω・`)

  2011年12月10日(土)
 最近書く気が全くおきませんがね(´-ω-`)  ただ、全く更新しないとマヂで冬眠してるんじゃないかと疑われるので、少しだけ(´・ω・`)


 韓国の排他的経済水域内で中国の漁船が違法操業してるんだそうだ。んで、それを取り締まるために韓国の警備艇が出動するのだが、どうも中国の漁船は甲板にフェンスを張って乗船できないようにしたり、棒を横向きにつけて巡視船を近づけないようにしたり、偽の韓国国旗をつけたり、赤壁における曹操の連環の計のごとく漁船を横に数隻くっつけたり(笑)、どんどんやり方が巧妙・・・・というか、笑える状況になっているらしい。


 こんな感じ(笑)


( ´∀`)ギェエ工エェッハハ八ノヽノヽノ \

 いやもう爆笑ものの方法ですね(・∀・)

 とまあこんな感じで、オレとしては、「いつも日本の領海で違法操業している韓国ざまぁ!」という気持ちなのだが、それと同時に「もしこんなアホな連中が日本の領海に来たらどうするか?」という思いもある。
 とりあえず、海上保安庁は韓国警備船の取り締まり方法を研究し、対抗策を考えておいたほうがいいね。最悪、実弾直撃させるくらいの覚悟は必要かと。。まあ、それは先の尖閣諸島で承知してると思うけどね(´・ω・`)


 今日の豆知識。
 ここ数日は極寒の寒さで、部屋で凍死しそうですが、めちゃめちゃ暖かくして寝る方法を教えます。
 その方法は単純。
 普通は、毛布をかけてから羽毛布団をかけると思うけど、それを逆にして、先に羽毛布団をかけ、その上に毛布をかけるだけ。たったこれだけで暖かさが全く違うのです(*´∀`*)ゞ
 
 たぶん、ほとんどの人は「そんな馬鹿な」と思うかもしれない。かくいうオレも最初は信じなかった。しかし、ものは試しと一度やってみたら、ほんとにこちらのほうが暖かかった。一度騙されたと思って試してみそヽ(*´∀`)ノ

  2011年12月1日(木)

(★´-ω-).。oOO グゥグゥ


(*´∀`)ノシ)`з゜)';・∴


いきなり何するんだよ。痛いじゃないか(´・ω・`)


[壁]ω・)なにするのじゃないですよ。何寝てるんですか


も、もうすぐ冬だから、冬眠の準備をしていただけだよ(´・ω・`)


[壁]ω・)あなたは熊ですか!


違うけどさ、冬って寒くて動きたくないじゃん(´・ω・`)


[壁]ω・)なんてぐうだらな・・・・。一度、寒中水泳でもやって心身を鍛えなさい


そ、それは勘弁して。昔、真冬に禊をやって花畑を見たことあるんだよ(´・ω・`)


[壁]ω・)じゃあ、せめてもう少ししゃきっとしなさいな


分かった。気をつけるよ(´・ω・`)

  2011年11月22日(火)
 変な夢を見たので、そのことでも書いてみようかと(´・ω・`)

 どういうわけか全く知らない土地に住んでいるのだが、不意に海が見たくなった。んで、海まで行くことにしたのだが、結構な距離があるので、のんびり自転車で行くことにした。
 知らない町だが、なぜか海へのルートは知っているようで、迷うことなく走る。
 オレはあまり車の通らない細い道が好きなので、できるだけそういうルートを選ぶのだが、途中で幅1メートル弱くらいの道があったので、そちらを通ることにした。そこは道というより畑の淵を潰して平らにしただけのあぜ道って感じの道なので、当然舗装もなくでこぼこしている。もちろんなんでそんな辺鄙なところを通るかは自分でも分からん(´・ω・`)
 その細い道をさらに進むと、今度は繁華街に出た。かなりの人通りがあり道幅も広い。しかし、その道は曲がりくねっていて、どうにも走りにくい。道の左右には店が並んでいて、その店の裏側には高さ10メートルくらいの金網があり、そこに様々な商品が展示してある。オレはそれらを見ながら走るのだが、上を見ながらだし人が多いので、すぐにぶつかりそうになってしまう。
 そこを抜けると、今度はT字路にぶつかった。その先には川が流れている。川幅は結構広く、100メートルくらいある。オレはそこを左に折れて、そのまま進む。すると、前方に信号があり、そこにその川を渡る橋があった。ちょうど青信号だったので反対側に渡り、橋を渡る。
 ・・・・のだが、自転車が通るところはなぜかトンネル状になっていて、中は真っ暗。ライトもない。しかもなぜか中にはガスか煙が充満している。すぐ横は車がたくさん走っているのだが、その橋を渡る歩行者は全くいない。
 オレは意を決してそのトンネル状の橋に入るのだが、当然中は何も見えない。それでもゆっくり進んでいたら、いきなり「ガシャン!」って感じで何かがぶつかった。どうやら、対面からの自転車とすれ違いざまにぶつかったようだ。ただ、ちょうどペダルの部分同士がぶつかった程度なので、怪我とかはなかった。オレは「すいません」と言おうとしたが、相手は何事もなかったかのように去ってしまったので、オレもそのままその場を去った。
 しばらく走ると、トンネルを抜けた。ほっと一息つくと、誰かに「さっきぶつかったけど大丈夫?」と声をかけられた。

 ・・・・と、この時点で目が覚めました(´・ω・`)

 個人的には、トンネル状の橋の部分が何やら意味深な気がするのですが、どうなんでしょう??声をかけてきた人も気になりますが、知ってるような知らないような感じで覚えてません。。まあ、所詮は夢なのでど~でもいいですが(´・ω・`)


 今日のど~でもいいこと。
 猫を撫でてやると、必ずオレの背中に回ってぴったりくっついてしまうのだが、あれってなんででしょうね??(´・ω・`)

  2011年11月15日(火)
 今日はプチネタ・・・・というわけではないですが、ちょこちょことこしたものを紹介です(´・ω・`)

 一昨日、日経の記事を紹介したけど、どうもあれは野田っちが提案したものらしいですね。。ここに画像が掲載されてるんだけど、これを見ると、確かに「日本は非関税措置を含め、全ての品目・分野を交渉の項目とする用意がある。交渉の中でしっかり議論していきたい」と書いてある(5段目)。
 つまり、あちこちで日本政府が提案したっていう記事が本当で、アメリカが「そんな事実はなかった」っていうのは、あくまでフォローだったってことか。。

 ・・・・なんか、日本で言ってたことと全然違うんですが。。んでさらに、産経によると、発表訂正せずと米政府 野田首相のTPP発言「すべてを交渉のテーブルに乗せる」と、こちらもオレが聴いたニュースをひっくり返しやがった。
 結局、いつもの「日本の意図が相手に伝わらなかった」ってことか??

 ・・・・違うな。。上の画像を見る限り、どう贔屓目に見ても「アメリカの言い分が正しい」ってなってしまう。。
 これはもうオレの予想していた「アメリカの圧力」だけではなく、「野田っち政権も不利(というか無謀)な条件を望んでいる」と言わざるを得ないような気がしてきた。。ってか、実際そうなんだろうけどさ。結局、アメリカも野田っち政権も、どちらも日本を潰したいってことかよ( `д´)


 現代ビジネスに、1月までに「M9地震」が来る北大研究員の根拠とはなんて記事がある。どこまでほんとか分からないが、もしこれが本当なら、とりあえず関東近辺は非常食や避難の準備をしたほうがいいかもね。
 しかし、この手のものって今まで当たった試しがないような・・・・。。


 AFPには、認知障害進んだ患者で初の安楽死、オランダなんて記事がある。個人的には、これは日本でも導入すべきだと思う。何かあればすぐに人権云々抜かすやつがいるが、どうにも苦しくて死んだほうがましという人もいる。
 例えば、オレの祖母だ。
 聞いた話だと(オレは別居中)、祖母が体調を崩して入院したのだが、どうもやたら痰が詰まってしまうようになったらしい。しかし、それを吐き出す力がなく、喉にどうしても詰まってしまう。それを出すために看護士が吸引機を喉に突っ込むのだが、それがとても苦しいんだそうだ。やっとのことで吸い出したはいいが、少し経つとまた痰が絡んでしまい、また看護士を呼ぶ羽目になる。それが1日に何回もあるんだそうだ。大きな病院には新しい吸引機があり、それだと少しは楽らしいのだが、家からではちょっと遠く、移すことができないので、結局そのまま苦しい思いを続けるしかない。そんな状態が延々続くと、誰だって精神的にまいってしまうだろう。
 本人も、介護しているお袋も相当苦しかったらしく、「早く楽になりたい」と言っていた。しかし、当然そんなことはできない。不思議なことに、患者や介護人の思いより、他人の「命は大事に」という倫理観のほうが重いのだ。
 分かる??
 人権至上主義者の「人の命は地球より重い」というくだらないキャッチフレーズが、患者本人や介護人を苦しめているんだよ。。こんな馬鹿な話ってあるか??現実を知りもしない人権至上主義者なんて糞喰らえだ。


 昨日、もうしばらく中国バブルは弾けないだろうってなことを書いたが、AFPに中国の不動産市場が下落、世界的な影響もとか出てるし。。う~~ん。。来年あたりやばい・・・・かも??(´・ω・`)


 今日の豆知識。
 怒っている顔と、苦しんでいる顔は、ほとんど一緒なんだそうです。つまり、「こいつ何怒っているんだ?」って思うような人は、実は(痛み等で)苦しんでいる可能性があるってことです。少し周りの人を注意して見てあげましょうね(´・ω・`)

  2011年11月14日(月)
 大紀天より転載。上海の霧に発がん物質=復旦大学の研究

---

【大紀元日本11月11日】上海市内で発生する霧は色が濃く、発がん性のある多環芳香族炭化水素(PAH)を多種類含んでいたことが、復旦大学の研究で判明した。地元メディア・新民網が10日に報じた。
 霧の成分を分析したのは、上海市内にある名門・復旦大学の陳建民教授が率いるチーム。同チームは上海市市街地のいくつかの場所で霧を集め、その成分を分析した。その結果、霧1リットルあたり0.03~6.67マイクログラムの発がん性物質PAHが検出された。国内外の他の地区に比べ含有量が高いという。
 チームメンバーの李想博士は、PAHは化石燃料の燃焼や自動車の排気に由来すると説明している。特に冬は暖房使用で化石燃料の燃焼排出が多く、霧の発生 しやすい季節でもあるため、汚染の程度がより深刻になる。「霧が濃い時は、できるだけ外出を控え、早朝の運動も取りやめた方がよい」という。
 一方、上海市環境観測センターの伏晴艶シニアエンジニアは、「たばこの煙や炒め物を調理する際に出る油煙にもPAHは含まれている」とし、霧に含まれるPAHはそれらに比べかなり少ないと話している。


---

((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 上海とはなんて恐ろしい土地なんでしょうね。。ただ普通に住んでいるだけで癌の危険性があるとか・・・・。。
 おそらく日本からもたくさんの人が仕事関係で上海に行ってると思うけど、できるだけマスクをつけて外出したほうがいいかもね。ってか、そのうちガスマスクを着けて外出することになるかも・・・・。。上海恐るべし!ですね(´・ω・`)
 そういえば、昔上海に住んでいた人が「スモッグがひどくて、1回も星を見たことがない」って言ってたっけか。そのスモッグが偏西風に乗って日本に運ばれる・・・・。。東シナ海に見えない壁でも作ったほうがいいんじゃないか??(´・ω・`)


 もう1つ大紀天より。経済学者:中国のGDPはマイナス10%

---

大紀元日本11月7日】経済学者で香港中文大学の郎咸平・教授は、10月22日の中国瀋陽市での講演で、中国経済に関する爆弾発言をして注目されている。同教授は自らの統計として、中国の国内総生産(GDP)は増加するどころか、マイナス10%であり、政府公表の9%ではないと明言したほか、中国は日本のバブル経済崩壊の過ちを繰り返すと予測した。極秘内容であるはずの同講演だが、最近はインターネットで音声ファイルが流出し、関心を集めている。

 郎咸平氏は講演前に、予め今回の講演内容をインターネットに公開しないよう要求した。「そうしないと皆が困る。なぜならば、私が今日これから言おうとし ているのは全部本当のことだから。今日の体制下では、本当のことを言ってはならない」と同氏は語り、講演参加者に対して、4原則を宣告した。つまり、現場を撮影してはならない。録音してはならない。メディアを入れてはならない。講演の内容をミニブログに公表してはならない。

 同氏は、中国体制の内部は上から下まで全部虚言を繰り返しており、すべてのデータは捏造されたものであると語った。

 上海電視台の経済評論番組「財経郎閒評」と広東衛視のニュース評論番組「財経郎眼」のレギュラー解説者を務める同教授は、メディア報道への規制が非常に厳しく、政権にとってマイナスなことは全部報道できないことを嘆き、番組の制作も非常に難しいと語った。

 同氏は、中国の借金は36兆元(約432兆円)に達しており、必ず破綻すると予測した。

 中国財政部がこのほど、上海、浙江、広東、深センなど4つの地方政府に、債券発行の権限を与えたことについて、同氏は、「皆さんは朗報だと受け止めているかもしれないだが、私に言わせれば、もうアウトだ。国の経済が破綻しかけているのに、まだ債券を発行しているのか」と述べた。

 中国の投資市場について、同氏は「氷と火が同時に存在している」と例え、「わが国の投資市場はどの国にも存在しない。株価が下落し続けており、4月末か ら昨日までに株価指数が3000強から2313までに下落した。にもかかわらず、その他の市場、例えば、不動産や、自動車、贅沢品、骨董芸術品などの市場 は持続的に上昇している。全世界において中国だけがこのような様態を示している。根源は、国の経済が病を患っていることにある」と話した。

 同氏は、中国統計局がこのほど公表した9.1%の経済成長率は、虚偽データであると主張し、インフレ率の6.2%も偽りであり、少なくとも16%であると発言した。

 「いまの政府のすべての政策はこの病を患っている経済に強心剤を注射し、解熱剤を飲ませているだけだ。病の根源を突き止めていないので、これからは重体に陥る。政府は経済の素人だから、このような道を辿ってしまっている。中国経済はすでに非常に危険な境地に陥っている」と同氏は述べた。

 また、同氏は、「製造業の全体的な景気の状況を表す購買担当者指数(PMI)について、今年7月の数値は、中国(48.9%)が一番低かった。一方、米国のPMIは常に50%以上を保っている。米国のメディアは政権にマイナスとなる情報を報道しがちだが、わが国のメディアはいつも政府に有利な情報しか報道しない。その一方で、中国の銀行の株価収益率(P/E)が上昇しないことは、金融危機の前兆である」とも分析し、2013年頃から、中国の金融危機が発 生すると発言した。

 演説の中で、同氏は、経済専門家たちは政府に策を提示しているが、政府はまったく聞く耳を持たないと指摘した。「政府幹部は、権力者の傲慢から、いかなる異なる意見も聞き入れない。自分の意向に沿って話をしない者は、反対する者だと決め付ける」。

 同氏は、中国の電力会社や、鉄鉱石企業は大赤字を出していると主張し、「すべてのデータは重い病が生み出したもの。重体に陥っている中国経済の病因は、製造業の危機にある」と指摘した。

 講演では、同氏はこの論点を説明するため、旧ソ連が崩壊する当時の状況を取り上げて、中国の現状と比較した。

 「旧ソ連が崩壊する直前、GDPの70%は軍事産業だった。旧ソ連はなぜ崩壊したのか。軍事産業はまったく利益を稼げないからだ。経済効果がまったくなく、GDPは紙上の数字に過ぎない。(中略)。一方、わが国の2010年のGDPの70%はコンクリートだ。いま皆さんが見ている空港、高速鉄道、高速道路だ。各地政府は気が狂ったかのように建設を進めている。それでは、建設の金はどこから捻出するのか。全て製造業の税金収入と製造業による外貨の収入で賄 われている。旧ソ連の軍事産業経済を支えたのは、石油輸出による年間300億ドルの外貨収入。石油収入が絶たれた途端に一発で崩壊した。中国のGDPの7割はコンクリートと鉄筋で、同様な収益は稼げない。支えているのは製造業。では、製造業が倒れたら中国経済はどうなるのか。ここまで分析したら、皆さんは もうわかるだろう。もう泣くしかないのだ」

 この論点の根拠について、郎咸平・教授は次のように分析した。中国の工業、炭鉱業、農業は、市場原理に沿った価格設定がない。そのため、巨額の利益が強奪されてしまった。まさに現代の戦火の見えない戦争である。政府の一連の誤った対応も追い討ちとなり、中国の製造業に深刻な危機をもたらす。この戦争で、中国は最も貧しい国家に陥るだろうと同氏は見解している。


---

 驚きました。何に驚いたかって、中国のメディアがこういった記事を載せることですよ。。先の列車事故をはじめその他もろもろの時もそうだったけど、中国は政府への批判を徹底的に弾圧する。報道認可も簡単に取り消す。そういう国であることはたぶん誰でも知っているはずだ。
 それにも関わらずこういった政府を批判する記事を載せるのは、とても勇気がいるし、頑張っていると思う。まあ、日本だから記事を載せたという可能性もあるんですけどね。

 ただ、よくよく大紀天の記事を見ると、直接中国政府を批判した記事はほとんどない気がする。この記事も検閲ギリギリってとこなんですかね(´・ω・`)

 それにしても、もしこのデータが事実だとしたら、中国経済は相当疲弊してるということになるのだが、実際はどうなんだろう??この記事の中では「中国の製造業がダメになったら中国経済は崩壊する」ということらしいが、個人的にはその可能性はまだ低いと思う。中国の製造業は徐々に東南アジアにシフトしつつあるとはいえ、まだ日常には中国製品は溢れかえっていて、とてもじゃないが中国からの輸出がダメになるとは思えないんですが。。
 ただ、中国の出してくるGDP等の数値がねつ造であるのは間違いない。というのは、中国が出してくる数字は地方からの数字をまとめただけのものであるのだが、その地方からの数字が実際よりもはるかに上乗せされているからだ。
 なんでそんなことをするのか不思議に思ってしまうが、どうやら中国人というのは日本では考えられないくらい見栄っ張りで、嘘をねつ造してでも「自分の地方がこんなによくなっている」ということをアピールしたいらしいのだ。。
 例えば、中国で森林が減ったことが議論になり、「じゃあ緑を増やそう」ということになったのだが、実際にやったことといえば、山を緑色のペンキで塗りつぶす(画像残したいが我慢)とか,そんなレベルだ。こんなことを平気でやるのが中国クオリティだが、彼らは本気でこれを「緑化」と言っている。呆れるというか笑えるというか・・・・ねぇ(・∀・)

 まあ、中国では不動産バブル爆弾の導火線が確実に進行しているので、製造業ではなく不動産バブルがそのうち爆発するでしょう。もちろんその時がいつかは何とも言えませんが、確実にきますので、その衝撃で中国が無駄に崩壊しないことを願うばかりです。
 ああ、断わっておくけど、仮に中国が崩壊してもオレ個人は痛くも痒くもない。ただ、やっぱなんだかんだで日本にも間違いなく影響あるだろうからねぇ(´・ω・`)
 一気にではなく徐々に崩壊してほしいですね(・∀・)


 今日のど~でもいいこと。
 ちょっとだけオレの妄想を(´・ω・`)

 エントリーを見ればわかる通り、オレは反米反中で、そのどちらも崩壊してほしいと思っている。ただ、順番としては中国→アメリカの順番で崩壊してほしい。中国の驚異のほうが、今目の前にあるからだ。そういった意味では、反米ではあっても日米同盟は必要と思っている。
 
 それはともかく、もし2国がオレの希望通り崩壊したら、当然日本無双!になり、他の国を跪かせてうっはうは(`∀´)

 ・・・・ってな感じになるといいなって思うんですが、どんなもんでしょ(´・ω・`)

  2011年11月13日(日)
 TPPに関しての答弁の様子がユーチューブにアップされていますね。


 笑えることに、野田っちは日本がTPPの交渉に参加できないことも、日本の法律が条約の下にあることも、ISD条項も、その他ありとあらゆるデメリットを知らなかったそうです。。
 ・・・・ああ、笑えないですかね(´・ω・`)
 自分が加盟する条約のことも知らないで参加表明するとか、普通では考えられないことだが、民主党ではそれがデフォなんでしょう。それじゃあ何のために加盟するのか?という疑問が沸いてくるのですが、やはりそれはアメリカからの圧力があったからでしょう。まあ、アメリカの圧力をそのまま受け入れてしまう馬鹿さが民主クオリティなんですけどね。。

 ヘ(-′д`-)ゝヤレヤレ..

 ところで、TPP賛成派の方々はこの点を全く問題視してないようですが、一体どういうことなんでしょうね??ひょっとして、条約の意味すら知らないのでしょうか??日本に不利な条項は国内法で対処できると思っているのでしょうか??一部ではすでに「大した問題ではない」の一言で片づけられているようですが、自分の主張が一切反映できないようなものがそこまで日本に必要なんですかね??・・・・ああ、日本の一部の企業には必要なんでしょうね。。んで、馬鹿を見るのは国民、ということか。いいかげんにしてくれって感じだ( `д´)

 あとさ、日経新聞に、首相「全製品、サービスでTPP交渉」 米が報道なんて記事があるんだけど、これはいったいどういうことよ??なんで20品目だかが全製品・サービスになってるわけ??まあ、他の国もあるから全部が全部そうなるとは思えないけど、国民に向けて言ったこととオバマに向けて言ったことと全然違うだろうが!どれだけ犬になれば気がすむんだ。。もはやすでに1国の総理ではなく、アメリカの州のひとつにすぎんな。いや、州知事にも拒否する権利があるから、それすらない野田っちは植民地の管理人ってとこか。ほんと、頭がおかしいんじゃないの??しかも、いつものごとく、「アメリカの要求」ではなく、「日本の要望」としてきたところにアメリカの意図を感じるな。日本の首相が言い出したからアメリカが賛成するかたちにすることによって、アメリカの圧力という印象をなくすというね。。

 ・・・・と、ここまで書いていたら、たまたま見ていたニュースで、「全製品・サービスで云々と言ったということはなかった」と訂正したそうな。ほんと、やることがせこいよな。もし抗議しなかったらそのまま進めるつもりだったんだろうな┐(´д`)┌


 それにしても、書けば書くほどあきれて、こっちの頭までおかしくなりそうなんですが、ほんとこれどうしましょうね。もはや速効で野田っち内閣を総辞職させるしかないんですが。。ってか、一刻も早く総辞職して民主党を解党してくれ。んで、そのまま韓国でも北朝鮮でも好きな国に逝ってほしい。お前ら日本にいらないから。


 何気に、TPP参加の是非を国民投票したらいいんじゃないかと思ったが、やっぱ実現不可能なんですかね?(´・ω・`)

  2011年11月11日(金)
 今日は、もはや救いようがない犬内閣はほっておいて、ちょっと役に立ちそうにない裏ワザを紹介です(´・ω・`)

 色々なソフトや各種ファイルをダウンロードした際、時々怪しいものが混じっていて、削除したくても「このファイルは使われていて、削除することができません」とか出て、大変な目にあったことがある人は少しはいると思う。
 そういう時は、まず、そのファイルの拡張子をなくして


 こんな感じにする。


 それから、パソコンを再起動して、おごそかに「テクマクマヤコン!!」と3回叫んでからこのファイルを削除すると、あら不思議!!きれいさっぱり消えました(*´∀`*)ゞ

 ・・・・というわけで、この方法のポイントはやはり「テクマクマヤコン!!」と3回叫ぶこと・・・・ではなくて、パソコンを再起動することですね。なんでうまくいったか自分でもさっぱりなんだけど、とりあえずうまく削除できたから、まあいいでしょう(´・ω・`)

 それと、ウィンドウズの場合、初期設定では拡張子は表示しないようになっているので、まずは表示するように設定を変更する必要がある。その方法は、Windows7の場合、①エクスプローラーを開く、②左上の「整理」をクリック、③「フォルダと検索のオプション」をクリック、④上の「表示」をクリック、⑤「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外す。
 これで拡張子が表示されるようになるので(例、avi、mpg等)、それを消すだけ。


 こんな感じ(´・ω・`)

 ほんとは容量がやばいので、こういうのはできるだけ控えたほうがいいんだけど、まあいいでしょう。

 XPやVistaはどうかって?
 ・・・・知らね(;´Д`)
 自分で探して下さいな(・∀・)
 まあ、フォルダオプション自体はたぶん変わらないと思うので、後はその場所を見つけるのが問題ですかね(´・ω・`)

  2011年11月10日(木)
 東京新聞より転載。TPP「慎重」明記 反対派に配慮 瀬戸際の攻防 推進派の勝利

---

 民主党の推進、反対両派が瀬戸際の攻防を繰り広げたTPPの交渉参加問題は九日夜、参加表明は時期尚早と反発 する反対派に推進派が配慮し、反対派の主張を盛り込んだ修正案を受け入れることで決着した。推進派は、野田首相の政治判断に足かせをはめないという譲れな い一線は死守し、辛勝。反対派は譲歩を引き出したものの、参加表明の反対明記までは至らなかった。(金杉貴雄)

 TPP交渉参加の是非を議論してきた党経済連携プロジェクトチーム(PT)は九日夕、党提言を取りまとめる総会を開き、これまでで最多の約百五十人が参加した。

 鉢呂吉雄座長は「政権与党という重大な責務の中で、役員会の提言案に賛同をお願いしたい」と、了承を要請した。これに対し、反対派から「交渉参加への反対を盛り込むべきだ」「このままでは取り返しのつかない党内対立になる」との異論が出て紛糾し、総会は深夜に及んだ。

 八日の役員会で反対派も了承した役員会案がまとまったにもかかわらず、反対論が収まらなかった背景には、役員会案をまとめる際に推進派が猛烈な巻き返しを図ったため、感情的な反発が広がったことがある。

 役員会では、PTの議論で大勢だった慎重論を反映して、交渉参加に「反対」「慎重」の言葉が並んだ素案が提示された。これに対し、推進派の岡田克 也前幹事長や仙谷由人政調会長代行が「外交は内閣の専権事項」「党が政府を縛ることには限界がある」と反撃。押し切る形で賛否の是非に言及しない案をまと めた。

 総会でも発言した約六十人のうち反対論が大半を占めた。収拾の見通しが立たない状況に、総会を休憩にして急きょ役員会を開催。修正の要求に応じ、政府判断の項目に「慎重に」と付け加えることで、ようやく推進、反対両派が折り合い、総会でも了承を取り付けた。

 総会後、推進派の前原誠司政調会長は「判断するのは首相だ」、反対派の山田正彦前農相は「十分な国民議論ができなければ、政府として参加の是非は判断できない」と、それぞれ「勝利」を宣言した。

 ただ、反対派の若手議員は「首相が判断することは止められない」と認める。

 しかし、推進派も反対派が主張する内容をほぼ容認せざるを得なかったのが、党内の現状だ。

 首相に近い推進派の中堅議員は、反対派により配慮する内容になったことについて「どうしようもなかった。首相に重い荷物を背負わせてしまった」と語った。

---

 最悪ですね。。何が「私の決断」だよ。。アメリカの決断だろ。。どうせ今の野田っち政権ってさ、今までの自民党みたいに「アメリカの傘下に入れば政権を維持できる」くらいの気持ちなんだろ。。ほんと馬鹿だよな。。
 それに、何が「首相に重い荷物を背負わせてしまった」だ。。背負わされたのはオレたち国民だろうが!!どうせ来年には退陣している内閣が、こんな重要な政策を決めるんじゃねぇよ!!

 ほんと、こいつら見てると血圧が恐ろしく上昇してしまうよ。。まあ、最後の砦として国会があるそうだから、それに期待するしかないわけだが、ほんと頼むよって感じだよ。。

 ・・・・と、ここまで書いて出かけていたら、なんだか会見は明日に延期ということらしい。詳しくはわからないが、ただ単に1日延期して、議論を尽くしたことへのアリバイ作りをしたってとこだろうね。。ほんと人の神経逆撫でするのが得意だよな。。


 今日の困ったこと。
 先日から「いつの間にかこのページだけ表示できない」というプチ事件が発生していたが、どうやらこのページの容量がオーバーしたらしく、FC2曰く、「ロボットが勝手に削除した」とのこと。仕方ないので、いつくかの画像と日記を削除しました(´-ω-`)
 後2カ月もあるのにこの調子じゃあ、まだ相当削らざるを得ないかも・・・・(´・ω・`)

  2011年11月9日(水)
 ロイターより転載。オリンパス買収仲介者は80年代から関係、「損失先送り」に関与=関係筋

---

[東京 7日 ロイター] オリンパスによる2007年の英社買収で巨額の手数料を受け取っていた投資助言会社の中心人物が、1980年代から同社と関係を持ち、バブル崩壊期に同社の「損失先送り」処理に関与していたとみられることが、関係者への取材で明らかになった。

 オリンパスはこの投資助言会社との関係を2000年代初頭からと発表しているが、その中心人物とはそれ以前からつながりがあった可能性が高く、オリンパス側の説明に新たな疑問が生じている。

 オリンパスは 07年に英医療機器メーカー、ジャイラスを2117億円で買収したが、その際に「アクシーズ・アメリカ」を投資助言会社に選び、関連会社と合わせて6億 8700万ドル(当時のレートで687億円)という破格の報酬を支払っている。この会社の代表者は野村証券出身の佐川肇氏となっているが、佐川氏らを知る 関係者は、実質的に指示を出していたのは、アクシーズ・ジャパン証券(東京・中央区)(現アクシーズ・ジャパン)の社長を一時期務めていた中川昭夫氏だと 説明している。

 野村証券関係者によると、中川氏は1974年に野村証券に入社。株式関係を主な業務にした後、数年で退社した。米国証券業界の自主規制機関 FINRA(金融取引業規制機構)の記録や別の関係者によると、1977年からメリルリンチ証券に勤め、その後、EFハットン東京支店長を務めた。さら に、ドレクセル・バーナム・ランバートやペイン・ウェーバーなど、当時日本で業務を拡張していた外資系証券を渡り歩き、90年代後半にアクシーズ・ジャパ ン証券を立ち上げた。証券関係者の1人は「EFハットンが買収されて居場所を失ったが、顧客を多く持っていたことを評価されて当時のドレクセルの支店長に 引っ張られた」と話す。ドレクセル破綻後、今度はその支店長と共にペインに移籍。「日系証券から外資に転職した第一世代。『外資渡り鳥』だった」(同)。

 中川氏を知る関係者によると、同氏はバブル期の80年代には一般事業法人に財テクを指南。その後、1990年の日経平均株価の暴落をきっ かけとするバブル崩壊で、財テクにのめり込んでいた企業が一挙に損失を抱え込むことになると、損失の表面化を避ける「損失先送りスキーム」の組成に携わ り、企業に持ち込んでいた。

 同スキームは、投資損失が出た有価証券を決算期の違う別の企業やファンドに一時的に売り渡すなどのテクニック。政府は1992年の証券取引法改正で 証券会社が顧客企業の投資損失を埋め合わせる「損失補てん」を禁止したが、損失先送りスキームが「損失補てん」とみなされるかどうかはその内容によって決 まるため、「取引のグレーゾーン」(外資系証券幹部)として、90年代には損失計上を避けたい日本企業が多用し、内外の証券会社が企業に提供していた。

 損失先送りが法令違反とみなされた具体例のひとつが2000年に当時の金融監督庁が行政処分を行ったドイチェ証券とBNPパリバ証券の取 引。両社は97年に取引先企業に売却した外債や仕組債の価格が下落したため、この債券の満期を伸ばしたり、別の債券に組み換えたが、証券取引等監視委員会 の検査で「損失補てん」と認定された。この影響は大きく、「事実上、『飛ばし』や『損失先送り』スキームの提供ができなくなった」(同)という。

 複数の関係者によると、中川氏が財テクや損失先送りを提案していた主要顧客の1社がオリンパスだった。同氏はバブル絶頂期の88年に入社したドレクセル時代に、すでにオリンパスを顧客として持ち、他の事業会社と同様に投資商品を売り込んでいたという。

 中川氏はドレクセル破たん後、91年から96年までペイン・ウェーバーに在籍し、同社東京支店のマネージング・ディレクターの立場で株式部長を務め た。「企業の財テクの指南役から一転して、損失処理策に携わり、『ポートフォリオの入れ替え』という名目で『損失先送りスキーム』を編み出しては提案して いた」(証券関係者)という。株式に限らず、海外投融資の失敗による「損失隠し」も請け負うなど「企業からはとても重宝がられていた」(大手銀行出身者) との指摘もある。複数の関係者は「オリンパスにも同様のスキームを提案していた」と証言している。

 オリンパスの 「損失先送りスキーム」を組成していたのは中川氏の在籍したペイン・ウェーバーに留まらない。ロイターが入手した資料によると、1999年に「損失先送り スキーム」を巡って金融監督庁(当時)の検査を受けたクレディ・スイス・ファースト・ボストン・グループ(当時)が同庁に提出した顧客名簿には、数十社の 企業や金融機関に混じって、オリンパスが当時の社名である「オリンパス光学工業」として登場する。その項目には、92年1月31日を契約日とする「信託受 益権再売買スキーム」が記されており、信託元本額は「¥14,740,934,584」となっている。信託銀行関係者などは、この「信託受益権再売買ス キーム」について、損失が発生している有価証券を簿価で信託ファンドに売却したうえで、そこから発生している受益権を特定目的会社(SPC)などに転売、 それを繰り返すことで損失の表面化を防ぐ仕組みではないかとしている。

 一方の佐川氏は1971年に野村証券に入社。公社債部門が長く、主にバックオフィスで売買管理を専門としていた。野村退社後は、中川氏が在籍していたドレクセルやペイン・ウェーバーで共に働いている。

 オリンパスは これまでの記者会見で、ジャイラス買収の際にアクシーズをアドバイザーに選定した理由について、佐川氏らの交渉能力を評価したと説明。アクシーズとは M&A戦略を進めていた2000年初頭から付き合いがあり、ジャイラスを買収する前に、成立直前まで進んだ別の企業買収案件で同社の交渉能力の高さが示さ れたとしている。記者会見した森久志副社長は、アクシーズとの関係について「04年頃からいろいろな(M&Aの)相談をしていて、(ジャイラス以前の買収 案件では)その方のネットワークの方々にも働いてもらっていた」などと語った。アクシーズ関係者との2004年以前の接触については「ない」と答えてい る。

 オリンパスと 中川氏の関係が事実とすれば、同社の不透明なM&A(買収・合併)資金とバブル期の損失処理との間に何らかの結びつきがある可能性も否定できない。ロイ ターはこれらの件について中川氏本人からの確認を求めているが、7日現在、まだ接触には成功していない。また、ロイターはオリンパス側に中川氏との関係も 含め、これらの点についての確認を求めたが、同社からは「個別の取引関係については申し上げられない」(広報)との返答だった。


---

 次々とオリンパスの不祥事が明らかになっていますね。どうもバブル期の損失を、これらの企業を買収したように見せかけて、さらにその企業がファンドに投資するという形を取って隠していたようです。業界用語で言うところの「飛ばし」というやつですね。

 しかしまあ、90年代から延々と損失の先送りをしていたというのは問題でしょう。最悪の場合、上場廃止になりかねませんがね(´-ω-`)
 それと、損失補てんという裏ワザ?があるというのは驚きですね。。しかも、どこまでが法令違反かは証券取引監視委員会のさじ加減一つといういいかげんさがなんとも香ばしい感じですが、まずはこの部分をなんとかしないと、こういったグレーゾーンを利用する輩は後を絶たないと思うんですがね。。
 それにしても、こういった裏ワザを使うのって、どこぞのSBみたいなところばかりかと思っていたけど、オリンパスのような優秀な企業がやっていたとはねぇ・・・・。。何とも悲しいことです。。しかも、海外のメディアでは、これを「古いままの日本の体質」、と散々の評価です。。他にも「他の日本企業もやっているのではないか」と日本企業全体を疑っているところもあるし。。
 おまけに、この問題の首謀者とみられる中川という人物は行方不明らしく、電話にも出ないそうです。どうやらFBIまで動いてるらしいので、雲隠れしているようですが・・・・。。そのうちどこぞで見つかって、「あ~う~あ~う~」しか言えないような会見を開くんですかね??まあ、その頃にはすでに皆興味を失ってる気がしないでもないですがね。。

 あと、どこぞで書いてたけど、この損失隠しにはオリンパスもそうだが、監査法人や、中川を中心とした既に解散してしまった投資会社の責任がどうなるかですよね。。すでにオリンパスは株主から株主代表訴訟を起こされてるし、ウッドフォード元社長が就任半年程度で分かったくらいだから、監査法人が分からないわけないから、何らかのペナルティーがあるのは間違いないだろうし。
 ただ、残りの投資会社への責任は・・・・無理だろうね。。解散してるし。。ありえるのは、飛ばしを指南したと思われる中川への追及くらいか。。
 全く、これだからダミー会社って奴は・・・・と思うのだが、いかんせん違法でない以上どうしようもない。。中国等リスクのある国への投資にはメリットあるし。。この際だから、ダミー会社からの投資は禁止とかって法律を日本で作ってほしいですね。まあ、それだけで解決できるものでもないですが・・・・(´・ω・`)

 ついでですが、医師の側からのオリンパスへの不満もあるそうです。気持ちはわかりますが、これは今回の損失とは別問題ですね。。なんでって、ほぼ独占できるだけの技術力があるから、こんなことができるわけだし。。オリンパスを擁護するつもりはないけど、市場で多数を占める企業に価格決定権があるのはある意味仕方のないことかと。そうでないと、じゃあ「誰に価格決定権があるんだ」となってしまうからねぇ(´-ω-`)

 ま、とりあえずオリンパス問題は、オレの予想をちょっと右30度旋回した程度の誤差で当たったのでよしとしよう(´・ω・`)


 今日のど~でもいいこと。
 IE9になった頃?から、どうにも顔文字の表示が気に入らなかったが、ブラウザをFireFoxに変えたら、きちんと表示されるようになった(*´∀`*)ゞ  どうもブラウザのフォントが原因のようです。。もし他のサイトの顔文字が気に入らなければ(といういい方も変だが)、思い切ってブラウザを変えてみてはいかがでしょう(・∀・)


 ど~でもいいことその2。
 オレはパソコンではWMPで音楽を聴いていると先に書いたが、それについて少々困ったことがある。それは、マイリストとして30曲を登録して、それをランダム再生した時、最初に選んだ曲がものすごい下のほうにいってしまい、わずか数曲で再生が終わってしまうということが度々あるということ。。これにはある意味笑えるし、ある意味ムカっとくるのです(´・ω・`)

  2011年11月8日(火)
 共同通信より転載。米国、規制緩和に圧力強化か TPP交渉入りで条件

---

 日本が環太平洋連携協定(TPP)交渉に参加表明した場合、米国が郵政、保険、食品添加物などの分野で規制緩和を求めてくる可能性が強いことが7日、分かった。米国の政治判断に影響力を発揮する産業界が、こうした規制改革を日本の交渉入りを認めるための条件と位置付けている。米国との協議で改革圧力は避けられない情勢だ。

 米国は今年2月、貿易や規制の在り方を協議する「日米経済調和対話」の中で、約70項目の対日要望を提示。郵政改革に加え、民間保険に比べて優遇されがちな共済制度の見直し、NTTグループの改革で新規参入企業との対等な競争条件を確保することなどを求めた。


---

 ・・・・なんで日本が参加をするかどうかのギリギリのタイミングでこんなものが出てくるんでしょうね。。今回のTPPが明らかに日本を狙い撃ちにしてることの表れだと思うんですが、賛成派の方々はそうとは思わないんですかね??
 もう何度も何度も書いているが、今回のTPP参加云々の話は、4カ国で始めたTPPに、2008年に突然アメリカが参加を表明し、2010年に日本にも参加の要請をしてきたことが発端だ。アメリカが参加したいなら勝手に参加すればいいのに、なぜそこに日本を引き入れる必要があるのかを考える必要があるんだよ。。

 答えは簡単。日本の市場を飲み込みたいから。つまり、4カ国とのTPPなんてどうでもよくて、初めから日本を参加させることを想定してたってこと。そうでなければ、日本が参加するかどうかで言い争っているときに、こんなものを出してくるはずがないんだよ。。
 おまけに、、来年夏にTPPでの合意をする予定らしいのだが、日本はその合意には一切参加できないらしい。なぜなら、「日本のTPP交渉参加に関しては米国議会の承認が必要で、それに約6か月かかる」からだ。
 以下、東京新聞のTPPルール主張困難 米「参加承認に半年」 政府内部文書より転載。

---

 環太平洋連携協定(TPP)交渉について、米通商代表部(USTR)の高官が、日本の参加を認めるには米政 府・議会の非公式な事前協議が必要で、参加決定に時間がかかるため「受け入れが困難になりつつある」との認識を示していたことが、日本政府の内部文書で分 かった。正式協議を合わせると米議会の参加承認を得るのには半年間程度が必要な見込みで、早期参加表明しても来夏にまとまる予定のルール策定作業に実質的 に加われない可能性も出てきた。

 日本に有利な条件を得るため早い参加が必要、というTPP推進派の主張の前提条件が崩れかねない状況だ。

 野田佳彦首相は、今月十二、十三日にハワイで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で参加表明を行いたい意向とみられ、民主党内で調整中。表明すれば、これが最速となる。

 日本政府は、米国の承認手続きに関連し、米議会の了承には最低九十日間の協議期間が必要としていたが、事前協議には触れていなかった。日本政府関係者によると、この期間は三カ月間程度という


 内部文書によるとUSTR高官や米議会関係者は、事前協議は「米政府と議会が時間をかけ非公式な協議を行う」とし、日本政府のTPPへの姿勢を歓 迎できる見通しがついて「初めて九十日の期間に入る」と説明している。日本を受け入れるため、現在、米国やチリ、豪州など九カ国で進行中のTPP交渉を遅 らせることは望ましくなく「既に参加期限は過ぎた」と明確に述べている米議会関係者もいる。

 TPP参加を後押しする経済産業省などはこれまで「早期に参加して有利な条件を獲得すべきだ」と主張。しかし、APECで参加を表明しても、交渉 参加できるのは早くて来年の夏前。九カ国は来夏までの合意を目指している。日本が加わった段階ではルールの細部まで議論が終了している可能性が大きい。

 内部文書は、日本の外務省などの職員がTPPの交渉に集まった米国などの担当者に、日本参加の期限などについて質問し、まとめた。


---

 ・・・・なんじゃそら??自国の主張が一切できないようなものに、どうやって「有利な条件」を取り付けるつもりなんだ??これってさ、相手が勝手に決めたルールを一方的に押し付けられるってことでしょ??こんなもの交渉でも何でもないと思うんですが。。賛成派はこのこと承知してるんですかね??

 ・・・・えと、書いてて、ちょっと言葉に詰まってしまいました。正直、頭の中が空っぽです。。

 正直、これは信じられないような内容です。。これでは日本に不利な内容を一方的に盛られても一切文句も言えないからです。野田っちがこのことを知っていたうえで参加を表明したのでしょうか??もしそうなら、それこそこいつらは売国奴以外の何者でもないな。日本を中韓だけでなくアメリカにまで売り渡そうとは、さすが民主クオリティってとこですか??大したものです。
 ただ、少しだけ救いがある。それは外務省がそのことをきちんとリークしてくれたこと。これに「はよくやった!!」と言いたいです。GJなのです。たぶんこういったことをする人は出世しないだろうが、オレは応援している。
 頑張れ一部の心ある官僚!!


 ここからちょっと愚痴が続きますので、見たくない方は数行だけスルー推奨ということで(´・ω・`)

 ・・・・あ゛~~。。それにしてもだ。。書いてて嫌になってきた。。頭痛い。気分が悪い。吐き気がする。もう民主党の名前を出すのもけったくそ悪い。このきちがい共をとっとと日本から追い出せよ。国家反逆罪で死刑でもいい。それか売国奴法なんて法律を作って、国外追放でもいい。とにかくこの世から完全に消滅するか、日本以外のどこかに出ていてほしい。最低でも議員辞職だ。
 民主党の連中の意識は日本人ではない。反日本人だ。日本に害悪しかもたらさない。自民党にも多数の売国奴がいたが、少なくとも反日ではなかった。民主党はそんなレベルをはるかに超えている。日本の消滅を望んでいるとしか思えないような政策ばかり選んで、しかもこっそり通そうとしたり、意図を隠して法律を通そうとする。これほど日本自身を貶める政党は世界中でも例を見ないと断定してもいい。
 とにかく、民主党は解散総選挙しろよ。。それとついでに解党も。すでに自分たちに政権能力がないのは分かってるくせに、いつまでもかじりついてんじゃね~よ。。それとも、自民党みたいにアメリカに媚を売ってなんとか政権維持しようとして、TPP参加を表明したのか??日本の政治家はやることが変わらんな。
 他にも書きたいことが山のようにあるけど、愚痴ばっか書いてたらさらに気が滅入りそうなので、この辺で止めておくが・・・・ほんと勘弁してくれって感じだ。

 愚痴終わり。以下はいつもの如く?ショートコントを楽しんでくださいな(・∀・)





φ(・ω・ )かきかき


[壁]ω・)何をしてるんですか?


ちょっと時事の勉強してるの(´・ω・`)


[壁]ω・)それはいいことですね


うん。でもね、ちょっと分からないことがあって、困ってるの(´・ω・`)


[壁]ω・)どんなことですか?


えとね、TPPって言葉の意味がわからないんだけど、それってどういう意味なの?(´・ω・`)


[壁]∀・)それはですね、トイレット・ペーパー・パトロールの略ですよ


・・・・・・・・え?何??(´・ω・`)


[壁]∀・)ですから、T(トイレット)P(ペーパー)P(パトロール)の略です


な、何だか変な意味で凄そうだけど、それって何をする組織なの?(´・ω・`)


[壁]ω・)簡単に言うとですね、公園等の公衆便所の紙をいかに効率的に補充するかを議論する組織ってことです


何だか全然分かんないんだけど、それってそんなに大事なことなの?(´・ω・`)


[壁]ω・)もちろんです。最近世界中でデモが多発してるのは知ってると思うけど、そのデモの最前線基地が公園ですからね。当然紙の供給が追い付かないんですよ


そ、それはそうかもしれないけど・・・・それを世界で議論するのはちょっとおかしくない?(´・ω・`)


[壁]ω・)そんなことないですよ。もしあなたが公園で用を足したいとき、紙がなかったらすごく困るでしょう?これは世界中で最優先課題となっているのですよ


そ、そうなんだ。知らなかったよ(´・ω・`)


[壁]ω・)分かっていただけましたか?


うん。分かったよ。でも・・・・(´・ω・`)


[壁]ω・)どうかしましたか?


やっぱり変だよ。治安や需給は各国によって違うわけだし。それはそれぞれの国内で解決する問題な気がする(´・ω・`)


[壁]ω・)では、あなたはTPPへの加盟に反対するというわけですか??


うん。そんなものに加盟する必要ないよ。日本の問題は日本で解決すべきだよ(´・ω・`)


[壁]ω・)なるほど。それはそうかもしれませんね


うんうん。TPP加盟絶対反対!(´・ω・`)


[壁]ω・)(なんて哀れな・・・・。いや、これが日本人の平均かも・・・・)





ところでさ(´・ω・`)


[壁]ω・)どうかしましたか?


あ、いや、大したことじゃないんだけどさ。さっきちょっと表情おかしくなかった?(´・ω・`)


[壁]ω・)おかしいとは?


いや、なんていうか、ちょっと笑顔が怖いっていうか痛いっていうか・・・・(´・ω・`)


[壁]ω・)言ってる意味が分かりませんが、たぶんそれは気のせいですよ


そ、そう?(´・ω・`)


[壁]ω・)ええ、あまり深く考えないのが1番ですよ


うん、分かった。もう気にしないよ(´・ω・`)


[壁]∀・)分かればよろしい!

  2011年11月7日(月)
 ぼやきくっくりより転載。「アンカー」ISD条項は“インチキな訴訟で大打撃”条項by宮崎哲弥氏

---

山本浩之
「今日もTPP、環太平洋経済連携協定への、交渉参加問題について考えます。政府が主催する公開討論会が開かれました。野党から、国民への説明がないとの批判がありますけれども、これをかわす狙いなんでしょうか」

村西利恵
「一方、韓国でも、米韓FTA、自由貿易協定の批准案をめぐって与野党が対立。争点はISD、投資家による国家訴訟制度で、これは日本のTPP議論にも、大きな影響を与えそうです」

TPP慎重派 生活クラブ連合会 加藤好一会長
「TPPの議論が、そのような方向で、国民的な議論として今あるのかといったときに、それはやっぱり、もう、正直言って怒りしかないですよね。きっちりとした議論をすべきだと思うんですよ、どうしても。やっぱり日程が優先されるべきではないと思いますよね」

TPP推進派 枝野幸男経産相
「国際社会の中での色んな進展の中で、我が国がちゃんものを言って、ルールメイキングにどこまで関与できるか。ま、これもかなりギリギリのところに来ているのは間違いないと」

TPPの交渉参加の是非を議論するため、経済産業省が企画した討論会。
国民の理解を深めたいと、インターネットで中継され、推進派・慎重派の代表と、枝野経済産業大臣の3人が舌戦を繰り広げました。

TPP推進派 ローソン 新浪剛史社長
「アジアの経済成長をですね、日本の中に取り込んでいくちうためにもですね、そして、その結果として雇用を作っていく、そのためにはTPPはなくてはならないものではないかと」

TPP慎重派 生活クラブ連合会 加藤好一会長
「雇用の重要性ももちろんなんですけれども、地方経済の疲弊ですね。農業とあるいは漁業が、深刻な影響を受けることはこれは間違いないわけでありまして」

討論が進む中、枝野経済産業大臣は……

TPP推進派 枝野幸男経産相
「いくら得するとか、いくら損するみたいな議論ばかりが出てきますが、私たちの持っている価値を、できるだけアジアの中で共有するルールづくりをしていきたいと」

……交渉参加に前向きな姿勢を示しました。

明日(11月4日)は外務省が、「国際政治・経済的な観点からTPPが持つ意味」という討論会を企画していて、玄葉外務大臣らが出席し、議論が行われます。

一方、TPP交渉の際、協定に含まれている、ある条項について、慎重派が猛反発しています。

それが……

【ISD条項】 ISD=Investor State Dispute

(「TPPを慎重に考える会」勉強会にて)

TPP慎重派の議員
「国内法よりも投資家の言い分が通っちゃうということに対してですね、私、大変、恐怖感を覚えます」

TPP慎重派の議員
「非常にあの、不安でいっぱいというか、もう全くどこから見ても安心感持てない」

ISD条項、いわゆる投資家保護条項とは、国際機関の仲介のもと、投資などに関する紛争を解決する制度のことで、

海外に投資した企業、あるいは個人が、相手国の政府から不利益を受けた場合、それを国際機関に訴えることができます。

このISD条項をめぐっては、過去にこんな事例が……。

1997年に起きた、コーンシロップ事件。


アメリカの企業がメキシコで、砂糖の代替品となる甘味料を生産していましたが、メキシコ政府が、砂糖以外の甘味料を使うものに対し、課税を行ったのです。

アメリカ企業は、これはメキシコ政府が自国の砂糖を優遇するものだと、国際機関に訴え、メキシコ政府が敗訴しました。

このISD条項について、政府は「TPP参加国から、日本企業を守るためには重要だ」などという見解を示しています。

TPP慎重派の議員
「圧倒的にですね、あの、米国が他国を訴えると、提起するという事例が大変多いので、TPP協定に入った場合、非常に高い可能性で、日本のこういう分野も提起されてくる可能性があると思うんですが…」

外務省担当者
「TPP交渉の中で紛争・裁判手続きが議論されているのは事実でありますし、あの、反対・賛成、両論あるということで、どういう形のものが出来上がっていくのかっていうのは、まだ分かりません」

外務省の担当者は、「米韓FTAなどの例を見ていく必要がある」と話していますが、

韓国では、アメリカとのFTAをめぐり、何度も大規模な反対集会が開かれ、デモ隊と警察官が衝突し、60人以上が連行される事態となっています。

また、ISD条項をめぐって、野党側の反対で、国会が大荒れになる場面もあり、法案の処理に時間がかかるなど、混乱が続いています。


---

 ちょっと長いので、11/3に放送された「アンカー」という番組の内容だけ紹介です。

 しかしまあ、このISDという条項はひどいもののようですね。投資をしている企業が不利益を被った場合、その国を提訴する権利があるということは、その国の法律に意味がなくなるということ。他のブロガーが指摘する通り、まさに治外法権以外のなにものでもないでしょう。

しかも、このISDにはもっと別の問題がある。ダイヤモンドによると

---

 このISDとは、ある国家が自国の公共の利益のために制定した政策によって、海外の投資家が不利益を被った場合には、世界銀行傘下の「国際投資紛争解決センター」という第三者機関に訴えることができる制度である。

 しかし、このISD条項には次のような問題点が指摘されている。

 ISD条項に基づいて投資家が政府を訴えた場合、数名の仲裁人がこれを審査する。しかし審理の関心は、あくまで「政府の政策が投資家にどれくらいの被害を与えたか」という点だけに向けられ、「その政策が公共の利益のために必要なものかどうか」は考慮されない。その上、この審査は非公開で行われるため不透明であり、判例の拘束を受けないので結果が予測不可能である。

 また、この審査の結果に不服があっても上訴できない。仮に審査結果に法解釈の誤りがあったとしても、国の司法機関は、これを是正することができないのである。


---

 ということで、なんと裁判ではなく国債投資紛争解決センターという第三者機関が調査するということだ。しかも、審査は非公開なうえ、裁判ではないため上訴もできないとなれば、その決定が絶対で、覆すことができないという。。
 こんなものに参加したら、先に紹介したメキシコのように、あらゆる法律が骨抜きになりかねない。

 金子洋一とかって民主党の議員が自身のブログで「今まで訴えられたことは一度もない」と言っているが、日本にそんなアホな事をするのは米企業以外にないだろ。。んで、その米国とTPPを通じてISDを積極的に結ぼうというのだから、民主党の中枢の頭の中は狂っているか、国益とはどういったものか全く理解してないか、そもそもTPPの内容が何なのかすら分かってないのか、そのうちのどれかだろう。オレとしては全部当てはまりそうな気がするが。

 すでに何回も言っているが、アメリカが日本に対して「あ~しろ、こ~しろ」と言ってきたものの中で、どれか一つでも日本の国益にかなったものがあったか??ないだろ??しかし、そんなものは当たり前だ。なぜなら、アメリカは自国の利益しか追及しないから。
 民主党に政権が交代して、いいかげんアメリカに尻尾を振るのを止めるのではとちっとは期待したが、政権が代わるにつれ徐々に犬っぽさが増していき、そしてとうとう野田の代になって自民党も真っ青の犬になってしまった。。もはやどじょう政権ではなく犬政権だよ。。そうなると、アメリカは幕府でオバマは綱吉か。。ほんと、こいつら見てると頭が痛くなってきた。

 いいかげん、自分たちに政権担当能力がないことを認めて、とっとと解散総選挙をしてもらいたいものだ。こいつらのお子様内閣なんぞに、これ以上日本をボロボロにされたくないから(´-ω-`)


 ところで少し話が変わるけど、TPPで国民健康制度の崩壊云々って話もあるそうでして。。一部では自由化歓迎って話もあるけど、これまたとんでもない話でして。。なんでかというと、万が一保険が自由化されたら、若者は当然安いアメリカ企業の保険に走る。そうなると国保はさらなる大赤字となり、ほぼ間違いなく破たんし、ある程度の貯蓄のある高齢者はともかく、低所得の高齢者は無保険となる。さらに、若者といえど何らかの病気等にかかるとベラボーな保険料になり、払いきれなくなるとこれまた無保険になる。政府は国保を復活させようとするが、ISD条項を盾にして、保険会社が「我々を被った」と提訴される可能性もある。そうなれば、今のアメリカのように、無保険の人間が増える可能性が高くなり、ますます社会はアメリカ化する。
 ここに書いたのはあくまで可能性だが、保険が自由化すれば、国保が破たんするのは間違いないだろうね。


 ついでなので、農業についても少しだけ。
 すでに書いている通りオレはTPPには反対だが、連日デモをしている農業団体を支持するつもりは毛頭ない。平均年齢65歳の連中に、日本の食糧事情を任せるなんて考えられないからだ。一部では法人化して、積極的に海外に農作物を輸出している企業もあるそうなので、日本の農業がそういった方向に全体的に舵を切れば、農業分野に限って言えば、FTAといった感じで諸外国と締結してもいいと思う。・・・が、それは当分先の話ですが。。ってか、そもそも有り余ってるコメをこれ以上作ってどうしろというんだってのはある。。減反政策なんぞするくらいなら、別のもっと付加価値のあるものを作ったらいいんじゃないかというのは素人考えなんですかね??(´・ω・`)


 今日の困ったこと。
 何気にこのページを見たら「ご指摘のファイルが見つかりませんでした」ときたもんだ(;´Д`)  しかも、他のページは全部見られるのに、このつぶやきだけは見れないという不思議。たまたまか、どこぞの変な奴の仕業か、FC2の不具合か・・・・。。ほんと、困っちまうぜ( `д´)

追記。アップしたら見れるようになった。一体何だったんでしょうね(´・ω・`)

  2011年11月6日(日)
ブラジルでは今まで飲酒運転は事故さえ起こさなければ無罪だったそうだが、最近?法律が改正されて、飲酒運転時に事故を起こした場合、なんと100万レアル!!(約4500万円)もの罰金が科されることになったらしい。。
 いやはや、さすがはサンバの国。やることが極端ですね(´・ω・`)

 もしなんだったらさ、日本もそのくらい厳しくしたら、もちっと飲酒運転が減るかもしれないね(・∀・)  大体さ、福岡では毎週必ず飲酒運転で捕まったとか話が出てくるんだよ。。しかも、中には飲酒運転撲滅を指導していた警官が飲酒運転してて捕まったってこともあったしさ。。

 そういや、先日福岡で飲酒運転で3人死なせた元公務員ってのが禁固20年だかって判決が出たそうだけど、もっと重くていいと思うんだけどね。。司法ではこれが適正と考えたってことなんだろうけどさ、やっぱその辺は小市民との差なのかねぇ・・・・なんて思ってしまう今日この頃なのです(´・ω・`)

  2011年11月4日(金)
 毎日新聞より転載。福島第1原発:東電株主代表訴訟へ 損失分1兆円返還要求

---

 東京電力が福島第1原発事故で巨額の損失を出したのは、歴代の経営陣が安全対策を怠ってきたためだとして、一部の株主が、合わせて1兆1000億円余りの返還を求める株主代表訴訟を起こす方針であることが分かった。

 関係者によると、株主代表訴訟を検討しているのは、脱原発を求める株主約30人。歴代の役員らを対象に、今年8月に東電が原発事故の損失見込み額 として明らかにした1兆1000億円を会社に返還するよう求める。会社法の手続きに従い、まず監査役に訴訟を起こすよう求め、60日以内に監査役が応じな かった場合は株主代表訴訟に移行する。


---

 予想通りきましたねぇ。「歴代の役人」とあるので、旧経営陣にも責任を求めるってことでしょうか。歴代経営陣は約60人なので、単純計算で一人あたり約180億円。。う~~~ん、すごい金額ですね。。昔大和銀行も株主代表訴訟を起こされた事があったが、今回はその上をいくようなので、今後の動向から目を離せませんな。
 
 ただ、前々から思っていたが、原発に対する国の責任をだれも言わないんだよな。オレもそうだけど。。まあ、これを言い出すと、国の責任→国が賠償→国民の血税となってしまい、結局国民が東電を救済するって形になってしまうので、それはどうあっても言いにくいんですよね。。国や不安院からすればトカゲの尻尾切りになるんだが、国民からすれば血税の投入は嫌だということで、国と国民の間に暗黙の了解ができているみたいな。。
 何とか自民党と経産省に責任を取らせたいのだが、その方法が思いつかない。。
 ・・・・国民が政治家や官僚を弾劾する制度ってないですかね??辞任とかじゃなくて(´・ω・`)

 ちなみに、オレ個人は「会社は株主のもの」という欧米の概念は全く理解できない。。たかだか資金を出してるだけで、なんでそこまで上から目線になるんだろう?って思ってしまう。まあ、現行制度でそうなっている以上どうしようもないことなので、もしどうしても経営者が「株主なんぞ知ったことか!」と思っていたら、経営者自身で株式の大半を所有するしかないわけで。。ああ、後は社員の持ち株会みたいなのを組織する手もあったか。
 どちらにせよ、現行の株主会社制度というのは、株主にとって有利過ぎる制度なわけでして。。できれば、もうちっと社員が会社の一員であることを認識できる制度がいいと思うのですが・・・・それは今現在ある資本主義制度の大改革になるので、なかなか難しいでしょうね(´・ω・`)


 ロイターより転載。オリンパスの個人株主、1394億円の損害賠償訴訟求める

---

[東京 2日 ロイター] オリンパス(7733) の過去のM&A(合併・買収)をめぐって奈良県在住の同社の個人株主が2日、英医療機器メーカーの買収などで多額の損害が発生したとして、菊川剛前会長兼 社長など当時の経営陣らを相手取り1394億円の損害賠償請求訴訟を起こすよう、オリンパスの監査役に求めていることがわかった。弁護団の1人が2日、ロ イターに述べた。

 株主は、弁護士や会計士でつくる弁護団と協力しオリンパスの監査役に書簡を送り、説明責任を求める。書簡は同日中に送付される見通し。オリンパスが60日以内に当時の経営陣を提訴しない場合、株主代表訴訟の手続きを行うとしている。

 損害賠償請求の対象となるのは、菊川氏など当時の経営陣らのほか、現経営陣で当時のM&Aについて認識していた計21人。賠償請求の規模 (1394億円)の根拠は、英医療機器メーカー、ジャイラスの買収でファイナンシャル・アドバイザーに支払われた手数料の約660億円と、その他の国内3社を買収した際の買収金額約734億円の合計1394億円。

 オリンパスの広報担当者は、書面を受け取っていないためコメントできないとしている。同社は1日、M&Aの妥当性などを調べる第三者委員会を設置した。


---

 オリンパスでも株主代表訴訟の動きがあるようですね。こっちはどうやら個人で訴訟を起こすようです。一人でも株主代表訴訟を起こせるというのは、株主最大の権利といえますな。それに、敗訴しても支払うのはせいぜい弁護士費用だけだし(それでも結構かかりそうですが)。

 このように、経営陣が会社に損害を与えた場合に起こすのが株主代表訴訟なのだが、これはあくまで経営陣が会社に損害賠償するということであって、株主に損害賠償するわけではないので、そこのところを間違えないように(´・ω・`)


 今日のおすすめ。


 5秒でわかる世界で最も正確な性格テスト・・・・だそうです(´・ω・`)
 オレもやってみたら、確かに当たった(笑)
 まあ、この手のものって、どれもそれ相応の事が書いてあるので、よほどのことがない限り「全然違うじゃん( `д´) 」とはならないと思いますが(´・ω・`)

  2011年11月1日(火)
 WSJより転載。オリンパス買収の3社、当初休眠状態だった-信用調査などで判明

---

【東京】過去の不透明な企業買収問題に揺れるオリンパスは2006年、焦点となっている国内の企業3社に投資し始めた際、3社は売上高がなく、ほとんど事業履歴もない会社であったことが、商業登記や信用調査報告で明らかになった。

 登記によれば、3社のうちの2社、つまり医療用廃棄物処理会社「アルティス」と、調理容器メーカーの「ニューズ・シェフ」は、1990年代初めにいずれも異なった社名で創設されている。ウォール・ストリート・ジャーナルが閲覧した信用調査会社のアナリスト報告によれば、2社は設立後、長年にわたり事業活動を一切行っていなかった。その後、新たな社名で新しい事業を開始、そしてオリンパスが一部株式取得の初期投資を開始したことが判明した。

 もう一つの会社は化粧品・健康食品販売の「ヒューマラボ」で、オリンパスが出資する1年足らず前に、同様に異なる社名で設立された。オリンパスは最終的に3社を買収した。

 こうした3社の過去の経緯は、オリンパスによる3社買収をめぐる疑問をさらに深めるものだ。オリンパスは08年4月に終了した一連の投資を通じて、これら3社買収に734億2000万円を支払った。その1年後、オリンパスは投資金額の4分の3相当を減損処理した。

 合併・買収(M&A)が専門の慶応義塾大学大学院の井上光太郎准教授は、これらの会社はオリンパスが最初に投資した際、事業履歴がなかったようであることを指摘、投資対象として事業計画以外に何もない企業にこれだけの金額を支払うのは本当に考えられないと述べた。オリンパスに最も好意的にこれを解釈しても、不可解だと強調した。

 オリンパスもこれら3社各社も、3社の過去の財務情報も開示していない。3社の収益と歴史的な経緯は、本紙が閲覧した会社登記の記載、独立委員会による調査報告、そして帝国データバンクと東京商工リサーチによる信用調査報告から拾い集めたものだ。 

 オリンパスは、帝国データバンクと東京商工リサーチが提供した売上高と利益の数字、あるいはオリンパスの監査役会が09年に委託した独立委員会の報告の数字についても、コメントしていない。オリンパスは、買収した3社が休眠状態の期間があったかどうか確認できないと述べた。3社の幹部はいずれもコメントしていない。

 オリンパスは27日、3社買収に支払った金額は正当で、非合法的なものは一切ないと主張し、「世界的な金融危機の中で、保守的に減損処理を行った」と説明している。

 アルティスは野菜や植物を人工栽培する会社として1993年4月に創設された。信用調査報告では、同社はアルティスと改名した05年10月までの数年間、目立った事業を一切していなかった。

 ニューズ・シェフは1991年、金融コンサルタント会社としてこれも異なる社名で設立された。会社登記によれば、同社は2003年、調理機器メーカーとしてニューズに社名変更し再出発した。信用調査報告では、同社はそのときまで一定期間(期間は不詳)、休眠状態にあり、07年に社名を再び変えて「ニューズ・シェフ」とした。

 ヒューマラボはオリンパスが投資する9カ月前に設立され、一度社名を変更したがスキンクリームや栄養サプリメントのメーカーとして事業を維持した。

 独立委員会の報告によれば、オリンパスは、アルティス株を数回に分けて買い足しているが、06年3月には、同社の事業投資ファンドを通じてアルティス株38.0%を44億円で取得した。また同報告によると、この投資会社はニューズ・シェフの株38.9%を17億8000万円で、ヒューマラボの株32.5%を46億円で購入した。

 オリンパスによる初期投資当時、3社とも売上高は全くなかった、と信用調査報告は述べている。 オリンパス主導のこの投資ファンド(2人のマイノリティーパートナーを含む)は2000年に設立され、07年9月に解散した。

 08年3月までに、オリンパスは何度にも分けてアルティス、ニューズ・シェフ、ヒューマラボ3社の株式を買い増し支配株を取得した。アルティスは07年に年間売上高約100万ドル(現在の換算レートで約7800万円)を計上したが、事業は赤字だった、とオリンパスの委託でコンサルティング会社ドリーム・インキュベーター社が作成した内部評価報告は述べている。独立委員会の報告では、オリンパスはこのとき初期投資をした06年に支払った1株当たり当たりの金額より88%高い金額を支払った。ドリーム・インキュベーターのスポークスマンは、オリンパスの委託を受けて報告書を作成したかどうかコメントしていない。 

 ニューズ・シェフもオリンパスが支配株を取得した08年は赤字だった。売上高は300万ドル弱だった。信用調査報告と09年の独立委員会報告によれば、オリンパスは当時、同社主導の投資会社が当初投資で支払った1株当たりの金額の2倍を投資して支配株を取得した。

 同様に、オリンパスはヒューマラボについても1株当たり41%多く支払っている。07年12月に終わった会計年度の同社売上高は100万ドル未満だった。独立委員会報告で、オリンパスは、取得株価が上昇したのは、同社が支配株を取得するためのプレミアム分であり、正当だったと主張している。

 調査報告では、これまで3社はいずれも、利益を計上していない。

---

 そら来たぞ。まともな会社ではないと思ったが、ほとんどペーパーカンパニーだったとはね。。こんな53会社に734億も支払ったとか、買収対象社のリサーチを全くやってなかったんだろうね。10/15の記事と合わせて見ると、そのことがよく分かるよ。
 それにしても、これだけの損失を出しておいて、公表もせずこっそり処理しようとか、一体どんな経営体質なんでしょう??もしウッドフォード氏が公表しなかったら、この事実は闇の中に消え去っていたでしょうね。。

 ただ、こういったことは、たぶん日本の会社では普通にある気がする。オリンパスはたまたまウッドフォード氏が社長になったから発覚しただけであって、ほとんどの企業は恐らくオリンパスと同じ穴の狢と思われ。。「ばれなければいい」みたいな。。
 まあ、損するのは株主と社員であって、オレのような部外者は全く関係ないので、ど~でもいいと言えばど~でもいいんですけどね(´・ω・`)


 んで、これに関連してもう一つ面白い記事を見つけた。週刊ダイヤモンドより転載。オリンパスの怪しい巨額買収裏でうごめく海外ファンド

---

 オリンパスは10月26日、菊川剛会長兼社長に代わり、高山修一社長の就任を発表した。しかし発表会見に菊川氏の姿はなかった。わずか2週間のあいだに「前社長が出席しない社長交代会見」を2度も開く会社など前代未聞だろう。

 10月14日に解任された前々社長のマイケル・ウッドフォード氏は、過去の巨額企業買収において「不透明なカネの流れがある」と告発している。

 同氏が、英医療機器メーカーの買収とともに問題視するのが、「アルティス」(医療廃棄物処理)、「NEWS CHEF」(食器・調理器販売)、「ヒューマラボ」(健康食品販売)という国内ベンチャー企業3社を、合計734億円で買収した件だ。本業とは縁の薄いこの3社に、なぜこんな巨額資金が投じられたのか。

 発端は2000年1月28日の取締役会で決議されたあるベンチャーファンドへの出資だった。「GC New Vision Ventures,L.P.」というファンドが組成され、300億円が出資されたのだ。カメラや内視鏡といった中核事業に並ぶ新たな事業の創出などを目的に掲げ、菊川氏(当時は常務)を委員長に事業審査委員会が設置された。なお、このファンド運営会社の代表者は、オリンパスの執行役員だった人物(現在は某東証1部上場企業社長)の実弟である。

 そして06年に、同ファンドから件の3社への投資が提案され、事業審査委員会は「持ち分は40%以内とする」ことで投資を承認した。

 ところがその後、「事業投資ファンドに関する会計処理の変更に伴い、ファンドからの期限前解約・償還を行う」(07年9月)、「経営権を取得し迅速な意思決定の下で事業を立ち上げる」(08年3月)などの名目で、株式の追加取得が進む。3社とも筆頭株主は海外ファンドで、買い増すごとに取得単価は上がっていった(表参照)。

 こうして08年4月までに合計734億円が投じられたが、買収が完了した同年度中に、3社合計で556億円を減損処理している。結局、儲かったのは、これらの会社の株を“なぜか”持っていた外国籍のファンド群である。

「事業の将来価値を期待してアーリーステージにある会社を買収した」と高山社長は説明するが、ならばなにも、こんな手垢にまみれた会社を選ぶ理由はないだろう。

 オリンパスは一連の買収の妥当性について、09年5月に外部の専門家からなる第三者委員会に検証を依頼している。その報告書には「子会社化に際しては支配権プレミアムを上乗せすることが通例であること」などを理由に「不合理とはいえない」との判断が示されている。また、オリンパスの執行役員が投資を仲介したファンド代表者の兄であることについても、「本人は弟との取引について『まったく把握する立場にない』と述べているとのことである」という伝聞情報のみを根拠にいっさいの懸念を否定している。

 不信の念は依然消えない。

 


---

 いやいやいや、このファンド運営会社の代表者は、オリンパスの執行役員だった人物(現在は某東証1部上場企業社長)の実弟でございますか。。それで「本人は弟との取引について『まったく把握する立場にない』と述べているとのことである」なんて言っても、それを信用するほうが無理でしょう。おそらくずぶずぶの関係で損を承知で買収したか、役員の身内だということで、その弟やらを信じて馬鹿を見たかのどちらかでしょう。
 まあどちらにしても、自分でその会社のリサーチをしなかった時点でオリンパスの落ち度であるのは間違いないですな。
 それにしても、今現在某東証1部上場企業社長でございますか。。一体どこの会社なのか興味シンシンですな。ここまで書いている以上、ダイヤモンドは間違いなく把握していることでしょう。
 その社長とやらが犯罪に問われるかどうか分からないけど(まあ無理だと思う。。)、そんな詐欺まがいのことをする人間の会社なんぞを信用できるのかという疑問符がつくわけでして。。できればダイヤモンドには、その社長の実名を公表してほしいものですね(´・ω・`)


 別件で共同通信より転載。米証券大手が破産法申請 負債総額3兆1千億円

---

【ニューヨーク共同】米証券大手MFグローバル・ホールディングスは10月31日、連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用をニューヨークの裁判所に申請したと発表した。負債総額は396億ドル(約3兆1千億円)。

 これを受け、金融庁は日本子会社「MFグローバルFXA証券」に対し、金融商品取引法に基づき資産の流出を防ぐよう命じた。子会社の預かり資産は25億円という。

 MFグローバルは、保有する欧州の国債の損失懸念から経営環境が悪化し破綻。欧州の債務危機が米国の金融業界にも波及した。

 同社はイタリアやスペインなどの国債を約63億ドル保有。


---

 買収のチャンスでしょう。。メガバンクはどこかは動きなはれ。三菱東京UFJはモルガンスタンレーを買収したから、今度はみずほか三井住友かな。今は超円高ということらしいから、がんがん企業買収すべき時なんだよ。。今買収しなければ買収する機を失ってしまうぞ。

 ジャパンマネープッシュ!プッシュ!!なのです(・∀・)


 さらに別件で東京新聞より転載。チェルノブイリ 健康被害、事故の4~5年後

---

 チェルノブイリ原発事故(一九八六年)から二十五年。周辺の汚染度は今も高く、放射性物質による健康被害も続く。事故現場に近いウクライナ・ジトミール州ナロジチ地区を三十回以上訪れ、支援するNPO法人「チェルノブイリ救援・中部」(名古屋市)の河田昌東(まさはる)理事(71)に、福島第一原発事故との共通点や今後起こり得る事態を聞いた。 (蜘手美鶴)

 -現地の状況を。

 放射線量は事故直後の三十分の一程度に下がったが、被ばくが原因とみられる病気はいまだ多い。日本では、放射線を浴びると、がんになる確率が高くなるといわれる。現地では、がんよりも、心臓病や脳梗塞、糖尿病、免疫不全になる人が大多数。子どもの糖尿病も目立つ。

 -福島の事故で、日本でも放射能の影響が懸念される。

 チェルノブイリで周辺住民に健康被害が出始めたのは事故から四、五年後。福島でも今は目立った影響はみられなくても、結果はほとんど一緒になると危惧する。チェルノブイリの経験を生かし、今から対策をとる必要がある。

 -健康被害を抑えるためには。

 事故後一年目の対応が、後の被害の大きさを左右する。内部被ばくで健康被害を生じた人の半数は、初期に放射性物質を含んだ空気を吸い込んだことが原因。マスクはとても大事だ。残りは汚染された食べ物を数年間にわたり食べ続けたことによる。結局、汚染された空気や食べ物をいかに体内に取り込まないかに尽きる。

 -日本で今、必要な政策は何か。

 国は除染作業の具体的な方法や方針を示していない。個人宅の除染に手が回っていないのが現状で、国や自治体がやらない限り、除染は広がらない。

 建物の除染は、素材に合わせないと効果がない。たとえばアスファルトは高圧洗浄だけでなく、表面をたわしでこすったり、削りとったりした方がいい。ウクライナでもよくやった。屋根も瓦とトタンではとるべき手法が違う。

 森林の除染も非常に重要だ。乾燥した落ち葉は、放射性物質が凝縮され、濃度が高い。街中を除染しても、森から放射性物質を含んだ落ち葉や粉じんが飛んできたら、除染とのいたちごっこになるだけだ。チェルノブイリでは周辺に森はなかった。森林汚染は福島固有の問題でもある。


---



 位置的にはこんな感じ。キエフとチェルノブイリの距離はおよそ100キロってとこですので、ナロジチまでは70~80キロってとこですかね。もちろん爆発の規模や風向き等によって汚染状況は全く違ってくるのですが、少なくとも福島原発周辺100キロ程度の住民、特に子供はまだしばらくはそれ相応の対応をしたほうがよろしいかと。
 ・・・・何もなければいいんですよ。何もなければね。しかし、何かあったら困るじゃないですか。人によっては全く心配ないという人もいるが、そんなことはそこに住んでないから言えるんですよ。。少なくとも、オレが福島に住んでいたら、水はサーバーにするし、食料はできるだけ県外産を食べる。なぜなら、政府の「今は問題ない」という発表そのものが信用できないから。

 ただ、この手のNPOって、「放射能の影響ありき」という可能性も捨てきれないんですよね。つまり、遺伝で糖尿病の子供が生まれたとしても、それが「放射能の影響だ!」と公表するみたいな。。いや、分かんないんだけどね。。実際チェルノブイリに行って、「小児甲状腺がん以外は問題ない」と言っている人もいるし。例えば長崎大学とか。
 んが、現地の住民からしてみればこういった話はとんでもってことらしく、The Voice Of Russiaのチェルノブイリ☆福島 ヒラノ・レポート③-2によると、現地との温度差がかなりあるようなんですよ。まあ、放射能と病気との関連を証明するのは難しいからなんだろうけど・・・・。。
 どちらにせよ、「やらなくても何とかなるだろう」よりも、「万が一のためにやった方が安心」のほうが精神的に楽だと思うんですけどね(´・ω・`)

 それと、大丈夫かどうかはともかく、政府はすでに「パニックになることを避けるために必要以上の公表をしなかった」ことを認めている。一応今後は全部公表すると言っているが、そんなもん今更信用するのは無理。自分の身は自分で守りましょう。後で後悔しないように。

  2011年10月31日(月)
 ちょっとお疲れモードなので、ちょい軽くツイッター風に(´・ω・`)

 結局一昨日見つけたパソコンデスクを昨日購入。デスクそのものは小さめだが、同メーカーの小さめのラックを購入し、それにパソコンを置く形で解決しました。まるで測ったかのように大きさがぴったりなのです(*´∀`*)ゞ


 先日から手持ちの動画のコーデックをx264に変換している。なぜかというと、相当の圧縮ができるので、動画をスリム化できるのだ。いろいろなソフトを試してみたが、1番のお勧めはany-video-converterですかね。他の動画変換ソフトより高圧縮だし、画像の劣化も少ないので。
 ただ1つだけ困ったちゃんな動画があってですね。。wmvという拡張子の動画があるのだが、それがどうやってもaviに変換できないんですよ。。any-もそうだが、他の相当数の変換ソフトを試してみても全くダメダメで、ヒジョーに困っている状況。。なんでわざわざ変換するかというと、その動画を見ようとしたら、わざわざ専用のコーデックをダウンロードしなければならないから。。しかも、そのコーデックを作成してる会社はもうないし。。まあ、wmvが見られるソフトをインストールしてもいいんだが、なんだかんだでWMPが使い慣れてるので、今更他の再生ソフトに鞍替えする気も起きないわけでして。。有料の変換ソフトならできるかもしれないが、そんなもんにお金掛けるなんてバカバカしい以外のなにものでもないので、仕方なくコーデックをインストールして、そのまま見るようにします(´・ω・`)


 今までメールソフトはウィンドウズライブメールを使っていたけど、バックアップが面倒になったので、これからはフリーメールを使うことにしました。んでふと思ったんだけど、フリーメールのバックアップってできるんですかね?(´・ω・`)


 んで、ついでと言っては何だが、HNの変更をこっそりしようと計画している(何回目の話だよ!)。もちろんそんなことは誰にも言ってないので、いきなり変えたら・・・・誰も驚かないかも(´・ω・`)


 何気にグーグルでオレのサイトを検索したら、なぜか上から2番目に引っかかった(笑)。。いや、個人ブログとかだと普通に引っかかるものなんのだが、オレのように個人でサイトを運営している場合、なかなか検索に引っかからないんですよ。。誰も見ないようなマニアックなサイトとかだと特に。。だから、オレとしてはびっくりな事で、グーグルの検索力を改めて思い知ってしまったのです(´・ω・`)


 パソコンデスクを探している際、ちょっと部屋に芳香剤っぽいものでも置こうかなぁなんて思って、いいものはないか物色していたら、ちょっとよさげなものを発見。んで、何気にメーカーを見たら韓王花王だったので、そのまま元の場所に置いてきちゃいました(・∀・)


 オレは20年来のフリスク愛好家なのだが、


 いつの間にか、サイズ変更されていました(´・ω・`)
 
 ・・・・・・・・でか過ぎじゃね??


 箱も中身も3倍程度に大きくなり、値段は倍の300円程度。普通に考えたらちょっと安くなったように感じるが、食べるペースが一緒だと、どう考えても割高に感じる・・・・のは気のせいですかね(´・ω・`)

  2011年10月29日(土)
 10/25、パソコンを立ち上げてしばらくしたら、突然パソコンがフリーズしたヽ(´Д`。)ノ  しかも、ctrl+alt+deleteも反応しないし(´-ω-`)
 ひょっとして地雷を踏んでしまったか・・・・と思ったが、とりあえずどうしようもないので、いったん強制終了。んで、確認のため再起動したのだが・・・・今度はバイオスすら立ちあがらないやんけヽ(´Д`。)ノ

 いかん。やばい。マヂやばい。。とりあえずメールの最新のバックアップだけでもしときたいので、数回電源を押していたら、どうにか起動したので、即効バックアップをと思ったのだが・・・・以前やっておいたバックアップを削除(バックアップ用ファイルを決めて、そこに不定期にバックアップをしているのだが、いったんファイルを空にする必要がある)し、最新のバックアップをとろうと思った瞬間にフリーズしやがったヽ(´Д`。)ノ

 さすがのオレも、これには































オレは怒ったぞ!フリーズゥゥゥゥゥ!!


 なんて、寒いギャグをかます余裕もなかったよ(´-ω-`)

 とりあえず試行錯誤を繰り返してるうち、少し電源を入れるのを止めていればバイオスが立ち上がる事が判明したので、その隙になんとかバックアップだけは完了したのだが、やはり少ししたらフリーズしてしまい、もうどうにもならない。。
 OSがいかれても再インストールで済むが、バイオスが壊れたということはマザボが壊れたこということで、それはそのまま=パソコンが逝っちゃた事を意味する。なぜなら、マザボを交換するとまた1から再インストールする必要があるし、そもそも4年も経つと恐らくプラットフォームも変わってしまっているので、今のマザボと同規格のマザボはどこにも売っていないと思われるからだ。中古のパソコンショップなら売っているかもしれないが、小倉にあった2店舗は2つとも閉店してしまい、オレの知る限り近隣に中古のパソコンショップはない。ネットなら見つかるだろうが、動作に不安があるうえ、配送されるまでの時間が惜しい。

 ・・・・というわけで、





Ω\ζ°)チーン

 となりました(´-ω-`)


 まあそんなわけで、新しいパソコンを買うことになったのだが、今現在のパーツ情報なんぞさっぱりわからん。んで、いつも通り?小倉のパソコンショップまで1時間以上かけて行き、店員にあれこれ聞きてみると、予想通りプラットフォームが変わっていて、メモリもCPUも使えないようだった。そんなわけで、CPU、グラボ、メモリ、マザボの購入を決定。んでついでにケースも購入することにした。前のケースもいいかげん古臭くなったので、いい機会かな・・・・ということで。
 それにしても、今のケースってすごいんだよ。。何がって、昔はケースの前と後ろにファンが付いてただけなんだけど、今は側面とか、ものによっては上に付いてるのもあるんだよ。。おまけに下側にも穴がぽつぽつ開いてるし。。まあ、あれだけ熱がすごければ仕方ないとはいえ、う~む・・・・って感じですかね(´・ω・`)


 こんな感じ。ファンの光が幻想的ですね(*´∀`*)ゞ

 このケース、実は上部も開くようになっているんですよ。。真上からグラボのLEDとかそのまま見られるし。。
 夏場は大活躍しそうですね(´・ω・`)

 それと、前も書いたけど、オレは黒のケースは圧迫感があって嫌いだ。
 だが、今のトレンドは黒ケースなので、このように前面だけ黒で側面は白のケースをチョイスしました(*´∀`*)ゞ

 ちなみに、これは完成したときの写真だけど、ここまでくるのにどれだけの苦労があったか・・・・は、続きをどうぞ(´・ω・`)

 ああそれと、周辺が汚く感じるのは気のせいです(・∀・)


 そんなわけで、一通り必要なものを購入、即効帰宅し、いざ組み立て開始。いや、その前に昔のパソコンの分解か。
 外せるものはすべて外し、買い取ってくれそうなものは箱にしまう。んで、それが終わったらいよいよ組み立て開始!

 ・・・・組み立て完了。ほんと、文字だけで書くと楽だな。。だがこれが現実。どれだけリアルで苦労したところで、それを文字で表現するのには限界があるので。。
 ・・・・まあいい。では一度電源が入るか確認をば・・・・


 入らんやんけヽ(´Д`。)ノ

 う~んう~ん。これは困った。いやほんとに困った。いつもは大抵あれこれいじってれば原因が判明するのだが、今回だけは全く分からない。。ついでに気が付いたのだが、マザボにIDEポートがないんだよ。。これじゃあドライブの接続ができんやんけ( `д´)  んじゃあどうやって接続するかというと、どうも今はS.ATA接続なんだってさ。。やってらんね( `д´)
 ドライブだけなら近場で買ってもいいが、電源が入らないのはもうど~にもならないので、仕方なしに翌日行くことにする。


 ・・・・というわけで、翌日速効で店に行き、パソコンを見てもらう。すると、ここでは書けないようなアクシデントが発覚!ここでは書けないようなアドバイスを受けて、ついでにブルーレイ対応のドライブを購入し、帰宅。んで、もっかいチャレンジ・・・・

 電源入らないよぉぉぉヽ(´Д`。)ノ


・゚・(つД`)・゚・ ウワァァァン


 いかん。。さすがに精神的にきつくなってきた。。おまけに、店員のここでは書けないアドバイスは全く役に立ってないことが判明したし。。しかし、どうやっても今のオレには現状を解決する能力がないので、明日また店に行かざるを得ない。ああ、オレのパソコンライフがどんどん遠くなっていく・・・・(;´Д`)


 さらに翌日。店に行き、またもや事情を説明し、ブツをお任せにする。
 時間かかりそうなので、その間に店の中を物色していると、IDEをS.ATAに変換するアダプタを見つけた。これがあれば前のドライブ使えたじゃん!って思ったが、この手のっ奴って動作不良のものがたまにあって使いづらいんだよな。。当たり外れがあるっていうか。。
 その他にも面白そうなアイテムを見つけたが、とてもぢゃないがそんなものを買って楽しむ余裕はないので、それは見なかったことにする・・・・。

 しばらくした後、店員から「動くようになった」との報告。どこが悪かったのか聞いたら、「とりあえず適当にあれこれ繋いだり外したりしてたら動くようになった。どこが悪かったのか分かりません」ときたもんだ。。
 ・・・・ひょっとして、これは笑うとこなんですかね・・・・??(´・ω・`)

 あ゛~まあ、も~どうでもいいや。。直ったんだし。。帰って残りを組み立てよ(´・ω・`)


 そんなわけで、家に帰って電源が入ることを確認。ついでにオレもあれこれ触ってみると、原因が判明。本来ケース側のピンを挿すところに、電源側のピンを入れていたよ。。なんでって、ピンとコネクタの形がいっしょで紛らわしかったから。。全く、こういうのはきちんと形状変えて挿し間違いないようにしとけっつーのな(と他人のせいにする)。。
 で、ここでようやっとドライブとHDDをケースに組み込んで終了。
 あ、ちなみに全部組み立てる前にマザボにCPU、メモリ、グラボだけ組み込んで電源が入るか確認し、それからドライブやHDDやら他の周辺機器を組み込むやりかたがおすすめかな。そのほうが一つ一つ確認できるから。もちろん自信があれば一気に全部組み立ててもいいが、オレはそこまで自信ないので(毎回何かしらアクシデントが発生するのです)そんなことはしないわけです(´・ω・`)


 かくして、新しいパソコンが無事?に完成しました(*´∀`*)ゞ

 う~ん。。なんて長い数日だったんだ。。疲れた。ほんとに疲れた。マヂで疲れた。しかし、まだあと少しだけ作業が残っているわけで。。そう、後はOSと各種ソフトをインストールする必要があるわけだ。。

 ・・・・が、ここまでくれば後はもうほとんど終わったも同然。ウィンドウズをインストールし、その他もろもろのソフトを入れるだけの作業なんぞ、この数日に比べれば大したことはない。さくさくインストール&アップデートを繰り返し、全作業終了(*´∀`*)ゞ
 それにしても、新しいパソコンって音小さいなぁ。まあ、前のパソコンのファンの音が異様にでかかっただけなのかもしれないけどさ、あまりに静かすぎてパソコンが休止しているのかもって思ってしまうよ。静かなのはいいことなんだけど、うるさいのに慣れてしまっていた自分に気づいてしまった・・・・(´・ω・`)


 さて、これでようやっと落ち着いた・・・・と思った矢先、実はパソコン以外の問題が発生した。それは、パソコンのケースがでかくなりすぎて、オレのデスクだと少しはみ出てしまうんですよヽ(´Д`。)ノ  上の写真では分かりにくいけど、前面の足の部分の片方が完全に浮いている状態で、ヒジョーに怖いのです(´-ω-`)
 これはですね、まずいです。ヒジョーにまずいです。もしこれが他の機器ものだったら少しくらいは大目に見るが、精密部品の塊でありオレのライフワークの全てが詰まっているパソコンが、万が一地震が起こって床にでも落ちたら、目も当てられない惨状になってしまう。。・・・・だから、ケース内の作業はやりやすかったし、ケーブル類の配置にも余裕があったわけか。。最初はドライブのケーブルが変わったりフロッピーを付けなかったからだと思ってたから、テーブルに置くまでケースの大きさが違っているのに気が付かなかったよ(´-ω-`)

 ・・・・そういうわけで、さっきまでパソコンデスクを探し回ってきました(´・ω・`)
 とりあえずあるにはあった。ちと横幅が大きいので、ラック等の配置の変更をすることになりそうだが、それはまあ仕方ないか。。パソコンが粗大ごみになるよかましだし。。あと、ネットであれこれ探したけど、予想通りオレのパソコンケースが収まりそうなものはなかった。
 ちなみに、オレのパソコンケースって奥行きが52センチもあるのだが、ほとんどのパソコンデスクの奥行きは50センチしかないので、それがネックになってしまっているわけ。。2センチくらいと思うかもしれないが、足の部分がケース幅ぎりぎりにあるので、やはり不安なんだよ。。
 まあそういうわけで、明日もう一度ホームセンターでブツを確認し、それで納得いったら購入することにしまっす。・・・・ってか、うちの辺りってほんと田舎だから、たかだかパソコンデスク探すだけでも大変なんだよ。ホームセンター自体の数が少ないし、規模も小さいのでデスク自体置いてないところもあるし。。
 ほんと、田舎ほどネット通販の威力を感じてしまうよ(´・ω・`)


 今日のど~でもいいこと。
 今回作ったパソコンのスペックはプロフィールのところで見られるので、気になる方はそちらをどうぞ(・∀・)


 今日のど~でもいいことその2。
 今回もデュアルブートを試してみようと思ったが、ドライブがXPのサービスパック3以降でないと認識しないらしく、一応手持ちのXPで試してみたら、やっぱダメダメでした(´-ω-`)


 今日のひょっとしたら。
 なんとなくだが、ひょっとしたら、マザボの電池切れが原因でパソコンがフリーズしたかもしれないとふと思った。。それならバイオスが立ち上がらないのも少し休ませれば立ち上がったのも説明できるし。。・・・・まあ時すでに遅しですけどね(;´Д`)

  2011年10月24日(月)
 久々に二階堂.comより転載。 朝鮮への無駄ガネ参考:SNS引用

---

(略)

日韓通貨スワップ協定の上限引き上げについて

自分でいろいろと調べたら…意外な結論にたどり着きました。間違ってたらスマソf^_^;

・この協定は国家間ではなくその国の中央銀行間で行われるものなのでIMFも国会も通す必要はない。
・「通貨」なので自国の通貨に限定しない。ドルでも良い。
・上限引き上げなので直ちに韓国に5兆円拠出するわけではない。上限を引き上げることで韓国ウォンの信頼度を高めウォン高を誘導する効果がある。(逆に日本は韓国の借金の保証人になったようなものなので、それを嫌悪して円が売られ円安に?!)
・限度額の二割を超えた場合、IMFの融資を受けなければならない。(チェンマイイニシアチブ)なので実質1兆円までしかスワップ出来ない。
・韓国の銀行は中央を除き殆どが外国資本の入っている外資系銀行w
・しかも韓国への輸出入に頼る国も多く、この状況下で韓国が飛ぶとギリシャのデフォルトどころではない。
・スワップにより日本が大量に得るウォンは実は重要な「人質」となる。(中国のアメリカ国債大量保持と同じ理由、日本が韓国経済の生殺与奪を握る?!)

どじょうの唐突なスワップ協定上限引き上げ提案、果してそこまで考えた上でのことかそれとも財務省の入れ知恵か…いずれにせよ民主党政権が初めて国益に貢献した成果となるかもしれない。
ちなみに、手土産に返還した朝鮮由来図書は「移し」w原本は韓国が紛失ww


2011年10月21日13:51

情報をありがとうございます、しかし正式に頼まれてもいないものをなぜ日本から言い出すのでしょうね、韓国から申し出があればそこで交渉でしょう、実際今回のスワップ拡大の件は韓国では日本のために日本が申し入れたと報道されています、おまけに過去に韓国へ貸しつけた金10兆円が返されていません。
韓国がデフォルトしたら、世界経済に与える影響ですが、デフォルトさす事もないですが、基本的な反日。歴史捏造、竹島侵略をやめさすべきですね。
韓国への輸出の問題、日本企業が受ける損失を考える必要がありますが、GDPに閉める輸出の割合は10%。この10%の中に韓国の輸出の占める割合は7%だそうです。GDPを500兆円として計算すると3兆5千億円です、しかし特に韓国への輸出の主力である半製品はGDPにはカウントされていません、この金額をどう判断するかですね。

反日国韓国、中国へ進出する企業はリスクを考えてやってほしいものです、そのリスクは自己責任ですね、ちょっと極端かな?
いずれにせよ反日国家韓国への支援は慎重にしていただきたいし辞めてほしいですね、全く国益になっていないと思います。

ご意見がある方はお願いします。


2011年10月21日14:14

やはり…財務省主導で操り人形のどじょうが、わからず踊ってたってことですね。
ん?円じゃなく、日本が保有するドルでもいいの?
ってことは、なんかすごいアイテムを手に入れたような…(笑)


---

 ・・・・とまあこんな感じで、実際のところ、そこまでひどい協定ではないとのこと。このとこは借りてきた猫車さんが鵜を絞め殺す鵜飼いはいない鵜を絞め殺す鵜飼いはいない その2と別角度で解説しているので、そちらも参照してみるといいかも。
 ただまあ当然これらには逆の意見もあるわけでして。。例えば中韓を知りすぎた男では日本経済の逆襲というエントリーで韓国の外貨準備高の嘘について触れ、いかに韓国経済が脆弱かを指摘しています。
 はたしてどちらが正しいことなのか??

 ・・・・・・・・どうなんでしょうね?(´・ω・`)

 まあ、とりあえず前に貸した?10兆円を返してもらってないということなので、当然今回も返ってくる保証はないので、韓国と韓国経済を信用するな&今後の韓国経済を注視しろということでよろしいかと。

 しかしまあ、借りてきた猫車さんの鵜飼いと鵜の例えは面白いですね!ただオレとしては、韓国経済が破たんすれば、年間300億ドルの黒字がパーになる恐れもあるので、オレ的には江戸時代の武士と農民の関係って感じに見えないこともないですが。。農民(韓国)が凶作(破たん)になれば武士(日本)も飢える(赤字)みたいな・・・・。。どっちも似たようなもんか(´・ω・`)
 とりあえず、韓国経済は生かさず殺さずがベストということでいいんでないでしょうか(・∀・)


 今日のど~でもいいこと。
 先日PS3を買ったことを書いたが、PS2と互換のあるPS3(HDDは800Gに増設済み)を買ったので、PS2を売りに行ったのだが、予想通り「値段がつかない」だってさ。。んで、買い取ってくれるところを探すのも面倒なので、欲しい方に贈呈しようと思う。
 我こそは!と思う方は、住所、氏名、年齢、電話番号、生年月日、隣国で嫌いな国を2つほど書いてメールででも送信していただければ、着払いで贈呈しよう。2004年製だが、ピックアップ部分はソニータイマー発動時に交換済みなので、当分使える・・・・はず。
 少々痛んでてもいいという人は、ご連絡くださいな(・∀・)

  2011年10月21日(金)
 ロイターより転載。カダフィ氏の死亡状況は情報錯綜、拘束時「何が起きている」

---

[シルト 20日 ロイター] リビアを暫定統治する国民評議会(NTC)のジブリル首相は20日、元最高指導者のカダフィ大佐が潜伏先の出身地シルト近郊で拘束され、その後負傷により死亡したと発表した。

 死亡時の詳しい状況については、さまざまな情報があり、依然として明らかになっていないが、現場で撮影された映像などから、リビアを42年にわたって支配した独裁者の「最後の瞬間」が推測される。

 大佐は20日午前、約2カ月間潜伏していたシルトから警備兵や側近らとともに車で西方に向けて出発。フランスは、シルト近郊で午前8時半ごろ、カダフィ派部隊の軍用車に空爆を行ったとし、シルト西方約3キロの地点には、機関銃を装備した15台のトラックが攻撃を受けて焼け焦げているのが確認された。

 NTC兵士らは空爆後、配水管に隠れているカダフィ大佐を発見。現場で撮影されたという映像には、大佐は拘束時には生存しており、髪の毛をつかまれて地面に下ろされる様子が映し出されている。「彼を生かしておけ」という叫び声の後、銃声が鳴り響き、カメラの映像から大佐の姿が消えた。

 空爆を受けたトラックを追跡していたNTC兵士のSalem Bakeer氏はロイターに対し、カダフィ大佐が拘束時、「何だ、何だ。何が起きているんだ」と語ったと明かし、既に足と背中に銃撃を受けて負傷していたと述べた。

 複数のNTC兵士からも同氏の証言を確認できたが、大佐が自身の警護に胸を撃たれたという証言もあり、情報は錯綜(さくそう)している。

 さらに、NTC幹部筋はロイターに、「兵士らは大佐を生け捕りにしたが、他の場所に移動中、殴った上に殺害した」と語り、「抵抗したかもしれない」と明かした。

 また、映像とは矛盾するが、別のNTC関係者は、拘束後に大佐の支持者らとの銃撃戦が起き、大佐は頭部に銃弾を受けて死亡したと話している。


---

 結局、カダフィもフセインと同じ道を歩むことになってしまいましたね。まあ、アングロサクソンにとって盟友とか信用なんて言葉は存在しないといういい見本と言えるのかもしれませんね(´・ω・`)

 参考写真。
 1983年12月20日、パパブッシュ政権時代、ラムズフェルド(特使)は
 フセインと会談し、握手するの図。


 ようは、イラン革命を苦々しく思っていたアメリカとフセインは共同でイランを攻めましょうと言っていたのだが、アメリカはイラン・イラク戦争後はイラクの必要性は皆無と判断、原油利権も絡み、イラクを切り捨てたってことですよ。。
 まあ、こんな話は世界中であり、別に珍しくもないといえばそれまでなんだが・・・・。。


 話を元に戻す。。

 ただ、カダフィの拘束直後の証言があまりに食い違っているのが気になるね。まあ、情報をあやふやにすることで、カダフィの死の真相をうやむやにしようというのがNATOの思惑なのでしょうが。。
 おそらく国民評議会はカダフィを拘束しようとしたが、NATOに買収されたスパイがどさくさにカダフィを殺害し、さらに誤情報を流させたのではないかと勝手推測してしまう。というのは、ミロシェビッチやフセインのときは拘束したが、その後は国際法廷で延々裁判を続ける必要があり(例え結果は分かっていても)、ビンラディンの時のように射殺したほうが(一時的に混乱はあるが)後々楽だろうと考えたのではないかと思うのだ。
 それにしても、できればその映像とやらを見てみたいものです。

 ついでに、同じくロイターにカダフィを拘束した直後の写真が載せてあるのだが・・・・



 欧米人には東洋人の顔がみんな同じ顔に見えるのと同様に、オレにはアラブ人の顔なんてさっぱり分からんから、この写真の人物がカダフィだと断言でんきませんがね(´・ω・`)


 ・・・・というわけで、フセインに続きアラブ統一を夢見ていたカダフィも死亡しました。これでアラブは当分今の分裂状態が続くでしょう。しかも、各地は不安定なままで。。これこそ欧米が望んでいた構図。おそらく、当分はどこも攻めることはないでしょう。お金ないしね。。アメリカもNATOも。。まあ、裏工作程度はするでしょうけどね。。
 しかしまあ、攻撃するところが産油国ばかりというのが露骨過ぎて笑えますね。。どれだけメジャーからお金もらってるんだよ!と突っ込みたくなりますね。
 できれば、日本には必要以上に勝ち馬に乗らず、欧米と反欧米の間を行ったり来たりでうまい具合にふらふらしてくれればいいのですが、そんな外交日本にはできるわけないところが悲しいですね。。そういうところは中国を見習って、あの国の1/5程度でいいからもうちっとあつかましくなってほしいと希望だけ書いておきます(´・ω・`)

  2011年10月20日(木)
 東京新聞より転載。メガソーラー当面白紙か 孫社長が建設構想

---

 ソフトバンクの孫正義社長の発案で県内にメガソーラー(大規模太陽光発電所)を建設する構想が、当面白紙になる可能性が高まった。構想が明らかになって約五カ月がたったが、孫社長側が県に事業の枠組みすら示していないのが理由だ。上田清司知事は十八日の定例会見で「当初の話はかなり消えかかっている」と指摘した。 (杉本慶一)

 孫社長は自然エネルギー普及のため、全国各地でのメガソーラー建設を提唱。上田知事は五月、住宅六千戸分の電力を賄える二十メガワット規模のメガソーラー建設を打診されたことを明らかにしていた。

 県によると、孫社長側は当初、建設費を約八十億円と試算し、県に約一億円の負担と五十ヘクタールほどの建設地提供を求めた。

 県は候補地の選定作業に入ったが、孫社長側は現在も事業の枠組みを示していない。このため県負担の一億円を補助金としてソフトバンクなどに出すのか、共同事業者として出資するのかもはっきりしていないという。

 上田知事はこれまでに「出資となると、事業が失敗したときに出資分に応じた責任が生じてくる」と難色を示しており、この日の会見では「(孫社長側が)構想を練り直し、きちっとした話が出たら考える」と述べた。


---

 さすが禿孫といったところでしょうか。うまくいくはずないとは思ったが、まさかそれ以前に撤退するとは思わなかったよ。。他の人も言ってたけど、晴天率悪い北海道でソーラー事業なんてできるわけがないんだよ。。雪が降れば、パネルが全部雪の重さでおしゃかになりかねないしさ。。
 これで、いつぞやこっそり通過させた再生可能エネルギー買い取り法案も事実上ゴミ法案となったわけで、オレとしては万々歳ってところでしょうか(・∀・)
 そういえば、ソフトバンクの本事業も、アイフォーン4SにAUが参戦してきたのでうかうかできないようだが、それについてはど~でもいい。オレは孫禿は嫌いだが、安かろう悪かろうが好きな人はいるだろうから、それはそれで否定はしない。オレが嫌いなのは、国の事業に乗っかって利益をむさぼろうとする意志なんでね。まあ、あのソフトバンクのCMを見て、ソフトバンクと契約する人はちょっとどうかと思ってしまうところはあるけどね(´・ω・`)


 もう一つ東京新聞より転載。中国が米国債大量売却 8月、格下げ影響か

---

【北京共同】米国債が初めて格下げされた8月、中国が365億ドル(約2兆8千億円)の米国債を売り越していたと19日付の中国各紙が伝えた。格下げでドル資産保有に不安が広がり、大量に売却したとみられる。

 売り越しは3月以来5カ月ぶり。米財務省の資料によると、中国の8月末の米国債保有高は1兆1370億ドルに減ったが、世界最大の保有国としての立場は維持した。

 一方、中国は8月、日本国債1789億円を買い越した。短期国債を3456億円買い入れ、中長期国債を1667億円売却した。

 中国当局は外貨準備の運用先の多様化を検討している。


---

 だから前からこうなるって言ってただろ。。今アメリカの国債なんぞ持っていたってなんの利益にもならないどころか、評価損だけが膨らんでいく一方なんだよ。。ちょびっとずつでいいから、アメリカの国債は売っていけって。んで、それ以上にちびちび円を買い戻せ。それができないなら、カナダやオーストラリアのようにある程度信用できる国とか、タイやインドのような経済成長著しい国に投資するんだよ。これらの国なら間違ってもデフォルトするようなことはないから。
 
 それと、ロイターに日銀と韓国中銀、通貨スワップ協定の限度額を300億ドルに増額なんて記事があるけど、こんなもん必要ない。なんでって、これはただ単に韓国を救うだけの政策で、日本にとっ全く意味がないからだ。。ってか、こんなことしても韓国経済救えないし、ただ単に日本のお金を韓国に垂れ流すだけなんですが。。
 ほんとにアホだよな民主党。自民党時代もアホだったばかりだったけど、民主党はそれを上回ってるな。。知識も知恵もないうえ、官僚の意見すら否定して、それでどうやって政権運営していくっていうんだ。また昔の自民党と官僚の癒着に戻るのも嫌だが、まだ昔のほうが少しはましってつくずく思えてくるよ。でもやっぱり嫌だけどさ┐(´д`)┌


 今日のど~でもいいこと。
 苗字由来NETというのがあるそうな。なんでも、日本の全人口の95.87%以上の名字の由来を網羅しているとのこと。んで、オレもさっそく調べてみたら・・・・「はっきりとした出自は不明」だってよヽ(´Д`。)ノ  するとなにか?オレの苗字は残りの4.13%に入るわけか?? ・・・・って入るんだろうねぇ(´・ω・`)
 まあ、新潟県や北海道にも同じ名字があるそうなので、めちゃめちゃマイナーってわけではないようだが・・・・やはりマイナーなんですかね(´・ω・`)

  2011年10月19日(水)
 JBPRESSより転載。オリンパス前社長が追求した不可解な買収

---

 カメラと内視鏡を製造するオリンパスは5年前、新たに手がける大型事業を模索していた時に、中核事業とはかけ離れた3つの分野――医療廃棄物処理、電子レンジ調理器、通信販売向け化粧品――で買収候補となる企業を見つけた。

 今月14日に就任後わずか半年でオリンパスの社長を解任された英国人、マイケル・ウッドフォード氏によれば、オリンパスは共通点のない3分野で事業を展開するほとんど無名の小企業3社の経営権を獲得するために、2006年から2008年にかけて700億円(9億1200万ドル)を超える資金を投じたという。

 ウッドフォード氏は、これらの企業には実質的な価値がほとんどなかったうえに、オリンパスは最終的な所有者が誰であるか把握せずに取引を行ったと主張している。

 同氏の主張は、同氏がオリンパスのほかの取締役たちと繰り広げている争いの最大のポイントになっている。

 ウッドフォード氏は、自分が解任されたのは、前任者である菊川剛氏(現会長兼社長)の下で実行された一連の企業買収においてアドバイザーや投資ファンドに13億ドルもの支払いが行われたことに疑問を呈したためだと話している。

 本紙(フィナンシャル・タイムズ)に提示された菊川氏あての書簡で、ウッドフォード氏は菊川氏とほかの取締役2人の辞任を求めていた。

 ウッドフォード氏は、一連の買収からオリンパスの幹部らが個人的に利益を得た証拠は一切見いだしていないと強調しながら、「悲惨な過ちと稀に見るお粗末な判断の連続」のために社外への支払いが膨らみ、株主価値がかなり大きく損なわれたと主張している。

 一方のオリンパスは、ウッドフォード氏の経営スタイルに問題があったため解任したと話している。

 同社は17日、本紙による再三の取材要請に応じなかったが、それ以前には「開示しなければならないことはすべて開示済みだ」と語っていた。オリンパス株は今月14日に18%下落し、週明け17日にさらに24%下げた。

 ウッドフォード氏が調査していたと話している買収案件の中には、2006年から2008年にかけて実行された日本の非上場企業3社の案件が含まれている。

 プラスチック製医療廃棄物の処理を専門に手がけるアルティス、キノコの抽出成分から作られる健康食品と化粧品の通信販売を営むヒューマラボ、電子レンジで使用できる調理器具を製造するNEWS CHEF(ニューズシェフ)の3社である。

 本紙に提示された資料とウッドフォード氏の話によれば、オリンパスは一連の買収が完了した1年後の2009年5月、これらの企業の評価額を68~83%引き下げて減損処理した。

 3社の業績見通しはかなり楽観的だったように思われる。例えばアルティスでは、売上高が2006年から2013年にかけて700倍に増えると予想されていた。

 オリンパスはアルティスの実際の業績を自社の決算書で開示しておらず、コメントの要請も拒んだ。

 ウッドフォード氏によれば、これらの企業の背後に誰がいるのか、オリンパスは把握していなかった。同社の記録には、これら3社の株主は特別目的投資事業体(SPV)の一団としか記されていない。

 3社の事業内容は互いにかなり異なっているが、あるSPVは3社すべての株式を保有しており、それ以外にも2つのSPVが3社のうち2社の株式を保有していた。このつながりから懸念を覚えたはずだとウッドフォード氏は述べている。

 3社の買収はすべて、グローバル・カンパニーという同じ投資ファンドを通じて実行された。前出の資料によればこのファンドは2000年から、オリンパスより資金を受け取っていた。そしてオリンパスの買収部門として行動し、外部のファンドマネジャーによって運用されていた。

 オリンパスは買収のデューデリジェンスと交渉をグローバル・カンパニーに任せていたとウッドフォード氏は述べている。また前出の資料を見る限り、オリンパスは、買収価格や取引のいろいろな側面の審査にほかのファイナンシャルアドバイザーを関与させていなかった。

 本紙はグローバル・カンパニーとその代表者に接触しようとしたが、居場所を特定できなかった。アルティスとヒューマラボにはコメントを求めようとしたが、どちらも電話に出なかった。

 NEWS CHEF の販売部門とされている GLOBAL CHEF(グローバルシェフ)の従業員は、自分には話をする権限がなく、同社の幹部に取り次ぐこともできないと述べた。


---

 オリンパス内が何やらきな臭い様相を呈してきたようですね(´・ω・`)
 オリンパスといえば、日本でも屈指の優良企業と思っていたので、今回の騒動は正直ショックです。オリンパス側はウッドフォード氏の解任を、「ウッドフォード氏と他の経営陣の間で経営の方向性や手法に関して大きなかい離が生じ、経営の意思決定に支障をきたす状況になったため」とし、また、買収した3社についても「適切な処理をした」ということだ。さらに、法的措置を検討しているらしい。
 これに対して、ウッドフォード氏の行動は、ロイターによると

---

 オリンパス社長を14日付で解任されたマイケル・ウッドフォード氏は、オリンパスの買収案件をめぐる支払いに関し、英重大不正捜査局(SFO)当局者と接触したことを認めた。

 英国人の同氏はBBCラジオとのインタビューで、自身が解任された理由について、「私の要請によりプライスウォーターハウス・クーパース(PWC)がまとめた報告書は、オリンパスがケイマン諸島の不明の先に対し6億8700万ドルを支払ったことを裏付けており、これを書簡とともに全取締役とアーンスト・アンド・ヤングの各国のパートナーに送付した」ためと指摘。

 そのうえで昨日SFOに出向いたとし、「6億8700万ドルについて、6億2000万ドルはオリンパス・ファイナンスUKからケイマン諸島に向け2回の取引で支払われた。これは英国の管轄下での支払いだ。これは英国企業だ」と述べた。 


---

 といった感じで、全面対決を辞さない構えのようだ。

 今回の騒動は、おそらく現社長である菊川氏が前前社長(ウッドフォード氏の前に社長だった)の代にM&Aをした件をウッドフォード氏が疑問を持ったことが発端でしょうね。んで、発覚を恐れた菊川氏子飼いの経営陣がウッドフォード氏を追い出した・・・・というのが、今のところの予想だ。
 まあ、実際にどちらが正しいかは断言できないが、もしオリンパスが正しいと主張するなら、買収した3社のお金の流れをきちんと開示する必要があるだろうね。もちろん法廷だけでなく、株主総会等で。そうでないと、間違いなく株主代表訴訟に持ち込まれて、ものすごい確率で負けるだろうね。
 ま、オレには関係ないけどさ(・∀・)

 ど~でもいいことだが、これだけでかくなった問題を日経以外が記事にしてないってどういうことだ??


 今日のど~でもいいこと。
 古いソフト等を大量売却して、初期型のPS3を購入したのだが、ファンの音が


ぶおぉぉぉぉぉぉぉん


 って感じで、しゃれにならん大きさなんですよヽ(´Д`。)ノ  オレのパソコンのファンの音も相当でかいけど、そんなもん問題にならないくらいのでかさだ。。しかもだ。。しばらく使っていたら、いきなり熱暴走でフリーズしやがった( `д´)   おかしいと思って検索してみたら、同じような症状が出るは出るはで、マヂでこれは製品として欠陥じゃないかと思ったよ。。さすがソニーって感じですね(´・ω・`)
 まあ、熱暴走対策したり、連続使用さえしなければなんとかなりそうなので、ある意味「やりすぎ警告」とでも思えばいいのだろうが・・・・ねぇ(´・ω・`)

  2011年10月17日(月)
 いきなり今日のど~でもいいこと。
 某アニメのMADの一コマより。


 これいいな!もしこんなカルタがあったらやってみたいかも(・∀・)

  2011年10月15日(土)
 先日ユーチューブの動画がダウンロードできなくなったことを書いたけど、その問題を解決するのにあれこれ試行錯誤してたのだが、とりあえず解決策を考えたので書いておきますね(´・ω・`)

 まず、友人から教えてもらったCraving Explorerというのを試してみたのだが、残念ながらごく一部を除いてやっぱだめだめ。というか、それではなぜかニコ動までダウンロードできなかった。。オレだけかもしれないけどさ。。ただ、yamという中国の動画投稿サイトのものがダウンロードできるので、それはそれで重宝したかな。まあ、中国系ということで怪しさ満点なので、危険だと感じた方にはお勧めできないんだけどさ。。
 ただ、それだけでは全然足りないので、今度はいかにニコ動のダウンロードするかを考えた。んで見つけたのがSmileDownloader。動画のアドレスを張り付けるだけで勝手にダウンロードできる優れもので、超のつくお勧めソフトなのです(*´∀`*)ゞ
 んが、実はオレがほしいのは曲であって動画ではない。そこで動画から曲を抽出するソフトが必要になった。そこで登場するのがAny Audio Converter。これも簡単操作で曲の抽出が可能なので、試してみたい方は是非どうぞ(*´∀`*)ゞ

 かくして、ユーチューブで発見→ニコ動で検索→ダウンロードという一連の動作が確立したわけです。どうも、オレがほしいと思っていた曲は、ユーチューブに投稿されているものはほぼ全部ニコ動ものみたいだからねぇ。・・・・まあ、ニコ動で直接検索してもいいんだけどさ。。
 ああ、断わっておくけど、オレは普通にCD等で売っている場合は、きちんと買っているよ。ダウンロードしたいのは、売っていない曲だけなので、そこのところを間違えないように(´・ω・`)

ちと追記。何気にSmileDownloaderでユーチューブの動画をダウンロードできないかな~?なんて軽い気持ちで試してみたら、なぜか問題なくダウンロードできた(笑)SmileDownloaderすげ~!!


 今日のおすすめ。
 今日はKalafinaの紹介です(*´∀`*)ゞ



 いいですね~(*´∀`*)ゞ   この曲はStoriaっていう曲なんだけど、日本でこういう曲を作れるアーティストってなかなかいないので、とても嬉しいですね。個人的にはもっと人気があってもいいと思うけど、考えてみれば日本の音楽番組って見たことないので、Kalafinaが人気あるのかどうかさっぱり分からないんですよね。まあ、考えてみれば、人気があろうとなかろうと、関係ないんだけどさ。単にオレがKalafinaにどっぷりはまってるってだけのことだしね。
 あと、Kyrieって曲もお勧めなので、是非いっしょに聞いてみてくださいなヽ(*´∀`)ノ
 ちなみに、ユーチューブにおけるKalafinaへのコメントって、実は圧倒的に海外が多いんですよ。トラディショナルな曲が多いからなんですかね??どうせなら、もっと積極的に海外進出して、世界的に知名度を高めて欲しいですね(*´∀`*)ゞ


 おまけに今日の小言。
 先日からKalafina関連の動画がすごい勢いで消されてる。。どうもソニーが著作権を盾に消しまくっているようだ(だから動画はライブVerなのです)。。
 ・・・・いっちゃあなんだが、ほんとソニーってアホだよな。。だってさ、オレみたいにユーチューブでKalafina見つけ、サイトで紹介して、さらにCD買う人間がいるんだよ?ってことは、広告費0円でKalafinaの宣伝ができてるってわけですよ。。それを著作権云々で消すってことは、みすみすKalafinaの潜在ファンを減らしているってことなんだよ。。
 そんなケツの穴の小さいことをしてるから、アニノマスだかってハッカー集団に攻撃されたり、93000人もの顧客情報を流出されたり、新製品が出るたびにソニータイマー発動云々って言われるんだよ。
 自分でわざわざ敵を作って何が面白いんだか・・・・ねぇ(´・ω・`)
 全くの余談だが、オレは昔PS2でソニータイマーの発動をくらったことがある。まあ、保証期間1週間前だったので、ギリギリ間に合ったんだけどさ。。ほんと、ソニー製品は気をつけたほうがいいと思うよ。絶対危険とまでは言わないけどさ(´・ω・`)

  2011年10月8日(土)
 今日はちこっと相続の勉強なんぞをしてみようと思いまっす。興味のない方はスルー推奨で(・∀・)

 んでは、まずはごく一般的な家庭からいってみましょうかね~



 最近は少子高齢化で一人っ子が多いので、こんな感じですかね(´・ω・`)  この場合は、なんの問題もないでしょう。Aが死亡した場合、相続人は当然BとCってことですね。まあ、大抵はBが相続の手続きをしてそのままってことになるんですが・・・・。。


 さて、次はちょっとだけ面倒になります。今度は養子をもらった場合です。



 こんな感じですかね。D、Eの子供であるCが、A、Bの養子になったという設定です。さて、この場合の相続はどうなるのか??というと、なんと、Cは、A、Bの相続権どころか、D、Eの相続権もあるのです!。これは、D、Eに他に子供がいる場合でも同じです(ここでは掲載していないけど)。ただ、その場合、C以外の子供ときちんと意思の疎通が必要で、これができていないと当然泥沼と化すわけでして。。この辺りは、きちんと兄弟間で話をしておくことが重要でしょうね。
 ただ、これは一般的な普通養子と呼ばれる制度の場合です。実は養子にはもう一つ特別養子という制度があるのですが、これは前親との縁を完全に切ってしまう制度であり、この場合はD、EとCの間に相続は発生しませんので、注意が必要です。
 もしあなたが養子の場合、どちらの制度で養子になったのか、きちんと確認したほうがよろしいかと(´・ω・`)


 最後に、さらに面倒な相続の場合です。



 ちょっと見にくいですが、今回は、AとBが離婚、DとEが離婚し、AとEが再婚、んでAとEにそれぞれCとEという子供がいるうえ、それぞれが子供を引き取っているという設定です。最近は離婚、再婚が当たり前になっているので、あり得る設定かと・・・・(´・ω・`)
 さて今回の場合のポイントは離婚ということですが、実は夫婦が離婚しても、親子関係は残ります。だから、例えAとBが離婚しても、CはA、Bどちらに対しても相続権があります。まあ、Aが死亡してもBには当然相続権はありませんが。。D、E、Fの関係も同様です。ただ、Bが再婚し、相手との間に子供が生まれた場合、Cはその子供とドロドロになる可能性があるのですが、こればかりはどうしようもありませんね(´・ω・`)
 それと、これとは別に問題が発生します。どういうことかというと、AとC、EとFの間に親子関係はあるのですが、AとF、EとCには親子関係はないということです。つまり、AとEが結婚しても、AとF、EとCは赤の他人のままということです。ということは、当然Aが死亡しても、Fには相続権は発生しません。これは、とても問題です。
 ではどうすればいいか??この場合、AとF、EとCの間に親子の関係にすればいいのです。わかりやすく言えば、養子関係になればいいわけ。これをしないと、後々とてつもなく面倒になります。まあ、相続税が発生しない上、CとFの間がうまくいっていれば問題ないこともありますが、それ相応の資産がある場合、間違いなく泥沼と化すので、もし手続きをしていないなら、できるだけ早く役所に届け出をしたほうがいいでしょうね(´・ω・`)


 ・・・・とまあ、相続に関する基礎知識を簡単にまとめてみました。もしあなたが該当する場合、できるだけ早く対処することをお勧めします。・・・・泥沼になる前がいいですよ(・∀・)


 今日のど~でもいいこと。
 いつだかデュアルブートについてちこっと書いたけど、先日ちょっと試してみました。
 んで、結論から書くと、できました(*´∀`*)ゞ
 どうやるかというと、いくつものサイトで書いてある通りXP→7の順でインストールするのですが、HDDに入れる場所も問題で、例えばXPを入れるのがCの場合(普通はそうなる)、7はD以降、つまり、7は必ずXPより後ろに入れる必要があるわけ。オレは7をメインにしたかったので(普通はそうだよな)、先にXPをDに、その後7をCにインストールしたので、前回はデュアルブートできなかったようなのだ。。
 というわけで、現在はXPと7を普通に使いこなしてるのです(*´∀`*)ゞ
 ただ、少々問題があってですね。。どんなことかというと、ウイルスバスター2012がどうもXPには対応してないようなんですよ(;´Д`)
 だから、XPのセキュリティーは、昔買ったウイルスバスター2008と(作動してるか自信ない)、ウィンドウズの自前のセキュリティーを同時作動させてるわけでして(普通は重複できないはず)。。そんなわけで、XPではあまり怪しいサイトにはいけないということです。・・・・いかないけどね。必要最低限しか使わないし(´・ω・`)

  2011年10月3日(月)
 AFPより転載。家畜への抗生物質投与、耐性菌出現の要因に 米学会

---

成長を促進し疾病を予防するために家畜に与えられる薬剤が、抗生物質に耐性を持つ菌が出現する主な原因になっている可能性がある―。米シカゴで18日に開催された第51回抗菌剤・化学療法学術会議の年次会合で、微生物学者らがこのような発表を行った。

 世界保健機関抗菌剤耐性統合監視諮問グループのアワ・アイダラケーン氏は大量の抗生物質を投与する行為について次のように語った。

「この行為は、薬剤耐性菌の出現を促進する形で作用している。これらの薬物耐性菌は汚染食品の消費や動物との直接接触、環境への拡大を通じてヒトに拡大する可能性もある。さらに、薬剤耐性をもたらしている遺伝子は、人畜共通伝染病の病原菌からヒトの病気の病原体に伝播する可能性もある」

■増える薬剤耐性菌

 畜産物の消費による薬剤耐性菌の出現と拡散の危険性を低減するため、WHOは動物の成長を促進させるための抗生物質の使用の制限や撤廃にも言及しており、フルオロキノロン類や最新世代のセファロスポリンなどの人間の健康に不可欠な抗生物質の動物への投与の制限を推奨している。

 米疾病対策センターの動物疫学者、ベス・カープ氏は、「ヒトに感染したサルモネラ・ハイデルベルグの間で、第3、第4世代のセファロスポリンへの耐性を持っているものが大幅に増えている」と指摘する。「2008~2010年の間に薬剤耐性は8%から24%に上昇した。小売りされていたニワトリから分離した株では、薬剤耐性を持つサルモネラ・ハイデルベルグは2008年の17%から2009年には31%に増加した」。この菌株は、ほぼすべての抗生物質に耐性がある。

 カープ氏は、ほかのいくつかの血清型のサルモネラ菌がセファロスポリンへの耐性を獲得する危険性についても懸念を示した。CDCによれば、非チフス性サルモネラは米国の食品汚染の主要因で、毎年120万人が影響を受けている。そのうち2万3000人は入院し、450人は死亡している。

■抗生物質の投与量減らすよう呼びかけ、米FDA

 5月には、消費者団体が米食品医薬品局に、家畜飼料への抗生物質投与が広く行われていることを批判し、この行為を止めるための対策を強化するよう申し入れた。FDAは前年、細菌が薬剤耐性を獲得する危険性を減らすため、抗生物質の投与量を減らすよう畜産農家に呼び掛けていた。

 米アイオワ州立大学獣医学部の研究者、J・グレン・ソンガー氏は、若いブタなどの家畜に疾病をもたらすクロストリジウム・ディフィシレ菌の特定の菌株が、ヒトに感染する例が増えていると指摘する。クロストリジウム・ディフィシは大半の薬剤に耐性があり、病院などでは深刻な問題になっている。


---

 たぶんほとんどの人が知ってるけど、病院ではMRSA等抗生物質に対する耐性菌のニュースが時々出てくるけど、それの家畜版といったところでしょうか。。
 この問題はかなり前から指摘されているのだが、利益優先の家畜業者は全く無視を決め込んでいて、手に負えないようです。なぜなら、家畜業者の団体である全米生産者牛肉協会はアメリカ屈指の圧力団体だからです。。

 ちなみに、この問題の先進国はインドなんですよ。。なんでかというと、日本などでは抗生物質は医師の処方箋が必要なのだが、インドでは普通に薬局で買えてしまうので、耐性菌の発生率が日本などとは比べ物にならないくらい高いそうです。そのうちインドでは、いかなる抗生物質も効果がないスーパー耐性菌がぞくぞく出てくるかもしれませんね(´・ω・`)

  2011年9月25日(火)
 読売より転載。根底崩れた?相対論…光より速いニュートリノ

---

 名古屋大などの国際研究グループは23日、物質を構成する素粒子の一種であるニュートリノが、光の速度より速く飛んでいるとする観測結果を発表した。

 現代物理学の基礎であるアインシュタインの特殊相対性理論では、宇宙で最も速いのは光だとしている。今回の結果は同理論と矛盾しており、観測結果が事実なら物理学を根底から揺るがす可能性がある。

 この観測結果が得られたのは、スイス・ジュネーブ郊外にある欧州合同原子核研究機関(CERN)の「OPERA実験」。ニュートリノ(ミュー型)を加速器という装置で打ち出し、約730キロ・メートル離れたイタリアのグランサッソー地下研究所へ地中を通して飛ばした。

 光はこの距離を0・0024秒で飛ぶが、今回の観測によって、ニュートリノは光より1億分の6秒早く到達していることが分かった。これは、光の速度より0・0025%だけ速く飛んだことを示している。

 ニュートリノの飛行速度を巡っては、2007年に米国の研究チームが論文を発表している。しかし、この時は誤差と区別がつかなかったため、「光速と差がない」と結論づけられた。今回は原子時計を備えた全地球測位システム(GPS)と光学測量を組み合わせ、3年間かけて約1万5000個分の飛行速度を精緻に測定した。その結果、誤差を考慮しても、光速を超えていることが判明した。

 この観測結果は現代物理学では説明できない。観測に参加した名古屋大の中村光廣准教授は「物理学全体への影響が大きいため、解釈は加えないと研究グループ内で合意している」と述べ、他グループの実験による検証を求めるために発表に踏み切ったとしている。

 ◆ニュートリノ=電気的に中性で、物質を透過する。「電子型」「ミュー型」「タウ型」の3種類があり、飛行中にそれぞれ別の種類に変化するニュートリノ振動という現象を起こす。以前は質量がゼロと考えられていたが、故・戸塚洋二東京大特別栄誉教授らによる観測で、質量があることが明らかになった。


---

 光よりも速い速度の物質!もしこれが実証されれば、ウラシマ効果ローレンツ変換もビッグバン!って感じになるのだが、どうなんでしょう??(←いまいち理解しないまま書いているのは内緒!)。
 
 オレとしては、こういった発見はとても素晴らしい事だと思う。今までの科学の歴史でも、「ありえない」ことの発見によりそれまでの常識を覆してきたわけだから、今度の発見も宇宙や物理の研究に大いに役立つと思う。
 ただ、こういった新しい発見は、その道の専門家からしてみれば、自分たちがやってきたことが全て否定されるように感じるので、こういった発見というのは毎回否定されるわけでして。。

 それはそうと、宇宙って実はまだほとんどのことが分からないことだらけらしい。というのも、宇宙空間にはガスや暗黒物質(ダークマター)といった物質が存在しているのだが、それらがどんな物質なのかさっぱり分からないんだそうだ。何かの番組の解説によると、「宇宙を地球に例えた場合、地球の表面の7割は海だが、その海が何なのか、何か全く分からない状態」なんだそうだ。
 そう考えると不思議なもので、例えば宇宙の始まりは約137億年前に起こったビッグバンと言われるが、じゃあそれ以前はどうだったのか?とか、無限ともいえる時間はいつから時を刻み始めたのか?とか、全く見当もつかないことを想像するのは、オレ的にはちょっと怖かったりするんですよね。。

 それに、今回発見されたニュートリノがもし本当に光速以上で移動するなら、ウラシマ効果(光速に近づけば近づくほど、時間の流れは遅くなる)によって、何年、何億年経っても劣化しない物質であることになるし(ニュートリノは物質を透過するので、途中で何かに当たって止まる事はない)、それどころか、光速以上の速さで移動するので、ニュートリノは時が経つほど新しくなる(といういい方は正しくないが、うまい言い方が見つからない)というようなありえない現象を起こす物質ということになる。・・・・ウラシマ効果が真実であるならばであるが(´・ω・`)
 
 そう考えると、世の中にはまだまだ知らない事がザルに山盛りなわけでして・・・・。。オレの人生目標である「この世の全ての理を知る」という野望が、果てしなく遠くなってしまったと気づいてしまった今日この頃なのです(´・ω・`)

  2011年9月17日(土)
[壁]ω・)・・・・・・・・ちょっと先日のリンクの件で話があるんですが、いいですか?


うん。どうしたの?(´・ω・`)


[壁]ω・)「トップはこちら」のリンク先なんですが、あれは一体どこなんですか?


あれはね、ヒズボラのHP(アラビア語Ver)だよ(´・ω・`)


[壁]ω・)・・・・・・・・それがこのサイトのトップなんですか?


ううん、違うよ(´・ω・`)


[壁]ω・)でも、「トップはこちら」ってなってますが・・・・


あ、うん。嘘をついてしまいました。どうもすいません(´・ω・`)


[壁]ω・)そうですか・・・・。ところで、ヒズボラなんかにリンクを貼って大丈夫ですか?


えとね、ヒズボラってイスラエルにロケット砲ぶっ放したりするけど、食糧支援をしたり、国会議員を何人も当選させたりと、すごい真面目な組織なんだよ。だからたぶん大丈夫だよ(´・ω・`)


[壁]ω・)なるほど。それなら安心ですね。それはそうと、嘘はダメですね。デマならいいですけど。


え?デマは言いの?(´・ω・`)


[壁]ω・)はい、)嘘はダメです。しかし、デマなら問題ないですよ。


そうなんだ。じゃあ、これからは嘘は書かずにデマを書くことにするよ(´・ω・`)


[壁]ω・)分かればよろしい!

  2011年9月14日(水)
 読売より転載。「光る猫」誕生…下村博士の研究を応用

---

【ワシントン=山田哲朗】米ミネソタ州のメイヨー・クリニックの研究者らが、蛍光たんぱく質の遺伝子を組み込んだ「光る猫」を誕生させた。

 学術誌「ネイチャー・メソッズ」電子版で発表した。

 研究チームは、猫の後天性免疫不全症候群(AIDS)を遺伝子レベルで予防する研究の過程で、猫の卵母細胞に、ウイルスを使って緑色蛍光たんぱく質(GFP)の遺伝子を挿入した。3匹の子猫が無事に成長し、暗闇で特定の波長の光を当てると、GFPが発現している全身が緑色に光った。

 GFPは、ノーベル化学賞を受賞した下村脩博士が光るクラゲから抽出するのに初めて成功。生命科学では、狙った物質を追跡しやすくするためGFP遺伝子を組み込むことが多く、すでに光るハエやマウス、豚などが生まれている。



---

 う~~~ん・・・・。。こういったのって科学者からしてみれば、「これはすごい!」って思うのだろうが、オレとしては、「おいおいちょっと待てよ」という気持ちのほうが先に立ってしまうんですよ。。確かに科学技術の進歩はいいことだし、オレもその成果を享受しているわけだが、際限のない発達には「それはほんとに正しい事なのか?」という疑問が沸々と沸いてくるんですよね(´-ω-`)
 できることなら、倫理観を欠如させることなく、科学道を追求してほしいものです(´・ω・`)
 
 しかしまあ、哺乳類にまでこういった技術が応用できるということは、数百年後には頭の光るオヤヂとかが普通に町を歩いていそうですね。・・・・って、今でも普通に歩いているか(・∀・)


 今日のど~でもいいこと。
 なんでも、鉢呂とかって経済産業大臣が「死の町」とかって発言して大臣を辞任したらしいけど、何か問題あるんですかね??実際死の町なんだから、問題ないと思うんですけどね。。まあ、服をなすりつけて「放射能をつけた」とかってのは寒すぎるけど、ユーモアのセンスのないオヤヂなんてそんなもんだろ??
 しかしまあ、しばらく生温かい目で見守るつもりだったけど、今の政権ってさ、よくよく見たらその道の専門家っていないんじゃないのかと思ってしまうんですが。。なんかさ、「どうせ長続きしないんだから、年功序列でテキトーにやらせよう」みたいな臭いがぷんぷんなんですよね。。
 防衛大臣なんぞ「安全保障に関しては素人だが、これが本当のシビリアンコントロールだ」とかぬかしたようだし・・・・。。まあ、「私はアメリカと官僚の犬になります」と暗に宣言しているんでしょうね(´・ω・`)

  2011年9月11日(日)
 ちょっと先日聞いた話を書きますね(´・ω・`)

 とある人がカラオケ教室に通っていたのだが、その先生?(←うろ覚え。別の人かもしれない)が、「歌手デビューしないか」と声をかけてきたそうな。その生徒は特別歌がうまいわけではなく、ごくごく普通程度でしかなかったにも関わらずだ。。
 ところが何を思ったのか、その生徒は歌手デビューすることにしたのだが、その後が大変。なんでも、作詞家や作曲家に曲を提供してもらうために多額のお金を支払わなければならなかったし、録音するためにスタジオを借りなければならなかったし、さらにCDの制作にも多額のお金がかかってしまうからだ。
 んで、それが売れるかというと、当然そんなものが売れるわけは無く・・・・ってわけですよ(´-ω-`)

 オレは法律は門外漢だから、これが詐欺や他の犯罪に当たるかどうか分からない。ただ、仮に見た目上は合法でも、こういった悪質なやり方はいかがなものかと思う。
 とりあえず、別に歌がうまいわけでもないのにべた褒めされて、「歌手デビューしませんか?」なんてお話があった時は、一度疑ってみたほうがよろしいかと。

 ちなみに被害者?は結構な小金持ちのおばちゃんだったそうです。そういった方が狙われやすいとまでは言わないけど、やはり用心したほうがいいんでないでしょうか?(´・ω・`)


 今日の困ったこと。
 ユーチューブの動画をダウンロードしようと思ったら、なぜかできなくなっていた。。なんでかと思ったら、どうも著作憲法違反で提訴されたらしい。・・・・提訴された動画だけダウンロード禁止にすればいいじゃんよ( `д´)

  2011年9月10日(土)
 産経より転載。10万円未満の放射線測定器 9種類すべてが不正確 国民生活センターテスト結果

---

 インターネットで10万円未満で購入できる放射線測定器について、国民生活センターは8日、放射線を照射するテストを行った9種類すべてで正確な測定ができないとする結果を公表した。センターは「食品が国の暫定基準値を超えているかの測定もできない。値を直ちに信頼しないで」と呼びかけている。

 センターによると、テストしたのは中国製とみられる3万~6万円台の9種類。放射性セシウムによる放射線を10回照射したところ、すべての種類で測定値にばらつきがあり、平均値も実際より低かった。また、毎時0・06マイクロシーベルト以下の低線量が正確に測定できなかったため、同0・007マイクロシーベルトに相当する野菜や肉などの基準値、1キロ当たり500ベクレルは測定できないという。

 また、4種類はネット上の広告で「高感度」といった、正確な測定ができると誤解させる表示などがあり、センターは景品表示法違反の可能性もあるとみて、消費者庁に指導を要望した。

 センターには7月末までに測定器に関する相談が391件寄せられた。そのうち122件が「測定値が2種類しか出ない」といった性能に関する相談だった。


---

 これは問題ですね(´-ω-`)  この手の悪質な商品は多数あるけど、これは特別にひどいと感じる。まさに「不安心理に付け込んだ商法」の典型と言わざるを得ません。くれぐれも、安物のガイガーカウンターの数値は信用しないようにしたほうがよろしいかと。もっと詳しく知りたい方は、国民生活センターのPDFをどうぞ。

 ちなみに、検査したのはこれらだそうです。
 商品名は上記のPDFにあるので、そちらを参考にしてください(´・ω・`)

 ・・・・って、よく見たら中国製品ばっかりじゃんよ( `д´)

  2011年9月9日(金)
 あまりに体調がよろしくないので、しばし更新をストップさせてましたが、ようやっと?少しだけましになったので、ぼちぼち更新を(´・ω・`)

 先日も書いたけど、プチ旅行以来どうにも体調がよろしくなかったんですよ。。頭はガンガンするし、吐き気もあるし、倦怠感がすごいしって感じで・・・・。。先日なんか、ご飯1膳食べられなかったくらいだったしさ。。
 んで、その原因を考えてみたんだけど、

①プチ旅行での疲れとちょい遅い夏バテ
②テスターとして飲んでいる健康食品の過剰摂取(通常の1.5~2倍)←だって飲めって言うんだもん
③明治神宮に参拝した時に、周辺を彷徨っている物体Xを数体連れて帰ってしまった

 くらいか。。オレとしては98.3%くらいの確率でだと思うんだけど、実際のところは不明だ。
 まだ体調は万全というには程遠いが、このままだとダメダメ人間モードに突入しそうなので、ちょっと無理やり更新する次第です(´・ω・`)

 ああ、そうそう、ようやっとプチ旅行の更新作業が完了したので、アップしておきました(*´∀`*)ゞ

 そういや、知り合い2人が「つぶやきしか見てない」とかぬかしてたけど、ひょっとしてそんな人が他にもいるかもしれないので、一応トップへのリンクを貼っておきますね(´・ω・`)


トップはこちら 

  2011年8月31日(水)
 いつの間にか民主党代表選があったようですね(´・ω・`)

 それにしても野田ですか。。立候補した中では無難・・・・なんですかね?ま、勝者は財務省ってとこでよろしいかと(´・ω・`)
 それはともかく、最初はいつもどおり生温かく見ていくつもりだが、怪しい事を言い始めたら速効で突っ込みを入れるのでそのつもりで(・∀・)


 今日のど~でもいいこと。
 台風12号が接近しているようですね。・・・・あ、いや、なんでもありません(´・ω・`)

  2011年8月29日(月)
 18:40、無事に戻ってきました(*´∀`*)ゞ

 とりあえず今回のプチ旅行は、そのうち「行けるとこまで」にアップする予定なので、期待しないで待ってて下さい(´・ω・`)
 大雑把な内容は、

・浅草で外国人観光客の動向を調査しようと思ったのだが・・・・
・上野で怪しいおっさんに声かけられちまってゼ( `д´)
・東京国立博物館で腰が逝っちゃったヽ(´Д`。)ノ
・アキバ→御徒町まで歩いただけで、へばってしまった(´-ω-`)

 その他ぼちぼちって感じですかね。一体いつアップする事になるのやら・・・・ねぇ(´・ω・`)

  2011年8月27日(土)
 今日のお知らせ。
 今日から数日程静岡方面に遊びに行ってきます(*´∀`*)ゞ

  2011年8月23日(火)
 
 ロイターより転載。リビア首都が事実上陥落、反体制派進攻で:識者はこうみる

---

[22日 ロイター] 内戦が続いていたリビアで22日、反体制派の部隊が首都トリポリ中心部に進攻。カダフィ大佐の息子2人が拘束されるなど、政権軍は崩壊状態となり、首都は事実上陥落した。

 リビア反体制派の首都進攻に関する識者のコメントは以下の通り。

●カダフィ大佐の取るべき道は降伏のみ

 <イタリアのフラティニ外相>
 カダフィ大佐が取るべき道は、降伏することしかない。現政権は政権移行のために、犯罪の血に染まっていない権威ある人物を2人選ぶべきだ。
 (2人のうち1人が元カダフィ政権ナンバー2、ジャルド元首相かどうかの問いに)彼は確実にその1人になる素質がある。彼は適切なタイミングで、自身のポストを明らかにするだろう。ジャルド氏が新しいリビア国家建設に欠かせない役割を担う人物だと、多くの人がみなすと確信している。
 カダフィ大佐がリビア国内に残り、新政権と共存する可能性はまだあるものの、現状を考えると、調停合意の余地はなくなってきている。

●リビア政権崩壊はシリア国民を勇気づける

 <アラブ首長国連邦(UAE)の政治学者 アブドゥルハリク・アブドゥラ氏>
 22日の夜にリビアで起こった最も重要なことは、カダフィ政権崩壊ではなく、500万人の市民が自由の行進に参加したことだ。 
 カダフィ大佐の次に最も惨めな人物はシリアのアサド大統領だと思う。カダフィ政権崩壊は、リビア国民を幸せにするだけでなく、シリア国民を勇気づけることにつながるだろう。

●首都進攻を歓迎、大勝利を祝福する

 <イスラム原理主義組織ハマス報道官 サミ・アブ・ズーリ氏> 
 ハマスは、リビア革命戦士の首都トリポリへの進攻を歓迎し、この大勝利を祝福する。
 われわれは、これが国民の意志を尊重した発展と繁栄に向かうリビアの歴史上のターニングポイントとなることを期待する。

●国際社会に求められる資金提供

 <ブルッキングス・ドーハ・センター リサーチ・ディレクター シャディ・ハミド氏>
 アラブ世界は(カダフィ政権崩壊という)新たな勝利が必要だった。今回の勝利でアラブ地域の流れが変わるだろう。ツイッターやフェイスブックを通じて地域全体が注視しているのが見て取れる。
 リビア反体制派がつくる国民評議会(NTC)の統治能力については、NTCは優れた組織であり、拠点とする東部ベンガジをうまく統治していた。非常に優秀な人材が集まっており、カダフィ政権後のリビアを導いていくだけの指導力を有している。リビアを統治していくのは自分たちであるという自覚を持ち、過去数カ月の間、そのための準備もしてきた。
 最初は混乱するだろう。指導者が追われた後にはリスクがつきものだ。しかし、国際社会はNTCを支援すべく団結している。
 問題は、国際社会がNTCの必要とする資金を提供できるかだ。長きにわたる戦いで失望もしたが、今では疑いもなくNTCがリビアの正当な代表だと思っている。国際社会には資金を提供することが求められる。それは容易にできることではない。しかし、NTCが資金を必要としているとの認識はある。

●アラブ革命は今後も続く

 <エジプト大統領候補 ハムディーン・サバヒ氏>
 カダフィ政権との長い戦いに対するリビア国民の勝利に敬意を表したい。
 アラブ革命が今後も続いていくことは明らかであり、いかなる独裁者にも勝利するだろう。リビアのアラブ革命は今日、完了した。あなた方の自由を祝福する


---

 いつの間にか、反政府軍が攻勢になっているようです。こうなると、そのうち「カダフィが捕まった」というニュースが流れるのは時間の問題でしょうね。

 ただ、このリビア問題って、すごい不思議なんですよね。。なんでって、地震直後にリビアにミサイル攻撃したのはまあいいとして、その後一時政府軍がかなり反政府軍を押していたはずなんですよ。。記憶の限りでは。。
 ところが、いつの間にかリビア情勢が全く語られなくなって、7月頃からアメリカ国債云々という話で話題が持ちきりになって、それが落ち着いた頃にいきなり「反政府軍が首都トリポリをほぼ制圧」ときたもんだ。。
 はっきり言って、これは、アメリカ国債の格下げの話で盛り上げさせ、その隙にリビアを攻撃したってとこでしょう。なんか、東日本大震災直後のどさくさにリビアを攻撃したのと全く同じ構図ですね(´・ω・`)

 ところで、前々から思っていたことだが、リビアや中東に関する情報収集が非常に難しいんですよ(´-ω-`)  なんでかというと、まず日本のメディアは全く信用していないし、海外のメディアもこと中東情勢に関しては恐ろしいほどフィルターがかかっていて、信用できないんですよ。。例えば、反欧米路線のシリアの情勢を見ると、ほとんどが反体制派の側からしか報道しない。いつ見ても、「アサド大統領は市民に対してこんな弾圧した」とかそんなのばっかりだ。
 だから、中東情勢に関しては、できるだけアルジャジーラで情報収集をしていたのだが、いつの間にかBS-1の海外ニュースでもアルジャジーラ関連のニュースがすごい減ってしまって、ほとんど見る事ができなくなってしまっていた。正直、本気で「アルジャジーラとの契約を解除してしまったのでは?」と思ったくらいだ。

 まあそれはともかく、リビア問題はカダフィの逃亡、あるいは拘束、という形でいずれ幕を下ろすでしょう。もちろんその後はチュニジアやエジプトのようにカオスが待っているわけですが、こればかりは見守る以外の事はできません。。ひょっとしたら欧米が傀儡政権を作るかもしれないが、おそらくそれもイラク同様うまくいかないでしょう。
 イラクとの戦争頃からアメリカの戦略を見てきたけど、どうもアメリカは「相手を倒せばすべてうまくいく」いう夢をみているいるようでして。。日本の占領があまりにうまくいきすぎたので、そんな幻想を抱いているのでしょうか?(´・ω・`)
 そういえば、「イラクのフセインを倒せばすべてうまくいく」、「倒した後の事?何も考えてないよ」みたいな事をアメリカの高官が言ってたと記憶しているが、ようはアメリカの戦略なんてその程度のものってことなんでしょう。おまけに、その国の文化なんぞ全く考慮しないであ~だこ~だ上から目線で押し付けるから、イラクだろうがアフガンだろうが反発するわけで。。そういった意味では、アメリカは相手を倒すことそのものに意義を感じているのかもしれませんね(´・ω・`)

 ああ、それと、リビア問題が片付いたら今度は当然シリアに矛先が向くだろうが、リビアのようにNATOが攻撃するかは不明。・・・・まあ、攻撃はしないでしょうね。なんでって、シリア内に油田ないから。。資源もない国に対して攻撃して政権を打倒するなんて意味のない事をするのは、おそらくアングロサクソンの美学に反することかと勝手予想なのです(´・ω・`)


 もうちょいおまけ。
 上記のように、世界の政治と経済は完全にリンクしていて、政治を見るには経済も見る必要があるし、その逆も全く同様なんですよ。。正直、正確な分析のためには、オレにはもはや手に負えないほどの知識と情報が必要なわけでして。。
 まあ、そんなことを言ったら何も書けなくなってしまうし、そもそもオレはただ単に「日記」としてこのサイトを運営しているだけなので、あくまで趣味として、今自分が書ける範囲のことを徒然と書き記しておこうと思う今日この頃なのです(´・ω・`)

  2011年8月19日(金)
 IBTimesより転載。ユーロ導入国の離脱は認められない=ルクセンブルク中銀総裁

---

 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのメルシュ・ルクセンブルク中銀総裁は、欧州単一通貨ユーロ導入国の離脱は認められないとの見解を示した。15日付の中国の第一財経日報が、メルシュ氏が北京を訪れていた前週に行ったインタビュー記事を掲載した。

 メルシュ氏は中国語に翻訳されたインタビューで、他に頼れる通貨が無い状態でユーロ圏を離脱することは非現実的であり、経済的な自殺行為に等しいと話した。

 「ユーロ圏離脱はいかなる加盟国にとっても選択肢ではない」とした上で、「国家財政を持続可能な軌道に戻すことは各国政府の責任だ」と述べた。


---

 前も書いたかもしれないが、普通の国ならば国家が破綻した場合、国債をデフォルトしてしまえばそれで終わりの話だが(もちろん国の信用が無くなるので通貨安になるのだが)、ユーロに加入してしまうとその方法は使えない。ユーロ自体が下落してしまうし、そもそも国債の引受国であるフランスやドイツが大損してしまうからだ。
 そんなわけでギリシャのユーロ圏離脱を何としても止めさせたいところが本音だろうが、既にEU諸国の国債の大半を受け入れているドイツからしれみれば、「なんで底なし沼みたいな国に資金援助をしなければならないんだ」という声が出るのは当然のことでして(ってことは、ギリシャに資金援助した分は既にあきらめモードなんですかね??)。。
 これを解決するには、ギリシャを一時的にどこぞの国の管理下に置いて、税制の確立や、闇市やマフィアの根絶を徹底させる必要があると思われるのだが、もちろんギリシャ国民はそんなことを承諾するはずがないので、手の施しようがありません。。
 さらにドイツと並ぶ債権大国のフランスも、アメリカ同様トリプルAから転落するかも云々なんて話が出てくる始末であり、これ以上EUの混乱が続けば、世界経済にも影響を及ぼすことも十分ありうるので・・・・というか、すでに与えつつある気がしますが(´-ω-`)
 とりあえずさ、どんな方法でもいいから、早いとこ何とかしてくれって感じですね(´・ω・`)


 共同通信より転載。7月の貿易黒字725億円 前年比9割減の低水準

---

 財務省が18日発表した7月の貿易統計(速報、通関ベース)によると、輸出から輸入を差し引いた貿易収支は725億円の黒字となった。黒字は2カ月連続。東日本大震災後の大幅な落ち込みからは脱しつつあるが、黒字額は前年同月比90・8%減と極めて低い水準にとどまった。

 黒字額は6月の686億円とほぼ同水準。金属加工機械の生産回復などで輸出が持ち直しつつある。ただ世界経済の減速や円高の影響で、今後も貿易黒字が順調に拡大するかは不確実な面もある。

 輸出は船舶や電子部品が低調で前年同月比3・3%減の5兆7819億円と5カ月連続のマイナス。輸入は原油や液化天然ガスが増加。


---

 東日本大震災で一時的に赤字になったが、前年同月比90・8%減とはいえ、きちんと貿易黒字なんですよね。貿易黒字ってことは、どうやっても円高になるわけですよ。。なんでって、黒字ってことは、日本にお金が入ってくるわけだから。。そりゃ円高になるってもんですよ。。
 つまり、企業が海外で稼いだ利益を円に換金するから円高になるってことですよ。んで、それを防ぐために政府はせっせと円売り介入してるってわけ。。

 もちろん欧米諸国が不安定になれば、当然円やその他安定通貨(例えばスイスフラン等)に逃避するするのは当たり前だが、企業の利益まで政府が肩代わりしているみたいで、最近ちょっと円売り介入には納得できない部分がでてきたわけですよ。。
 まあ、だからといって貿易赤字になるのも問題ではあるが、そもそもその調整のために為替が存在しているわけでして・・・・(´・ω・`)

 それと、今は円高円高ってパニックモードだけど、よくよく考えたら、企業にとってはチャンスでもあるんですよね。例えば、海外の企業買収とか。既に一部の企業では海外の企業を買収するって動きもあるようですし。。
 つまりさ、今はジャパンマネープッシュプッシュ!!の時なんじゃないかってことですよ(´・ω・`)

 MS(もちろんモビルスーツではないので念のため)はすでに三菱UFJの傘下なので、今度はGS(もちろんガソリンスタンドではないので念のため)の買収なんていかがでしょう??日本企業連合みたいな感じで、10社くらいが連合でGSに敵対的買収を仕掛けるの。それに成功すれば、残るはバンカメ(もちろん亀の仲間ではなry)とCM(コマ―ry)とJPM(ジャパry)くらいのものなので、必然的にメリケンを日本の子会社に(*´∀`*)ゞ

 やれる時に一気にやったほうが後が楽ですよ(・∀・)

  2011年8月16日(火)
 お盆になると、県外ナンバーの車の数がやたら増えてあちこちで渋滞が発生して困ってしまいます(´-ω-`)
 ただ、これだけの人間がそのまま地方に里帰りしてくれたら、地方はもっと活性化するとも思ってしまったのだが・・・・無理ですかね(´・ω・`)


 WSJより転載。格下げ、ゼロ金利―米国に忍び寄る「日本化」の影

---

 国債が格下げされ、ゼロ金利が今後2年間続く―。新たな現実に立ち向かう米国の債券投資家が日本の経験から学ぼうとしている。

 今月5日、スタンダード&プアーズ(S&P)は米国の長期債を最上級のトリプルAから格下げし、9日には米連邦準備理事会(FRB)がゼロ金利政策を少なくとも2013年半ばまで継続すると表明した。それ以来、債券のトレーダーは運用モデルの見直しに着手、多くが、1998年にトリプルAの格付けを失い、10年近くゼロ金利政策を続ける日本の経験を生かそうとしている。

 米国と日本を比較する動きは過去にもあった。しかし、トレーダーや投資家は、日米の共通点がここまで顕著になったことはないと指摘している。

 モルガン・スタンレーで金利戦略を世界的に統括するジム・カーソン氏は「誰もが米国と比較できるデータを求めている。巨大かつ発達した債券市場がある国で最も類似したケースは日本だ」と述べた。「米国と比較できるのは日本だけ。まったく同じというわけではないが、最も近い」

 ケネス・カットナー氏はニューヨーク連銀のエコノミスト時代、ドットコム・バブル崩壊後の米国がなぜ日本とは異なるのかについて論文を書いた。日本の不動産バブル崩壊後と比べれば、当時の米国の株価下落はそれほどひどいものではなかったし、金融システムは強固で、米国政府には財政的なゆとりがあり、景気が悪化すれば財政出動に乗り出せた。現在ウィリアムズ・カレッジ教授のカットナー氏は「当時は余裕があった」と語る。「今では、米国と日本は異なるとする根拠がなくなりつつある」

 ウォール街では、かつては考えられなかったほどの水準まで落ち込んだ米国債の利回りと日本国債の利回りの比較が盛んに行なわれている。アナリストは、1998年の国債格下げ後、日本の債券市場がどのように動いたかを確かめようと過去の記録を調査している。

 ストラテジストは、米国債10年物の利回りは今後数カ月のうちに現在の2.23%から2%を割り込む可能性があるとみている。日本の10年債利回りはしばらく前から1.05%前後で推移している。

 FRBが9日にゼロ金利政策の継続を発表したことを受けて、短期国債の利回りも低下、日本と同水準となった。2年債の利回りは日本がおよそ0.15%で、米国は0.18%。1年債は日本がおよそ0.12%、米国は0.10%にとどまる。

 RBS証券(コネチカット州スタムフォード)の国債担当チーフストラテジスト、ウィリアム・オドネル氏は日本の金利の推移に注目が集まっていると述べた。オドネル氏はさらに、ゼロ近辺の短期金利と長期金利の低下は「日本から学んだ教訓」だと述べた。

 オドネル氏は、米国の10年利回りは2012年半ばまでに1.70%まで低下すると予想している。モルガン・スタンレーのカーソン氏は1.85%まで低下、場合によってはさらに下がるとみる(この予想はモルガン・スタンレーの正式な予測ではない)。CRTキャピタル(コネチカット州スタムフォード)の国債担当チーフストラテジスト、デビッド・アデール氏は今年末までに1.75~2.00%に落ち込むと予想している。

 なんとか景気を回復させようと努力している政策当局にとっては警戒すべき見通しだ。債券投資でそこそこの利回りを得たいと思っている国民にとっては言うまでもない。さらに大きな懸念も生じている。それは、1990年の不動産バブル崩壊後の日本のように、米国も景気が長期にわたって低迷する「失われた10年」に突入する寸前なのではないか、ということだ。

 この懸念は今に始まったことではない。金融危機以来、多くのアナリストや投資家が米国経済は日本の轍を踏むことになるかどうか問い続けてきた。

 エコノミストは日本と米国では国債市場や政治制度、経済が大きく異なると指摘、何年もの間、この可能性を否定してきた。

 確かに、両国にはまだ違いが多い。国債市場について言えば、最も重要な違いはインフレ見通しだ。

 日本では10年以上、緩やかながらデフレが続いており、日本の投資家は価格下落が続くと予想している。固定利付き国債と物価連動国債の利回り格差(=期待インフレ率)から判断すると、投資家は日本では今後10年間、価格が低下すると予想していることがわかる。米国について同様のデータを見ると、米国の10年後のインフレ率はおよそ2.2%になる。インフレが起きれば、債券投資の運用益が目減りする。

 また、格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスとフィッチ・レーティングスは、今のところ、米国債について最上級の格付けを維持している。

 しかし、新たな類似点も浮上している。その一つが、10年前の日本と同じように、米国が財政を引き締める可能性があるという点だ。

 日本の不況は1990年代初めに始まった。90年代半ばまでには景気回復に転じたため、政策当局は97年に歳出削減と増税を実施、その結果、日本は不況に逆戻りしたと、カリフォルニア大学サンディエゴ校の経済学者、星岳雄氏は言う。

 米国経済が日本と同じ方向、つまり財政赤字への懸念から財政引き締めが行なわれる方向に向かっているのではないかと懸念する声も上がっている。給与税減税や緊急失業給付など景気回復のために実施されていた措置も期限切れが迫り、このような懸念から、エコノミストは経済予測の下方修正に追い込まれている。

 星氏は、短期的には財政拡大の継続、中期的には財政再建が望まれていると指摘、その双方を実現することは容易ではないと述べた。

 そうしたなか、景気を支える責任を負わされる格好になっているのがバーナンキFRB議長だ。議長は、これまで、日本の経験を警告として生かしながら積極的にデフレ回避に取り組んできた。

 しかし、FRBが景気回復のために金融政策でできることはほとんどないとの声も聞こえる。

 「米国は(日本銀行のような)過ちは犯さなかった。しかし、これは金融政策だけでは解決できない問題だ」とカットナー氏は述べた。


---

 最近世界では「日本化」という言葉がはやっているようです。大雑把に言うと、政治では無為無策(機能不全)、経済ではデフレで低金利の状態ってとこでしょうかね。。日本の政治家の連中は、こんな風に言われてる事に気が付いているんだろうかと思ってしまうんだが・・・・気付いてないんでしょうね(´-ω-`)
 平和ボケしてしまって、政争しかすることがない政治家なんて有害の何者でもないのだが、300議席を死守しようとする民主党は完全に耳を塞いでしまい居座りを決め込んでいます。地震で少しはまともになるんじゃないかと期待したのですが、やはりというか何というか、何をしたらいいのかわからず右往左往するばかりで、政治主導どころかほとんどを民間に任せっぱなしといういつもの状況になったわけでして。。
 もはや国家が存続の危機にでもならないと、日本が変わる事はないかもしれません。
 ってか、そもそも日本が劇的に変化する時って、仏教の伝来、白村江の戦、元寇、鉄砲の伝来、黒船等々、ほとんどが外国からの影響があった時なんですよね。。そういった意味では、少子高齢化だろうが東日本大震災だろうが、国内問題では日本が変わる事はないのかもしれなませんね(´・ω・`)


 金価格が上昇しているそうなので、ちょっと調べてみました(´・ω・`)


←週足
・・・・確実に上昇していますね(´・ω・`)
月足→
・・・・上昇し過ぎでしょ@@;


 う゛~~む。。去年も金のチャートを見て「そろそろバブルなんじゃ?」と思ったのだが、そこからさらに上昇とは・・・・。。これはもはや「不景気になったら金を買う」というレベルではない気がするんですがね。。だって、これを見ただけで、9年間ずっと上がりっぱなしってことは(2008年に下落してるけど)、9年間ずっと世界的に不景気ってことになるんですよ??(日本の景気だけが原因ではない)
 オレは経済の専門家ではないので今の金価格が適正かどうか判断できないけど、そろそろチキンレースが始まってる気がする・・・・。。
 もちろん、予想に反してまだまだ上昇するかもしれないけどね(´・ω・`)

 そういや、金価格の決定をしているのがヨーロッパのどこぞの云々ってことを、昔どこかの陰謀系のサイトで見たけど、どこだったっけ・・・・??


 今日のアイディア。
 不老不死になる方法を考えてみました(´・ω・`)

 体中の細胞を癌細胞化させたら不老不死になると思います(・∀・)

  2011年8月12日(金)
 ロイターより転載。焦点:英暴動の拡大懸念色濃く、「アラブの春」との共通点も

---

[ロンドン 9日 ロイター] 男性射殺事件に端を発してロンドンから始まった暴動は英国各地に拡大。今回の一連の暴動では、参加する若者たちがソーシャルメディアを駆使して仲間を集めるなど、民主化を求めて若者が立ち上がった民衆革命「アラブの春」に共通する特徴も表れている。

 しかし、アラブ地域の若者たちが建設的な変化を望んだのに対し、英国の暴動は略奪行為や感情を爆発させることにフォーカスしている点など、明らかな相違点もある。

 世界を見渡せば、失業率を悪化させた金融危機が、若者全体に自分たちが求めるものとは程遠い機会しか与えられていないと感じさせ、若者が未来への希望を見いだせないところまで来ているのかもしれない。

 先進国で金融危機が起これば、ほぼ確実に未経験労働者らがしわ寄せを受け、新卒者の求人から工場労働の求人に至るまで、若者から雇用機会を奪ってしまう。少子高齢化社会で増え続ける社会保障費を支える世代の若者にとって、経済の低迷は満たされない感情を増幅させている。

 暴動が起きたロンドン東部ハックニーの電気技師、エイドリアン・アンソニー・バーンズさん(39)は、「とても悲しく思う。しかし、若者は職も未来もない。(暴動に参加した)若者たちは、われわれとは違う世代で何も気にしない。事態は始まったばかりだ」と話した。


 <緊縮>

 今回の暴動では、特に二つの要素が勢いに拍車をかけたとみられている。1点目はソーシャルメディアの普及で、即座に仲間を呼び組織的な暴動が行われた。2点目は経済的変化で、以前から存在した窮状を悪化させた。

 英国では、財政再建のために打ち出された緊縮財政策によって、すでに顕在化していた社会問題がさらに深刻化。緊縮財政策では、青少年支援事業など「必要がない」とされた公共サービスへの予算が大幅にカットされた。

 ソーシャルメディアの活用に関しては、今回は主にスマートフォン「ブラックベリー」の匿名メッセージ機能が利用され、若者たちの暴徒化をあおった。また加熱するメディア報道が、別の地域の若者を便乗させた。この事象はエジプトの民衆革命が衛星放送の報道やツイッターなどによって各地に拡大した点と共通する。

 英諜報機関の政府通信本部(GCHQ)の元高官で、現在は王立統合防衛安全保障研究所(RUSI)の上級研究員を務めるジョン・バセット氏は、「政変が起こったカイロや略奪のあったトットナムに限らず、ソーシャルメディアが国家と個人との間のパワーバランスに変化をもたらしているようだ」との見解を示した。

 またバセット氏は「今の世の中には、ソーシャルメディアとともに生きる若い世代と、強い自信を持てない警察官や官僚の世代が存在する」と続けた。

 経済成長期において政府は、暴動に対処するため治安部隊への予算を拡大させるか、暴動が沈静化した後、被害を受けた地域への補償を行う措置を取ってきた。

 ただ、こういった措置は、市場などが求める緊縮財政策の対応に追われている国々では、実施が困難になってきている。財政危機の渦中にあるギリシャやスペイン、イタリアでは、ロンドンのような混乱はみられないものの、若者が政府への抗議の先頭に立っている。


 <不満>

 ロンドンに拠点を置くコンサルティング会社AKEのアナリスト、ルイーズ・タガート氏は、「暴徒化する若者たちの不満は共通している。英国だけの話ではない。当局が問題に対処しなければ、暴動がさらに拡大する危険もある」と警鐘を鳴らす。

 暴動鎮圧対策の一つとしてロンドンの警察当局は、暴動に参加する若者たちの親に対し、子どもたちの暴力的行為を抑えるよう訴えている。これについて専門家らは、家族や地域社会が一体となって取り組むことが事態改善につながるとみているものの、解決には抜本的な対策が必要だと強調する。

 ソーシャルメディア自体も短期的ではあるが、解決策の一つとして利用されている。ロンドンの住民らは9日、ツイッターを使って「暴動クリーンアップ」作戦の実行を呼び掛けたほか、あるウェブサイトでは、身元の特定に役立ててもらおうと略奪犯の写真が掲載された。

 政権崩壊にまで至った「アラブの春」から得られた教訓の一つは、暴動鎮圧に武力を行使しても効果的ではないということ。中東シリアの治安部隊は、反政府デモ弾圧で数百人を殺害したが、デモのうねりを鎮めることはできていない。

 社会心理学者で行動経済学者でもあるピーター・ブッツィ氏は、「政府はソーシャルメディアと地域社会の代表者らを通して、若者と向き合う必要があり、希望のメッセージを発するべきだ」とした上で、「現代の問題の多くは、社会経済と文化的融合の欠如に起因しており、それが喪失感などを生んでいる」と解説する。

 これから先、短期的には警察をはじめ経済界や政界は、さらなる暴動に備える必要がありそうだ。来夏にはロンドン五輪を控え、政党の党大会も都市部で開催される予定になっており、これらのイベントは暴動発生のリスクを考慮した上での開催を迫られる。

 IHSジェーンズの欧州治安問題担当アナリスト、カリーナ・オライリー氏は「背景に経済的、政治的要因があるが、これは真に『政治的』と呼ぶことはできない」と指摘。「これは虚無的であり犯罪行為だ。怒りに満ちた貧困層の若者は、暴動は実行可能で罰を逃れられるものだと感じている」と若者の感情を分析した。


---



 イギリスがすごいことになってますね(´-ω-`)
 記事にも書かれているけど、なんとなく中東の暴動とダブってしまいますね(´・ω・`)
 もともとは、黒人男性が警官に射殺されたことに反発した知り合い?が、ブラックベリー等で呼びかけたことから始まったようだが、暴走そのものは社会に不満を持った若者が事件にかこつけて便乗したようです。。

 イギリスには厳然たる格差社会が存在し、特に移民ともともとの英国人との格差はひどいものらしい。おまけに、数年前のリーマンショック以来財政赤字縮小のために、消費税の増税、大学の授業料の値上げ、公務員の削減等々の緊縮財政の実施を表明したわけですよ。。
 んで、その緊縮財政が経済を圧迫し、若者の財布を直撃。たまりにたまった鬱憤をここぞとばかりにぶちまけた、ということでしょう。。

 このようにと言ってはなんだが、不景気時の緊縮財政は間違いなく社会不安を起こす。以前日本でもバブル崩壊後に消費税を導入しさらに景気を悪化させたが、それがイギリスに起こっているということですよ。。違うのは日本では暴動が起きなくて、イギリスでは起こったということくらいでしょうか。
 もし、このままヨーロッパ各国で金融不安が続けば、他のヨーロッパ諸国に飛び火する恐れがあることも十分に考えられます。特に未だに暫定政権が続いているベルギー(425日も正式な政府がない!)、移民問題多発国家のフランス、国家財政危機が深刻なスペイン、ポルトガル、ギリシャあたりはやばいと勝手予想。
 
 それにしても、2つほど気になる事がある。それは、どの記事も暴動の規模や政府の対応ばかりで、肝心の暴動を起こした人の主張を全く載せていない事だ。そりゃあ暴動を起こした事自体は問題だが、なぜ起こしたのかが分かれば対処の仕方も違ってくるだろうし。。まあ、あまりに遠い国の事なので、日本のマスゴミにとっては関心が薄く、そこまで突っ込んだ報道をしないだけなのかもしれないが。。ああ、それかそういった原因の報道をすると、消費税増税路線ありきの財務省や経団連が困るという深読みがあるんですかね??(´・ω・`)
 それと、これ以上暴動が続けば、政府が軍隊を導入するという報道もある。これまたロイターより転載。

---

[ロンドン 11日 ロイター] キャメロン英首相は11日、ロンドンから地方に飛び火した暴動について、再発した場合は軍にも支援を要請する可能性があると述べ、事態収束に向けた強い姿勢をあらためて示した。

 暴動をめぐり緊急招集された議会で、キャメロン首相は「これは純然たる犯罪だ。暴動を起こす言い訳など全くない」と指摘し、略奪や放火などを行う暴徒を厳しく非難。

 さらに「法と秩序の回復と地域再建のため、あらゆる措置を取る」とし、通常の約3倍に当たる1万6000人の警官を週末にかけてロンドンに配置させるほか、事態がさらに悪化すれば、軍への支援要請も検討する考えも示した。

 また、警察の初動対応については、「動員された警官があまりにも少な過ぎ、戦略が機能していなかった」と不適切だったとの認識を示したが、野党・労働党らが批判を強める警察予算の削減方針については変更しないとした。

 今回の暴動では英国全土での逮捕者は1200人以上に上っている。中部バーミンガムでは、自警活動を行っていたイスラム系の男性3人が暴徒の車にはねられ死亡した事件に関与した容疑で、16歳と17歳を含む3人の容疑者が逮捕された。


---

 確かに暴動は問題ですが、それを軍で鎮圧するのは、あなたがたが非難したリビア、チュニジア、シリア等々と全く一緒なのでは?とも思ってしまうんですが。。彼らを鎮静化するのは、今やっている緊縮財政を一時停止することのほうが効果的な気がするんですけど、なかなかそうはいかないですよね。。動き出したら止まらないのは、どこでも一緒ですし(´-ω-`)

 とりあえず、これ以上の暴動の拡大は、イギリスのみならず、ヨーロッパにも悪影響を与えかねないので、早々の鎮静化を期待したいものです(´・ω・`)


 今日の1枚。
 隣の家がですね・・・・










 腐海に飲み込まれそうなのです(´・ω・`)

  2011年8月10日(水)
 5/11にチェルノブイリ原発事故に関するドキュメンタリーがあったことを書いたが、それがかなり好評らしく、昨日もやっていた。んでその時初めて気がついたのだが、ウクライナでは原発事故以降急速に人口が減少しているらしいんですよ。以下、現代ビジネスより一部転載。

---

(略)

 実は25年前、チェルノブイリ原発の事故が起きた際も、関係者たちは自己保身と責任逃れ、情報隠蔽に終始した。その結果、どんなことが起きたのかを示しているのが、事故現場となったウクライナの現状だ。

 同国は、事故の5年後の1991年に旧ソ連からの独立を果たした。その当時の人口は約5200万人。ところが年々、人口が減り続け、2010年には約4500万人になってしまった。19年で700万人もの人口減、その減少率は13%にもなる。

 同国の平均寿命は、かつて75歳前後だったが、5~10年後には55歳ほどに低下する可能性があるという。そしていまだに、チェルノブイリ周辺では、障害を抱えて生まれる子どもたちが多いという(NHK BS世界のドキュメンタリー『永遠のチェルノブイリ』)。

(略)


---

 BS-1のチェルノブイリドキュメンタリーは3つ全部見てるので、おそらくこの部分も見ているはずなのだが、思い切り見落としていたようで。。これがながら族の欠点ですね(´-ω-`)

 まあ、それはそうと、19年で700万人の減少とは!さすがにこの数字はびっくりです。。ってか、この減少速度は普通ではありえないよ。。単純に年間37万人ずつ減ってる計算になるわけだし。。ただ、だからといって、それがそのまま放射能が原因かと言われると疑問符がつく。なぜなら、事故による間接的な面、例えば経済的な事情でウクライナから脱出した等の原因も考えられるからだ。

 この人口減少問題について、ロシアを例にしてみよう。
 ロシアでは現在の日本以上の人口減少が起こっており、なんと1992年には1億4900万人だったのが、2011年には1億4000万人までなってしまった。つまり平均で年間47万人もの人口が減っている計算なんですよ。。なんでも、エイズや結核の流行、心臓疾患、自殺、出生率以上の中絶等々が原因なんだとか。ついでに書くと、ロシア人男性の平均寿命は59歳で、女性は73歳だそうです。・・・・男性はウォッカによる心臓疾患が原因っぽいですね(´・ω・`)

 このように、それぞれの国によって事情はかなり違ってくる。ウクライナの人口減少は相当深刻だが、だからと言って単なる数字を並べて、まるで「放射能が原因でこんなに減りました!」と言わんばかりの記事は問題だろう。。煽るような報道をする前に、何が原因で人口減少が起こったかをきちんと検証すべきかと。
 ただ、ウクライナのどの地域か忘れたが、健康的な子供はほとんどいないという医師の証言もあったので、減少人数のいくらかは放射能による影響もあるのは間違いないと思いますけどね。
 できることなら、自分にとって都合がいい数字が出てきたからと言って「それ見た事か!」と叫ぶのは止めたほうがよろしいかと。
 ただ、「じゃあウクライナの人口減少の原因は何なんだ?」と聞かれえると、ちと困る。。確かに出生率は1.12人と日本より少ないし、死亡率も16.4/1000とかなり高い(日本は7.8/1000)が、残念ながらきちんとした情報は集められなかった(´-ω-`)
 たぶん、原発事故による経済の困窮、ストレス、国外脱出等が主な原因とは思うが・・・・。。

  2011年8月5日(金)
 フジテレビのあまりの偏向報道に相当数がお怒りのようです。保守系のブログだけでなく、ごく一般的なブログでも取り上げているようですし。。んなわけで、オレもちびっとだけ書いておこう。

 正直言って、不視聴したところで、フジテレビは痛くも痒くもない。主な収入は広告料だから。。とりあえずできることは、ここでつぶやくことですかね(コメントのアップ速度が恐ろしい)。。あと、8/7にフジテレビ前でデモをするとかって話だったんだけど、準備不足で中止なんだそうだ。。残念。まあ、別イベントするかもしれないので、関東在住者は「フジテレビ&デモ」で検索してみてはいかがでしょう?(・∀・)


 それと、どうも花王の不買運動が広がっているようで。。どうも花王がフジテレビの大広告主であり、韓流を無駄なくらいよいしょしているようでして(詳しくは正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現を参照(ど~でもいいがブログ名長すぎ))。。
 オレは家ではボディソープや洗剤等はほとんど全てが石鹸(シャボン玉石鹸がおすすめ!)で、花王製品はここ数年ずっと買ってないので、残念ながら全く協力できない。。
 なので、ちょっとばかし搦め手から援護しまっす。


連結/百万円
売上高
営業利益
経常利益
当期利益
12年3月期第2四半期
604,000
45,000
45,000
23,000
12年3月期第2四半期
620,000
58,000
60,000
32,000
前期第2四半期比
102.6%
128.9%
133.3%
139.1%
12年3月期通期予想
1,235,000
108,000
108,000
57,000
11年3月期実績
1,186,831
104,591
103,336
45,737
通期予想/前期比
104.1%
103.3%
104.5%
124.6%


 上記は花王の決算。これによると、12年3月期予想を、売上が1235000000000円=1兆2350億円、経常利益が108000000000円=1080億円、利益が57000000000円=570億円としている。今回の不買運動でこれがどれだけするか見ものだ(・∀・)
 とりあえず、不買運動推進者は、この数字をようにもっと徹底的・継続的にアピールしたほうがよろしいかと(・∀・)
 ああ、あとこのエセ韓流の本丸がどうも電通らしいんだけど(まあ知ってたけど)、その件については勝手に調べてください(´・ω・`)
 
 マスゴミは、基本的にネットを徹底的に無視し、都合のいい時しかネットの内容を報道しない。しかし、松本龍が復興大臣を辞任したのはネットの力だ。ネットは無力ではない。日本人は一致団結して反日企業を排除しましょう(*´∀`*)ゞ
※断わっておくが、オレは純粋な韓国企業を批判するつもりは無いので念のため

 もっともこの問題は、自虐史観にとらわれ、全共闘に明けくれた団塊世代が企業のトップにいることが問題だと思うのだが、こればかりは残念ながらどうしようもない。。この世代が完全に政治・経済から引退するまで、少なくともあと10年はかかるので、まだ当分今の流れは続くでしょう(´-ω-`)


 今日のど~でもいいこと。
 明日の原爆慰霊祭で、空き缶が原発についてどう言うか見ものですね(´・ω・`)

  2011年8月4日(木)
 共同通信より転載。政府、4カ月半ぶり円売り介入 追加金融緩和も決定へ

---

 政府、日銀は4日午前、外国為替市場で円売りドル買いの為替介入に踏み切った。野田佳彦財務相が緊急会見し、明らかにした。日本の介入は、先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)による協調介入を実施した今年3月18日以来、4カ月半ぶり。

 日銀は4、5両日に予定していた金融政策決定会合を4日だけに短縮すると発表。同日中に追加金融緩和を決定する見通し。政府、日銀は円高阻止へ足並みをそろえる。

 政府は、過去最高値水準にある円高を放置すれば、東日本大震災からの復興を目指す日本経済への打撃が大きいと判断。日本単独で為替介入を実施した。


---

 介入しましたね。。まあ仕方ないと言えば仕方ないのでしょうが、とりあえずそのままドルで持っておくのは止めてほしいですね。。できれば、オーストラリアドルとかユーロに横滑りさせて、オーストラリアかドイツの国債を買ってほしいものです。
 もしくは、ちょっとリスクをとってブラジル国債とかいかがでしょう??今ならなんと年間利回り12%超!(ブルームバーグ参照)。あ゛~。。買い方分かったら、オレも買いたい。。・・・・お金があれば(´・ω・`)


 NHKのクローズアップ現代より。

---

 高速鉄道の追突事故を巡って、中国の市民の間でかつてない激しい政府批判が巻き起こった。怒りの声を上げたのは、改革開放の恩恵を受けてきた中間所得層。中国版ツイッター「ウェイボー」では、政府を批判する実名による書き込みが猛烈な勢いで増加し、“ネット世論”を形成。その力は、温家宝首相に、徹底した原因究明と情報公開を約束させるなど政府を動かした。その後、政府の強硬な報道規制によって、新聞・テレビの独自報道は抑えられたが、ネット上では、削除されたはずの政府批判記事がアップされるなど抵抗が続いている。高まる中国のネット世論の現場を取材するとともに、ネット世論を支える書き手たちの思いに迫る。

---

 中国で起きた列車事故は、完全に周回遅れになってしまったし、オレ的には別に驚く程のことではなかったのでスルーしようと思ったが、ちょっと今日のクローズアップ現代を見て気が変わったので少しだけ。。
 中国のメディアはご存じのとおり中共による締め付けが激しく、言論の自由なんて存在しない。しかし、今度の列車事故によって少し状況が変わったようだ。というのは、ネットによる鉄道省への批判があまりに強く、中国のメディアもそれにつられて中共の締め付けを無視して列車事故の徹底取材を始めたのようなのだ。
 もちろんそのまま自由に報道させていると、今度は鉄道省への批判が中共への批判にまで発展し、それを恐れた中共が、最悪会社に圧力をかけて潰してしまうかもしれない。報道各社がどこまで突っ張る事が出来るか分からないが、もしこの輪ががさらに大きくなって、報道各社や個人ブロガーが団結すれば、中共もいずれ無視できなくなるかもしれませんね。
 今回のことは小さな一歩かもしれませんが、個人的には今後の中国のメディアには期待したいです。

 それと思ったのが、日本のマスゴミにもこういう姿勢を見習ってほしいってことですが・・・・無理か。。あいつらもうメディアじゃねーし( `д´)


 おまけの今日のつぶやき。
 知ってる人は結構多いと思うけど、家電ってのはある程度年数経ったら壊れるようにできているんですよ。例えば、パソコンのHDDは大抵5年くらいで壊れるけど、それは5年くらいで壊れるように設計されているから。。
 そして、それを極限にまで追求したのがソニータイマーですかね。ソニー製品を購入する際は注意しましょう(´・ω・`)

  2011年8月1日(月)
 アゴラより転載。再生可能エネルギー法案に反対する

---

 民主・自民・公明の3党は、再生可能エネルギー買い取り法案の修正協議を行ない、今国会で成立させる方針のようだ。菅首相の退陣の条件になっているので、やむをえないのかも知れないが、条文を読むと、これはかなり問題の多い法案である。

 まず肝心の買い取り価格(調達価格)もその期間も、経産省の「告示」で決まる。

第3条5項 経済産業大臣は、毎年度、当該年度の開始前に、電気事業者が再生可能エネルギー電気の調達につき、経済産業省令で定める再生可能エネルギー発電設備の区分ごとに、当該再生可能エネルギー電気の一キロワット時当たりの調達価格及びその調達期間を定めなければならない。

 つまり買い取り価格が「経済産業省令」で決まり、それは「毎年度」改訂されるのだ。省令には国会の承認が必要ないので、再生可能エネルギー業界を生かすも殺すも経産省のさじ加減ひとつである。当然、ソフトバンクを初めとする業者は、買い取り価格を上げてもらおうと激しいロビー活動を展開し、天下り先もたくさんできるだろう。究極の「官僚主導」法案である。

 この買い取り価格は、太陽光発電促進付加金として電気料金に上乗せされる。海江田経産相はこの付加金が「0.5円/kWhを超えないように運用する」と説明しているが、いま産業用の料金は13.8円/kWhだから、これは3.6%の値上げになる。それでも電炉業界では、経常利益の35%が吹っ飛ぶというが、この程度の値上げで収めるには買い取り単価は20円/kWh以下になり、太陽光発電は赤字になる。

 だから本当に太陽光発電を普及させるなら、孫正義氏の主張するように「40円/kWhで20年固定」ぐらいにする必要がある。これならノーリスク・ハイリターンだから、海外から安い太陽電池を輸入して大量に設置するビジネスが流行するだろう。電力会社は全量買い取りの義務があるので、どんな劣悪な電力でも買い取らなければならない。

 そのためにかかるコストは、電力の買い取り価格だけではない。太陽光発電による送電網や、それを安定化させる系統安定化コストは、500万世帯に対応すると15兆円以上かかると推定され、これも電気料金に転嫁される。首相のいうように1000万世帯に太陽光パネルを設置したら、電気代はデンマークのように2倍以上になるだろう。

 ところが孫氏は、今週の週刊ダイヤモンドでは「電力自由化」を主張している。それが固定価格買い取りという統制経済と矛盾することに気づいていないのだろうか。それともソフトバンクだけは例外にして、電気料金が自由競争で下がっても「メガソーラー」だけは20年間ずっと40円で買い取ってもらおうというのだろうか。しかし残念ながら、この法案にはこう書いてあるのだ:

 第6条 政府は、少なくとも三年ごとに、この法律の施行の状況について検討を加え、その結果に基づいて必要な措置を講ずるとともに、この法律の施行後平成三十三年三月三十一日までの間にこの法律の廃止を含めた見直しを行うものとする。

 つまり2021年には、この法律は原則として廃止される。今は「脱原発」を掲げる菅政権が推進しているが、自公政権になったら、電力会社が買い取り価格を下げろとか買い取りをやめろというロビー活動をするだろう。かくして電気料金は利用者とは無関係に政治的な力関係で決まる。補助金を当てにしてメガソーラーを建設しても、スペインのように補助金が打ち切られたら、業界は崩壊してしまう。

 こんな補助金に強く依存したビジネスは、電力自由化と矛盾するばかりでなく、イノベーションも阻害する。私は環境対策として再生可能エネルギーを普及させることには反対ではないが、それは市場原理と両立する方法でやるべきだ。電力を買い取るなら固定価格ではなく、オークションによって最低価格を出した業者から買い取るべきだ。

 いずれにしても今回の法案は、それによって首相が辞める以外のメリットがなく、急ぐ必要もない。今国会では見送り、政権が変わってから冷静に検討したほうがいい。


---

 久々に池田某の記事を紹介。
 「アゴラを自由闊達な意見の場にする」とか言っておいて、原発問題であまりに反対意見が噴出すると、数々の有益なコメントを「不適切な発言云々」とかいちゃもんをつけて、コメントをフェイスブックオンリーにしてしまい、やっぱこの人はオレ無双がしたいだけの老害なんだな~なんて思ってた。
 おまけにせっかくのコメント陣もあまりに劣化がすすんでしまって、そろそろアゴラも潮時かな・・・・と思ってたら、ようやっと?少しだけまともな記事を読む事が出来たわけでして。。

 何度も書くが、個人的には再生可能エネルギーの研究は進めるべきだと思うし、徐々に切り替えていくべきだと思う。ただ、今の段階では太陽光も風力も補助金なしではどうやっても赤字になるのは明白で、現状では赤字垂れ流しの法案には残念ながら賛成できない。
 んじゃあどうしたら再生可能エネルギーを普及できるか考えてみたら、「より効率的な発電方法ができるような研究分野に補助金を出す」って形にすればいいじゃんと思ってしまったり。。つまり、「研究には補助金出します、実現したら自由競争で」ってことにすればいいんでは??ってことですよ。。いや、実際やってるかもしれないけどさ(調べるの面倒だから知らん)。。

 ただ、何が次世代エネルギーにふさわしいかと問われると・・・・ねぇ(´-ω-`)
 あちこちで散々議論されているが、なかなか「これだ!」というのが難しい。6/28にCO2ゼロの石炭発電を紹介したが、他にはせいぜいシェールガスくらいだろう(最近はウィキの引用に否定的な人もいるが、気にしない)。。
 メタンハイドレートにも期待したいが、どこかで、「海底の安定性に疑問があり実現不可能」みたいなことが書いてあった気がするので、ちょっと不安。もちろん実現可能であってほしいんですがね(´-ω-`)
 他は残念ながら期待薄。太陽光、風力、水力等々は、補助電力以上の存在にはなりにくいかと。。

 ところで、再生可能エネルギー云々の話では必ず地熱発電の話が出てくるが、オレはどんなことがあってもこれだけは反対する。地熱発電ができる場所が国立公園にあるからではない。地熱発電なんぞすると、温泉が枯渇する恐れがあるからだ。
 時々、温泉利権なんぞ云々とかって批判する人もいるが、温泉は1000年以上も続く日本の文化だ。それを今の我々が「電気が必要だから」とかって理由で枯渇させるのは、未来の日本人のことを全く考えない利己主義的な発想でしかない。過去から受け継いだ文化は未来の日本人に引き継ぐべきであり、我々の世代で途絶えさせるべきではない。
 1年後ではなく10年後、20年後ではなく100年後を見据えた議論をすべきだと思うんですが、どんなもんでしょうね(´・ω・`)

  2011年7月30日(土)
 ロイターより転載。FX規制:証拠金倍増は個人投資家に冷水、円高ブレーキ弱まりも

---

[東京 28日 ロイター] 今年8月1日から実施される外国為替(FX)証拠金取引への規制強化で、為替市場への影響力を強めてきた日本の個人投資家の勢いが衰える可能性が高まっている。

 規制強化は投機的でリスクの高い取引を制限するのが目的で、投資家は取引に当たり従来の倍以上の証拠金積み増しを義務付けられる。この措置による中長期的な円相場への影響は限定的とみられているが、これまでドルの下値を支えてきた個人投資家の影響力が低下し、「円高ブレーキ」が弱まるとの見方もある。記録的水準に積み上がった外貨買い持ちの急激な解消を予想する声も出ている。

 <証拠金引き上げは円高加速につながる可能性>

 7月8日夜、東京・日本橋のレストランに男女46人が集まった。学生から会社員まで職業はさまざまで、年齢も21歳から71歳までと幅広い。一見ばらばらに見える彼らの共通点は、個人のFX投資家であること。6月米雇用統計の発表を見届けるというFX業者の催しに参加するため、都内はもちろん岐阜県や兵庫県からも駆け付けた。

 「3、2、1、ゼロ」。発表時間の午後9時30分ちょうどにカウントダウンが終わると、店内の巨大画面に映し出されたドル/円のチャートが大陰線を引いた。米雇用統計の内容が事前の楽観ムードを裏切る内容で、ドルは80円付近まで急落。参加者からはどよめきが起きた。「米国の景気はそんなに簡単に回復しないだろうから円高に振れるだろうと思っていたが、最近負けていたので今日はポジションを持たなかった」と、藤沢市に住む大学生の小田裕貴さん(21)。「ああ、やっぱり円高だったかと少し後悔した」。

 「ミセス・ワタナベ」、「キモノ(着物)トレーダー」──。 長い間プロの業者が支配してきた為替取引の世界で、日本の個人投資家たちはこんな呼び名が付くほど存在感を高めている。国内でFX取引を行う個人投資家は、たまに取引を行う人を含めれば10万人近いと言われる。プロの投機筋や機関投資家、輸出入企業などと並ぶ外国為替市場の主要参加者であり、国際決算銀行(BIS)がまとめた1日の円の取引額約25兆円(2010年4月)のおよそ2─3割を占めるとの見方もある。

 その一方で、FX投資ブームの舞台となっている証拠金取引では、無理な投資によって大きな損失を被る個人投資家も急増。日本の金融庁は8月1日から規制を一段と強化し、投機的でリスクの高い取引に制限を加えることを決めた。新規制では、取引額の2%以上(レバレッジ50倍)から4%以上(レバレッジ25倍)に証拠金が倍増され、高リスクの取引が抑制される。

 もともと青天井だった倍率を50倍に制限した昨年8月の規制では、個人の取引高が減少する副作用が起きた。今回、同様の反応が起これば、相場への影響も無視できない。一般的に個人投資家は相場の流れと逆方向に売買する傾向が強く、ドル80円割れが続く現在のような局面では積極的にドル買い/円売りに動く。つまり、円高にブレーキをかける機能を果たしているわけだが、今回の規制で取引が一段と減少すれば、そのブレーキ効果がさらに弱まる可能性がある。

 <昨年の50倍規制では取引高は3─4割減>

 矢野経済研究所が店頭FX11社を対象に実施した調査によると、昨年は6月ごろから証拠金残高が増え始め、規制の始まった8月は5月に比べ約3割増加した。今年も同様に、「ここ2、3カ月、証拠金の入金が増えている。規制に備えての動きかもしれない」と、外為どっとコムの経営企画部長、前田卓宏氏は言う。しかし、昨年は結局、取引を減らす動きが勝り、東京金融取引所が運営するFX取引所「くりっく365」を含めた業界全体の取引高は一時的に3─4割減った。

 規制強化に対する個人投資家の反応はどうか。ユーロ/ドルを中心に倍率50倍の取引をしている都内の会社員、志農亜沙美(24)さんは「取引を続けてはいくがポジションは減らす」と話す。半年ほど前にFXを始めた大学生の小田さんも50倍の取引をしており、「証拠金は増やせない。(取引を)減らすしかない」と言う。FX業者の間でも、今回もまた取引高の減少のほうが証拠金の積み増しを上回ると予想する声が多く、FXプライムは最大2割、外為どっとコムは1─2割ほど自社へのマイナス影響を見込んでいる。

 矢野経済研究所が昨年8月にまとめたレポートでは、2012年3月の業界全体の年間取引高は、前年から約24%減少すると予測していた。最新の見通しは集計中だが、同研究所の主任研究員、白倉和弘氏は「50倍に引き下げされたときよりも影響は小さいとみているが、今年3月の実績より下がるのは間違いないだろう」と語る。

 東京金融取引所の「くりっく365」は、8月1日に中国人民元/円、韓国ウォン/円、インドルピー/円のアジア3通貨ペアを上場させる。成長力のある新興国通貨を加え、個人投資家の引き留めを狙う。またセントラル短資は同社に口座を保有する顧客に外貨両替レートの優遇サービスを始めたが、「規制はビジネスの圧迫要因だけでなく、新たなビジネス・チャンスを開くという面もある」(FX湘南投資グループ代表の野村雅道氏)との指摘も出ている。

 <外貨買い持ちが記録的な水準、反動を警戒>

 規制強化が為替相場にもたらす影響は、ドル/円に最も大きく現れそうだ。昨年8月、ドル/円相場は86円台から83円台へ1カ月で3円下落した。米国で量的緩和第2弾(QE2)の議論が始まり、ドルが主要通貨に対して売られやすい局面だったため、規制が相場に直接影響したと断じることはできない。日本の通貨当局は「個人はかなり短期で動いているので、取引高が減っても相場への影響はあまりないだろう」と、それほど警戒していない。

 しかし外為市場は変動の要因を特定するのが難しく、昨夏の倍率規制とドル/円下落の因果関係も完全には否定できない。「日本の個人は外貨を買う行動をする。(昨年は)そこが何割か減ったのは事実で、相場にも影響はあったかもしれない」と、FXプライムの五十嵐真社長は語る。「今回も何らかの影響はあると思う」という。

 とりわけ、個人の外貨買い持ちが記録的な水準に積み上がっている今、規制強化が始まる前後に急激に持ち高が解消される可能性には注意が必要だ。FX業界の元為替アナリストによると、FX会社から届いたメールを顧客の個人投資家が開封する割合は2─3割だという。  

 FX会社からの度重なる通知にもかかわらず「倍率の上限を超えているのに気付かず、昨年は当日朝に持ち高を強制的に減らされる人がいた」と同氏は話す。「今回もそういうケースは出るだろう。市場全体の持ち高の偏りにもよるが、その思惑を利用して投機筋がドル/円を売り浴びせる可能性は否定できない」という。


---

 現在アメリカでもEUでも金融不安が広まっているようでして。。そのせいでどうしても円高傾向になってしまうわけだが、どうやらそれに対抗しているのが、ミセス・ワタナベと呼ばれる日本のFX個人投資家のようです。
 ミセス・ワタナベは今の為替水準は明らかに円高ととらえていて、現在の円高にブレーキをかける役目を果たしているようなのですが、もしアメリカでデフォルトが発生すれば、今後さらなる円高圧力が発生し、相当の為替損が発生するでしょう。。逆にもしデフォルトが回避されれば、(一時的にではあるが)円安に向かうでしょう。

 FXの取引はレバレッジをかけて取引するのが当たり前なのだが、確か昔は最大1000倍くらいかけれたと思ったのだが(きちんと覚えてないので自信ない)、8月からは規制強化で最大25倍までになってしまうようでして。。まあ、25倍に規制されたと言っても、例えば100万の資金があれば最大2500万の取引をするというわけでして。。
 FXやってる方の心臓は鋼鉄でできているんですかね(´・ω・`)

 それとミセス・ワタナベの逆張り思考が少し気になる。確かに今は間違いなく円高なのだが



 上記のチャートを見れば分かる通り、日足ベースでもこれだけ円高基調にある。なんと、たった3ヶ月で85円から77円に、8円も円高になったのだ。アメリカのデフォルト次第でどっちに転ぶか分からないが、昔のような1ドル90円とか100円なんて時代は当分(というか、ずっと)訪れないと思われるので、いかに短期のトレードといえど、無駄に円安を期待した取引はしないほうが賢明だろう。
 ただ、ミセス・ワタナベがドル買介入をしているから急激な円高を避けられている部分もあるわけでして。。これがもしミセス・ワタナベが一斉に円買いに動いたら・・・・こ、怖くて書けませんがね(´・ω・`)

 まあ、先に書いたとおり、8/2にアメリカ国債がデフォルトするかしないかでかなり変わってくるので、とりあえずそれを確認してから判断するのがいいかもしれませんね。


 BLOGOSより。【新聞チェック】「韓流批判」の何がまずいのか?高岡蒼甫の退社騒動で突っ込みが甘いスポーツ紙
 転載はなしで。スポーツ紙はこの際ど~でもいい。が、とりあえず俳優の中でこういった自分の意見を言える人が出てきてくれたのがうれしいですね(*´∀`*)ゞ
 今のテレビ番組は、どこも韓ドラばかりで見る気も起らないのだが、一部のおばちゃん以外こんなものを見てるとは思えない。んじゃあ、なぜ韓ドラばかり垂れ流しているかというと、もはや自分たちで良質の番組を作る能力がなくなったことと、韓国から入ってくるマネーだろう。今韓国では国を挙げて世界中で韓流をブームにしようとしているが、おそらく広告費というかたちでそれが各テレビ会社に流れているものと思われ。まあ、日本のテレビ会社には在日枠なんてのが存在しているようなので、そっち絡みの線もあるだろうけどね。
 とりあえず、自分たちは何もせずに番組ができるうえ、マネーが入ってくるとなれば、どこだって視聴率なんぞ関係なしに韓ドラを垂れ流すだろ??
 今の韓流ってのはそういうことですよ(´・ω・`)


 今日のお詫び。
 7/27に、「洪水になるくらい降ってくれればいいのに」とか書いたら、九州ではなく新潟や福島で洪水レベルの雨が降ってしまった。。あの雨はオレが呼んでしまったのです。どうもすいませんm(_ _)m

  2011年7月28日(木)
 ダイヤモンドオンラインより転載。改悪された「原子力損害賠償機構法案」東電の破綻処理をにおわせる修正案の欺瞞

---

 東電福島原発事故の賠償を進めるための「原子力損害賠償機構法案」について、民主・自民・公明3党の修正合意が成立し、26日、修正案として衆議院東日本大震災復興特別委員会に提出され、民主、自民、公明などの賛成多数で可決された。28日の衆院本会議で可決され、参院での審議を経て8月上旬にも成立する見通しだ。

 どのように修正されたかの前に、政府案を見ておこう。政府案を一言で言えば、株主や銀行の責任を問わずに、電気料金値上げなどの形で国民が損害を負担するものだ。詳しくは、5月12日付けの本コラム(原発事故賠償金の国民負担を少なくし電力料金引き下げも可能な処方箋を示そう)を見ていただくと分かるが、6月に公表された新しい東電決算の数字を使えば、政府案(プランA)は、法的整理(プランB)より、国民負担は5兆円ほど多くなる。

 また、法的整理(プランB)は、株主や債権者などはリスクに応じた責任をとるという意味で、すでにある市場のルールとして「フェア」である。それに比べて、政府案(プランA)は、すでにある「フェア」なルールを踏みにじり、無関係な国民に負担をしわ寄せする「アンフェア」なものだ。

 特にひどかったのは、アンフェアなものを押しつけるために、数多くの「デタラメ」が流されたことである。

 まず、法的整理すると被災者への救済ができないというものだ。そんな非常識なことが厳格な法的整理のなかで行われるはずがない。もし心配なら被災者への仮払いを行えばいい。実際、今国会では、野党から仮払い法案もでているので、そうした心配はない。

 次に、法的整理すると電力の安定供給に支障が出るともいわれた。しかし、JALの破綻処理で明らかなように、事業を継続しながら法的整理をすることは可能でもあり、それは常識でもある。

 また、担保付き社債は完全に保護されるともいわれた。これは電気事業法37条に基づく一般担保による優先弁済だ。ただし、これは実際の会社整理の過程ではあくまで相対的な保護だ。簡単にいえば、債権カット率が他の債権より優遇されるという程度である。


 こうした「デタラメ」は、株主・債権者として利害関係者である金融機関から臆面もなく流された。利害が絡むだけに必死だったのだ。

 以上が政府案であったが、今回の修正案の内容を、一言でいえば、本来の責任者である「東京電力と関係者の負担」をそのままにして、「国民の負担」をさらに重くするもので、政府案のさらなる「改悪」である。

 しかし、自民党関係者は今回の修正案を評価している。例えば、自民党の河野太郎衆院議員は、個人のブログに「東電処理への大きな一歩」として高く評価し、「一番大きいのは、東京電力を債務超過にしないとうたった閣議決定を事実上、取り消したことだ」と指摘している。また「2段階方式」で「東電を破綻処理」させるとしている。

 まず債務超過の件であるが、政府が今回のような悪法を作らず、何もしなければ、東電社長も認めているように、債務超過になるのは明らかだ。閣議決定なんて、法案が成立すれば何の意味もない。与野党で修正案がでた段階で、政府案の閣議決定の意味は乏しい。こんなことは国権の最高機関である議会の一員なら知っておくべきことだ。閣議決定の取り消しを、一番大きい成果と喜んでいるのでは情けない。

 次に、2段階方式での東電の破綻処理だが、これは手順を見れば実際はできないことが分かる。今国会の2次補正予算で、交付国債2兆円、政府保証2兆円を東電賠償に突っ込んでいる。後述するが、さらなる税金投入もある。その上で、破綻処理すればそれらが返ってこないことを意味するので、できない話なのである。まず東電を破綻処理して、東電のステークホルダー(株主、債権者など)の責任を明らかにしてからであれば、税金の投入はあり得るが、その逆はないのだ。


 こうした点は、修正後の法案の条文を読めば分かる。「2段階方式」は、附則6条で、「この法律の施行後早期に……国民負担を最小化する観点から、この法律の施行状況について検討を加え、その結果に基づき、必要な措置を講ずる」という追加規定にある。ところが、この条文では、期限も不明、「必要な措置」の内容も不明である。これでは「空振り」規定である。

 また、自民党は、電力料金値上げの前にステークホルダーの責任を求めると言っていたが、結局、協力を求めるだけに終わった。

 45条で、「関係者に対する協力の要請が適切かつ十分なものであるかどうかを確認しなければならない」という規定が追加されている。これで、株主や銀行など関係者に、責任をしっかりと求めるというのだろうか。

 条文では、要請した結果がどうなるかは問われていない。また協力の内容が何なのかも分からない。つまり、口頭で抽象的な協力を求めればいいだけなのだ。仮に口頭で債権放棄などに協力してくれといっても、タダで受け入れるほど金融機関等の債権者は甘くない。受け入れたら逆に株主代表訴訟にさらされるからだ。

 さらに、今回の修正案でまずいのは、51条で「資金の交付」という規定が追加されたことだ。もともとの政府案では、予算を直接投入するのではなく、機構に国債を交付する形をとり、いずれは国に返すということになっていた(といってもその原資は電力料金値上げによる国民負担だが)。

 ところが、この規定では、「国の責任」という観点で予算を直接投入することも可能にしてしまったのである。これは明白な税金投入による国民負担にほかならない。これで、河野議員のいうような破綻処理の可能性は遠のき、逆に国民負担は政府案の5兆円より増えるだろう。


 こうした手厚い東電救済措置が追加されたので、東電株価がゼロになることはない。東京電力を債務超過にしないとの閣議決定が取り消されたという意味のない話やこれまでの株価急反発の反動によって、短期的には株価が下がることはあるだろうが、すでに株価は倒産圏内から脱出している。また、東電の倒産確率と関係のあるCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)も同じだ(グラフ参照)。すでに、市場関係者は政府案や今回の改悪修正案の動きを読みきっていたようだ(※表は略)。

 今回の修正で得をするのは、東電の株主や債権者だ。特に問題なのは、それに該当する国会議員である。多数の株式を所有する国会議員が多い。あえて筋悪な修正案を出さなければ、今の制度の下で法的整理が行われ、株式価値はゼロになる。それを今回のような東電救済法を作ると株式価値はゼロでなくなるが、その代償は国民負担の増加である。フェアな市場ルールである法的整理を使わず、国民負担をふやす今回の修正案はアンフェアだ。

 今回の修正劇は、政策決定プロセスから見ても許しがたい。本来であれば、国会という開かれた場で、与野党が議論して行うべきだが、国会外で与野党の担当者数名による水面下の議論で修正案が作られ、国会ではほとんど議論されずに採決されてしまう。

 霞ヶ関から見ると、この与野党間の修正に介入できれば、こんな楽なことはない。今回は、自民党の修正担当者に西村康稔衆院議員がいる。彼は経産省OBであったこともあり、東電を救済したい経産省としては、与野党協議に容易に介入できて、水面下で思い通り東電救済の修正案を作れたことだろう。


---

 25日にちょこっとだけ書いたけど、どうやら現状維持という最悪の決定をしたようです。つまるところ、東電は何事もなかったかのように存続し、東電利用者が賠償を行うというギャグな決定がなされたということですよ。。
 よくもまあこんなでたらめな法案を通したものだとあきれ返ってしまうわけだが、こんなものを評価する河野太郎もどうかしている(東電処理への大きな一歩を参照)。ところが、27日には玉虫色になった賠償スキームで、自分が関与した東電賠償に否定的なエントリーを書いている。全く意味不明だ。
 「東電は破綻させる」とか息巻いていたので少しは期待していたのだが、結局この程度ってことなのだろう。所詮は自民党ってことなんですかね。残念です。。

 結局のところ、今回成立した法案は東電救済法案ということですね(´・ω・`)


 これは記事の最後にあった、
 「東電は破綻すべきか??」という設問の結果。

 投票人数が分からないのが不満だが、
 これを見る限り90%もの人が東電は破綻すべきと考えているようだ。

 国民の声を全部取り入れたら、それは=衆愚政治になってしまうが、
 今のまま東電の救済したら、東電の体質は何も変わらず、
 いずれ同じ過ちを繰り返すであろうことも分からないのだろうか??
 
 国会議員とは、かくも国民をバカにしたものなんだなと、心底思ってしまう。
 まあ、だからこそ自民・民主ともに支持率が低空飛行なんだけどね(信ぴょう性の問題はあるが)。
 ってかさ、もう国会議員自体が国民から支持されてないってことなんだろうね(´・ω・`)

  2011年7月27日(水)
 
 ニュースマグより転載。ノルウェー・オスロ殺りくテロは、キリスト教原理主義青年の「反イスラム」=「十字軍遠征」思想が背後に

---

 ノルウェーの首都オスロ中心部での爆破と近郊の島で銃と爆弾を使って92人を殺りくし、世界を震撼させた事件では、32歳のノルウェー人青年が容疑者として逮捕された。青年(アンネシュ・ブレイビック容疑者)の単独犯行であることを、24日、警察側も認めた。

 青年はキリスト教原理主義に傾斜し、イスラム教に敵対的であったという。警察側は、青年は犯行の動機を語ってないとしながらも、青年がユーチューブに発表してきた録画には「イスラムは基本的な大量虐殺の思想である」と書かれていることや、「われわれは(イスラム世界への)十字軍遠征を開始する前に、われわれの課題である文化的マルクス主義者を大量殺りくしなければならない」と書いてあると指摘している。

 ロマンデイ紙によると、青年は寡黙で、調査はこれまで書かれたメールやユーチューブなどをもとに青年の思想的な準拠点を探り出しているという。

 殺害の舞台となったウトヤ島での夏季のセミナーはストルテンベルグ首相が率いる労働党の約600人の青年たちが参加していた。この夏季集会は長年続けられてきたもので評判がよかったという。

 青年は移民が増える欧州社会を嫌悪していたらしい。移民の多いフランスを筆頭に国のリストを作成していた。フランスでは、青年の使用した「十字軍遠征」という言葉を内務大臣が使用したことがあり、問題視された。フランス政府は右派に接近しており、昨年7月末には、サルコジ大統領が移民やロマ人に対する排斥政策の強化をグルノーブルで宣言した。欧州議会は、人種差別的なフランスのこの姿勢を批判した。

 22日、ノルウェーで大量殺りく事件が発生すると、すぐに、サルコジ大統領は談話を出し「テロを絶対に許せない」と発表した。これを評価するメディア報道もあったが、よく考えてみると、今回のテロ事件は、イスラム教徒によるテロではなかった。つまり「十字軍遠征」を唱える側のキリスト教原理主義者が起こしたテロであった。逮捕された青年は、この点を、身をもって我々に示唆したのである。これは重要な点であると思う。

 犠牲者の数は現在92人だが最終的には行方不明者が数人いることからさらに増えそうだ。

 青年は、逮捕後に、弁護士ジェイル・リペスタード氏を通して、「自分の行為は悲惨なものである」と発言している。ブレイビック容疑者は、「しかし、これは必要であった」と宣言しているという。25日に出廷する予定。

 犯行準備は単独で、2009年秋ごろから周到に開始されていたという。「自分の行為は第二次世界大戦のナチス以来の、前代未聞の悪魔の行為であることを認める」と事件に至るまでの経過が書かれた1500ページにわたる文書が、犯行の一時間前にネットに掲載されていた。

 ブレイビック容疑者が書いたサイト・文書などを手がかりにしたところでは、フランスを筆頭に欧州でイスラム教徒の多い順にリストを作っていたことなどから、反多元主義文化、反イスラム主義、反マルクス主義の思想的な背景が指摘されている。現在ノルウェーの外国人移民労働は10パーセントほどだ。失業者は欧州では最も低く3%ほどで欧州では優等生だが、右派や国粋主義の国民が、移民を嫌悪する傾向が強まっていた。(ブラネット「パリ通信」より)


---

 この手の問題で理解不能なのが、なぜ移民排斥を訴えるのに自国民を殺害するのか?ってことなんですよ。変な話、移民が邪魔と思えば移民を殺害したほうが、ノルウェーに移民しようという気が失せるように思うんですが、そういう風に思わないんですよね。。どうも左派思想の方々ばかりの団体に乱射したようなので、彼的には「お前らがノルウェーをだめにしているんだ!」というメッセージといったところなんでしょうか??
 それにしても、わざわざ警官の姿をして、安心したところに銃を乱射するという行為はどうかしている。。どうも数年前から計画していたようだが、まさか、左派思想の人間を根絶やしにしないと移民の受け入れは止まらないと思っているんですかね??まあ、ノルウェーでは今や移民は全国民の10%にもなるので、「他の欧州諸国のようになるのでは」という危機感があるのも理解できるが、どれだけ頭をフル回転しても虐殺なんてのは擁護しようがない。。
 ノルウェーでも今は右派思想の人や政治家が増えているようなので、せめて彼らを支持する程度にしておけばよかったのに。。「自分の行為は第二次世界大戦のナチス以来の、前代未聞の悪魔の行為であることを認める」とまで言っている以上、それ相応の覚悟でやっているのだろうが・・・・。。

 ちなみに、ノルウェーでは死刑制度は廃止されており、最高でも21年の懲役しかないらしい。
 これだけの被害が出ていても、最高懲役21年というのは、日本では考えられないくらい軽いと思うのだが、ノルウェーの法律でそうなっている以上どうしようもない。。「彼だけ例外的に・・・・」とかってことをすると、なし崩し的にずるずるいってしまう可能性もあるしねぇ。


 眠くて頭が回らない状態で書いているので、文章が支離滅裂。まあ、今日も正常運転ということで・・・・(´・ω・`)


 ついでに、もちっと欧州の移民問題について触れておきますね。

 去年から何回か欧州の移民問題のことを書いているけど、欧州各国では現在この移民問題は頭痛の種のようです。
 労働者の不足を埋める為に欧州各国は早くから移民政策をとってきたのですが、移民たちはその国の国民として溶け込む事を拒否し、イスラム教徒としてのたち振る舞いを続けたため(欧州の移民は主に旧植民地だったアフリカ諸国)、国内で民族対立が起こり、各地で様々な問題が噴出しているわけですよ。フランスでは数年前にアルジェリアからの移民が暴徒と化したし、ドイツでは結構前からいわゆる「ネオナチ」と呼ばれる連中が移民排斥を訴えているし(ドイツはトルコから移民を受け入れている)、フランスに続いてベルギーでもブルカの禁止を法制化したようですし。

 そもそもなんでこんな問題が起こったかというと、オレ的には、自分たちがやりたがらない3kを移民にさせようという安直な考えが1番の原因だと思うのだが、それと同時に「国家に忠誠を誓わない人間」を受け入れた結果、このような問題が起こったのではないか?と思うんですよ。
 つまり、単に「楽してお金が稼げるから欧州に行く」という考えしかないような連中が、その国の一員として国家のために働くわけないじゃないですか、ってことですよ。

 かつて日本からアメリカに移住した人々は、日本人だけでコミュニティーを作り、アメリカ人になる努力をしなかったため、「彼らはアメリカに日本を作ろうとしている」と危険視され、日本からの移民を制限されてしまった(他にも「勤勉すぎる、賃金が安くても働く」等の理由はあるが)。
 このように、今欧州諸国で起こっている移民問題も、当時の日本移民と全く一緒の構図なんですよね。。

 民主党や経団連は移民受け入れ政策を掲げているが、もしそんなことをしたら、間違いなく欧州の二の舞になるだろう。特に1000万人なんて数を受け入れるとなると、当然そのほとんどは中国人だろう。
 今の団塊世代なんて、ほとんどがいまだに中国を儒教の国なんて考えてるからこんなバカ政策をおおっぴらに出してるんだろうが、先日紹介したスイカ爆弾や毒餃子を平気で作るような連中をそんなに大量に受け入れたら、メイド・イン・ジャパンのブランドが傷つくだけでなく、(もし食料品の工場で働いていたら)日本人の健康に深刻な影響を与えることくらい目に見えている。

 今は少子高齢化で労働者の数が減っていて難しい問題ではあるが、日本の経済は日本人が立て直すべきだと思う。そのためには硬直化してしまった日本のシステムを相当変える必要があるが・・・・それはまた今度の機会に。。だって問題点が多すぎるんだもん・・・・(´-ω-`)


 AFPより転載。パーキンソン病の症状緩和に生薬が有効、副作用軽減も

---

 7月22日 AFP】パーキンソン病の症状の一部に、高血圧に効くとされる生薬「釣藤鈎(チョウトウコウ)」が効果的で、処方薬の副作用も軽減してくれるとする研究成果がこのほど発表された。

 香港バプティスト大の研究チームは、釣藤鈎がパーキンソン病患者の意志疎通を向上させ、うつや不眠も改善することを見出した。

 パーキンソン病は運動障害を伴う進行性の難病で、主に50歳以上で発病するが、それ以前に発祥する若年性のものもある。体の震え、硬直、体のバランスを保てないなど深刻な症状を伴う。これらの症状の緩和には通常、脳内のドーパミン不足を補うレボドパ製剤が処方されるが、吐き気や幻覚などの副作用が生じる場合がある。

 研究チームは、レボドパとともに釣藤鈎を服用した患者では、意志疎通が大幅に向上する一方で、レボドパの副作用が少ないことも見出した。

 研究を率いた李敏副教授は、「生薬への注目度も大幅に上がるだろう」と話している。


---

 釣藤鈎なんて聞いた事がないので調べてみたら、どうやら漢方薬の一種のようでして。。なんでも鎮静作用、解熱作用、めまいをともなう高血圧等に効果があるそうな。今回の研究ではパーキンソン病やうつ、不眠にも効果があるという結果が出たようなので、精神安定効果のようなものもあるということだろう。
 今はストレス社会で、うつや不眠に悩んでいる人も結構いると思うので、ダメ元で試してみてはいかがでしょう??
 ・・・・売ってるところ??たぶん漢方薬局なら置いてあるかと(´・ω・`)


 今日のど~でもいいこと。
 最近夕方頃にやたらと雷が鳴る。それは別にいいのだが、ちょろっと雨が降るだけなので、余計に蒸し暑くなって不快指数が跳ね上がるんですよ。。どうせなら洪水になるくらい降ってくれればいいのに・・・・(´・ω・`)

  2011年7月25日(月)
 毎日新聞より転載。菅首相:公約破綻陳謝 首相退陣狙い3党再接近 公債法案成立へ、民主が環境整備加速

---

 菅直人首相は22日の参院予算委員会で、民主党の09年衆院選マニフェスト(政権公約)について「財源にやや見通しの甘い部分もあった。国民におわびを申し上げたい」と陳謝した。総額16・8兆円に達するマニフェストの新規政策は、民主党政権の発足当初から行き詰まっていたが、東日本大震災への対応を理由にようやく破綻を認めた形だ。首相の陳謝を受け、民主党は子ども手当の修正を巡り自民、公明両党に譲歩するなど、懸案の特例公債法案の早期成立に向け環境整備を加速させたが、自民党内には今国会の会期延長を巡り3党合意がほごにされた不信感も残り、合意が整うかどうかはなお見通せない。

「予算委員会で首相が『マニフェストは正しかった』と言ったら崩れてしまう」。自民党の石原伸晃幹事長は22日の3党幹事長会談で、民主党の岡田克也幹事長に懸念を示した。だが同じころ、首相は参院予算委で「基本的な認識は岡田幹事長と一致している」と答弁。岡田氏は事前に首相に根回ししていた。

以下略


---

 いっちゃあなんだが、こんなもんをいちいち取り上げる意味がよく分からん。はっきり言って今回の謝罪とやらは、「どうせ空き缶のもとでは何をやっても駄目だから、総選挙の前に膿を出し尽くしておこう」ってだけの話ですよ。。


 共同通信より転載。自民個人献金、72%が電力業界 09年、役員の90%超

---

 自民党の政治資金団体「国民政治協会」本部の2009年分政治資金収支報告書で、個人献金額の72・5%が東京電力など電力9社の当時の役員・OBらによることが22日、共同通信の調べで分かった。当時の役員の92・2%が献金していた実態も判明した。電力業界は1974年に政財界癒着の批判を受け、企業献金の廃止を表明。役員個人の献金は政治資金規正法上、問題ないが、個人献金として会社ぐるみの「組織献金」との指摘が出ている。福島第1原発事故を受け、原子力政策を推進してきた独占の公益企業と政治の関係が厳しく問われそうだ。

---

 そもそも、なぜ電力会社が献金するのかが意味不明。電力政策は本来国の役目なのだから、各電力会社はそれに沿って、運用するのが筋のはずなんですがね。。まあ、「公益法人(人を含む)からの献金も禁止」にしたとしても、どうせダミー団体を作ってそこから献金しようとするだろうし。。
 そういった意味では電力会社の国営化がいいのではとも思ってしまうが、究極非効率な国営なんかにすると、よけい性質が悪くなる気もするし・・・・。。
 
 んじゃあ、完全自由化がいいかというと、やはり大規模停電時が怖い。スマートグリッドが普及すればそれも解決できそうだが、実用化にはまだもうしばらく時間がかかりそうなので、もし電力を自由化するなら、スマートグリッドの開発に合わせて自由化したほうがいいのではないかと思ってみたり。。

 ・・・・とまあ、あれこれ妄想をしてみるのだが、最悪の選択は現状維持だと思う。。
 とりあえず、政治家にしても官僚にしても、事なかれ主義&前例主義をいいかげんやめて、国にとって何が一番いいことかということを、真剣に考えてほしいものですね(´・ω・`)


 今日の困ったこと。
 久しぶりにボブ・ディランの詩集を読みたくなったのだが、部屋中探しても見つからないヽ(´Д`。)ノ
 引越しのどさくさで間違って処分してしまったのか、それとも小人さんの仕業か・・・・(´・ω・`)

  2011年7月23日(土)
 昨日、BS-1の「今日の世界」という番組を見ていたら(お勧め!)、中国でアップルの店そっくりな店があったって報道があった。なんでも、ロゴやディスプレイ、店員のシャツに至るまで、全てがアップルの店そっくりなんだそうだ。。しかも、店員は本気で自分たちをアップルの店員と思っていたとか・・・・。。
 そこまで徹底すると、ある意味「あっぱれ!」って感じですね(´・ω・`)

 んで、その偽アップル店なんだけど、放送ではどこにあるって言ってたんだけど、忘れちゃった・・・・。。いやね、今日NHKのHPで確認しようとしたら、どこにもそのことが書かれていないんですよ。。確か雲南省の昆明だったと思うけど、きちんと覚えてない。。まあ、アップルの正規店は北京と上海に2店舗ずつしかないようなので、それ以外は全部偽物ってことでいいかと。。もし中国へ旅行に行ってアップル商品を買おうと思ったら(んなことは無いと思うけど)、一応気をつけてくださいな(´・ω・`)

 って、ここまで書いていたら、WSJに全く同じ記事があった。。興味ある方はこちらをどうぞ。

  2011年7月21日(木)
 SYNODOS JOURNALより転載。あやしい放射能対策

---

 原発事故で放出された放射性物質による被害を避けるための対処法として、”放射能を分解除去できる”とか”放射能の毒出しができる”などと宣伝されている疑わしい方法が、雑誌などのメディアや放射線の害を警告する活動をしている一部の団体などから紹介されて広まりつつある。しかし、体内の放射性物質除去という効果に疑問が大きいだけでなく、かえって健康を害する恐れがあったり、効果が期待できないのに高額な商品であるなど、問題視すべきものが多い。その代表的ないくつかを紹介する。


■マクロビオティック
 まずは、マクロビオティックである。これは独自の陰陽思想にもとづくトンデモ栄養学のひとつである。(マクロビオティックの詳しい解説は、ブログ「とらねこ日誌」を参照。http://d.hatena.ne.jp/doramao/  

 もともとはマクロビオティックにもとづく食事療法を実践していた医師が、長崎の原爆の被爆者達に「爆弾をうけた人には塩がいい。玄米飯にうんと塩をつけてにぎるんだ。塩からい味噌汁をつくって毎日食べさせろ。そして、甘いものを避けろ。砂糖は絶対にいかんぞ」と指導していたそうで、それが伝えられて味噌や玄米、塩などが放射線の害を防ぐとされている。

 味噌については、その成分として含まれているジピコリン酸に効果があるとするマウスの実験があると宣伝されている。しかし、寿命が約3年しかないマウスと寿命が80年以上の人では生体維持機構が異なっている可能性があるし、実際に人とは代謝機構などが少し違っていたりするので、マウスでの実験結果がそのまま人では通用しない場合も多い。

 とくに、低線量被曝で心配されるのは被曝後10年以上経過してから現れたりする癌などの病気であり、寿命が3年くらいしかないマウスではそこまで調べられない。しかも、味噌に含まれているジピコリン酸が普通に味噌汁などで食べる分量中に、人に対して充分に効果のある量が含まれているかどうかも分からない。あまり味噌を食べすぎると塩分が心配でもある。

 この味噌が放射線対策に有効とされる噂が週刊誌にも盛んに取り上げられて紹介されていたことに対して、FOOCOM.NETが批判をしている。

◇「1日2杯の味噌汁が効く」は本当ですか? 放射能汚染のトンデモ科学に騙されないために
http://www.foocom.net/special/4379/ 


■EM菌、EM菌もどき

 EM菌とは、乳酸菌、酵母、光合成細菌を主体とする有用な微生物の共生体だそうである。

 原発事故以降、放射線を除去する効果があると盛んに宣伝されている。

◇Skeptic’s Wiki EM菌(有用微生物群)
http://skepticswiki-jp.org/wiki.cgi?page=EM%B6%DD%A1%CA%CD%AD%CD%D1%C8%F9%C0%B8%CA%AA%B7%B2%A1%CB

 EM菌の開発者は「その主要菌である光合成細菌は、粘土と混和し、1200℃の高温でセラミックス化しても、そのセラミックスから取り出すことが可能である。想像を絶するこの耐熱性は、光合成細菌がガンマ線やX線や紫外線をエネルギー源とし得る機能性を有するからである。そのため、外部被曝はもとより、内部被曝の放射能を無害な状態に変換していると考えられた」と説明しているが、1200℃の高温に耐える微生物など、かなり疑わしい。

 また、「EMの中の光合成細菌が、放射性元素を先取りするため、作物には、吸収されないという解釈も成り立ち、また、光合成細菌が放射性元素のエネルギーを転換的に活用した結果、放射能が消えたとの推測も、あながち荒唐無稽の話ではない」とも説明されているが、やはり荒唐無稽だろう。

 光合成細菌が利用する光と放射性セシウムなどが出すγ線が同じ電磁波なのでそう考えたのかも知れないが、光合成細菌が利用できる光の波長とγ線の波長はかなり大きく異なるので光合成細菌はγ線のエネルギーを利用できないし、物理的にも放射性物質の放射能は微生物によって消失したりはしない。EM菌が放射性物質を取り込むから作物に移行しなくなるということがあったとしても、普通に考えればEM菌だって死んで分解されるだろう。そしてふたたび環境に戻されてしまう。さらにEM菌を農地に使用する場合は土に混ぜて耕して使うため、表層に留まっている放射性セシウムを取り除くのではなく、放射性セシウムを土中に深く鋤込んでしまうことになる。(希釈効果を期待することとは別である)

 EM菌を飲料にしたEM・X GOLDという商品(500mlで定価4,500円)が「EM菌が放射能を抱き込む」ことで「体内から放射能を排出する」などと一部の人たちから説明されている。この効果を期待して購入して飲む人たちが増えているようであるが、こちらも人への効果を検証した正式な論文がないのでかなり疑わしい。ちなみに、正しくは放射能ではなくて放射性物質だろう。

 EM・X GOLDの製造方法を調べると、最後に抽出・殺菌を行っているのでEM菌が生きたまま体に入るのではなさそうである(http://emx-gold.jp/products/index.html)。だとすると、「EM菌が放射能を抱き込む」という説明は菌が死んで不活性になっているので適用できなさそうである。 (ところで、1200℃でも死なない脅威の生命力というのが本当ならば、EM菌をどうやって殺菌しているのであろうか?)

 EM・Xゴールドの効果は色々な面でかなりあやしいが、値段はかなり高価である。

(http://dndi.jp/19-higa/higa_40.php で、EM・Xの効果があったとしているが、被験者の総数が[平均年齢しか示されておらず、その構成が不明な]21人であり、比較する3つのグループに[均等に分けたと仮定して]各7人しかおらず、この人数では少ないので結果が偏りやすいという問題がある。実際の人数分けも不明であるし、各グループ間で結果に関係しそうな被験者の年齢や食事内容などの要因にどれだけの差があったのかも不明であり、また測定結果の確からしさの範囲などが示されておらず、測定方法も適切であったかどうか確認できない。「世界で唯一、本件のみの研究」とのことであるが、たった一回しか行われておらず被験者数も少ないので、[実験条件の曖昧さに目を瞑ったとしても]効果を主張するにはこの研究だけでは弱いだろう。再現性が確認されていないので、信頼性も低い。それに、放射性物質の汚染がほとんどなかった日本に滞在させている間だけEM・Xを与えて効果を調べているが、汚染されている現地で生活しながらEM・Xを与えた場合の効果を調べないと、そもそも実用的とはいえないのではないだろうか。EM・X GOLDはさらに10倍以上の効果があるとしているが、どのように調べたかも分からない。医学系論文のデータベースであるPubMedなどで検索したが、これらに関連する論文は出てこなかったので、これ以上は確かめられなかった。結局、査読された論文がひとつもない状況ではEM・XとEM・X GOLDの放射性物質の排出効果を信用することはかなり難しい) 

 EM菌もどきも活躍中である。EM菌の開発者と過去に共同研究をしたことがある人物が広めている。この人物曰く「かねてから微生物、生物触媒が放射性物質を含めて重金属を分解することは国内外のさまざまなところで実験や実用において確かめられています」と宣伝しているが、重金属はダイオキシンなどの化合物と違い「分解」されてなくなることはない。読売新聞福島版(5/21)で「(原文ママ)微生物が触媒となり、土壌中にある科学合成細菌が活発化することで、放射性物質を分解、消失できる技術を実証する」という実験が肯定的に紹介されている。しかし、その実験の内容はやはりあやしく、きちんとした対照実験が行われていない。ついでに、この人物の経歴もかなりあやしい。


■米のとぎ汁乳酸菌
 自分でできる対策として最近流行りだしているのが「米のとぎ汁乳酸菌」である。

 米のとぎ汁に砂糖と塩少々などを加えてペットボトルなどに入れて常温でおいておく方法が紹介されている。とくに培養前の器具類の殺菌もしていないし、特定の種菌も入れていないので、どんな菌が増えるのかあやしい感じだが、甘酸っぱくできたら成功だそうである。それを飲用したり、応用として米のとぎ汁に豆乳を加えて発酵させてヨーグルトとして食べたり、点眼したり、霧吹きして肺内に吸い込んだりすることで、培養された乳酸菌・光合成細菌・酵母によって放射性物質の毒出しをするそうである。あるブログでは離乳食にも使うと書いてあって驚いた。

 微生物が放射性物質に効くというのは、EM菌からの流れのようである。

 ツイッターで、「米のとぎ汁乳酸菌」による毒出しを実行している人のツイートに「昨夜、乳酸菌を顔にスプレーして、目にもちょっとふりかけて、今朝起きたら両目が真っ赤か!目やにもすごくてびっくり@@ 効いてる証拠って思っていいんですよね?」というのがあった。悪質な代替療法では、害が出ているのにそれは「好転反応」といって毒が出ている証拠だと誤魔化すことが多いが、まるでそれと同じ様子である。効いてる証拠なんていっていないで、眼科に急いで行くべきだろう。

 作り方のレシピを見ると、色々なカビを含む雑菌が繁殖しそうである。それをまだ抵抗力の弱い子どもに放射線対策として与えでもしたらと想像すると、とても心配である。肺に吸入した場合、肺炎にならないかという心配もある。これが放射線に効くというのもかなり疑問だし、止めておいた方がいいのではないか。低線量被曝の害を避けようとして食中毒などになってしまえば本末転倒である。食中毒は命に関わる場合があり、その危険性は低線量被曝よりもずっと高い。


■ホメオパシー
 ホメオパシーはこの療法に縋ったことで何人かの死者を出して問題となった。このホメオパシーを推進する団体も、抜け目なく放射性物質の害から身を守るというレメディを宣伝している。「(原文ママ) 特に放射線物質の排出を促すレメディについては、体内に溜まった有害物質がレメディーをとることで体外へと排出されたことが検査結果によって数値で出たケースによって実証されました」と宣伝しているが、この実証されたという実験の詳細などは公表されていない。団体主催者によると「レメディーとってたら、被曝も大丈夫!!」なのだそうであるが、まったく大丈夫ではない。そして、『放射線に対するホメオパシーの防御と治療』という本が出版されており、急性の放射線中毒に対するレメディまでもが記載されているが、内容はどれも信用できない。ホメオパシーのレメディに薬効がないことは、すでにきちんと証明されている。

◇warblerの日記「ホメオパシー・レメディには薬効が無いってホント?」
http://d.hatena.ne.jp/warbler/20110221/1298291420


■ペクチン
 林檎ペクチンが放射性物質を排出させるとして宣伝されているが、それに関する効果を確認したという研究報告を調べてみると、いずれにも重要な不備があり、実際にはその効果は期待薄である。

◇IRSN(フランス放射線防護原子力安全研究所)-Evaluation of the use of pectin in children living in regions contaminated by caesium 
http://www.irsn.fr/EN/news/Documents/pectin_report.pdf

 気になるのは、この報告書の中でペクチンによって必要なビタミンやミネラルが吸着されてしまい栄養欠乏になる副作用の懸念が指摘されていることである。放射線対策としてとくに子どもや妊婦にペクチンを摂らせすぎるのは心配である。


■スピルリナ
 スピルリナは藍藻の一種である。スピルリナの”放射能を排出する”効果は、学会発表が中心で正式な論文が出されておらず、効果の検証はきちんとされていない。その他の効果についても、人で証明されたものはほとんどない。また、スピルリナ類は細菌や重金属類(水銀、カドミウム、鉛、ヒ素)などを含むことがあり、ミクロシスチン(藍藻毒の一種で肝毒性を持つ)が含まれるものもあるので用心した方がいい。国立健康・栄養研究所の『「健康食品」の安全性・有効性情報』で調べると、スピルリナ含有製品摂取との因果関係が疑われる健康被害副作用が色々と報告されている。とくに子どもや妊娠中・授乳中の女性は、スピルリナ製品の摂取は避けておいた方が無難だろう。

◇国立健康・栄養研究所の『「健康食品」の安全性・有効性情報』-スピルリナ
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail86lite.html 

(参考)今年7月12日に「人体から放射能を排出するのに効果的」などと効能をうたって「スピルリナ」を販売した人物が、埼玉県警サイバー犯罪対策課と狭山署によって薬事法違反容疑で逮捕されている。

◇時事ドットコム:「放射能排出」と宣伝し販売=健康食品340万円分、男逮捕-埼玉県警
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201107/2011071200673 

 健康食品に対する記事がFOOCOM.NETから出されているので、そちらもぜひ読んで頂きたい。

◇「健康食品で解毒」を信じてはいけない
http://www.foocom.net/column/editor/4494/ 

 この記事を書いた松永和紀さんは、『科学的な検証を確認せずに、「あれがいい」「これがいい」と報道し、それを信じてしまうのは、特定の業者の利益につながるだけだ。報道機関の倫理が問われている。その事実に、消費者も早く気がついてほしい』と訴えている。

 他にも、怪しげな放射線対策が色々と出回っている。健康食品に関しては、動物実験などでその効果が証明されたとして宣伝されているものも少なくないが、人で実際に有効性がきちんと確かめられていないと信頼性は低い。もし、本当に高い効果が証明されているのならば、医薬品や治療法としての公的な認定を受けているはずである。健康食品のままであるということは、医学的に効果があると確かめられていないということでもある。健康食品の場合は副作用についてもきちんと調べられていないものが多く、思いもよらない害が出る恐れもある。

 人々の不安につけ込んで、さらに不安を煽りつつお金儲けをする「不安商売」をする人たちが、この原発事故を背景とした状況を格好の商機とみなして暗躍している。大切なお金と時間と労力を無駄にするだけだし、何よりも健康を害する恐れがあるので、気をつけた方がいい。また、あやしい業者が反原発や放射線の害を警告する団体などを通じ、善意の衣に隠れて怪しい商品などを広めるケースが最近多くなっている様子なので要注意である。まったく油断も隙もない。


---

 オレの住んでる九州は安全圏なので、放射能対策については全く知識がないのだが(だって必要ないんだもん)、どうやらいつもの如く「こうすれば放射能は防げます」という怪しさ満点の都市伝説や商品が出回っているそうで。。いかにこの手の商法に人が惑わされやすいかってことですよね(´・ω・`)
 まあ、切羽詰まった状況になると、「溺れる者は藁をも掴む」のたとえどおり、ほんの少しの可能性があればそれにすがるっていう気持ちも分からないでもないですが、やはりきちんと調べてから実践したほうがいいと思う。。
 ただ、この手の批判ものってさ、たいてい「これは問題でしょ」って感じであれこれ批判するのだが、ほとんどの場合言いっぱなしで終わってしまい、「じゃあどうすればいいのか」ってのをきちんと書かないんですよね(´-ω-`)
 大事なのは問題点の指摘ではなく、対応策を示す事だと思うんですが・・・・そういうエントリーって少ないですよね(´・ω・`)


 AFPより転載。世界初「セックスロボット」が登場、米ラスベガス

---

「歓楽都市(シンシティ)」として知られる米ラスベガスで9日、「セックスロボット」(ロクシー)のお披露目会が開かれた。

Roxxxyは、人工合成皮膚でできた肌を持ち、人工知能を備えた世界初の等身大ガールフレンド・ロボット。ラスベガスで開催中の世界最大のアダルト展示会「AVNアダルト・エンターテインメント・エキスポ」で、ファンたちの前に登場した。

 Roxxxyを開発したトゥルー・コンパニオン社のダグラス・ハインズ氏は、「彼女はそうじ機もかけられないし、料理もできない。けれど、『あっち』の方はほとんど万能」とAFPに語った。

「彼女は個性を持った伴侶です。あなたの声に耳を立て、あなたの話をよく聞く。話しかけてくる。あなたが触れれば感じるし、さらに睡眠もとるんです。われわれは、人間らしさを再現することに力を注いでいます」



 Roxxxyは、身長約170センチ(5フィート7インチ)、体重約54キロ(120ポンド)。胸はCカップで、「行為の準備も万端」だとハインズ氏は語る。ハインズ氏は、トゥルー・コンパニオンを創業する前は、米ベル研究所で人工知能の研究者だった。

 また、人間と同様の関節や骨格を持ち、人間と同じような動きができる。しかし、歩くことはできず、手足を独立して動かすこともできない。人工心臓で液体冷却システムを循環させている。
Roxxxyに搭載された性格は5種類。

 社交的で大胆なワイルド・ウェンディー(Wild Wendy)や、つつましやかで恥ずかしがりのフリジット・ファラ(Frigid Farrah)、若くて傷つきやすい性格のほか、「強い母親のような配慮を持った」マチュア・マーサ(Mature Martha)、さらに大胆さを追求したS&Mスーザン(S & M Susan)の5つから選ぶ。
人種や髪の色、胸の大きさはカスタマイズすることができ、オンライン注文は「truecompanion.com」から行う。注文の際に、出会い系サイトのように自分の趣味や趣向を詳しく伝える。そうすることで、Roxxxyが購入者の興味や関心を共有するようになるという。ハインズ氏は、「あなたがポルシェ好きなら、彼女もポルシェが好き。あなたがサッカー好きなら、彼女もサッカーが好きなのさ」と語る。

 また、インターネットへ無線接続しており、ソフトウェアアップデートやテクニカルサポートを受けることができるほか、Roxxxyはパートナーへメールを送ることもできる。

 ハインズ氏によれば、購入者がカスタマイズしたパーソナリティー(人格)は、トゥルー・コンパニオンのウェブサイトを通じて、ほかの購入者たちと共有することができるという。「恋人や妻を他人と交換するようなもの。ただし実物を交換するのではなく、オンラインでパーソナリティーだけを交換するのだ」

 Roxxxyの価格は7000~9000ドル(約65~84万円)。価格は機能によって異なる。欧州と米国市場での販売を予定しており、いずれは世界展開したいという。現在は男性版セックスロボット「ロッキー(Rocky)」を開発中だそうだ。


---

 この記事は2010/1/10となっているので、今から1年半も前の記事なのだが・・・・なんというか、こんなものが出る世の中になっているとはねぇ(´・ω・`)

 これはいわゆる「南極2号」のロボット版と言えそうな商品なんだが、やはり購入する人っているんですかね??・・・・いるんでしょうね(´・ω・`)
 オレとしては、これの使い勝手云々とかよりも、こんなものを家に置いていると、誰かを家に上げた時に、万が一見つけられたら?とか、電気代はどうなのか?とか、話す言葉はやはり英語なのか?とか、いきなり故障して万力のように締め付けてきたら?とか、そういったとんでも方向に考えがいってしまうんですが。。
 
 まあそれはそうと、これの使い方を少し考えてみた。

①性犯罪者に強制的にこれを購入させる。自分の欲求もコントロールできないエテ公も、少しは満足するんじゃないかとか思ったりしたのだが、どうでっしゃろ??
②刑務所に配置。彼らも一応人間だから、このくらいあってもいいのでは・・・・。。
③もちろん個人所有もおkということで。
④韓国にPR。先進国でぶっちぎりの性犯罪国も、これでホルホルさせとけば、ちっとはおとなしくなるだろ。。そういえば、オーストラリアも性犯罪率がすごいとかって話がちらほら・・・・。。

  2011年7月20日(水)
 ちょっとニューズ・オブ・ザ・ワールドの盗聴問題を追っかけてみます。マードック帝国の激震 -電話盗聴疑惑で老舗の日曜紙を廃刊

---

 オーストラリア、英国、米国でメディア買収によってビジネスを広げ、「メディア王」と呼ばれるルパート・マードック。新聞ばかりか、テレビ、映画など様々なメディアを網羅する、米メディア大手ニューズ・コーポレーションを率いる。収益があまりあがらない新聞業よりも、将来は映像デジタル・コンテンツの販売、配信、放送に力を入れようと、現在39%の株を持つ英衛星放送BスカイBの完全子会社化を狙った。その望みはもう一息で実現するはずだったが、数年前に起きた電話盗聴疑惑に足を救われた。盗聴事件が発生した老舗新聞を廃刊にし、火消しに躍起となったが、政治の逆風のために買収を断念せざるを得なくなった。マードックのメディア帝国のほころびに、メディア王の終末を見る人もいる。反マードック感情が高まる英国で、事件の発展と現状をウオッチングした。

日曜大衆紙「ニューズ・オブ・ザ・ワールド」(NOW)は、7月10日、168年の歴史を閉じた。同紙のスタッフが廃刊の知らせを受け取ったのは7日夕方だ。編集長にとっても寝耳に水の決定で、200人余のスタッフは職を失うことになった。

 NOW紙は日曜紙市場の中ではトップの位置(5月時点で約260万部)にあり、第2位を争うサンデー・ミラーやサンデー・タイムズ(約100万部)を余裕を持って引き離す。日曜紙市場のいわば巨人であったNOW紙が突如の廃刊に見舞われたのは、数年前に発覚した電話盗聴事件が深刻化したためだ。

―電話盗聴事件

 盗聴事件のきっかけは2005年。ウィリアム王子のひざの怪我に関する記事が、マードック傘下の日曜大衆紙「ニューズ・オブ・ザ・ワールド」(NOW)に掲載された。怪我について知っていたのはごく少数の王室関係者のみで、外に漏れたことを不審に思った王子の側近が、携帯電話に誰かが不正アクセスしたのではないかと考えた。そこでロンドン警視庁に連絡を取り、捜査が始まった。

 2006年、NOW紙の王室報道記者クライブ・グッドマンと私立探偵グレン・マルケーが逮捕された。この時、警視庁はマルケーの自宅から約1万1000点に上る書類などを押収した。この書類があとで議論の争点になる。

 2007年、2人は不正アクセスの罪で有罪となった。グッドマンには4ヶ月の、マルケーには6ヶ月の禁固刑が下った。

 当時のNOW編集長アンディー・コールソンは盗聴に関して「まったく関知していなかった」としながらも、責任を取って辞職した。

 同年3月、下院の文化・メディア・スポーツ委員会の公聴会に召喚された、NOWを発行するニューズ・インターナショナル(NI)社の会長(当時)レス・ヒルトンは、盗聴は「一部の記者が関与したもの」と発言した。

 しかし、ここで話は終わらなかった。2009年7月上旬、左派系高級紙ガーディアンが、NI社を傘下に置く米メディア大手ニューズ・コーポレーション(ニューズ社)が、盗聴行為の被害者に巨額の賠償金を支払っていた、と報道。また、盗聴などの不正行為を行っていたのはグッドマンやマルケーばかりではなく、NOWではほかの記者もかかわっており、「組織ぐるみ」であったと報道した。さらに、携帯電話に不正アクセスされたのは王室関係者のみではなく、政治家や有名人を含む「数千人規模」である、と書いた。

 記事を書いたのは、ガーディアンのベテラン調査報道記者、ニック・デービスであった。

 ガーディアンの連日の報道を受けて、下院の文化・メディア・スポーツ委員会はデービス記者やNOWの元編集長コールソン、現在の編集幹部とNI社の経営幹部などを公聴会に召喚し、事情を聞いた。

 デービス記者は「警察筋からの情報」として組織ぐるみの盗聴行為や盗聴対象の規模の大きさを説明したが、NOW及びNI社側の代表者たちはいずれも「グッドマンのみ」「今はそういうことは行われていない」を繰り返した。コールソン元編集長は「まったく知らなかった」と述べた。

 しかし、その後もガーディアンの報道は続いた。また、盗聴行為をめぐって賠償金を求めて著名人などが裁判を起こし、「自分の電話も盗聴されたのではないか」と疑念を感じた政治家などが警視庁に問い合わせるようになった。こうして、かなりの広範囲で盗聴行為が行われていたらしいことが次第に推測されるようになった。

 この時、警視庁の上層部にいたジョン・イエーツは、再捜査の可能性を調査するが、「新しい証拠がない」として、再捜査を却下した。イエーツが時間をほとんどかけずに結論を出したことで、警視庁がNI社に遠慮して、再捜査をしなかったのではないか、という疑惑が起きるようになった。

 11月、新聞業界の自主規制団体「報道苦情委員会」」(PCC)が、NOWで組織ぐるみの盗聴行為が行われていたことを示す証拠がない、とする結論の報告書を発表。後に、PCCはまったく実効力を持たなかった、廃止されるべきだという批判が出るようになる。

 12月、文化・メディア・スポーツ委員会の一部委員が、NI社の最高経営責任者レベッカ・ブルックスを公聴会に召喚することを求めるが、同社は間接的にこれを拒否。2010年、委員会はブルックスの召喚を断念。ここでも、委員会に圧力がかかったのではないか、と言われた。

―口止め料と賠償金

 ガーディアンが主張するように、もし盗聴行為が「組織ぐるみ」で行われていたかどうを調べるには、先に禁固刑になったマルケーやグッドマンに聞くという方法があった。

 ところが、2007年、グッドマンとマルケーはNOWを不当に解雇されたという理由でNOWから賠償金をもらっていたことが、ガーディアンの調べで分かった。その金額は明らかにされていないが、これは「口止め料」ではないか、とデービス記者は書いた。

 両者が口をつぐんでいるので、真相は外に出ないと思われたが、07年7月に、英国プロサッカー選手協会のゴードン・テイラー会長(当時)が、自分の携帯電話にNOWが盗聴行為を行ったことで提訴し、翌年、NOWがテイラーに70万ポンドを支払ったことが分かった。これで、「王室関係者のみの盗聴行為」と表向きには主張していた、NOWや発行会社の主張がぐらついた。

 2010年1月、PR会社を経営するマックス・クリフォードがNOWによる携帯電話の盗聴行為をめぐって提訴し、3月には100万ポンドと推計される賠償金を受け取ったことが明るみに出た。

 年頭には、携帯電話企業3社が、ガーディアンに対し、グッドマンとマルケーにより盗聴されていたと思われる、100近い携帯電話の番号があったと報告。ますます、複数の記者が関与していたこと、かつ、広い範囲の人物が盗聴対象になっていたことを示唆した。

 2月、文化・メディア・スポーツ委員会が聞き取り調査を終え、盗聴問題に関する報告書を出した。NOWや経営幹部が「集団健忘症にかかっている」、編集室の中で「グッドマン以外にこの件を知らなかったというのは信じられない」とした。

 同月、PCCは、NOW内では「もはや盗聴は行われていない」とする報告書を出した。

―キャメロンとNOW

 2007年1月、NOW紙編集長のアンディー・クールソンが、「自分は関知していなかった」としながらも、責任を取って辞任した。

 5月、当時野党の保守党党首デービッド・キャメロンは、クールソンを党の報道を一括する仕事を与えた。

 盗聴疑惑が消えていないNOWの元編集長を雇用するのはまずいのではないか、という声が保守党内でも出たが、キャメロンはこれを聞かなかった。すでに2人が有罪となり、クールソンは編集長職を辞任した。「第2の機会を与えたい」とキャメロンは報道陣に語った。

 一方、自分の携帯電話も盗聴されたのではないかと懸念した政治家や有名人が警視庁に連絡を取ったり、NOWに対し賠償金を求めて裁判を起こすケースが次第に出てきた。

 映画俳優ヒュー・グラントは、携帯電話盗聴の事実を暴露しようとして、元NOWの記者と会い、世間話をするふりをしながら、自分の携帯電話に会話を録音。NOW内で広範囲に盗聴行為が行われていたという言葉を録音した後、これをメディアに伝えた。

―ミリー殺害事件で国民の怒りを買う

 国民がNOWでの盗聴行為に鋭い批判の目を向けるようになったのは、今年7月上旬だ。

 警視庁が今年1月から再捜査を始めていたが、その過程で、2006年に私立探偵マルケーの自宅から押収した書類の中に約4000人の電話番号を含む個人情報が入っていた。これは、盗聴をされた疑いのある人物のリストであった。

 ガーディアンを筆頭とする数紙が、2002年に殺害された13歳の少女ミリー・ダウラーの携帯電話がNOWの記者によって不正アクセスされていた、と報じた。電話の留守電のメッセージを聞いた後、たくさんのメッセージがメモリーを使い切ってしまうと困ると思ったのか、メッセージを適宜消していた、というのである。ミリーの両親は留守電メッセージが消去されていることを知り、「まだミリーは生きている」と望みをつないでいた。この留守電メッセージ消去疑惑が報道されるや否や、NOWの盗聴事件は一気に国民の怒りを買った。

 さらに、2002年、英南部ソーハムの町で殺害された2人の小学生女児の両親の携帯電話やイラクなどで亡くなった英兵たちの携帯電話や電子メールに、NOWの記者が不正アクセスを行っていた疑惑が報道されると、国民の怒りと非難はエスカレートした。NOW紙への広告の出稿をフォード、ブーツ、ボックスホール、ルノーなどが次々と取りやめるようになった。7日、ニューズ社の副最高執行責任者ジェームズ・ルパートは声明文を出し、NOWの廃刊を発表した。スタッフに廃刊のニュースを知らせたのはNI社の最高経営責任者レベッカ・ブルックスであった。

 急な廃刊の背景には、ニューズ社の最高経営責任者でメディア王と呼ばれるルパート・マードックの衛星放送BスカイB買収の狙いがあるといわれた。ニューズ社は1年ほど前からBスカイBの完全子会社化(現在は39%の株を所有)の交渉を続けている。BスカイBの完全子会社化とNOWの電話盗聴事件とは直接的には結びついていないが、NOWがまだ存在していた時点で、いわゆる「マードック・プレス」(NOW,サン、タイムズ、サンデー・タイムズ)は英国の新聞市場の40%ほどを占めるといわれ、新聞市場でのプレゼンスを少なくしてBスカイBの件を成功させたいという思いがあった。

 しかし、盗聴事件がこれほど深刻化してしまったので、ニューズ社によるBスカイBの完全子会社化を阻止するべきだという声が政界で強まった。

 キャメロン首相は、今年1月までクールソン元NOW編集長を官邸の報道局長として起用していたが、野党労働党はこの判断が間違ってことを謝罪するべきだと要求した。

―政界の変化

 これまでクールソンをかばい続けたキャメロンだが、世論の風向きが変わったことを察知し、ニューズ社への批判的な言動をするようになった。友人でもあるレベッカ・ブルックスが「もし辞職願を出していたなら、自分はこれを受け取っていただろう」と話すようになった。

 6月末頃までは、ニューズ社のBスカイBの完全子会社化は確実視されていたが、盗聴事件が深刻化し、大きな逆風が発生してきた。

 12日、ブラウン前首相が、いかにサンが自分の息子の病状を「犯罪的行為を用いて」探り出し、紙面に載せたかを暴露。

 13日には、ニューズ社に対し、BスカイBの完全子会社化の断念を促すための議論が下院で行われると、ブラウン前首相は、いかに自分がNI社に手荒く扱われたか、サン以外にも、同社が発行する高級日曜紙サンデー・タイムズでも「犯罪者」を使って情報を収集していると述べた。前首相が議会で長々と意見を述べて議論に参加するのは珍しい。

 しかし、この議論が開始される直前、ニューズ社は、「現在の環境のもとでは、完全子会社会の実現は難しい」として、買収を断念すると発表した(それでも下院での議論は中止とならなかった)。

思わぬ政治の逆風に、マードックは熱望していたBスカイBの完全子会社化を、少なくとも一旦はあきらめざるを得なくなった。


---

 おおまかな流れでいうとこんな感じ。。

 ところが、話はニューズ・オブ・ザ・ワールドの廃刊だけですまなかった。英警察は、編集長経験者で今年1月までイギリス首相官邸の報道責任者だったアンディ・コールソン容疑者を逮捕、さらに編集長レベッカ・ブルックス容疑者も逮捕した。
 さらに、ニューズ・オブ・ザ・ワールドの親会社であるニューズ・コーポレーションCEOであるルパード・マードックにも疑惑の目が向けられている。今のところ本人は盗聴への関与を否定しているが・・・・まあ関与しているとみて間違いないかと。
 ちなみに、ど~でもいいことだが、オレが時々転載しているWSJも、このニューズ・コーポレーションの傘下だったりする(´・ω・`)

 んが、さらにさらに、この問題は尾ひれがついていく。なんと、贈収賄疑惑など警察とワールド紙の不透明な関係が問題となる中、ロンドン警視庁のポール・スティーブンソン警視総監が17日、辞任した。逮捕されたワールド紙元副編集長との個人的な関係について報じられ、「臆測」だと否定した上で、捜査を最優先するための辞任だと説明している。また、ジョン・エーツ警視監も18日、辞任した。(by毎日)さらに、逮捕されたアンディ・コールソン元編集長がキャメロン首相の就任報道官をしていたとあって、首相にまで批判が及んでいる。

 この先一体どこまで深い闇があるのか分かりませんが、その一端が日経新聞にあったので、これも転載。英紙の盗聴告発、元記者が死亡、事件性なしとの見方

---

 英日曜紙ニューズ・オブ・ザ・ワールド(廃刊)による盗聴事件で、盗聴が組織的に行われていたと告発した同紙元記者の男性、ショーン・ホアさんが18日、英南東部ワトフォードの自宅で死亡しているのが見つかった。英メディアが報じた。

 警察は、死因は不明だが事件性はないとの見方を示している。英PA通信は近所の人の話として、ホアさんがアルコール依存症で精神的に不安定だったとしている。

 ホアさんは昨年、米紙ニューヨーク・タイムズなどに、ワールド紙で盗聴が広く行われ、逮捕された元編集長アンディ・クルソン容疑者から盗聴を求められたなどと証言していた。


---

 ・・・・これしゃれになってませんがね。。誰がどう見ても口封じだろ。。所詮警察なんてこんなもんだよっていういい見本ですね(´-ω-`)
 まあ、このくらいのこと日本でもやってるから、そこまで驚くものじゃない気もするが、それでもやはり「う~~~ん」って感じだ。。

 この問題は根がかなり深そうだが、表に出てくるのはいつもの氷山の一角なんでしょうね。たぶん奥まで手を突っ込めば、キャメロン首相やルパード・マードックまで手が届きそうだが・・・・ねぇ(´・ω・`)


 今日の言いたい放題。
 クリアエステヴェールっていう化粧品あるじゃないですか。「これ1本でこんなにきれいになりました!」ってやつ。あれ見てるとさ、いつも顔にパテを塗ってるように見えるんですよ。いくら綺麗に見せたいからって、パテはいかんだろパテは。お前の顔は壊れたガン○ラかよ!って突っ込みたくなるのってオレだけですかね?(´・ω・`)

  2011年7月19日(火)
 JETROの欧州のスマートグリッド戦略より転載。結構長いので、興味ある方だけどうぞ(´・ω・`)

---

1. 総論:再生可能エネルギーの普及に伴い、電力管理が急務に

 欧州では、太陽光や風力などの再生可能エネルギーの普及に伴い、電力供給の不安定さなどをどのように克服するかが大きな課題となっている。街全体でエネルギー効率化を進めるエコシティの開発や、蓄電池としての電気自動車(EV)の利用、消費者が使用電力の数値をリアルタイムで把握できるスマートメーターの設置や高機能化などの対策が、欧州各都市ではじまっている。

(1) 再生可能エネルギーの普及に伴い、電力管理が急務に
 EU27ヵ国の再生可能エネルギー比率は、09年には9.0%に達し10年前に比べほぼ倍増した。太陽光、風力などの再生可能エネルギーは発電規模が小規模で、分散しており、季節・天候・時間帯で出力量が大きく変動する。不安定な電流が大量に電力網に流入(逆潮流)すると電圧や周波数に乱れが生じ、電力網全体に障害を起こすリスクが生ずる。再生可能エネルギーの実用化では逆潮流を上手に制御・管理し、少ない電力をいかに効率よく利用できるかが重要になる。
 EUはスマートグリッドを、再生可能エネルギーの安定供給に不可欠であり、低炭素社会実現の鍵と位置付けている。スマートグリッドとは「ITを駆使して電力の流れを供給側と需要側双方から制御、監視、最適化できる電力網」の総体を意味する。供給側については、送電設備を高機能なものに交換し、電力供給の安定化を図る。需要側に対しては、末端消費者に通信・機器操作能力を持つ高機能電力メーター(スマートメーター)を設置し、電力消費を制御するというものである。欧州委員会は2011年4月、スマートグリッドの普及に向けた計画を発表し、現在、EU全体で10%程度にとどまるスマートメーター(顧客が電力消費量をリアルタイムで把握できる機器)設置率を20年までに域内全世帯の80%以上にまで引き上げるとした。
 また、12年までに送電網やスマートメーターの設置だけでなく、電気自動車(EV)の充電システムのEU基準策定を目指すことも、同計画で言及している。再生可能エネルギーの利用効率化を進める欧州主要国や都市における取り組みを概観すると、(1)エコシティ型、(2)余剰電力を利用したEVの利用、(3)スマートメーターの高機能化の3つのタイプに分けられる。

(2) 「エコシティ」を目指す街
 スマートグリッドを使った環境にやさしいエコシティ、すなわちスマートシティの構築が進められる先進都市がある。19年までに全世帯へのスマートメーター取り付けを目指す英国では、地方、都市でも積極的な配電網の整備が行われている。ロンドン、東イングランドなどに約800万戸の顧客を持つ配電事業者UK Power Networksは、ロンドンにおける低炭素化社会実現を目指す「低炭素ロンドン」プロジェクトを立ち上げた。新しい低炭素技術と料金体系が、いかに消費者の電力消費行動に影響を与えるのかを検証するため、①風力発電、②分散型発電、③EV&ヒートポンプ、④スマートメーター、⑤ディマンド・サイド・マネージメント(電力供給に合わせて需要を調整すること)の5点に焦点を絞って実験を行い、将来のスマートな電力網のための、国家レベルの“青写真”を作成することが目的だ。
 アムステルダム市では「25年までに市の最終エネルギー消費の20%を再生可能エネルギーに、90年比でCO2排出量を40%削減」を目標に、09年、「アムステルダム・スマートシティプロジェクト」が開始された。「持続可能な①生活、②労働、③運輸、④公共スペース」の4つの区分に分けて計画が進み、スマートメーターの取り付けや環境配慮型のオフィスビルの建設、電気で動く船舶のための充電施設の整備、公共施設における再生可能エネルギーの利用などが進められる。
ストックホルム市では、市の東に位置する市の保有地に、最新鋭の国際港と環境に優しい1万戸の住居、3万人分のオフィススペースを建設するという「ロイヤル・シーポート」計画が進行中だ。オフィス、商業地、住宅地として複合的に開発する計画で、入居は12年から開始、全てのプロジェクト完成は30年の予定だ。風力や太陽光、下水や廃棄物処理の過程で得られた再生可能エネルギーを住宅とオフィスの照明や暖房に活用するほか、IT技術を駆使したシステムで、電源と蓄電池、住宅やオフィス、電気自動車や船舶、バスなどをつなぎ、発電、送電、配電、消費者の各段階の電力需給情報を分析し、それに基づき電力量を調整する。区域内に建設する建物は、省エネ性や居住性を重視している。また、バルト海交通のハブとして、船舶向けの充電設備を備えた環境に優しいエネルギー供給港とする計画もある。

(3) 余剰電力のEVへの利用を目指す
 スペイン、デンマークでは風力発電が盛んであり、発電量の変化が激しいため、余剰電力の利用や電力システムの負荷を抑えるためにEVを活用する動きが盛んだ。スペインでは夜間に供給過多となる電力を利用することで、650万台のEVに充電することが出来る。09年よりEV普及促進計画「Plan Movele」が始まり、14年までに25万台のEV、プラグインハイブリッドの普及を目指す。10年12月に世界初の量産モデルEV「リーフ」を発売した日産自動車も、車体、インフラ双方の普及を狙い、多くの自治体での販売を予定し、インフラ設置のための協定を結び始めた。
 デンマークでは、総発電量の20%を占める風力発電の利用に加え、EVの新車登録税免除(通常は180%と極めて高い)という免税措置がEV普及に有利だ。また、環境車としてだけではなく、余剰した電力を蓄え、電力網に戻す、蓄電池としてのEVの実証実験が既に進められている。バルト海のボーンホルム島(デンマーク)で行われている「EDISONプロジェクト」では、島全体にスマートグリッド網を構築し、風力発電による余剰エネルギーをEVに蓄え、それを電力網に戻す実証実験を実施している。
 スイスでは、EVは早くから環境に優しい乗り物として認められており、イタリア国境に近い観光地、ツェルマットで、1931年にはガソリン車の乗り入れを禁止し、1947年にはEVを導入、現在、町内全体で約500台が走行している。全土には、700ヵ所を超える充電スタンドが設置済みだ。ただ、インフラ面の整備が順調に進んだのに対して、EVそのものはあまり普及しておらず、10年末時点で登録済のEVは700台、ハイブリッドカーの数は1万7,100台にとどまっている。普及の最大のネックとなっているのがEVの価格の高さと、供給量の少なさで、これはスイスに限らず、欧州全体の問題といえる。

(4) スマートメーターの高性能化
 ドイツで行われているスマートシティの実証実験では、家電の自動制御を行う高性能スマートメーターの開発や、実験参加者による電力の直接取引などを行う予定だ。マンハイム市では、実験対象の家庭に「エナジー・バトラー」という、家電と連動し「電力利用の手伝いをする」ための制御装置が設置される。電力料金体系はマンハイム市独自に設定され、気候条件による再生可能エネルギーの発電量の変動に従い、毎時間変動する。「エナジー・バトラー」は翌日までの時間ごとの電力料金を顧客に予告する。顧客は予告された料金を見ながら、「最も電力の安いときに指定した家電を動かす」などの行動を自動スイッチシステムにより制御することが出来る。北東部のライン・ルール地方で推進されているプロジェクトでは、顧客が家庭で生産した電力の余剰を電力会社と取引する市場の検証を行っている。顧客のひとりひとりが電力の「生産者(producer)」であり「消費者(consumer)」である、という意味で、顧客を「prosumer(プロシューマー)」と名づけ、電力の末端消費者が、電力生産者としても積極的に電力市場に参加することを促す。
 再生可能エネルギーを管理するためには、電力ネットワークを強化するために多大な投資をするか、ICTを使って効率的に管理するかのどちらかの方法を取る必要があり、スマートグリッドは後者だ。供給力が不安定な再生可能エネルギーを最大限に利用するために、電力供給に合わせて柔軟に利用する需要側からの取り組みは、今後ますます活性化するだろう。


2. ロンドン:配電事業者主導で低炭素社会の実現を目指す

 ロンドンでは、配電事業者主導で、低炭素化社会の実現を目指す「低炭素ロンドン」プロジェクトが立ち上がった。再生可能エネルギーを使用した分散型、マイクロ発電の利用効率を上げる電力網を構築するほか、電力供給に合わせた需要の調整を自治体と企業が連携して達成することが課題となる。

(1) 25年までに90年比でCO260%減を目指す
 ロンドンは英国内で最も電力需要が多く、CO2排出量の多い都市だ。2025年までに90年比でCO2を60%削減するという、国内で最も高い目標を掲げている。ロンドン中心部の送電網は既に最大限利用されており、新たな送電線の整備には莫大な費用がかかる現状であるが、分散型発電、EVなど、さらに送電線への負荷が増える設備をいかに効率よく導入できるかが課題だ。
ロンドン、東イングランドなどに約800万戸の顧客を持つ配電事業者UK Power Networksは、ロンドンにおける低炭素化社会実現を目指す「低炭素ロンドン」プロジェクトを立ち上げた。10年 11月、電力・ガス規制機関OFGEMが主導する「低炭素ネットワークファンド」の資金を入札により2億4,260ポンド獲得。11年より3年半の期間に実施する「低炭素ロンドン」プロジェクト全額をこの補助金で賄う。シーメンス、IT・サービス業者のロジカ、インペリアル・カレッジ・ロンドン、フランス電力公社・EDFなど、多国籍の企業・機関がプロジェクトパートナーに名を連ねる。新しい低炭素技術と電力料金の体系が、いかに消費者の電力消費行動に影響を与えるのかを検証するため、①風力発電、②分散型発電、③EV&ヒートポンプ、④スマートメーター、⑤ディマンド・サイド・マネージメント(電力供給に合わせて需要を調整すること)の5点に焦点を絞って実験を行い、将来のスマートな電力網のための、国家レベルの“青写真”を作成することが目的だ。

(2) 企業と連携した電力需要の調整が課題
 再生可能エネルギーは一つの発電所の発電量が少ない。分散型、マイクロ発電の効率的な利用のための電力網を構築するほか、電力供給に合わせた需要の調整を自治体や企業と連携して達成することも重要な課題だ。低炭素ロンドンでデザイン戦略を担当するサラ女史は「や中小企業相手には『自分がどれだけCO2削減に貢献したか』を具体的にフィードバックすることが効果的。一方、大企業との連携のためには、太陽光パネルの取り付けを促す固定価格電力買取制度、ヒートポンプなどの再生可能エネルギーを使用した暖房設備に対するインセンティブ制度(RHI:Renewable Heat Incentive))などの政府による支援策が重要」と語る。企業を対象に、一定の使用エネルギーの効率化を達成したときのインセンティブ制度も設立する予定だ。
 また、サラ女史は、実験に参加する顧客がどのように省エネに向けて行動していくかが重要と指摘する。「簡易な技術を利用したスマートグリッド実験が、顧客の理解を得られないために失敗している例が、世界中に沢山ある」という。OFGEMも電力事業者に対して顧客への説明・教育を充実させるよう指導しているが、実際に各家庭にスマートメーターを取り付けるエンジニアの中には、機器の設置を行うだけで、使い方を教えずに帰ってしまう例もあるという。逆に、電力事業者が顧客の消費行動を理解し、個々にあったピークシフトの方法を教えることで、実験に対する協力は得やすくなる。
 UK POWER NETWORKは、低炭素ロンドンを成功モデルとすることで、他社に同様のプロジェクトの立ち上げを促す意向だ。将来的には、顧客の収入レベルで料金設定を変更するなどの試みも行う。将来、国家レベルで配電網の整備を行う際、低炭素ロンドンが他の都市が学ぶべきショーケースとなるよう、プロジェクトを通して、必要な情報と実施経験が得られることが期待されている。


3. ドイツ:家電の自動制御と顧客による電力の直接取引を目指す

 ドイツでは再生可能エネルギーの利用率向上のため、情報通信技術を利用したエネルギーシステムの構築を目指すスマートシティの実証実験が、全国6地域で同時進行している。マンハイム市とライン・ルール地方で行われるプロジェクトでは、家電の自動制御や、実験参加者による電力の直接取引などが行われる予定だ。

(1) 家電の自動制御により、電力のピークタイムをずらす
「モデル・シティ・オブ・マンハイム(MOMA)」は、ドイツでスマートシティプロジェクト「E-energy」のひとつだ。「E-energy」では、再生可能エネルギーの利用率向上とCO2排出量削減のため、情報通信技術を利用してエネルギーの生産、供給、消費をリアルタイムに調整し、エネルギー供給を最適化することを目指している。経済・技術省、環境・自然保護・原子力安全省の傘下、08~12年までに1億4,000万ユーロの資金が投入され、企業、研究所、大学などの広い分野で共同研究が行うべく、国内6ヵ所の実証実験地域を選出した。MOMAは、ドイツで最も人口密度が高い産業都市での実験だ。
 再生可能エネルギーの利用率向上のためには、エネルギー需要の分散化により、電力ピーク時と利用時間をずらすことが必要である。MOMAでは、実験対象の家庭に「エナジー・バトラー」という、家電と連動し「電力利用の手伝いをする」ための制御装置が設置される。「エナジー・バトラー」は、エネルギー消費量を可視化するスマートメーターとしての役割をする。電力料金体系はマンハイム市独自に設定され、気候条件による再生可能エネルギーの発電量の変動に従い、毎時間変動する。「エナジー・バトラー」は翌日までの時間ごとの電力料金を顧客に予告する。顧客は予告された料金を見ながら、「最も電力の安いときに指定した家電を動かす」などの行動を自動スイッチシステムにより制御することが出来る。例えば、通常なら夕食の直後に食器洗い機を利用するが、夕方から夜間にかけては電力のピーク時で、料金も最も高い。一方、生活上は翌朝までに食器が洗い終わっていれば問題はない。そのため、「エナジー・バトラー」に「夜間の時間帯のうち、最も電力の安い時間に食器洗い機のスイッチを入れる」と入力することで、自動的に家電を制御し、電力ピークをずらすことが出来る。洗濯機やEVの充電などにも適用できるほか、ヒートポンプ、冷蔵庫なども、数時間のうち数十分動かしていれば適温を保てるため、応用することができる。

(2) 家庭で発電した電力の直接市場取引も可能
「ひとつひとつのエナジー・バトラーは、街全体のエネルギー管理を統括する中央ゲートウエイと接続し、現在街全体で電力が過剰であるか不足しているかを顧客が把握できる。また、管理側からも、顧客の消費行動の分析が可能」と、MOMAプロジェクトリーダーである公益会社、MVV Energyのトーマン博士は語る。09年10月に開始された同プロジェクトでは、フィージビリティ・スタディを経て、現在100世帯に「エナジー・バトラー」を取り付けている。顧客は家庭のエネルギー管理を行うほか、家庭で生産した再生可能エネルギーの余剰分を電力会社と直接取引して売ることが出来る。11年末には対象を1,500世帯に広げ、通年で実験を行う。
 実証実験のために、独自に設定された電力料金体系を元に、実際の支払い額が変化するのも顧客にとって魅力だ。独自の料金体系に基づいた電気代をそのまま顧客に請求する形ではなく、実験前と比較して節電に成功した場合、数ユーロ電気代が安価になるという形で顧客のモチベーションを上げる。トーマン博士は「毎時間変化する料金体系を顧客に見せる一方で、実際の電気代に変化がないバーチャルの実験は顧客のモチベーションを妨げる」と説明する。一方で、実験参加者や参加候補者に対して、プロジェクト参加企業の担当者が直接手紙、訪問、セミナーなどを通じて実験の背景や再生可能エネルギーの将来像などを説明することが、顧客の節電行動を促すのに大きな意味を持つことも確かであるという。

(3) 電力の「生産者」と「消費者」の一体化を目指すライン・ルール地方
 北東部のライン・ルール地方で推進されているE-energyプロジェクト「E-Dema」でも、顧客が家庭で生産した電力の余剰を電力会社と取引する市場の検証を行っている。顧客のひとりひとりが電力の「生産者(producer)」であり「消費者(consumer)」である、という意味で、顧客を「prosumer(プロシューマー)」と名づけた。電力の末端消費者が、電力生産者としても積極的に電力市場に参加することが目的である。
 E-DemaでもMOMAと同じく、顧客と中央管理システムの情報伝達に焦点を当てている。技術開発を担うデュイスブルク大学のクロスト博士は「情報伝達の方法は①電力線搬送通信と②携帯電話による伝達。前者は既存の送電系統を使えるので、追加投資がいらない。 ただ、伝達の距離が制限されるなど、技術的に制限される部分もある。後者はコールセンターやSMSメッセージの機能を利用する」と述べる。情報伝達のインターフェースはシーメンスが担い、単純に中央管理システムと繋がるものと、MOMAの「エナジー・バトラー」のように、家電制御を含む2タイプを作成する。12年初めから、前者を1,000世帯に、後者を100世帯に取り付け、実証実験を開始する予定だ。

(4) スマートグリッドの規格基準の中心的役割を担うドイツ
 MOMA、E-Demaを含む6つのE-energyプロジェクトは、基準作成、データ保護、ビジネスモデル構築などについて各プロジェクトの担当者が共同作業を行うと同時に、情報交換を行う。スマートグリッドの標準化のために、ICE、DKEなどの標準化機関で各地域の技術開発者が中心的役割を果たすほか、消費者データ保護のために必要な規制や再生可能エネルギーに関する法律改正においても、E-energyのプロジェクトの情報が参考になるなど、広い効果がある。
 経済技術省でE-energyを担当するブリックマン氏は「再生可能エネルギーを管理するためには、2つの方法がある。ひとつは単純に、電力ネットワークを強化するために多大な投資をすること。もうひとつは、刷新的なICTを使って賢く管理すること」と語る。全てのプロジェクトの実験が終了する12年以後に、EUレベルでのプロジェクト「E-energy future」を行うべく、調査も始められており、今後もドイツは、欧州で展開されるスマートグリッドの中心的役割を担うと考えられる。


4. スペイン:風力発電の余剰分で650万台のEVに電力供給可能

 風力発電が盛んなスペインでは、夜間に供給過多となる電力を利用することで、650万台の電気自動車(EV)に充電することが出来る。09年よりEV普及促進計画「Plan Movele」が始まり、14年までに25万台のEV、プラグインハイブリッドの普及を目指している。商用EVの発売を開始した日産自動車も、車体、インフラ双方の普及を狙い、多くの自治体での販売を予定し、インフラ設置のための協定を結び始めた。

(1) 風力発電の余剰により650万台のEVに充電可能
 2010年、スペインは自動車生産台数でフランスを抜き、欧州第2位となった。他方で景気の低迷により財政悪化が進み、失業率は20%を超えている。雇用の維持・改善において、好調な自動車産業が重要なポジションを占め、EVに対する期待も高い。また、同国は対外エネルギー依存度が77%と高く、90年代末より電力固定価格買取(FIT)制度による再生可能エネルギー導入に取り組んできた。既存の風力発電インフラによる夜間余剰電力で650万台のEVへの充電が潜在的に可能とされ、EV普及が本格化すれば運輸部門での脱石油が見込まれる。
 スペインでは、省エネおよびエネルギー効率化のための行動計画に基づき、09年よりEV普及のためのパイロットプロジェクト「Plan Movele(EV普及促進計画)」を実施している。実験都市はマドリード、バルセロナ、セビリアで、各自治州および地元企業が協力し、EV車体の普及と、充電ポイントの設置を行う。将来的には、14年までにEVとプラグインハイブリッドの25万台普及を目指す。

(2) 複雑な法規制のクリアと規格向上が焦点
「Plan Movele」のうち、マドリード市で進められる「Movele Madrid」では、一時期、財政悪化により充電ポイント設置の資金が枯渇したが、09年12月にイベルドローラ、エンデサ、ガス・ナトゥラルーフェノサの大手電力3社、およびゼネコン大手ASCの4社との契約に成功し、民間資金を利用することで、プロジェクトは再び軌道に乗った。12年までの充電ポイント設置のための資金のうち、58%の資金が民間より拠出され、42%は、産業・観光・商務省傘下の省エネ多様化研究所(IDAE)からの資金で賄われる。13年からはプロジェクト第2段階としての「MADEV(Madrid EV)」が始まり、充電ポイント設置に加え、EV本体を普及させる予定だ。インセンティブも大規模で、EV、PHVの購入者は5年間公営駐車場の利用が無料となり、自動車税(市税)は恒久的に75%カットとなる。
 充電器の設置において焦点となるのは、利用頻度や利用方法の検証とネットワーク管理の方法、設置場所、法規制のクリア、技術規格の改善などだ。充電器の設置場所に関しては、充電に8~16時間かかる低速充電器を公共道路脇に大量設置すると、路上駐車が許可されている場所を占拠することになる上、破壊行為などのリスクも高い。スペインや他南欧諸国では多くの人はアパートに住み、自分の駐車場を持たず、また駐車場付きのビルそのものが少ないことも充電場所の確保を困難にする。30分ほどで充電出来る急速充電器の導入については、マドリード市のEV普及プロジェクトマネージャーであるバラグア氏は「導入が進めば、迅速な充電により充電ポイントの数は少なく済み、解決出来る問題が多くある。ただ、マドリードでの設置は、現在日本とドイツを中心に争っている規格標準化の結論が出てからにする予定」と述べた。
 法規制に関しては、スペインでは、充電器設置のための規制や法律をクリアするために、国、自治州、市町村の各階層、部署で調整を行わなければならず、時間がかかる。「MOVELE Madrid」のスケジュールも当初の予定より遅れた。充電料金に関しても、充電スタンド事業者や料金体系に関する法整備が始まったばかりであり、市はまだEV充電のための料金設定を行うことが出来ない。その結果、当面(11年末の予定)まで、全ての充電スポットの利用を全て無料とせざるを得ず、これが結果的にインセンティブとなっている。
 充電器の技術規格を改善するために、スペイン企業をはじめ、シーメンスなども含む10社以上の民間企業で構成される技術者グループが、全ての充電器の安全基準、コミュニケーションシステムなどをチェックし品質管理を行う。バラグア氏は「品質管理以前に、充電するコネクタの溝が浅すぎる、等という基本設計段階での欠如が実際に使用して初めて分かることも多く、企業にとってプロジェクトに参加するメリットが大きい」と語る。

(3) 普及拡大を狙う日産の取り組み
 10年12月に世界初の量産モデルEV「リーフ」を発売した日産自動車は、スペインでの普及拡大を狙う。現在「Plan MOVELE」を含めた数都市と販売協定を結び、12年には北部のバスク、カタロニア、バルセロナなどに販売網を拡大、13年にはスペイン全土の販売店に置く予定だ。また、小型商用車のEV版をバルセロナ工場で製造する計画も立てている。
 日産は、インフラ投資にも積極的だ。現在、国内全17自治州において、都市とその周辺地域にEVインフラを作る協定を結んでいる。特に、30分ほどでEV全体の80%を充電出来る急速充電器においては、トヨタ、三菱などと組んで、ドイツなどに対抗して国際標準化を進めている「CHadeMO規格」を普及させる思惑があり、マラガ、バルセロナでデータ取得、コネクタ適合などの実験も行う。日産バルセロナのEV普及担当者は「スペインは欧州のEVや関連インフラの投入において、最も積極的なデモンストレーションをしている国のひとつ。日産はEV普及に世界一アクティブで、バッテリー技術でも標準化のトップを走っている。スペインで実験をすることにより、日産が最もEVに興味があり、投資している企業だというプロモーションとなる」と語る。

(4) EV流通の遅れが最大の課題
 充電インフラの開発が進む一方、EV市場は依然として小さい。マドリード市、日産バルセロナの担当者は共に「マーケットに存在するEVが非常に少ないことが普及の最大の課題」と口をそろえる。マドリード市のバラグア氏は「自動車メーカーからの供給台数が少なく、民間企業がEVに興味を示しても購入することが出来ない」と述べた。
 EV普及には、自動車メーカー、建設関連会社、電力会社など関連各企業の思惑が絡む。「仮に自動車メーカーがEVを大量生産しないとなると、充電スタンド設置に関わる建設関連会社はインフラ投資に消極的となる。同様に売電とインフラ整備に携わる電力会社もリターン回収に時間がかかるとなると、投資に本腰を入れにくい」(日産バルセロナ担当者)。販売拡大、インフラ投資の双方において自動車メーカーは中核的な役割を果たすが、今のところ単独では限界があり、政策的主導なしでは難しいという。スペインでの本格的なEV普及にはまだ時間がかかりそうだが、スペインの石油依存率の高さと、余剰している風力発電の有効活用に繋がるEVの普及を後押しすることとなるだろう。


5. オランダ:官民一体で環境都市を目指すアムステルダム

 オランダ・アムステルダム市では09年より「アムステルダム・スマートシティプロジェクト」が開始された。アムステルダム市や港、大学、交通機関などの協力の元、25年までに90年比CO2の40%削減を目指し、スマートメーターの設置やスマートビルの建設の他、「電気船」の普及などユニークな取り組みも行っている。

(1) 官民一体型で「持続可能な」都市作りを目指す
 アムステルダム市はEUの「3つの20」目標より意欲的な目標を掲げている。2015年までにアムステルダム市役所のCO2排出量をゼロにし、25年までに市の最終エネルギー消費の20%を再生可能エネルギーに、90年比でCO2排出量を40%削減することを目指す。09年には、この達成のために官民一体型のプロジェクト「アムステルダム・スマートシティプロジェクト(ASC)」が開始された。
 ASCは、アムステルダム市、アムステルダム・イノベーション・モーター(AIM)11アムステルダム市の政府機関。民間企業や大学研究者との交流を促進し、該当地域への投資を融資している。 と、電力会社のリアンダー社が中心に進める。住宅公団、アムステルダム港、大学、金融機関、ITベンダー、交通機関、廃棄物処理会社など多くの公共機関や民間企業の参加の元、エネルギー効率性及び再生可能エネルギーの利用率向上のための実証実験が、09年から15年間に渡って行われる。①持続可能な生活(スマートメーターによるエネルギーの可視化など)、②持続可能な労働 (環境配慮型のオフィスビルの建設など)、③持続可能な運輸 (電気船の普及など)、④持続可能な公共スペース (公共施設における再生可能エネルギーの利用)の4つの小区分に分かれており、その中で更に細分化されたプロジェクトが組まれている。

(2) 市民への啓蒙活動が鍵
 実際のプロジェクトでは、市民の環境意識を高めることが鍵となる。AIMのプログラムマネージャーであるバロン氏は「市民が自分達のエネルギー使用量を『意識』することから、実際に省エネのために『行動』を起こす道筋を作ることが我々の役目。面倒と思えば人々は行動をやめてしまうので、常に丁寧な対話を心がけることが必要」と語る。アムステルダム郊外のグエーゼンウェルドでは、各家庭に設置されたスマートメーターに、全エネルギー使用量に加えて、特定の家電の消費量を示す機能を付加した。
 アムステルダム市特有のプロジェクトも多い。「15年までに市役所建物のCO2排出量をゼロに」の目標達成のため、11年中には同市役所の建物全てにエネルギーモニターと管理ツールが整備される予定だ。リアンダー社がモニタリング結果をインターネット上に公開し、一般にも情報が公開される見込みである。また、同市は運河が多い港湾都市で、以前よりディーゼルエンジンの排気ガス、騒音共に大きな問題だった。ASCの運輸部門では、ディーゼル船を「電気船」に置き換え、停泊中の電気船が充電出来るよう、70ヵ所以上に計154の船用充電器を設置した(写真参照)。また、市中心部のショッピング街であるユトレヒト通りでは、04年に同地区の45店主が省エネ対策を実費で開始し、現在は90店にまで拡大している。全ての店にスマートメーターを設置し、使っていない家電や電気を自動で消す機能をもったスマート・プラグを整備する。また、通りやトラム停留所においては、省エネ照明を利用し、エネルギー源は太陽光とする、ゴミ収集車をEVにするなどの取り組みも行われている。
 小都市であるがゆえ、市議会、公共機関、企業等が連携を組みやすく、小回りが利くのはアムステルダムの強みだ。09年当時に定められたロードマップは一度頓挫しているが、プロジェクト進行は遅らせず、現在新たなものを策定している。

(3) 15年までにEVの1万台普及を目指す
 ASCとは別に、市は、EV、自転車、公共交通機関などを対象に、汚染物質を排出しない交通システムの構築を目指した「アムステルダム・エレクトリック計画」を09年に開始している。EVに関しては、15年までに1万台、40年までに全ての自動車をEVにすることが目標だ。EV本体の普及と同時にインフラ投資にも力を入れ、現在200ヵ所取り付けている充電スタンドは、11年中に2,000ヵ所に拡大し、15年までに1マイルに1つ設置するとしている。
 EVのシェア拡大のためには、まず、高額な車体コストを抑え、補助金を抑制することが必要だ。10年に購入したロシア製の小型車EVは、1台約4万5,000ユーロ(補助金1万5,000ユーロ含)だったが、11年に投入される日産リーフは3万2.000ユーロ(5,000ユーロ)と、大幅にコストダウンに成功した。11年には日産が1,000台、プジョーが500台のEVをアムステルダム市で販売る。EV普及プロジェクトマネージャーのリンネンカンプ氏は「日産リーフはポルトガル、英国に続いてオランダで販売となった。パリやベルリンよりも先に、アムステルダムが選ばれたことを誇りに思う」と語る。第3に、自治体や公共機関と企業との協力により、車体購入以外のインセンティブを取り入れる必要がある。アムステルダム市では駐車場数が少なく、申し込みから7年待つこともあるが、EVの購入者は待機なしで駐車場出来る他、駐車場利用料が2年間、充電が1年間無料となる。

(4) 充電スタンドの設置場所が課題
 EV普及においても、スマートメーターの設置と同じく、市民の環境意識に対する啓蒙活動が課題だ。11年にはタクシー、トラック、タンクローリーにもEVを投入する計画があるが、リンネンカンプ氏は「例えば、タクシードライバーは、大気汚染にも地球環境を基準にして自動車を選ぼう、とは思わない。彼らに、タクシーをEVに変えるよう説得力のある説明をする必要がある」と語る。タクシー1台は普通車20台分、タンクローリー1台は普通車150台分と同じCO2削減効果がある。もし市に3,000~4,000台あるタクシーや、タンクローリーを全て電気化出来たら、大気汚染改善に多大な貢献となる。
 また、充電スタンドの設置にあたり、安全基準、価格、設置必要数や場所も課題だ。現在200ある充電スタンドは、道路と駐車場に半々ずつ設置している。スタンド数が増えたとき、多数のEVが夜間に道路で充電していれば交通問題に発展しかねず、市役所などの公共スペースは夜間充電出来ないなど、解決すべき問題点は多い。11年に駐車場と道路での充電器の使用頻度等を調べ、12年にビルや家庭にも応用する予定だ。ただ、リンネンカンプ氏によると公共スペースより利用頻度が少ない家やアパートメントへの取り付けは電力会社との調整もあり、困難を伴うという。
 アムステルダム・エレクトリック計画は、オランダのパイロットプロジェクトとして、大気汚染の解消だけでなく、関連業界の誘致も期待される。将来的にはアムステルダム近郊やロッテルダムにもプロジェクトを広げる予定だ。


6. スウェーデン:脱化石燃料のスマートシティ「ロイヤル・シーポート」計画

 2030年までに自動車の化石燃料依存から脱却し、2050年までに国全体の温室効果ガスの排出量をゼロにすることを国家の中長期目標に掲げる中、首都ストックホルムでは「2030年までに世界有数の未来都市にする」との目標のもと30件の都市再開発計画が進む。同市最大の都市計画で、スマートシティ構築をめざすロイヤル・シーポート計画を紹介する。

(1) 2030年の完成が目標
 ストックホルム市は人口85万人、周辺の自治体も含めると約150万人規模の都市であり、“北欧のベニス”と呼ばれる自然環境に恵まれた街だ。同市は、2030年までにストックホルムを世界有数の未来都市にするという目標のもと、「ビジョン2030」を掲げ、大小様々30ヵ所に上る都市開発整備計画を進めている。
 その中でも最大の計画が、「ロイヤル・シーポート22 スウェーデン語の名称は「ノッラ・ユールゴーシュ・スターデン(動物園の北)」。英文名は元々同地域が王室保有地だったことにちなむ。 」計画だ。市の中心から約3キロメートル東に位置する市の保有地に、最新鋭の国際港と環境に優しい1万戸の住居、3万人分のオフィススペースを建設するというもの。元々、バルト海沿岸諸国向けの国際旅客航路の埠頭に面し、石油・ガスタンク基地として使われていた土地だ。開発対象面積は236ヘクタール。オフィス、商業地、住宅地として複合的に開発する計画で、複数のフェーズに分かれ、プロジェクト全体の完成は2030年となる。
 計画には、ストックホルム市のほかフォータム(電力、本社:フィンランドおよびスウェーデン)、ABB(重電)、エリクソン(通信機器、スウェーデン)、タリンク・シリヤライン(海運、エストニア)、ヴァーサ・クローナン(不動産、スウェーデン)、エンヴァック(ゴミ回収システム、スウェーデン)などが参加しており、計画の費用は、ストックホルム市、エネルギー庁、参加企業による出資等で賄われている。各種報道によれば、総予算は500億スウェーデン・クローナ(以下クローナ、1クローナ=約13円)。このほか、米国クリントン財団(クリントン元大統領の財団)の気候イニシアティブ・プログラムの1つに選ばれ、資金援助を受けている。

(2) 高い環境数値目標を設置
 ロイヤル・シーポート計画の特徴は、次世代電力網(スマートグリッド)を使った環境に優しいエコシティ、すなわちスマートシティの構築を目指している点だ。風力や太陽光、下水や廃棄物処理の過程で得られたエネルギーを住宅とオフィスの照明や暖房に活用する。電力網を構築するのはフォータムで、電源と蓄電池、住宅やオフィス、電気自動車や船舶、バス等をIT技術を駆使したシステムでつなぎ、発電、送電、配電、消費者の各段階の電力需給情報を分析し、それに基づき電力量を調整する。さらに、従来であれば、年や月単位だった電力料金体系を季節や時間、対象となる利用者に応じ細分化して設定する、つまり電力需要量の平準化につながるような料金体系を構築することで需給バランスを調節しようというものだ。需給調節のための大型エネルギー貯蔵装置の設置や電気自動車(EV)の充電時間帯調整なども検討されている。
 ロイヤル・シーポートは、フィンランドやバルト三国など、バルト海沿岸諸国向けの各種船舶の寄港地となっている。これを整備し、バルト海交通のハブとして、船舶向けの充電設備を備えた環境に優しいエネルギー供給港とする計画だ。
 区域内に建設する建物は、省エネ性や居住性を重視し、効率的なゴミ処理システムを設置する。居住性の重視の中には、職住接近ということも入っており、自転車、徒歩などの交通手段だけですべての必要な物品・サービスが入手可能であるべきというのが考え方の根底にある。
 こうした環境への配慮を通じ、ロイヤル・シーポート以下の数値目標を掲げている。

①2020年までに1人当たりの二酸化炭素排出量を1.5トン未満にする。これは現在のスウェーデンの平均4.5トンの3分の1に相当する。
②気候変動による気象変化(降水量の増加など)に備えた都市を作る。特に港湾部分では温暖化による水位の上昇などに対応できるようにする。
③2030年までには、ロイヤル・シーポート全体で脱化石燃料化を実現する。ストックホルム市の目標である2050年を20年前倒しで達成する。
④区域内の住宅の1平方メートル当たりの年間エネルギー消費量を55kWh以内に抑える

(3) 2012年から入居開始
 計画では現在、10年末から11年4月までの事前調査が完了し、都市計画の具体的なビジョンが作成されるところだ。100近くにのぼる石油・ガスタンクの解体・撤去作業は08年から進められているが、その最終移転先は11年中に正式決定される予定だ。撤去後は、土壌浄化、道路建設などインフラを整備した上で、住宅やオフィス街に生まれ変わる。なお、建築家のフェルディナンド・ボーベリが1815年頃に設計したタンクについては、外観を保存し、コンサートホール等の文化施設に転用する予定だという。
 ロイヤル・シーポート地区は、① ヨートハーゲン、② ヴァッタハムネン、③フリーハムネン/ローウッデンの3地区からなるが、住宅は主に①ヨートハーゲン地区と③南ユールゴーデンの旧石油・ガスタンク区域の一部、港湾地域は②ヴァッタハムネン地区と③フリーハムネン地区の一部、商業地域には②ヴァッタハムネン地区と③フリーハムネン地区の一部は商業が充てられる。ヨートハーゲン地区の北部から最初の住宅が建設され、2011年4月に着工しており、2012年から入居が始まる。ロイヤル・シーポートでは年に500戸のペースで住宅が建設され2025年には1万戸に達する予定だ。商業地区には、証券取引所、海運会社、テレビ局などがすでにオフィスを構えており、さらにホテル、ショッピングセンターやレストランなどがオープンする予定だ。

(4) 住民入居後も実証実験を継続
 2011年2月にフォータムのR&D担当のトーマス・ワル副社長にロイヤル・シーポート計画で同社の役割についてインタビューしたところ、再生可能エネルギー源やから得られる電力を電力網に統合するための様々なソリューションの開発、大規模なエネルギー貯蔵施設の建設、送配電網の柔軟性を向上させる技術開発などを挙げている。また、研究にはスマートヒーティングとも呼べる「効率の良い地域暖房」の研究も含まれているという。このほか、同副社長はハード面だけでなく、「住民入居後の電力消費パターンの調査・研究を通じ、環境に優しく効果的な料金制度の構築などに役立てたい」とソフト面の研究の重要性を強調した。

(2011年~2020年までのスケジュール)
2011年 最初の住宅(700戸))および第2段階住宅(1,200戸)の着工。
2012年 住民の入居開始
南ヴァッタハムネン港でのオフィス・商業用ビルの建設開始
2013年 乗客用ターミナルの完成
2014年 貨物港の完成
2015年 E20 欧州高速道路開通、トラム完成
南ヴァッタハムネン港でのオフィス・商業用ビルの入居開始
2016年 タンクを利用した後の施設完成
2018年 フリーハムネン港の住居とオフィスに入居開始
2020年 ローウッデン地区の住居、オフィスの建築開始
2030年 完成


7. デンマーク:風力発電の課題克服手段として電気自動車に期待

 2020年までに総発電量に占める風力発電の比率を42%までに引き上げることを目標に掲げるデンマークにとって、電気自動車(EV)は単なる環境に優しい交通手段ではなく、風力発電特有の欠点である発電量の不安定さを克服する有力な手段と位置付けられている。

(1) 風力発電の負荷軽減手段として
 政府は11年2月に発表した新エネルギー戦略の中で、2050 年までに化石燃料(石炭、石油およびガス)依存から完全に脱却することを掲げ、代替エネルギー源として、風力発電が総発電量に占める割合を現在の20%から42%に引き上げるとしている。しかし、季節・時間帯・天候などによって発電量の変化が激しい風力発電の比率を高めることで生じる電力システムへの負荷をどう軽減するのかが課題となる。また、デンマークは早くから電力市場を自由化し、北欧諸国間で電力融通を活発に行っているが、それに伴い、電力網の混雑解消も課題となってきた。その有力な解決手段の1つとして電気自動車(EV)が期待されている。
 風力発電では、通常、夜間に電力が過剰となる。その一方、個人所有のEVは概ね夜間に自宅で充電される。EVに夜間に充電することで余剰電力を有効利用することができる。EVを電力システムに組み込み、余剰電力を効率よく蓄えさせて電力網の負荷を軽減する、いわば蓄電池のように使うことが期待されている。

(2) 自動車登録税の免除でEVに価格競争力
 デンマークの自動車価格は欧州で最も高いが、これは新車登録税が105~180%と極めて高いためだ。EV普及のためには、充電インフラ整備が不可欠だ。現在、約150の充電スタンドが、商業地区、公共駐車場および道路脇に設置済みだが、実用化にはまだ足りない。エネルギー庁の作業部会が11年1月にまとめた報告書では、デンマークには15年までに約1万5,000台のEVが普及する見込みだが、そうなると1,000~2,000の充電スタンドが必要になるという。ちなみに、標準タイプ(6~9時間かけて充電するタイプ)のスタンド設置費用は約4万~8万デンマーク・クローネ(以下、クローネ。1クローネは約16円)だ。EVの普及にあたっては、新車登録税の高さが有利に働きそうだ。政府はEV普及を目的として07年からEVに対して新車登録税を免除したが、その結果、EVとガソリン車の価格差がほとんどなくなった。免税期間は当初12年までだったが、10年2月、政府は15年まで免税期間の延長を決定した。こうした背景から、政府や自治体、国内外の企業によるEV普及のための実証実験が盛んに行われている。
 各種実証実験を国内全域に展開しているのが、世界各国でEVの販売、サービスを行っているベタープレイスとチューズ(Choos)EVだ。ともに、首都コペンハーゲンをはじめ、フレゼレクスベア、エーア島、フレゼリシア、ゲントフテなど地方自治体と提携して実施している。多くの自治体が、チューズEVとベタープレイスのどちらかと提携しているが、中にはフレゼリクスンド市のように、EV供給をチューズEVと、充電スタンドの設置をベタープレイスに任せている市もある。

(3) ベタープレイスは11年から商用販売を開始
 ベタープレイスは、カリフォルニア州で設立されたベンチャー企業だ。デンマークの電力会社ドング・エナジー及びルノーと提携し、国内30以上の地方自治体にEVを提供し、充電設備を整備する一方、自治体によるインフラ整備に関し、計画・開発段階で助言するといった形で協力している。同社は11年末までに60ヵ所の充電スタンドを設置するほか、15~20年頃までにデンマーク全土で800ヵ所の充電スタンドと15~20ヵ所程度のバッテリー交換ステーションを設置する計画で、ドング・エナジーと共同で充電網を管理するという。
 同社の強みは、充電に要する時間の短さだ。充電する場合は標準 3~5時間、急速 6~30分、快速10分と短い。また、他社と異なり、バッテリー交換という選択肢があり、その場合、独自のクイックドロップ方式により5分以内に交換可能だ。

 ベタープレイスは11年後半から商用販売を開始する予定だが、11年3月に同社は料金体系と最初市場に投入するEVとなるルノーと共同開発したフルーエンス Z.E. を発表した。同車の価格は20万5,000クローネ(付加価値税など各種税込)とのことである。販売台数の目標はないが、ルノーは同社に10万台のフルーエンスZ.E.を納入する。
 デンマークでのEV普及の可能性について、同社の広報担当のリンネット氏に11年2月に聞いたところ、EVに対して新車登録税免税措置がとられており、同クラスのガソリン車とほぼ同価格で販売できること、風力発電の課題克服手段として顧客を説得できることを挙げ、ポジティブに評価している。また、ベタープレイス独自の強みは、EVの購入者は車を所有するが、バッテリーは同社からリースする形態のため、自動車価格が抑えられることと、バッテリー交換にも負担がないことだ。多くの人が充電時間の長さを嫌いEVの購入に二の足を踏んでしまう中で、バッテリーそのものを交換するという選択肢があるというのは強みとなるという。

(4) チューズEVは全国2,400家庭を対象に実証実験中
 チューズEVは、デンマークの大手電力会社南部エネルギ(Syd Energi)および、シーズ(Seas)NVE、ドイツ系レンタカー会社のジクスト(Sixt)・デンマークから合計3,000万クローネの出資を得て09年に設立された。実験期間は10年12月から2年間。国内30自治体の2,400世帯を対象に無料で充電スタンド(標準タイプは16AのCE型コンセント2個を用いる壁掛け式でそれぞれ内蔵の継電器を備えたサーキットブレーカーで保護されている)を設置し、300台のEVを3ヵ月にわたって貸し出す。
 実験の目的は、家庭ごとのEVの使用ぶりについて分析・把握することで、利用者の反応、感覚を調査するだけでなく、心理面、社会面の影響等も調査対象となっている。同社の広報担当のアン・マーカー氏が11年2月に語ったところによると、実験の結果、利用者の80%が1日当たり60キロメートル以下の走行距離であり、EVの最大の欠点とされる走行距離の短さが日常的な自動車利用ではさほど問題にならないこと、利用者は毎日必ず充電しなくてもよいということが判明したという。

(5) スマートグリッドとEVの可能性を追求するEDISONプロジェクト
 スマートグリッドと風力発電、EVの連携について、壮大な実証実験を行っているのが、EDISONプロジェクトだ。E.D.I.S.O.Nは、 “Electric vehicles in a Distributed and Integrated market using Sustainable energy and Open Networks (持続可能エネルギーおよびオープンネットワークを用いた、分散市場および統合市場におけるEV)”の略で、国内の自動車全体に占めるEVの比率を10%まで高めることを目標に、スマードグリッド電力網の中で、再生可能エネルギーの安定的な供給方法、EVの提供・充電方法やインテリジェント・システムの開発、課金・決済のなどに必要なインフラ等を調査し、実証実験を通じ検証することを目的としている。同プロジェクトの最大の特徴は、EVをスマートグリッド電力網の中で、電力負荷平準化の手段として機能できるかどうか、電力網から電気自動車への充電にとどまらず、電気自動車から電力網への送電を行うことに伴う様々なデータを収集し、研究の対象としていることだ。また、同プロジェクト最大の実証実験として、バルト海のボーンホルム島全体にスマートグリッド網を構築し、風力発電による余剰エネルギーをEVに蓄え、それを電力網に戻す実証実験を実施している。
 計画の予算は約4,900万クローネ。うち3,300万クローネは政府のエコ発電研究基金(ForskELプログラム)から提供されている。同プロジェクトは2009年2月に設立され、エネルギーネット(送電事業者)、ドング・エナジー、エストクラフト(電力、Oestkraft)、デンマーク工科大学、EURISCO(研究開発会社)、デンマーク・エネルギー協会、シーメンス、IBMなどが参加し、8作業グループに分かれて研究・実験を進めている。
 EDISONプロジェクトの責任者であるデンマーク・エネルギー協会のクリステンセン氏に11年2月にインタビューしたところ、実験を通じ、利用者の平均的な走行距離や充電時間帯、行動パターンなども分析しているという。そこから得られる情報は、利用者に付与する合理的なインセンティブ構築には不可欠だともいう。また同時に、プロジェクト全体を通じ、EVの充電ネットワーク、商用化、異なるエネルギー技術の最適な相互の活用といった課題に関する研究データを収集することで、将来の技術の輸出にも可能性が見出せるとしている。また、デンマーク政府や企業がこの分野に 「ファーストムーバー(最初に着手した事業者)」として、かかわることが、ビジネス上の優位性につながるとの考えが根底にある。今後、スマートグリッドやEV関連に関する国際的な規格・基準などが定められていくことになるが、「その決定にデンマークとして積極的に関与し、どこかの企業に独占されることなく、オープンな形で決まっていくようにしていくことが必要だと考えている」とクリステンセン氏は述べた。


8. スイス:地方分権が電気自動車普及の障害になる可能性も

 観光立国・スイスでは、電気自動車(EV)は環境に優しい輸送手段として早くから認められており、充電スタンドの設置も進んでいる。しかし、EVの本格普及には進んだ地方分権制度が障害となりそうだ

(1) EV普及のためのインセンティブは州ごとに様々
 スイスでは、電気自動車(EV)は早くから環境に優しい乗り物として認められてきた。最も有名なのがイタリア国境に近い観光地・ツェルマットで、1931年にはガソリン車の乗り入れを禁止し、1947年にはEVを導入、現在、町内全体で約500台が走行している。
 スイス全土には、700ヵ所を超える充電スタンドが設置済みだ。92年にエネルギー庁の予算で、スイス電気自動車クラブが実施した「パーク・アンド・チャージ(Park & Charge)」計画で、スイス各地の公営駐車場、レストラン、ホテルなど顧客サービスの一環として、充電スタンドを設置したのがきっかけとなり、民間企業数社も追随する形で、各地に充電スタンドが設置された。
インフラ面の整備が順調に進んだのに対して、EVそのものはあまり普及していない。スイス電気自動車協会(E-Mobile)によると、10年末時点で登録済みのEVは700台、ハイブリッドカーの数も1万7,100台にとどまっている。普及の最大のネックとなっているのがEVの価格の高さと、供給量の少なさだ。価格については、補助金などのインセンティブで対応する方法が考えられるが、スイスでは伝統的に地方分権が進んでいることから、連邦レベルでの補助金制度を設けることは難しい。EV普及の是非とインセンティブの付与は地方自治体の判断にゆだねられているからだ。
現在、多くの州で導入済みのインセンティブがEVを対象とした自動車税の減免措置だ。全26州のうち、24州が何らかの形で自動車税を減免している。しかし、減免比率やその方法は州によって大きく異なっている。
 自動車税の減免のほかに、EV購入のインセンティブとなるのが、市による駐車料金の減額措置で、例えば、メンドリシオ市では、EVはすべての公共駐車場において無料で駐車することができる。テッシン市では、ほぼ全ての公共充電スタンドにEV専用の駐車場が併設されている。ルガ市とベリンゾーナ市では低燃費車であることの証明書付の車両は、駐車料金の減額が受けられる。

(2) 12年以降の新車のCO2排出量は130g/kmを目標に
 スイス全体の環境・エネルギー政策は、連邦エネルギー庁が01年に発表した「エネルギー・スイス・プログラム」に基づいている。同プログラムは、目標としてエネルギー効率改善と再生可能エネルギーの利用促進、CO2排出量削減などを掲げている。発表当時は10年までの目標を掲げていたが、見直しを経て、20年までに①化石燃料エネルギーの消費量を10年比の20%削減する、②電力消費量の増加を10年比で5%増以内にとどめる、③再生エネルギー利用率を全体エネルギー消費量の50%まで拡大するという目標を掲げている。
 この目標に基づき、スイス自動車工業会との協力のもと、「12年以降発売される乗用車のCO2排出量の上限を130g/kmとする」という目標を掲げている。個別の目標は、個々の輸入業者単位で達成が求められる。

(3) アルピック、2020年には72万台のEV需要があると予測
 連邦政府はEV購買層の拡大に向けて州や保険会社の協力を得つつ、定期的に宣伝活動を実施する一方、販売技術向上のための販売業者への研修等を行うことを打ち出している。
今後のスイスでの電気自動車の普及可能性について、09年7月に電力最大手アルピックが発表した“Vision2020“によれば、スイスでは2020年には都市近郊30キロ圏内に住む通勤者を中心として、自動車需要の約15%、72万台のEV需要があると推定している。また、スイスの全世帯(310万世帯)の21%にあたる65万世帯がEVの潜在的購入者になるとしている。同社では、こうした見通しを受けて、08年12月ルノー・日産と(アルピックの前身のエネルギー・ウェスト・スイスとして)、10年3月に三菱自動車のスイス販売法人と、日本規格の急速充電器の普及促進に向けた協定を締結している。

(4) 日産自動車と三菱自動車がアルピックと充電器設置促進に向けて協力
 11年2月にジェトロ・ジュネーブが日産インターナショナルの真野仁志副社長に取材したところ、「EVの普及はガソリンエンジンにとって代わるものでビジネスモデルの転換が必要である。企業として、将来への布石として取り組んでいるが、社会全体を変える試みであり、自動車メーカー単独ではできない試みである。社会におけるEV関係のインフラ整備が必要」だとし、「インフラ整備と同時に、各国政府による補助金や減税措置、各種EVインセンティブが不可欠」と述べ、EVの普及に向けては、国としての取り組みの必要性を強調した。
 市場としてのスイスについては、州の自治権が強く「中央政府主導ということがなく、国の中が多くの州にわかれ、電力事業者も多数あり、さらには電力販売事業者が数多い(800社といわれる)」と指摘、「補助金や減税制度は、(国家としてEV導入推進の姿勢を明確にしている)ポルトガル、アイルランドなどと比べるとスイスではあまり充実していない」との見解を示している。実際、日産自動車は、ポルトガル、アイルランドは11年初から電気自動車の発売を開始済みだが、スイスについては11年下旬を予定している。

---

 あまりに量が多くてコメントしにくいので、箇条書きにて(´・ω・`)

スマートグリッドの技術が普及すれば今後は家庭と電力会社の電気の融通が利きそうですね。少なくとも、今のような買い取った電力を電力会社がそのまま捨てる、ということは無くなりそうです。
・エコシティ構想っていいですね!日本も東北地方の復興の際に、どこかをモデル地区にでもしたらいいのではないでしょうか??
・ドイツのエナジーバトラーってのは結構電気量の節約に威力を発揮しそうだけど、なんだか電気に支配されてるみたいで、どうも抵抗感がある。。
・偏西風が吹くヨーロッパと違い、季節風の日本では風力発電は難しいでしょう。。ただ、風力発電のプロペラ部分が風見鶏のようにいつも風向きに垂直方向になってくれれば、それなりに使えるものになるかもしれませんね。
・欧州ではEVの普及が徐々に進みそうな感じですが、日本でのEVの普及はまだ当分先の話でしょう。。なぜなら、電気スタンドが普及しないから。。家でしか充電できないのでは、うかつに遠出できないし、仮に電気スタンドがあったとしても、充電に数十分かかるのでは、時間効率が悪すぎる。。ベタープレイスという会社のバッテリーはなかなか優秀なようなので、日本の企業がこれに匹敵するものを作ってくれれば、EVも普及するかもしれませんね。

 ちょっとこの分野は勉強不足なので、的確なコメントはできないが、欧州では確実に電気の効率化を進めているようです。日本は省エネという事に関しては進んでいると思うが、社会全体での効率化という点については遅れていると言わざるを得ない。
 今後はスマートグリッドや電力の自由化も含め、もっと幅広い分野で議論が進むようになって欲しいですね(´・ω・`)

  2011年7月18日(月)
 ロイターより転載。欧州はユーロ救済に大胆な行動を―ドイツの負担も不可避

---

 最近のイタリアの銀行株と国債の売り崩しは、ギリシャの財政問題への対応だけでは欧州連合(EU)とドイツが恐れる「他国への波及」を阻止できないことを示している。欧州がユーロを救済したければ、より大胆な行動が必要になるだろう。

 欧州中央銀行(ECB)以外の誰もが、ギリシャの債務再編はもはや不回避とみており、実効ある債務再編を行うには、債券保有者の大幅なヘアカット(元本削減)が必要になる可能性が高い。それを進めるうえでの主な障害は、政府がデフォルト(債務不履行)に陥ればギリシャの銀行システムは崩壊を余儀なくされる、と主張し続けるECBだ。

 その主張はナンセンスである。ECBは、既に、ギリシャの銀行から受け入れ可能な担保について、本来の規定の適用を停止して受け入れ継続を決めているし、先週ムーディーズに国債の格付けをジャンク等級まで引き下げられたポルトガルについても同じことを行っている。ECBのトリシェ総裁は先週の記者会見で、現在の格付け制度が抱える問題点を指摘しているが、ECBにはギリシャの「古い靴下」を担保として受け入れる権限があり、いざという時はそうするだろう。

 ユーロ圏の「最後の貸し手」であるECBによる支援をギリシャの銀行に認めないことは、同国をユーロ圏から突然「追放」するようなもので、ECBはそうした決定の政治的根拠を持たない。また、ギリシャを追放することは、次はどの国の番かとの憶測を呼ぶにすぎず、欧州の金融安定にとって好ましくないことがわかるだろう。

 ECBは、ユーロ圏のすべての国債が保証される状態を望んでいる。しかし、EUには、そうするだけの確かな手段がない。このため、EUは、その場しのぎの救済策を取ってきた。そのどの対策も、他国への問題波及の阻止には力不足だった。


 問題の波及を防ぐには、欧州は、これまでと異なり、危機の前面に出る必要がある。ここに2つの選択肢がある。ひとつは、EUが全ユーロ採用国の債務を保証し、ユーロ圏全体の財政権を掌握――言い換えれば、欧州連邦国家の構築により、債務連合を明確化することだ。

 トリシェ総裁はすでに、これと似たものが必要との見方を示している。しかし、EUは、このような改革について民主主義上の付託を受けておらず、それを得ることは時間を要する。また、中央集権的な欧州の財政権限は、ユーロ圏経済に悪影響をもたらすと思われる。こうした政策を取れば、欧州の税調和が促されることになり、ユーロ圏の税は全体として引き上げられる。これは、成長をさらに鈍化させ、将来の債務問題にもつながる。

 もうひとつの選択肢とは、「ギリシャ前」の状態をユーロ圏に再現させることだ。ただし、そのためには、財政と借り入れのより厳しい規律が必要だ。ギリシャのデフォルトは認めなければならない。必要なら、ギリシャの銀行を強化する。その方法は、まず、最後の貸し手であるECBを通じて行い、必要に応じて銀行資本の再構築を図る。この過程では、株主と債権者の損失負担が欠かせない。

 また、欧州の指導者は、危機伝播の可能性を抑えるために、債務を抱える周辺国との間に「ファイアウォール」を作ることが可能だ。ポルトガル、アイルランド、スペイン、そして今やイタリア、これらの国々の問題はそれぞれ異なるが、債務再編と損失の分かち合い、経済改革を組み合わせることで問題の封じ込めが可能だ。

 アイルランドの場合、08年に全銀行債務を保証するという致命的なミス――他の欧州諸国がその後押しをしたことを覚えているだろうか――を犯したが、そうしたケースでは関連損失の負担を拡散することが重要になる。スペインは、カハ(caja)と呼ばれる貯蓄銀行の閉鎖と健全化が必要になるだろう。イタリアは、海外投資家による債券保有は少ないため、財政改革で乗り越えられる可能性がある。

 ゴールはいたずらに引き延ばすべきではなく、各国債務を管理可能な水準に引き下げ、成長を再開できるようにすべきである。債務国の政府と銀行が自らの損失を負担できなければ、自国の銀行の監督に失敗した独仏政府も、損失負担に加わる必要があるだろう。

 これは政治的に容易なことでは断じてない。メルケル独首相にとってはなおさらだ。しかし、メルケル氏は、現在進められているような周辺国の救済による間接的な対処よりも、ドイツの銀行の資本再構築を直接行った方が容易だと考えるかもしれない。ドイツがユーロを維持したければ、どのみち対価を支払うことになる。

 この方法の良い点は、ユーロ採用国が自国の財政問題に責任を持つという方針を取り戻せることだ。ポルトガルやイタリアの政府の借り入れ金利は、ドイツに比べ高くなるだろうが、それは、国家財政の立て直しへのさらなるインセンティブとなる。

 ギリシャはリーマン・ブラザーズに例えられることが多いが、よりふさわしいのはベアー・スターンズだろう。ベアー・スターンズは救済され、破綻の影響についての観測をすべて覆した。

 欧州が、ギリシャと同じ間違いを犯したことから立ち直る時間はまだある。ギリシャ債務の再編と過去1年半にわたる急場しのぎの対応からの脱却によって、立ち直りは始まる。欧州の現在の心理状態からすると、我々の提言が受け入れられそうもないことは承知だ。しかし、今のままでは、いずれギリシャはデフォルトに陥る。そして、欧州の成長とユーロにとってはるかに深刻な影響が待ち構えている。


---

 最近はずっと国内問題にかかりっきりで、欧州はほとんどノータッチな状態だったのだが、その間にギリシャ、アイルランド、ポルトガル国債の格付けがジャンクレベルにまで引き下げられるような事態になっているようでして。。さらに、今度はイタリアまで下げられるとあっては、EUも足元を見られたものです。。

 ただ、S&Pやムーディーズといった格付け会社は、エンロンやワールドコムが破綻する寸前までトリプルAにしてたり、日本の国債をボツワナ以下にしたり、全く意味不明で的確な格付けもできないようなお粗末な会社なので、正直オレは信用していない。が、それでも世界的に影響を与えているのが不思議なことだ。
 どうせなら、格付け会社を格付けする公的機関のようなものがあればいいのにって思ってしまう(´・ω・`)

 それはそうと、先日ギリシャが大幅な緊縮財政政策を可決すればEU&IMFは1100億ユーロの支援をするとかって話になり、すったもんだの末にこの案は可決されたようなのだが、それでもこういったギリシャ国債のデフォルト云々って話が出てくるってことは、もはやギリシャの財政が危機というものを通り越して、再生不可能寸前な状態にまでなっているってことだろう。
 ギリシャ問題が浮上した時(数年前の事だが)にあちこちで話題になった事だが、本来であればギリシャがデフォルトを起こせば、ただ単にギリシャ通貨であるドラクマ(旧通貨)が暴落するだけで済んだのだが、今はギリシャ国債のほとんどをEU諸国が引き受けている上、ギリシャがデフォルトすればユーロが暴落することになるので、それだけはなんとしても防ぎたいという。。
(こんなことは今頃書くことではないのだが、まあ気にしない気にしない)

 なんでギリシャがそこまでひどい状況になったかというと、国民の1割にもなる公務員の存在が大きいようでして。。その辺りの経緯はあじさい文庫だよりさんのブログを参考にしてもらえばいいかと。その他にも税金逃れや、袖の下なんて当たり前だし、闇市場なんてものもあるくらいで、いわゆる「健全な経済」なんてものがギリシャにはないってことでして。。
 ・・・・つまり、緊縮財政云々よりも先にやるべき事があるんじゃないかってことですよ(´・ω・`)
(これまた今頃書くことではない)

 正直言って、今のギリシャには財政再建できるとは思えません。どれだけお金をつぎ込んだところで、底なし沼みたいにひたすら飲み込まれていくだけでしょう。オレ的にはまずはきちんとした税制の確立と汚職の撲滅をすべきと思うのですが・・・・まあ無理でしょうね。お気楽極楽な方々ですから(´-ω-`)
 少なくとも、現代のギリシャ人に、古代ギリシャのソクラテスやプラトンのような哲人を連想するのは不可能かと(´・ω・`)
 
 オレの予想では、いずれギリシャはEUから追い出されるのではないかと思うのですが・・・・どうなんでしょうね??少なくとも、ドイツはこんな問題児の救済には反対しているはず。
 ってか、他のPIIGS諸国の救済もドイツ次第なんですけどね。。ただ、もしドイツがこれらの国を救済、復活させたら、ドイツはEUの盟主として君臨できるかもしれませんね。


 今日のどうでもいいこと。
 以前、というかつい最近のことだが、鼻血に変換しようとすると「はなじ」で変換するようになっていたが、今日そのことをねたにしようと思ったら、なぜか、「はなぢ」で変換するようになっていた(IMEの場合)。。IMEなんて結局その程度のものってことですね(仕方なく使ってるけど)。
 IMEを作った人は、きちんと日本語を理解して欲しいものです(´・ω・`)


 今日のおめでとう。
 ナデシコジャパンが女子ワールドカップで優勝したようですね。

ヽ(*´∀`)ノ*.o゜+:,*オメデトゥ♪

 サッカーに限らず、ソフトボール、マラソン等々、最近のスポーツは女子が頑張っているようです。もう野郎なんてど~でもいいから、スポーツの補助金は全部女子につぎ込んだほうがいいんじゃないかと思ってしまいますね。勝てるところにお金をつぎ込むのは当然かと(´・ω・`)

  2011年7月16日(土)
 毎日暑いですね。ここまで暑いと、陸に上がった金魚か、北京オリンピックで革命歌曲を歌った女の子のように、口をぱくぱくさせることしかできません(´-ω-`)
 せめて、今北上している台風6号が、家を直撃してくれるのを祈るばかりです(´・ω・`)


 今日のお願い。
 ここを見てる方にちょっとお願いがあります。と言っても全然大したことではありません。そのお願いとは、障害者用の駐車場に、一般の車を停めないでほしいという事です。
 というのはですね、オレの親父は長く障害者で車椅子生活だったんですよ。んで、時々病院やどこぞのお店に車で連れて行くのことがあったのだが、その際障害者用のスペースに駐車されてると、非常に困ったんですよ。
 なんでかというと、車椅子というのは車の後ろ側から降ろすものなのだが、降ろす部分がスロープになっていて、結構幅をとるんですよ。。だから、一般車が駐車するスペースに停めると、降ろす際に他の車とぶつかる可能性が高くなるうえ、降ろすのに時間がかかると他の車にまで迷惑がかかってしまうんです。待ってる側はいらいらしてるかもしれないけど、降ろしてるこっちも必死なんです。急いでやると車椅子に乗ってる人は危険に感じるし、かといってゆっくりやるのもどうかって感じだし。。
 そんなわけで、障害者用駐車場というのは、それ相応の意味があるんです。たぶんほとんどの人が「空いてるからいいや」って軽い気持ちで停めてるんだと思うけど、障害者を乗せている側からすれば、絶対にやって欲しくない行為なのです。。
 もしほんのちょっとでも良心があるのなら、これからは少し遠慮して欲しいと思う今日このごろなのです(´・ω・`)

  2011年7月14日(木)
 毎日新聞より転載。菅首相 「脱原発」を明言…将来、なくてもいい社会実現

---

 菅直人首相は13日、首相官邸で記者会見し、今後のエネルギー政策に関し「原発に依存しない社会を目指すべきだと考えるに至った」と述べ、脱原発依 存を進める考えを示した。その上で「計画的、段階的に原発依存度を下げ、将来は原発がなくてもやっていける社会を実現する」とし、将来的には原発を全廃す る「脱原発」の姿勢を鮮明にした。ただ、今後のスケジュールや政府内での議論の進め方など具体論についての言及はなかった。

 首相は、3月11日の福島第1原発事故発生前は原発活用の立場だったとした上で「最終的な廃炉に長い期間を要するリスクの大きさを考え、これまでの安全確保という考え方だけでは律することができない技術だと痛感した」と政策転換の理由を説明した。
 
 停止中の原発の再稼働については、原子力安全委員会が関与するとした政府の統一見解に沿って、首相、枝野幸男官房長官、細野豪志原発事故担当相、海江田万里経済産業相の4人で判断すると説明した。「専門的な立場の皆さんの提起があり、それが大丈夫となれば4人で合意して稼働を認めることは十分あり 得る」と述べた。

 当面の電力需給に関しては「必要な電力を供給することは政府の責務」と強調。今夏と年末については「必要な電力供給は可能との報告が耳に入ってお り、そう遠くない時期に計画を示す」とした。来年以降は「天然ガス活用なども含めて計画を立てていきたい」と述べるにとどめた。

 与野党内で臆測が出ている「脱原発解散」については「この問題で解散するとかしないとか、一切考えていない」とした。

 退陣時期では「(退陣表明した)6月2日の(民主党)代議士会、記者会見で真意を申し上げているので、それを参考にしていただきたい」と語った。【田中成之】

 菅直人首相は13日の記者会見で「将来は原発がない社会を実現する」と表明し、日本のエネルギー政策のかじを「脱原発」へと切る意欲を示した。退陣 を表明している首相が国策の大転換を打ち出すのが異例なら、政府・与党内で議論や手続きを経ていない「個人的見解」を首相が発表するのも異例。原発を減らす具体的な手順や電力供給の見通しも示さず、「レームダック(死に体)政権」の実行力には疑問符がつく。

「原子力政策の見直しを提起するのは、その時代の首相としての責務ではないか」。首相は東京電力福島第1原発事故が起きた時に首相だった「運命」を強調した。

 しかし、中部電力浜岡原発の停止要請や、九州電力玄海原発の再稼働延期が法的な根拠のない唐突な指示だったように、今回の首相発言も場当たり的 だ。政策内容や方向性が正しくても、民主的な手続きを踏まない「独断」は「言いっ放し」に終わりかねず、与野党からは「パフォーマンス」との批判が出てい る。


---

 8月の原爆記念日あたりに言うのではないかと言われていたが、どうやら1カ月前倒しでの発表となったようです。。何回も書いてるけど、空き缶には退陣する意思はないのは明白で、「いかに延命するか」にしか興味がない。だから、とりあえずありったけの風船を上げて、世論の反応をうかがっているのだろう。いわゆるパフォーマンスというやつですな。。
 
 個人的には脱原発の方向性はいいと思うが、もはや誰も空き缶の元で政策云々したくないというのが現状と予想されるので、どれだけ空き缶が風船を上げたところで、誰もまともに相手しないだろう。。そもそも、これだって閣議で決めた事ではなく孫禿あたりと決めた事だろ??議会制民主主義を否定している人間が何を言ったところで誰も相手にしない事にいいかげん気がついたほうがいいんじゃないかと思うのだが、空き缶にはそういった声すら届かないのだろう。閣僚や党幹部すら信用できないなんて、哀れな人だ。
 
 もはや空き缶が政権を続ければ続けるほど日本が不幸になるという図式が完全に確立してしまったのだが、今後一体どうすればいいんだろう??個人的には、全閣僚と党幹部がそろって辞任するくらいしないとダメな気がするんだが・・・・やってくれませんかね??
 それでもダメなら、最後の手段として、なんちゃら還元水のようにry
 ・・・・な、なんでもないです(´・ω・`)

  2011年7月13日(水)
 NEWSWEEKより転載。日本発・薬剤耐性をもつ淋病の怖さ

---

 日本の風俗店で働く人から、治療薬のない新種の淋病が見つかった。国際性感染症研究会議(カナダ・ケベック市で7月13日まで開催中)で行われた報告によれば、この淋菌の変異株に対してはペニシリンやその他の抗生物質も効果がないという。

 報告を行ったスウェーデン基準研究所のマグナス・ウネモは、カナダのナショナルポスト紙に対して「もし感染が拡大しても適切な治療法がない」と語っている。

 同研究所の専門家らは、H041と呼ばれる淋菌の「スーパー変異株」はセファロスポリン系抗生物質に耐性を持っていると警告。ウネモはこれを「次世代の治療不可能な淋病」と呼び、公衆衛生上の大きな脅威になるとした。

 多くの場合、新種の淋菌は日本や韓国で発見され、後に世界中に広まっていくとナショナルポスト紙は報じている。米疾病対策センター(CDC)によれ ば、アメリカでは毎年約70万件の淋病感染が報告されている。7月8日にはCDCから医師に対し、セファロスポリン系抗生物質に耐性を持つ淋病の感染拡大を警戒するよう通知が出されたばかりだった。

 淋病は世界でもごく一般的な性感染症の1つ。症状は排尿時の灼熱感などのほか性器から膿が出ることもあるが、女性感染者の約半分、男性の2〜5%は何の症状も出ない。

 しかしきちんと治療しなければ、男女共に命に関わるほど深刻な健康被害を引き起こしかねない。感染が皮膚や血液、他の臓器にも広がって痛みや不妊をもたらしたり、最悪の場合は死に至る可能性もある。


---

 淋病とはこんなものなのだが、オレが真っ先に思ったのは、最近の風俗店ではゴムもつけずに本番おkなのか?ってことなんですが。。
 それはそうと、この淋病ってさ、絶対誰にも知られたくない病気の一つな気がするんですが、風俗嬢たちはこんなもんを患ったままゴムもつけずに本番するんですかね??ってか、どう考えてもこんなもんに感染したら気づくだろうから、ひょっとしてこれは確信犯なんじゃないのか??と疑ってしまう。。
 まあ、自分の病気が淋病と気付かないという可能性もあるが、それでも性器が悲鳴をあげたら普通は病院に行くだろ。。

 それにしてもさ、これどこの新聞も記事にしてないんですが、どういうことでしょ??ある意味エイズと全くいっしょで、一気に感染するおそれがあるんですが。。しかも、最初の記事の出所がCBCNEWSとかどんだけ・・・・。。ちなみに、この記事によると、どうもこの新種の淋病は京都で見つかったらしいので、とりあえず京都の風俗店には行かないほうがいいだろう。
 それと、いつもの勝手予想だけど、なんとなく中国とか韓国あたりの違法滞在者がやってる店のような気がするんだけど・・・・どうなんだろうね??もしそうだったら、感染した奴がただのバカってことになるんだけど(´・ω・`)


 フォーリンアフェアーズより転載。債務上限に達したアメリカの財政と政治

---

 米連邦準備制度理事会のベン・バーナンキ議長は、(米議会が債務上限の引き上げに応じず)アメリカ政府がディフォルトを宣言せざるを得なくなれば、「景気 回復の道は断たれ、再度、金融危機を誘発する恐れがある」とコメントしている。仮にディフォルトに陥らなくても、議会が債務上限の引き上げ承認に手間取れ ば、アメリカ経済、そして世界経済に大きなダメージが出る。・・・・JPモルガン・チェースのジャミー・ダイモンCEOは、債務上限問題を軽くみることに 警告を発し、上限引き上げに向けた行動を明確にとらなければ、近い将来に本当にディフォルトに陥る危険があると指摘し、同氏は、「今後に備えて、きわめて 慎重な措置をとる」と表明している。米政府がディフォルトを宣言せざるを得なくなるリスクはどの程度あるのか、ドルは準備通貨の地位を維持できるのか。

 アメリカでは連邦政府の債務の上限、あるいは債務シーリングが法律によって定められている。5月16日に、米政府は債務額が14兆2900億ドルに達した ことを表明し、米議会に上限の引き上げを認めるようにと要請している。すでに緊急措置によって政府は8月上旬までの資金を確保しているが、議会が上限の引 き上げに応じなければ、国防や社会保障などの分野における政府の活動やサービスに支障が生じる。エコノミストの多くは、議会が債務上限の引き上げに応じな ければ、アメリカはディフォルト(債務不履行)に陥り、金融危機が再び誘発されると警告している。だが、議会共和党の一部は、債務上限の引き上げをめぐる 交渉を通じて、政府からより大規模な歳出削減と長期的な財政改革への確約を引き出したいと考えており、今後の展開は予断を許さない。

 通常であれば、米政府は財政赤字をファイナンスするために米国債(財務省証券)を発行して借入をすることができる。だが、債務上限に達すると、議会が債務上限の引き上げに応じない限り、借入はできなくなる。

 連邦債務の上限に関する法的根拠は第一次世界大戦期の1917年にさかのぼることができる。同年、アメリカ政府が戦時国債を発行する際に、議会は市民の経 済安全保障を守るために連邦政府の債務の上限をリバティボンド(自由国債)法で定めた。 米議会は1962年以降、上限の引き上げに74回応じている。債務上限の引き上げに議会の同意を条件付けたことで、リバティボンド法は、議会に財政政策に 対する監督権と情報公開を進める機会を与えていると、この財政ルールを評価する専門家もいる。歴史的にみると、議会の野党勢力は債務上限の引き上げに関する交渉を、政府の政策に反対していることを市民にアピールする機会として利用してきた。

 議会が上限の引き上げに応じなければ、連邦支出を劇的に削減するか、極端な増税策をとるか、あるいは、この二つを組み合わせるしかなくなる。だが、「政府 の責任は非常に大きく、支出を大幅に削減したり、増税策をとったりしても、活動に必要なキャッシュを即座に確保できるわけではない」とガイトナーは発言し ている。



 財務省が国債の発行もさらなる緊急措置もとりえない状況に追い込まれれば、連邦政府は財政コミットメットの一部についてディフォルトを宣言し、債権者、社会保障受給者などの支払いを制限するか、先送りするしかなくなる。政権内のエコノミストの多くは、政府がディフォルトに陥れば、深刻な事態になるとみてい る。

 連邦準備制度理事会のベン・バーナンキは、アメリカ政府がディフォルトを宣言すれば、「景気回復の道は断たれ、再度、金融危機を誘発する恐れがある」とコメントしている。仮にディフォルトに陥らなくても、議会が債務上限の引き上げ承認に手間取れば、アメリカ経済、そして世界経済に大きな ダメージが出る。

 ガイトナー財務長官は、議会が政治的膠着状態に陥れば、債券市場の不透明感が大きく高まり、金利も上昇すると述べている。金利が上昇すれば、将来の借入コストが増大し、米企業にとっての資本コストが上昇するだけでなく、切実に必要とされているインフラ、教育、医療領域への資金も奪われることになる。


---

 アメリカでデフォルトの危機が迫っているようです。。この記事によると、アメリカでは国債の発行額というのが決まっていて、それが既に上限に達しているとのこと。。おそらく財務を健全にするための政策なのだろうが、すでに74回も上限が引き上げられているところを見ると、今回もなんだかんだで上限が引き上げられると思われ。そうやって全てがなし崩し的になっていくのは、どこぞの日本と全く一緒な気がするのはオレだけでしょうか?(´・ω・`)

 まあ、日本の場合、国債の引き受けは95%が日本人なので、日本の貿易が経常黒字であるうちはデフォルトということはまずない。最近は三菱UFJモルガンスタンレーかどこかが数年後に経常赤字になるみたいなことを書いていた気がするが(うろ覚え)、過度な円高にでもならない限り大丈夫・・・・と期待。期待ね。。ちなみに、今現在、79円40銭。。・・・・ちと円高気味ですね(´-ω-`)

 それに対して、アメリカでは国債の引き受けは現在日本と中国が主な引受国。最近は中東も少し増えてるかも。。それらの国が国債を売却し、資金を引き揚げたら、例え上限を引き上げてもアメリカは終わりだ。。・・・・もちろんその場合は、日本も終りなんだけどね(´・ω・`)
 「今資金を引き揚げたら一気に元高が進むので、中国は米国債は売らない」と言う人もいるが、もし、米国債がデフォルトするのを目の当たりにしたら、間違いなく資金を引き上げるでしょうね。紙くずになるよかましだし。。日本は・・・・紙くずになるのを覚悟で持ち続けるでしょうね。。アメリカの犬だから(´・ω・`)



 拾いもの。。
 これ見ると、半分くらいを外国が買ってる。。まあ、だからやばいって訳ではないが、お国の台所事情が悪くなれば、当然他国よか自国に資金を回すだろうから、そういった国が増えれば・・・・ね。。
 日本も早いとこ沈みゆく泥船から脱出してほしいものです(´・ω・`)
 
 
 今日のどうでもいいこと。
 こう言ったら全国の女性陣が怒りそうだが、女性ってモノクロのほうがきれいに見える気がする(´・ω・`) 
 んで、野郎はモノクロだと老けて見える。。ま、オレには野郎なんてど~でもいいが。。

  2011年7月11日(月)
 前々から思っていたことだが、時々「この世の全ては科学で解明できる」って言う人いるじゃないですか。いわゆる科学万能主義みたいな人。例えばどこぞの大槻某のような。。そういう人ってさ、家族が亡くなっても、葬式とかしないんですかね??(´・ω・`)
 だってさ、科学万能主義の人って、当然?魂とか否定してるわけでしょ??ってことはさ、「無くなった人が迷わず成仏する」ための儀式である葬式なんて、非科学以外の何物でもないじゃん、って思うわけですよ。。

 だったらどうするかっていうと、家族が亡くなったら、その事実を親類に報告するだけ。後は自分で火葬場まで遺体を運び火葬してもらう、もしくは、庭に土葬する。んで、当然遺灰は持ち帰らずに、火葬場で処理してもらう。もちろん死亡届書は提出する。。・・・・って感じになるのではと想像してしまう。。
 さらに言うなら、遺骨を納める墓もない。家には神棚も仏壇もない。親類や知人の葬式にも参列しない。神仏も否定してるから、神社仏閣にも行かないだろうし、占いの類も一切しない。お守りの類も所持しない。

 オレの頭の中では科学万能主義の人ってこんな感じになるんですが・・・・実際どうなんでしょうね??(´・ω・`)


 今日のどうでもいい事。
 18:00現在、すぐ近くで雷が鳴っています。・・・・おへそ取られちゃうよぉぉぉヽ(´Д`。)ノ

  2011年7月10日(日)
 今日はちょっと趣向を変えて、ペット、特に犬と10倍2.3倍仲良くなる方法を書いてみようと思います(´・ω・`)

 どこぞの家で飼っている犬は、大抵知らない人を見ると、ひたすら吠えまくるか、しっぽを振ってじゃれてくるかの2種類だと思うが、こういう犬は分かりやすいので、考える必要はないだろう。問題は、ぐで~って寝そべっている犬だ。とりあえず仲良くなってみたい、だけど近づくと吠えられるかもしれない。そのビミョーな状態が難しいんですよね。。

 んで、そういう時は、まずは「おいでおいで」って声をかけてみる。もしそれでこっちを向いたら、少し脈あり。次のステップに移る。しかし、全く反応がなかったり、ちらっと見ただけですぐにぐだ~ってなってしまったら、脈なし。そういう時に無理に近づこうとすると吠えられるので、あえて近づかないほうがいいだろう。

 もし、こっちに興味を持ったようなら、できるだけ姿勢を低くして、近づいてみる。立ったままでいると、犬からしてみれば、偉そうに、といっては変だが、上から目線に感じてしまうようなので、できるだけ犬と同じ目線でいるほうがいい。

 さて、ある程度近づいても吠えないようなら、少し離れた距離で手を犬に差し出してみる。この時、吠えるようなら脈なし。手のにおいを嗅いでくれたなら脈あり。犬にとってにおいを嗅ぐということは興味があるという事を覚えておこう。
 ただし、注意がある。絶対犬の目線より下から手を持っていくこと。犬の目線より高い位置だと、犬は自分を抑えつけようとしていると勘違いして、強烈に警戒する。いったん警戒されると、打ち解けるのに時間がかかってしまうので、気をつけるように。

 さて、ここまできたらもうちょいだ。犬がにおいを嗅いでくれたら、空いている手で相手の首筋を手の甲で軽く触ってやる。こうすると、犬はとても喜びます。掌は結構脂分があってべたべたするので、触ってやる時は、できるだけ手の甲がいい。
 犬はさらに警戒心を解いて掌を舐めてくるので、少しずつ(座った状態で)近づいて、背中辺りを今度も手の甲で触ってやりましょう。犬は間違いなくあなたの顔を舐めてきます。犬にとって顔を舐めるという行為は、「遊んでほしい」という気持ちの表れです。後はめいっぱい遊んでやりましょう!
 
 さて、おおまかな流れはこんな感じですが、絶対にやってはいけない事がある。それは、「犬の頭を撫でる」こと。これは犬だけで案く、猫だろうが羊だろうが馬だろうが、みんな一緒。絶対にやってはいけません!
 先に少し書いたけど、あらゆる動物にとって、頭を触ろうとするのは、自分を抑えつけようとしているように感じるので、絶対やられたくないことです。人はやたら「かわいいかわいい」と言って頭を撫でますが、動物からしてみれば迷惑以外の何物でもないのです。
 「相手が嫌なことはしない」というのは、人の世界だけでなく、動物にも当てはまる事。動物との最低限のルールは守りましょうね。

 まあ、あれこれ書いてみたところで、エサという必殺の武器を与えるのが1番手っ取り早いんですけどね(´・ω・`)


 さて、犬に関しては大体こんな感じでいいと思う。もしこれが猫だと少し違ってくるが、基本は一緒だ。さらに、これが野良犬や狼や熊とかだと全く対応が違ってくるが、それはまた今度機会があればという事で(´・ω・`)

  2011年7月7日(木)
 某所の広報の内容を紹介します。「えせ同和行為」にご用心!

---

「えせ同和行為」とは

 「えせ同和行為」とは、同和問題を口実にして、企業や官公庁署などに不当な利益や義務のないことを求める行為です。
 その場しのぎの安易な妥協から、不当な要求に応じる例も見受けられ、えせ同和行為の横行を許す背景ともなっています。

※なぜ人権擁護機関が取り組むのか

 ご存じのように、同和問題は国民の基本的人権にかかわる重要な課題の一つであり、人権擁護機関をはじめ覆う句の人がその解決のため、様々な啓発活動を行ってきました。
 ところが、えせ同和行為「不当な要求を受け入れる人々の人権を侵害しているだけでなく、国民の間に同和問題に対する誤った認識を植え付け、多くの人々が積み重ねてきた啓発のとりくみの成果を一挙にに覆す」ものであり、部落差別解消への筋道に逆行した行為なのです。
 人権擁護機関は、えせ同和行為を同和問題解決のために見過ごすことのできないものであると判断しその排除に向けて積極的に取り組んでいます。

※図書等物品購入の強要への対応

「電話により購入の申し入れがあった場合」

①おびえず、あわてず対応し、購入の必要がなけれrば、毅然とした態度で断りましょう。
②もし送ってきたら、受け取りを拒否する。または、着払いで送り返す。その場合、後日の争いを防ぐため内容証明郵便等の利用をお勧めします。また、誤って封を開けた場合でも、その上から包装して、着払いで、送り返して差し支えありません。

※「えせ同和行為」に対する対応の要点

◇基本的姿勢
※えせ同和行為に対する基本的姿勢は、不当な要は断固として拒否することにあります。
 同和問題への取り組みを非難さらた場合には、「法務局に申し出て、今後どうすべきか法務局の処理に委ねたい」と答える。その後すみやかに法務局に連絡する。
◇対応の要点
①対応は必ず2人以上で行い、幹部職員は直接対応しない。
②相手方の(住所、氏名、所属団体、電話番号)などを確認する。
③「上司に報告するため」などの理由を言って、できるだけ録音、または、詳細を記録する。
④相手の話はよく聞き、その趣旨、目的を明確にしておく。
⑤言動に注意する。
◎おびえず、あわてず、毅然とした態度で対応する。相手の挑発にのってはいけません。
◎相手方の要求に応じるべきでないと判断したときは、きちんと断り、「検討する」とか「考えてみる」など相手方に期待を抱かせる発言をしてはいけません。
◎誤った発言をした場合その場ですみやかに訂正する。
⑥相手方の要求に即答、約束をしない。「一筆書け」と言われても書く必要ないし、書いてはいけません。いかなる場合でも署名・押印をしない。
⑦特別の事情がない限り、当方から相手方に電話をしない。


---

 ・・・・いっちゃあなんだけどさ、同和もえせ同和もやってることが一緒な気がするんですが、気のせいですかね??(´・ω・`)
 まあそれはともかく、今では「差別された!」と言えば、逆に勝者になる時代のようでして。。こういう思想の持ち主って、どこぞのお店でオーダーをロストされたら「差別された!」とか、お釣りを間違えたら「差別された!」って叫びそうで怖いですね。。いわゆるクレーマーって奴。まあ、同和の親分である『元大臣』があれだから、その下っ端も見習うのかもね。。
 そういえば、この手の主張って、「日帝に差別されてきたニダ!謝罪と賠償を要求するニダ!」とか言ってる中韓とダブりますね。ひょっとして、解同の連中は、中韓からノウハウを伝授されたんですかね?(・∀・)


 朝日より転載。九電社長、辞意固める やらせメール問題で引責

---

 九州電力幹部が社員らに対し、国主催のテレビ番組に原発再開に賛成する電子メールを送るよう指示していた問題で、同社の真部利応(としお)社長(66)は7日、経営責任を明確にするため、近く辞任する意向を固めた。海外出張中の松尾新吾会長と週明けにも自身の進退について最終結論を出す。

 真部社長は6日夜の記者会見で、発覚した「やらせメール問題」について「私は知らなかったし、指示していないが、とにかく責任は私にある」と発言。7日午前には、朝日新聞の取材に「後任の調整もあり、私の一存では決められない。(社長を)続けるにしても長くはない」と述べて、原因究明や再発防止策に一定のめどが付いた段階で、辞任する考えを示した。

 週末に北欧出張から帰国する松尾会長と11日にも会い、進退について協議し、最終的な結論を出す。原発再開問題などの懸案が山積していることもあり、辞任する時期などについて話し合う。後任には、総務担当の藤永憲一取締役(60)らが浮上している。


---

 たぶん社長は関与してないんだろうが、「これが九電の意思だ」と表明してしまったのだから、まあ仕方ないでしょう。とりあえず、これを指示した奴の名前が知りたいですね(・∀・)


 それに関連して、もちっと突っ込んだ内容を。ITメディアより転載。九電の原発やらせメール、ネットで暴露されていた

---

 玄海原発再稼働に向けた佐賀県民への説明番組で、九州電力が原発賛成の「やらせメール」を出すよう指示していた問題で、インターネット上では放送があった先月26日以前から、やらせメールの存在が暴露されており、九電の姿勢を皮肉る複数の例文がネットユーザーらによって用意されていたことが分かった。

「明日の説明会で、九電がグループをあげて佐賀県民を装って発電再開容認のメールを送るよう業務命令が出されている」

 6月25日、ツイッターなどで、こんな情報が出回った。参加の方法なども詳しく記されていたため、報道各社は九電側に事実関係を問い合わせたが、広報は真っ向否定。しかし、共産党の日刊機関紙「しんぶん赤旗」は7月2日付で「九電が“やらせ”メール」などと報じていた。

 眞部利應・九電社長によると、問題のメールは、原子力発電本部の課長級社員が6月22日、子会社4社や九電の原発関連社員3人に「説明会の進行を見ながら自宅から、再開容認の立場で意見を発信してほしい」といった内容で送信。実際に何通のメールが番組に送られ、紹介されたかは把握していないという。子会社の社員は福岡市民を中心に約2300人。

 ツイッターでこの事実が暴露された直後から、ネット上では、「真摯にかつ国民の共感を得ることができる」メールを求める九電への皮肉を込めて、次のような例文が公開されていた。

 《原子力発電所とは何の利害関係もない、中立的な県民の一人です。保安院や専門家のお話をお聞きし、福島の事故は津波によるものだと確信できるようになりました。地震対策は後でもいいと感じられるようになり、暑い夏にクーラーが使える日が楽しみです》

 この例文をもとにしたメールが実際に送られたかは不明だが、やらせメールを送った子会社はすべて福岡市が本社。メールを受信した原発関連社員も、2人が川内原発(鹿児島)所属で佐賀県民ではない可能性が高い。佐賀県民は県外の“九電ファミリー”に寄ってたかって小馬鹿にされた格好だ。


---

 これはすごいですね。放送以前からやらせメールの存在があったとは。。原子力発電本部の課長級社員がどうも震源地であることは判明したので、後は名前だけ。数日すれば出てくるかも??・∀・)
 んで、もうちっと探してみたら、メールの内容があったので転載しておこう。。日経より手書き(コピペできないため)

---

【ご依頼】国主催の佐賀県民向け説明会へのネット参加について 2011年6月22日 14時16分26秒

協力会社本店 各位

平素よりお世話になっています。メール投げ込みにて失礼を致します。表記については報道等により今週末に開催される旨、既にご承知のことと存じます。

●件名:国主催による佐賀県民向け説明会(原子力発電所の安全性)
●日時:平成23年6月26日(日)午前(10時~11時30分の予定)
●内容:説明会の方式は国が調整中。混乱を避けるため、県民4、5人が経産省原子力安全・保安院と資源エネルギー庁の担当者から説明を受け、疑問点や不安に思う点などを質疑する予定。
●配信:(1)やり取りはケーブルテレビとインターネットで生中継され、視聴者からの質問もファクスや電子メールで同時に受付。(2)アクセス可能なwebsiteアドレスは、現時点で未公開ですが佐賀県庁HPや経産省HPに掲載予定。あるいは、Ustreamにて”genkai”あるいは”玄海”等で検索することによりアクセス可能。(3)小職にて、継続してサーベイし、判明次第、追って追伸予定。
●その他:(アドレス略)
本件については、我々のみならず協力会社におかれましても、極めて重大な関心事であることから、万難を排してその対応に当たることが重要と考えております。
つきましては、関係者に対して、説明会開催についてご周知いただくとともに、可能な範囲で、当日ネット参加へのご協力をご依頼いただきますよう、お願い致します。
※説明会ライブ配信websiteにアクセスの上、説明会の進行に応じて、発電再開容認の一国民の立場から、真摯に、かつ県民の共感を得うるような意見や質問を発信。
なお、会社のPCでは処理能力が低いこと等から、是非、ご自宅等のPCからのアクセスを御願い致します。
また、ネット参加に当たっては、接続後アカウントの取得等操作が必要になりますのでご承知置きください。

以上

続報【ご依頼】国主催の佐賀県民向け説明会へのネット参加について 2011年6月24日 9時26分9秒

協力会社本店 各位

平素よりお世話になっております。先にご依頼申し上げました表記については、以下URLにより詳細確認可能ですので、よろしくお願い致します。なお、ご意見はメールあるいはファクシミリでの受付sarえるとのことであり、接続後のアカウント取得等操作は不要なようです。

以下URLにアクセスください。

佐賀県(アドレス略)
経産省(アドレス略)

以上


---

 ・・・・これさ、どう見ても内部告発だよね。。誰がどう流出させたか知らないけど、「よくやった!」と言いたいです。。たぶん流出させた人にとって今後きつい人生が待っているだろうが、あなたのやったことは間違いなく日本のためになるので、胸を張っていいと思います。こういう人が日本にもっと増えてほしいですね(*´∀`*)ゞ


ついでにもっかい朝日より転載。海江田経産相、辞任の意向 担当法案成立めどに

---

 海江田万里経済産業相は7日、自らが担当する原発事故関連の法案の成立に見通しが立った段階で辞任する意向を固めた。海江田氏は、原発の運転再開をめぐる菅直人首相の方針が二転三転していることに不満を募らせる一方、辞任を表明した首相が長期間、続投することにも反発していた。

 海江田氏は、担当する法案の成立にめどがつけば、菅政権が続いていたとしても途中で辞任する考えだ。

 首相は震災復興や原子力政策の改革などを掲げて政権運営になお意欲を示している。松本龍・前復興担当相に続き、原子力政策を担当する海江田氏が辞任すれば、首相が続投理由に挙げる政策の担当閣僚の人事の混乱につながり、政権運営は一層難しくなる。

 海江田氏は7日の参院予算委員会で、菅政権が全国の原発を対象に行う安全性評価(ストレステスト)に対し、九州電力玄海原子力発電所の地元の佐賀県や同県玄海町が反発していることへの責任を問われ、「いずれ時期が来たら、責任を取らせていただく」と答弁した。海江田氏は予算委後、民主党の国会議員から「がんばって下さい」と声をかけられると、「私は辞めます」と明言した。

 海江田氏は具体的な辞任の時期として、首相が辞任の前提に挙げている第2次補正予算案、特例公債法案、再生可能エネルギー特別措置法案に加え、海江田氏が担当し、原発事故賠償の枠組みを定める原子力損害賠償支援機構法案に成立のめどがつく時期を想定しており、8月中旬にも辞任する可能性がある。


---

 前にも書いたけど、やはり閣僚内でも相当不満が溜まっているようです。このままドミノ倒しのように次々と閣僚が辞任していったら、空き缶はどうするつもりなのでしょう??まさか、空き缶周りの使えない側近ばかりで固めるつもりなんですかね??
 どうも空き缶は自分で全てを仕切らないと気が済まない性質のようなので、ひょっとしたら空き缶が大臣の大半を兼任するとかいう事態になりかねませんね。。あと、可能性があるとすれば、民間からの起用くらいだが、今の空き缶の元で大臣をしたい人がいるかどうかというのが問題かな。知り合いといえば在日か「元」在日ばっかみたいだし。。
 ・・・・なんか書いてて嫌な予感がした。まさか、いや、そんなことはないと思うが、ひょっとして、「元」在日のお友達に閣僚を任せるとか・・・・。。いやいや、なんぼなんでもそこまでするわけが・・・・。。いや、しかし、このまま我が道を行かれたら本気でやりそうな・・・・。。

  2011年7月5日(火)
 共同通信より転載。松本復興相が辞任の意向 「助けない」発言で引責

---

 松本龍復興対策担当相(60)=衆院福岡1区=は5日、東日本大震災で被災した岩手、宮城両県を訪問した際に「知恵を出さないやつは助けない」などと発言した責任を取り辞任する意向を固めた。震災対応を強化するため新設した閣僚の辞任は、迅速な復興を最優先に掲げる菅政権にとって大きな打撃となった。野党は菅直人首相の任命責任を追及する構えで、退陣時期に影響が及ぶのは避けられない。

 松本氏は5日朝、首相と首相官邸で会談後、記者団から辞意を固めたかと聞かれ「はい」と応じた。野党は松本氏の発言が伝えられた4日から「暴言だ」と一斉に反発していた。


---

 ┐(´д`)┌


 もっかい共同通信より転載。岩手知事、現内閣では復興できず 会見で退陣要求

---

 岩手県の達増拓也知事は5日の記者会見で、松本龍復興対策担当相の辞任について「復興担当相が空白状態になったのは、あってはならないこと。被災地や被災者はもとより、日本全体に対する裏切りだ。こういう内閣では復興はできない」と厳しく批判した。

 松本氏の後任人事に関しては「誰にするかが問題ではない」と指摘した上で「どの首相の下で復興体制をつくるかが問われている」と強調、菅直人首相の退陣を求めた。

 同時に「一刻も早く衆参両院で過半数に支えられながら復興を進められる内閣をきちんとつくり、オールジャパンで復興を進めてほしい」と注文を付けた。


---

 誰がどう見ても今の空き缶は自分が首相を続ける事が第一であり、それ以外の事には全く関心がないようにしか見えないのは明白でしょう。まあ、知事が言うことではないと思うけど。。
 こうなってくると、国と県の関係がさらにこじれてしまいそうなのだが、空き缶には復興自体に関心がないため、誰が復興大臣になってもいっしょに気がする。。
 ここまでふざけた人間が総理になる事自体が、日本にとっても被災地にとっても不幸としか言いようがないのだが、我々日本人自身が選んでしまった首相なのだから、どうしようもない。
 今後数十年、我々が生きている限りこの悪夢は語り継がれるだろうが、当の本人はそんな声に耳を傾けることはないんでしょうね。
 
 ・・・・ある意味ちょっとだけうらやましい気もする(´・ω・`)

  2011年7月4日(月)
 読売新聞より転載。原発撤退で電気代2121円増、維持なら372円増

---

 東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて、原発存続の行方が注目される中、日本学術会議の分科会(委員長=北沢宏一・科学技術振興機構理事長)は、原発の撤退から現状維持・推進まで六つの政策の選択肢ごとに、標準家庭(1か月約6000円)の電気料金が、どれくらい増えるかの試算をまとめた。

 原発を放棄し、太陽光などの再生可能エネルギーに移行した場合の負担は大きく、逆に維持すると負担は小さくなるが、同分科会は、今後、原発の安全規制が強化され、存続しても負担増になる可能性もあると指摘。秋にも最終報告をまとめる。

 試算は、エネルギー政策の議論に役立てるのが狙い。政府や大学などが公表する発電コストのほか、温室効果ガス削減の国際的取り組み、15%の節電、人口減少、原発の安全対策などにかかる費用をもとに検討した。選択肢は、大きく分けて原発の「撤退」、全発電量の約30%を原子力が占める「現状の維持」、50%まで拡大する「推進」。撤退は、全原発停止の時期によって4ケースに分けた。

 現在、稼働中の原発が定期検査を迎える来夏までに全原発が停止した場合は、火力発電に切り替えた後、温室効果ガスを減らす再生可能エネルギーの比率を高めていく。国際的な削減目標を達成するための対策が本格化する2030年には、標準家庭1か月の電気料金の上乗せは、2121円と算出した。


---

 これだけ見ただけでは「ふ~ん」で終わってしまうので、7/3の紙面に載っている表をそのまま掲載しよう。


2016年 2020年 2030年
原発撤退
(再生可能エネルギーに移行)
①速やか(来夏まで)に全原発を停止 752円 1717円 2121円
②5年間で全原発を停止 763円 1729円 2121円
③2030年までに全原発を停止 278円 719円 2118円
④2040年までに、寿命達した原発から順次停止 278円 659円 1748円
現状維持 ⑤寿命に達した原子炉の設備を更新し、現状の原子力発電の規模は維持 ▲120円 ▲177円 372円
原発推進 ⑥2030年までに全発電量の50%で井戸までに、原子力発電を拡大 ▲125円 ▲186円 13円


 ┐(´д`)┌

 なんですかこれ??ただ単に、今迄の原発推進ありきを謳ってるだけじゃね~か( `д´)
 何のことはない。結局こいつらも原子力村の一員ってことだ。。こんなもんに「おすすめ!」とか言ってる奴の顔が見たいよ( `д´)


 今日のどうでもいいことその1
 You Tubeに松本復興省、宮城県知事と会談 なんてのがアップされているいるようです。
 ・・・・この人ってさ、確か復興大臣に任命された時、グラサンして記者会見して、「3月11日以来、民主党も自民党も公明党も嫌い」だの、「私は政局的なことは好まないタイプで、被災者に寄り添うことが使命」だのって言ってた人だよね??
 この人の被災者に寄り添うっていうのは、知事を恫喝して、しかもマスゴミにオフレコを強要することなんですかね??いっちゃなんだが、こんな奴が復興大臣になったところで、復興速度は全く変わらないどころか、かえって遅くなる気がするね。
 まあ何にせよ、会見の内容は一切伝えずに、こいつのバカな醜態だけを放送した東北放送はある意味GJです!ただ、残念ながら、東北放送のHPではその内容について全く見つけられなかった。。残念。。どうせなら、永久保存版にして、1月くらいトップに掲載しておけばかなり参照数が増えると思うんですけどね(・∀・)

 どうでもいいことその2
 産経新聞より転載。菅首相「10月訪中」検討 周辺に調整を指示、長期続投に強い意欲

---

 菅直人首相が10月に中国訪問を検討していることが2日分かった。首相周辺が明らかにした。首相はすでに退陣表明しており、延長した通常国会の会期末は8月末だが、今秋以降の続投にも強い意欲を示しているとみられる。ただ、外交を理由とする新たな「居座り」画策は野党だけでなく、民主党内からも強い反発を招くのは必至で、政局は一層混乱しそうだ。

 首相が検討しているのは、清朝崩壊のきっかけとなった辛亥革命の「武昌蜂起」から100年にあたる10月10日前後の北京訪問。中国ではこの時期に国を挙げた記念行事が予定されている。首相は記念行事に出席したい意向で、実現すれば就任後初めての訪中となる。10月10日は首相の65歳の誕生日でもある。

 首相は6月2日に退陣の意向を表明し、同月27日の記者会見では、平成23年度第2次補正予算案と再生エネルギー特別措置法案、特例公債法案の3つの成立が「(退陣の)一つのめどになる」と述べた。

 だがこの際も、具体的な退陣時期は示さず、訪中への意欲を失わなかったとみられ、最近、側近に対して「10月10日の辛亥革命100周年の記念行事にあわせて訪中したい」との意向を改めて伝え、中国側との調整を指示した。

 首相の辛亥革命への思い入れは強く、今年1月の施政方針演説では「中国の近代化の出発点となった辛亥革命から今年で100年になる」とあえて言及。さらに「来年の日中国交正常化40周年を控え、改めて両国の長い交流の歴史を振り返り、幅広い分野での協力によって戦略的互恵関係を充実させることが重要だ」と述べて、沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で悪化した日中関係の改善に強い意欲を示していた。
 
 また2月16日の衆院予算委員会でも「いろいろな催し物を日本政府としても応援し、(来年の)日中国交回復40周年の大きな節目の年につなげていきたい。機会があれば、ぜひ私自身も行きたい」と10月訪中への強い意欲を見せた。

 日中両国は毎年首脳の相互訪問を実施しており、今年は日本の首相が訪中する年。5月に東京で行われた日中首脳会談で温家宝首相は菅首相の年内の訪中を招請。菅首相は「本年の都合の良い時期に中国を訪問したい」と応じていた。


---

 だから、空き缶は首相を辞めるつもりはないって言っただろ??民主党の連中の辞書には誠実とか約束とかって言葉はないんだよ。。あるのは自己保身という言葉だけ。全く、鳩ポンにしても空き缶にしても、民主党の連中は考えられないくらい言葉が軽いな。だから誰からも信用されないんだよ。。
 
 いいかげん政治の話から少し距離を置きたいと思っているのに、あまりにくだらなすぎて逆にねたになってしまうところが、民主党が民主党たるゆえんなのかもしれませんね(・∀・)

  2011年7月2日(土)
 現代ビジネスより転載。NHKスペシャルで大反響誰でも可能 これで寿命は10年延びる

---

「サーチュインと呼ばれる特定の遺伝子を活性化させれば、人間の寿命は10年延びることがわかってきました。最高齢記録は130歳になり、100歳まで生きる可能性のある人は、110歳まで生きられるようになる」

 そう断言するのはアメリカを代表する名門・マサチューセッツ工科大のレオナルド・ガレンテ教授だ。ガレンテ氏が発見し、サーチュインと名付けられたDNAが、6月12日に放送された『NHKスペシャル・あなたの寿命は延ばせる ~発見! 長寿遺伝子~』をきっかけに、いま大きな話題となっている。

 人間を含む多くの生物が保有するというサーチュイン遺伝子は、老化の原因といわれる活性酸素の発生を抑制し、免疫細胞の暴走を食い止める機能をもつ。その結果、老化の進行を遅らせることができ、寿命を延ばすことにつながるというのだ。

 番組でもコメントしたガレンテ教授が続ける。

「サーチュインは普段は眠っている状態にあります。しかしその機能を最大限に引き出すことができれば、動脈硬化やアルツハイマー病など、加齢に伴う病気の発症を遅らせることができるんです」

 さらに現在までの研究では、認知症や加齢性の難聴、しみ、しわなどの進行も抑制する効果があるといわれている。まさに「不老長寿」を司るような遺伝子なのである。

 そんな人類の希望を背負った「長寿遺伝子」を宝の持ち腐れにしないためには、サーチュインのスイッチをONにしなくてはならない。その方法として『NHKスペシャル』では、「カロリー制限」をあげている。

 根拠として紹介されたのは、アメリカ・ウィスコンシン大で20年以上にわたり実施されている、アカゲザルの実験だ。同大の研究チームは、アカゲザルを2群に分け、一方のグループに与える食事量だけ通常より30%減らし、互いの比較データを取り続けたという。

 現在、アカゲザルたちは人間で言えば70歳を超える高齢となっている。一般的なカロリー量を与えられたグループは、その半数が死んでしまったが、カロリーを制限されたグループは、なんと8割以上がまだ生きているというのだ。

 フロリダ大学加齢研究学部助教授の染谷慎一氏は、自身の研究結果をもとに解説する。

「同様にサーチュイン遺伝子をもつマウスでも、カロリー制限されたほうが必ず長生きする。やせていて、生活習慣病の発症も遅く、健康状態が長く保てる。カロリー制限というのは、ありとあらゆる生物に保存されているメカニズムなんです。昔は飢饉状態が必ず来た。サーチュインは、その時に生き残るために、エネルギーの使いすぎを抑え、そのストレスに反応して活性化されるようです」

染谷氏のグループによるマウスへの実験では、カロリー制限によって、加齢による難聴の発症が抑えられるということも判明している。

 東海大学医学部抗加齢ドック教授、久保明氏が言う。

「エネルギー摂取量が過剰になった時と、逆に制限した場合では、体内では異なる反応が起こります。カロリー制限が人体にどういう影響を与えるかという研究は昔から行われてきました。'06年には、6ヵ月間、カロリーを70%にする実験が行われ、動脈硬化が抑制されるという研究もあります」

 現代の日本人の摂取カロリーは、男性で1日2100~2200kcalといわれる。その7割、1500kcal程度の摂取量を想定すると、腹七分程度でやめ、甘いものや油っこい物は、当然我慢が必要だ。しかもサーチュインの活性化には食事量を継続して制限することが必要で、一度満足に食べてしまうと、すぐにOFFの状態に戻ってしまうというのが歯がゆい。

 久保氏は、カロリー制限の効果を認めながらも、ただ闇雲に行うのは危険だとも言う。

「急に食事量を減らしすぎると、骨や筋肉に悪影響を及ぼすことも考えられます。

 高齢になると、サルコペニアという筋肉量が減少する症状が進行して、こけただけで寝たきりになってしまう。これを防ぐにはタンパク質はもちろん、カロリーを摂らなければならない。いくら長生きしても、筋力が低下し、歩くこともままならない状態では老後も楽しくない。カロリー制限をすることには、こうした相反する問題もあるんです」

 では食事を我慢する他に、サーチュインを活性化する方法はないのだろうか。『NHKスペシャル』では、番組の最後でレスベラトロールというポリフェノールの一種を取り上げ、マウスの持久力が上がるという実験結果を紹介していた。人間に投与すると血管が若返り、記憶力がアップすることも提示している。

 札幌医科大学医学部薬理学講座教授の堀尾嘉幸氏が説明する。

「カロリー制限したときと同じように、サーチュインを活性化させるのではないかといわれているのが、レスベラトロールという化合物です。ブドウの皮や赤ワインに含まれるポリフェノールの一種で、代謝を高めて脂肪を燃焼させる働きがあります。また、インシュリンの働きを促す作用もあるため、血糖値を下げ、糖尿病や動脈硬化を抑制する効果もある」

 以前「フレンチ・パラドックス」という現象が話題になったことをご存じだろうか。ワインを大量に消費するフランス人は、脂肪摂取量はアイルランドやデンマークなどと同レベルなのに、心筋梗塞による死亡率が、欧米の主要国の中で最も低い。そのため赤ワインに含まれるポリフェノールが、生活習慣病の予防になるのではないかと多くの科学者が研究に乗り出した。堀尾氏が続ける。

「フランス人の大人は1日500mlぐらい赤ワインを飲んでいる。通常、アルコールの大量摂取はよくないのですが、フランス人の場合は、その常識があてはまらなかった。その原因が赤ワインに含まれるポリフェノール、つまり、レスベラトロールの効果によるものだろうといわれているのです」

 心筋梗塞だけではない。レスベラトロールには、認知症の予防や改善効果もあるという。名古屋市立大学大学院医学研究科教授の岡嶋研二氏は、レスベラトロールが脳機能の改善に効果があると主張する。

「マウスに、レスベラトロールを多く含む赤ワイン2mlを3週間、毎日与え続けました。その結果、脳の中の記憶を司る海馬と呼ばれる神経細胞が、レスベラトロールを飲まないマウスに比べて2倍に増加していた。迷路でゴールにたどりつく時間も、訓練開始から5日目に、飲まないマウスの半分になった。効果がどこまで持続するかはまだ課題ですが、レスベラトロールが伝達物質を通して、脳に影響を及ぼしていることを確認しました」

すでにアメリカなどで、サプリメントとして広く浸透しているレスベラトロールだが、日本でも人体への治験に向け、いくつかの製薬会社が動き始めている。

 たしかに、空腹を我慢してカロリー制限するよりも、サプリメントを飲むほうが、はるかに簡単だ。しかも好きなものを好きなだけ食べていいとなれば、なおさらだ。だが、そうそううまい話ばかりはない。

 ワシントン大学のルイジ・フォンタナ教授は、こう警告する。

「レスベラトロールが寿命を延ばしたのは肥満のマウスだけで、普通の体重のマウスは寿命が延びなかった。レスベラトロールはポリフェノール性の分子ですが、高濃度のポリフェノールはある種の細胞にとっては有毒でもあるのです」

 ガレンテ教授とともにサーチュイン遺伝子を発見し、今回の『NHKスペシャル』制作にも携わった、ワシントン大の今井眞一郎教授は言う。

「レスベラトロールのような物質を使ってサーチュインを制御する方法は、確かにまだ開発段階です。ただサーチュインの活性を外側から促す薬は、5~10年のうちには実現できる。20年も30年も先のような夢物語ではありませんよ」

 ただ、「単純に薬を飲めば寿命が延びると考えてはならない」と今井教授は釘をさす。

「重要なのは、ただ寿命を延ばすのではなく『ヘルス・スパン(健康な期間)』をより長く過ごすことです。

 そういう意味でも、サーチュインを刺激して老化を防ぐには、特効薬に期待するより、〝腹八分目〟と〝適度な運動〟を続けることが、ずっと効果的なんです」

 寿命は延びる。そして、それを手助けしてくれる薬も近い将来できるかもしれない。しかし、薬ばかりに頼るのではなく長寿国・日本の原点である「腹八分目」の教えを、もう一度想起してみてはいかがだろうか。


---

 腹八分目が日本人の原点かどうかはともかく、身も蓋もない言い方をさせてもらうと、余計なお世話としか言いようがありません。。なんでって、今の社会保障費の増大だの年金問題だのって、老人が多すぎるから起こるんですよ。。今の日本でも国家破綻云々言われているのに、これ以上老人が増えたら、ますます国家の破綻が迫ってくる。。
 今政府がすべきは、国民の資産の6割を占めている60歳以上の老人にもっと負担してもらうことじゃないですかね??それと、人口ピラミッドをきれいな三角にすること。・・・・下を増やすより、上を減らすほうが楽でしょ(・∀・)

 まあ、こんなことを書くと、必ず「姥捨て山」的なことを言う人がいるが、そんなことを叫ぶ人の中に、今の社会保障費の増大を防ぐ方法があるんですかね??「あるところから徴収する」のは当たり前くらいに考えるべきでしょ。。もちろん生活保護を受けているような人のことも考慮する必要もあるが、人はいつか死ぬのだから、必要以上の延命などせず、自然と寿命が尽きるのを待つくらいの余裕があってもいいんでないでしょうかね??そうでもしないと、老人たちに日本という国を食い潰されるよ?

 最近は人権だの人道だのと言うと錦の御旗みたいな風潮があるが、人権だの人道だのってのは、明らかにキリスト教の思想だ。キリスト教徒には「人は神様が作った特別な存在」という意識があり、彼らは、自分たちを地球の征服者か何かと勘違いして、地球全土を好き勝手に壊している。
 彼らはアフリカで死亡率が高いから、人道の名のもとに多額の援助をし、死亡率を下げた。しかし、彼らはなぜその地の出生率が高いかを全く考慮しなかった。そう、死亡率が高いから出生率も高くなるんですよ。それでアフリカでは生態系のバランスを保ってきたのだ。しかし、彼らは死亡率だけを下げたため、その土地には人があまりに多くなった。おまけにろくな産業も育ててないから、慢性的に貧乏になった。それどころか、援助を受けたアフリカ人は、支援してもらうのが当たり前になってしまい、自分たちが働くという概念すらない。良かれと思ってやったことが、実はとんでもないごく潰しを生み出してしまったのだ。また、彼らの生活環境をよくしようとした結果、今度はその土地に住む動物は追い出され、絶滅の危機に瀕している。マウンテンゴリラがいい例だ。
 このように、生態系を無視した施策をしたら、それはそのままその地に住む全生物に影響を与えるわけですよ。

 しかし、日本人ははるか昔から人は生態系の一部であり、死というものを全く自然に受け入れてきた。それは、徒然草等の古典を読めば分かることだ。
 
 もっとさ、日本人は日本人らしく生きればいいじゃん。明治以来延々西洋のコピーばっかしてきたけど、それで日本がよくなったか??「法律を破らなければ何をしてもいいんだ」とかぬかす連中が増えただけだろ??
 今の西洋の思想から学ぶ事なんて何もないよ。ってか、西洋の思想が世界を壊してるんだ。人権・人道の名のもとにね。人の命なんて弾丸1発紙切れ1枚で吹き飛ぶほどのものなんですよ。地球の上では塵と同レベル。
 いいかげん「人の命は地球より重い」なんて左巻き全開のフィクションから抜け出して、「死」というものが誰にでも訪れるということを自然に受け入れるようになるべきだと思う今日この頃です(´・ω・`)


 思いつくまま書いていたら、またもや?全く違う展開に・・・・。。ま、いつもの事ということで(´・ω・`)

  2011年6月30日(木)
 保守系ブログを久々にサーフィンしてたら、中国大使館による土地売買云々ってのがあったのだが、どうも外国の大使館が日本の土地を購入すると、固定資産税等税金が一切かからないらしい。だから、愛知県や新潟県で中国大使館が土地の購入云々言ってるのか。。
 ほんと、こんな法律があることも問題だが、それを知ってて中国に土地を売ろうとする民主党や地方自治体ってのは、もう頭がいかれてるとしかいいようがないだろ。。誰だよこんなバカなこと進めてる奴。。こんな奴ばっかだから日本は海外からバカにされるし、復興だって全くすすまないんだ。。頭使う方向が全く逆だってことにいいかげん気づけよ。・・・・って無理か┐(´д`)┌
 ついでに、これに関する動画があるので、リンク貼っておきます。中国が麻布5677m2土地購入!しかも無税!?外務大臣が容認【小野寺五典】


 ・・・・って思ってたら、もうひとつとんでもな内容があったので紹介しておく。



 ちょっと見にくいので、文字起こし。それにしても、下の文字が邪魔だ・・・・。。


警告

日本人は直ぐに立ち退きください

この麻布は既に日本国政府の誘致により
中国同胞の所有物となりました

これは良心からの警告です

我々の親切に感謝しなさい

小日本の法律が活用のうちに日本人は
早期に立ち去る事を警告しています

中国は土地所有を承めません


 ・・・・え~~と。。大筋では分かるのですが、かなりの部分が意味不明。。どうも、先に書いた土地売却の件にからんで、その周辺に上記のビラがポストに投函されていたらしい。。
 
 正直、どこまでほんとのことか分かりません。が、これの動画をみてみると、説明してるのは、ドラクエの音楽を作曲したすぎやまこういち氏!。真偽のほどはともかく、とりあえず、一回見ておく事をおすすめします。ただ、ゲストが中山某ってのが怪しさ満点なんですが・・・・。。

  2011年6月29日(水)
 他の地域は知らないが、北九州では梅雨明けしたような暑さで、体がとろけそうです(´-ω-`)  ただ、これだけ暑くても蝉の鳴き声が全く聞こえないので、まだ梅雨ってことなんでしょうね(´・ω・`)

 まあそれはともかく、おそらく昨日の東電の株主総会には結構な人が興味を持ったと思うけど、どうやったら株主総会に出席できるかも知らない人が多いと思うので、今日はそのあたりを少し書いてみます。

 株主総会に出席するには、当然株主にならなければならないのだが、いつ持っていても株主総会に出席できるわけではない。ではいつ持っていたらいいかというと、企業の決算日に株主になっていればいいのだ。
 企業は1年に1回決算があるのだが、そのほとんどは3/28か9/28のどちらかだ。東電をはじめ他の電力会社は3/28が決算だから、3/28~3/29にかけて株を持っていれば株主とみなされ、株主総会に出席する権利が与えられる。逆にいえば、それ以外の日にいくら持っていても、3/28以前に株を売ってしまえば株主とみなされないのだ。

 さて、これでめでたくあなたは東電の株主になり、今度は東電に原発廃止の株主提案をしなければならないのだが、オレはその方法を知らないので、各自で勝手に調べてください(・∀・)   まあ、誰かが毎年提案しているそうなので、それに乗っかればいいんじゃないでしょうか(´・ω・`)

 日にちが瞬く間に過ぎて、株主総会の日になりました。いよいよ議決です。もちろん議決内容は原発廃止の提案その他諸々なのだが、当然議決するには票がいる。その数は出席株主の2/3。。これがどのくらい大変かを数字で示してみよう。

 東電の発行済み株式に対し、上位10名の持ち株分は24.3%(もちろんそれ以外にも持合い等があるだろうがここでは割愛)。彼らのような事なかれ主義の権化のような連中は100%の確率で出席し、株主提案に反対するだろう。いわゆる抵抗勢力という奴だ。。それに対し、株式を所有している人(特に個人)はかなりの人が議決権を放棄(出席しない)するだろうから、仮に大株主以外を原発停止派と仮定し、そのうち50%が出席したとすると、およそ38%弱が反対票となる。しかし、議決には2/3の票が必要なので、これだけの数を集めても60.1%(38%/(24.3%+38%))で少し足りない。

 言ってる事分かります??大企業や、大株主がいる企業ってのは、株主提案を通すのはほとんど不可能なんですよ(´-ω-`)  もしどうしても議決したかったら、特定株主保有分以外のほぼ全株式を反原発派で買い占めたうえで、株主総会に反原発派株主全員が出席するくらいしなければならないってことです。。


 ・・・・と、ここまで書いて、ふと思った。ほんとに不可能なのか??と。。このままだとちょっとくやしいので、ちょっと妄想全開でシミュレートしてみます(・∀・)

 まず、「原発廃止を訴える会」という法人を作る。んで、そこに全国からの寄付を受け付ける。反原発を訴える人は結構いるだろうから、それなりの額が集まるだろう。んで、それをとりあえず東電株に資金を集中的に投入する。報告はネットのみ、人員はボランティア、事務所は誰かの自宅にして、徹底的に経費を節減する。
 今は株価が300円近辺だから、かなり簡単に買占めができるはず。とりあえず、目標を株式の10%程度にして一気に買えば、後々楽になるだろう。とにかく、スピードが大切なので、株価が上がる前に、考える前に買う。
 後は、「現在これだけ集まりました」と報告し、さらなる寄付をお願いすれば、「そこまできたのならもうちょいだ」って感じで、また寄付が集まる。配当金が出るようになっても、当然それもさらなる投資に回す。
 
 ・・・・というような感じなのだが、これには問題点が2つある。
 1つ目は、ベラボーなお金がかかるということ。例えば、現在の株価を300円と仮定すると(実際は今日の終値で325円)、発行済み株式の5%をその金額で買うだけでも大体240億円もかかる(1607000千株×5%×300円)ヽ(´Д`。)ノ
 しかも、株を買うと当然株価は上がり、買占めが徐々に困難になるし。。
 いかに日本人がお金持ちでも、さすがにこれだけのお金を集めるのは困難かと(´-ω-`)
 2つ目は、実はこっちのほうが問題なのだが、万が一東電が破綻したら、投資したお金が53となってしまう、ということだ(´・ω・`)
 
 まあ、株に投資をするということは倒産のリスクを承知するのが原則なので、それだけのリスクを承知して、それでも電力会社に原発廃止を訴えたいなら、上記の方法を試してみてくださいまし(´・ω・`)

 ところで、今回の株主総会に出席するには当然3/28に株主になっていないといけないわけだが、そのころの株価がどうなっているかというと・・・・


 こんな感じ(´・ω・`)
 こんな状況で買える人はある意味すごい。。


 産経新聞より転載。中国新幹線の特許申請に不快感 JR東海社長「日本の汗と涙の結晶」

---

 JR東海の山田佳臣社長は29日の会見で、中国の政府系鉄道車両メーカーが、日本やドイツの技術を活用した中国版新幹線の技術特許を米国で申請する方針を打ち出していることについて、「新幹線技術は国内のメーカーと旧国鉄(現JR)の技術陣の長い期間にわたる汗と涙の結晶だと思っている」と述べ、不快感を示した。

 中国の鉄道車両メーカー、南車集団は、中国版新幹線の車両「CRH380A」の技術特許を米国で申請する方針で、将来の車両輸出を狙った戦略とみられている。南車集団は独自開発を主張しているが、実際は川崎重工業など日本企業が開発した新幹線「はやて」などの技術供与を受けて改造した。

 山田社長は、技術を供与した川崎重工に対しても「技術立国に恥じない対応をしてもらいたい」と語り、供与技術の範囲などを明確にし、特許侵害には断固対処するよう求めた。


---

 いっちゃあなんだけど、同情の余地はありませんな。中国へ技術供与するからこんなことになるのです。確かに中国は巨大な市場に成長したけど、そこで技術を提供することは、それは=技術盗難があることを前提に提供すべきだ。。ってか、こうなることはiPed一つとってみても予想できたはずなんですが、ひょっとして、いまだに日本の企業は中国を「よきパートナー」とか勘違いしているのでしょうか??
 はっきり言って、こんなものに大企業も中小企業も関係ありません。
 中国で作る→中国企業がまねする→他国でその技術を特許申請、ってのは中国企業のガチな方法だから、中国で物を作るということがどれだけハイリスクか、日本の企業も今回の件で分かったはず。これでも中国という国が理解できないような企業は、骨までしゃぶられ泣く泣く撤退し、最悪本業まで倒産に追い込まれる運命にあるでしょうね(´・ω・`)

  2011年6月28日(火)
 代替えエネルギーにできそうなものをずっと探していたのだが、ようやっと1つ見つけた。以下、NEWSWEEKより転載。CO2ゼロ、放射能ゼロの新「石炭発電」

---

 石炭火力発電所といえば、煙を吐き出す煙突がつきもの。しかし同じ石炭発電でも「フューチャージェン」計画の設計図には煙突がない。二酸化炭素(CO2)の排出ゼロが売りなのだ。

 フューチャージェンは、アメリカ主導の国際共同プロジェクト。原型プラントは、国内15万世帯の使用電力を上回る年間出力275メガワットの発電能力をもつことになる。CO2を大気中に放出せずに新技術で回収し、永久に地中に閉じ込めるのが特徴だ。

 米エネルギー省が民間と合同で進めている10億ドル規模の同プロジェクトは、2012年までにイリノイ州かテキサス州でプラント稼働が始まることになっている。

 産業革命の原動力となった石炭は、化石燃料のなかで最も埋蔵量が多く、今後250年間はもつとされている。しかし従来の石炭発電を続ければCO2が地球を覆い、あと数十年で極地の氷が溶けてしまうと専門家は警告する。

 いま稼働中の石炭火力発電所の大半は公害の元凶で、なかには年に自動車200万台分もの大気汚染物質を吐き出すものもある。石炭は人間の活動で作り出される温室効果ガスの3分の1を生み出し、地球温暖化の最大の要因になっている。

「この物質を従来どおりのやり方で燃やせば、地球は滅びる」と、ニューヨークの天然資源保護協議会は05年の報告書で断じている。

 石炭燃焼で作った蒸気でタービンを回して発電する従来のシステムは、石炭の潜在エネルギーの35%しか活用していない。

 一方、最新の石炭ガス化複合発電は、化学反応によって石炭をガス化してタービンを回す。その際の排ガスの高熱で作った蒸気で蒸気タービン発電も行うため、総合効率は50%近くに達する。フューチャージェンの特異な点は、CO2を廃油田や地下帯水層に閉じ込めることで大気中への排出ゼロをめざしていることである。

 いずれにせよ、問題は費用だ。ガス化複合発電のコストは従来型の2倍。CO2の地中貯留も現段階では実験的な試みにすぎないため、中国などはリスクが高すぎると判断するだろう。

 実利重視の中国では、石炭洗浄などの排出抑制対策を行っている石炭発電所は、全体の2割にすぎない。電力不足や原油高で石炭利用が盛んになるなか、大都市での大気汚染が深刻になっている。

 中国政府も問題を認識している。胡錦濤(フー・チンタオ)国家主席は06年のG8サミット(主要国首脳会議)で、クリーンな石炭発電への国際協調を呼びかけた。


---

 この記事、もとは2007/1/3に掲載されたもののようでして。。どうやら今の原発問題に対するNWの方向性を示したってとこでしょうか??

 個人的には地球温暖化人為説は眉唾物だが、CO2の排出が0の石炭発電そのものはいいと思う。実現するかどうかはともかく、こういった分野にはお金をつぎ込んでもいいのではないでしょうか??
 少なくとも、もんじゅのようなドブにお金をばらまくような事をするよかましでしょう。予定では来年稼働ということになっているが、是非とも成功して欲しいものです。ウィキによると、日本も技術や資金を提供しているようなので、もう一歩関係を深めて「共同研究」というところまでいってほしいですね。

 ただ、どうやってCO2を地中に埋めるのか、「ヒューチャージェン」で調べてみてもいまいちはっきりした事が書かれていないのが残念なところ。もう少ししたら情報が出てくるのか、それとも計画倒れになるのか・・・・。。
 誰かこの計画についてもちっと詳しく調べてくれないかな(・∀・)

  2011年6月27日(月)
 共同通信より転載。8月会期内退陣で一致 政権幹部、3条件前提に

---

 民主党の岡田克也幹事長、枝野幸男官房長官ら菅政権幹部は26日夜の会合で、2011年度第2次補正予算案、公債発行特例法案の成立と、再生エネルギー特別措置法案採決の「3条件」が実現すれば、8月末までの今国会会期内でも菅直人首相の退陣と代表選実施が必要になるとの考えで一致した。これに先立ち岡田氏は、首相も同様の認識だと説明した。
 会合では、首相の8月退陣をにらみ、公債法案などの処理を急ぐ方針も確認。民主党執行部は(1)8月中の代表選を経て新首相を選出(2)与野党協議機関で第3次補正予算案を本格編成(3)9月の臨時国会に3次補正を提出―する日程を念頭に置く。


---

 イオン幹事長は本気でそれで辞めさせられると考えているんですかね??どうせ8月になったら「原発処理がまだ」とか、「仮設住宅がまだ」とか言い出すだろうに。。どうしても辞めさせたいなら、口約束ではなく、文書で残しておくくらいしないとダメだろ。。しかも、野党は再生エネルギー買い取り法案に反対なんだそうだ。。民主党内部でも法案に反対する連中がいるだろうから、まずこの法案は通らないだろう。。
 とりあえず、閣僚全員が辞任するくらいしないと、空き缶は辞めないのではないか??・・・・それでも辞めなさそうだけど。。なんか、そろそろ国賊と呼んだほうがいいレベルに達しつつあるな・・・・。。

 それにしても、本業が自転車操業でアップアップな孫禿の国にたかろうとする根性ってなんとかならないものですかね??太陽光なんて海外の大手でも国が高値で買い取らないと赤字になるってわかっててこういう案を提示してると思うから、こいつも禿鷹の一種だろ。。・・・・なんのひねりもなくてすいません(´-ω-`)
 
 上記の言い方で分からない方はいないと思うけど、ようは我々の血税でソフトバンクを養うってことですよ(´・ω・`)


 もうこんなのしかブレーンはいないのかよ空き缶には。。さすが、官僚も自民党もアメリカも党内も信用できない人間だな。。ってか、たぶん閣僚も党役員も信用してないだろ。。この現状で空き缶を支持する人がいまだにいることが、オレには不思議でならない。空き缶1人で政権を運営しているわけではないことに、いいかげん気づけっつーのな。


 福井新聞より転載。もんじゅ落下装置回収終える 準備難航、作業大幅遅れ

---


 日本原子力研究開発機構は24日午前4時55分、高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)で原子炉容器内に昨年8月落下した炉内中継装置(全長約12メートル、重さ約3・3トン)の回収作業を完了したと発表した。装置の点検などを経て今秋までに事故前の正常な状態への復旧を目指す。

 引き抜きは当初、23日午後3時ごろに始まるとみられていたが、収納する容器下部にある筒からアルゴンガスが漏れていると判明。ゴム製の部品が破損しているのが分かり、準備作業を一時中断した。引き抜き開始は同日午後8時50分と大幅にずれ込んだ。約20人の作業員がクレーンを使い作業を開始。10分間に24センチのペースで約8時間かけて徐々に引き上げた。

 同装置は昨年8月、燃料交換を終えて搬出するためにつり下げた際、落下した。2回にわたり回収を試みたが、落下の衝撃で変形し、引き抜けなかった。そのため、「スリーブ」と呼ばれる上ぶたの一部(約3・6トン)と一体で引き抜くことになった。

23日午後に始まるとみられた高速増殖炉「もんじゅ」の原子炉容器内に落下した炉内中継装置の回収作業。「失敗は許されない」との思いが日本原子力研究開発機構には強く準備作業を慎重に進めたが、新たに製造した器具の調整に手間取り、作業は大幅にずれ込んだ。

 原子力機構が23日に回収作業を行うと最終決定したのは同日午前2時半。午後3時前後からの引き抜き開始を念頭に、午前7時45分から最終作業に取りかかった。

 器具の取り扱いは、工場で繰り返して習熟したはずだった。しかし、現場は想定していたより狭く、作業は困難を強いられたという。

 公開された作業を取材するためにもんじゅ構内に入った報道陣は約2時間半足止め。近くの展示施設では、遅れている原因をめぐって説明が行われ、原子力機構は「手順書に入っている想定内のこと」と強調した。

 引き抜きを無事終えた上で原子力機構は本年度内の40%出力確認試験の開始を目指してきたが、東京電力福島第1原発事故を受けた安全対策をめぐり、スケジュールの遅れは必至の状況。原子炉容器内に重さ3・3トンの大型構造物が落下し、経験したことがない大掛かりな回収作業に加え、「次はない」という緊張感が現場に重くのしかかった。


---

 4/17にもんじゅの事故を紹介したが、どうやら回収作業は成功したようです。とりあえず、ほっと一息ってとこですかね(´・ω・`)

 それにしても、なんでもんじゅのような細心の注意を払う必要がある場所で、このような事故が起きるのでしょう??過去にも様々な問題が起きているし。。原発で働く方々は、一歩間違えば取り返しのつかない事故になるという認識がないのでしょうか??全く不思議でなりません。
 前も書いたけど、日本人、特に原発に関わる人というのは、危機意識が低すぎる。なぜ「起きないだろう」、「大丈夫だろう」なんて発想が出てくるのだろう??なんか、この危機意識の低さが原発事故が起きる原因な気がするよ。。
 使い物にならない高速増殖炉なんて税金の無駄遣い。放射能を無害化する技術が確立されない限り、原発に関わるものは扱うべきではない。。いいかげんこれも廃炉にしてほしいですね(´-ω-`)


 今日のどうでもいいこと。
 アップデートでIEを9にしたら、なんかお気に入りが右上の隅にいってしまって使いにくい。おまけに、アドレスで検索するとなぜかヤフーだし。。あんな役に立たない検索エンジン使うんじゃねーよ( `д´)
 ・・・・仕方ないので、グーグルツールバーをインストールしました(´・ω・`)

  2011年6月26日(日)
 日経BPより迷走する覚悟なき“脱原発”を紹介。転載はなしで。。コメントが豊富なので、こちらも見る価値あり。

 いまいち具体論に欠けるが、個人的にはおおむね同意見でしょう。電料金上乗せ云々とか納得しかねる部分もあるが。。それよりも問題なのがコメント欄の方々。一応一通り読んでみたが、ほぼ(消極的に)原発推進、数十年後に廃止、即廃止の3つに分かれるようで(それしかないか)、それぞれ意見がはっきりしていてとても分かりやすいですね。

 個人的には、原発推進は論外以外の何物でもないのは明白。理由は説明不要なので割愛。
 問題なのが即廃止。気持ちはよく分かる。正直、できれば即時停止のほうがいい。ただ、何度も書くが、現実的ではない。なにが現実的じゃないかって、例を一つ挙げよう。

 例えば、全原発を即停止したと仮定しよう、そうすると、当然電力が足りなくなる。するとどうなるか??近所のスーパーを想像してみるといい。スーパーでは食料品を扱っている。レトルトばかりでない。肉や魚、野菜等生鮮食品もある。そこへ計画停電が起こるとどうなるか?当然それらは腐って使い物にならなくなる。計画停電の度にだ。するとどうなるか??スーパーは店に生鮮食料を置かなくなる。保存できないから、当然の処置だ。するとどうなるか??少ない食料を巡って争いになり、それはすぐさま価格に反映される。インフレのはじまりだ。
 これを防ぐためには店が独自に自家発電をする必要があるが、その費用は??当然顧客が負担することになる。結果、商品は値上がりする。もしくは店負担になり、社員の給料が減る。自分たちの論理で原発を止めておいて、「値上げするとは何事か!」と言いそうな雰囲気なのが、残念ながら今の即停止派。自分たちの社会的正義を店に押しつけても何も思わないし、それを当然と考えている人ね。まるでどこぞの市民運動家みたいな。。もちろん全ての人がそうでないとは思うが、1年先5年先どうなるかなんて考えもせず叫んでる人が多すぎるように思えてならないね。

 何度も書くが、オレも原発は廃止すべきと思う。しかし、社会全体を考えると、代替えエネルギーが確立するまでは必要だと言わざるを得ない。「自分が節電できるから原発いらない」ではなく、社会的な影響を考えて発言すべきだ。社会は自分中心に回ってるわけではないのだから。


 今日の蘊蓄。
 独り言は、人が言語を忘れないための本能である。それはつまり、人が一人では生きていけない事を意味するのです(´・ω・`)

  2011年6月25日(土)
 時事通信より転載。小笠原諸島 世界遺産に ユネスコ決定

---

 パリで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会は二十四日午後(日本時間同日深夜)、日本政府が推薦した自然遺産「小笠原諸島」(東京都)を世界自然遺産に登録することを決めた。遺産条約の締約国から選出された二十一カ国の全会一致だった。大陸から隔絶された環境で、独自の進化を遂げた豊かな生態系を保っている点が高く評価された。日本の自然遺産登録は二〇〇五年の「知床」(北海道)以来六年ぶりで、四件目。東京では初めての世界遺産になった。 

「平泉の文化遺産」(岩手県)も二十五日中には世界文化遺産として認められる見通しで、国内の世界遺産は計十六件になる。複数の世界遺産が同時に登録されれば、一九九六年に登録された「原爆ドーム」(広島県)と「厳島神社」(同)以来になる。

「東洋のガラパゴス」に例えられる小笠原諸島の審査では、オーストラリアやエジプトなどの締約国から世界遺産登録による環境への影響について質問が出された。日本側は「観光客の人数は制限されており、影響は小さい」と主張。最も面積が広い父島に渡る交通手段は週一便の船にほぼ限られていることなども説明した。

 小笠原村を代表してパリを訪れ、世界遺産委員会の審査を見届けた石田和彦副村長(63)は「首都に自然遺産ができたのは、すごいこと。世界的にも例がない」と語った。

 同委員会は二十三日から世界遺産候補の個別審査を始める予定だったが、議事進行が大幅に遅れ、審査開始が延期されていた。

 石原慎太郎東京都知事の話 都は国に先駆けて外来種対策を進め、都独自のエコツーリズムなど、小笠原の自然保全に取り組んできた。世界遺産登録はあくまで通過点で、ゴールではない。小笠原の自然を永遠に保全していくことが重要で、それが世界に対する責務。都は今後も小笠原の自然遺産を将来世代に確実に引き継いでいく。

---

ヽ(・∀・*)乂(*・∀・)ノ バンザーイ♪

 いやいや、え~ことです。最近なんか暗い話題しか見つけられなかったので、たまにはこういう明るい話題は欲しいよねヽ(*´∀`)ノ  そういえば、平泉も世界遺産に登録されたとかってことらしいけど、日本には古くからの伝統・文化が残った地域がまだまだあると思うので、今後も積極的に世界遺産への登録を推進していくべきでしょう。そのほうが、日本という国のよさを世界に知ってもらえるしね(*´∀`*)ゞ
 実はね、日本に関心がない外国人って、世界には結構多いんだよ(興味あるのは日本の製品や料理だけ)。。だから、こういった活動を通して、日本に関心を持ってもらうことって、とても大切なことだと思う。そうすれば、海外からの観光客が増えて、少しはお金を落として行ってくれるかもしれない。
 
 書いてて気がついたんだけど、日本の資産の6割を握っている老人が全くお金を使わないうえ、無駄なくらい社会補償は多いから、国がこんな者金漬けになってしまったんだと思う。。だったら、遺産相続である相続税を3倍くらいに増やして、贈与税を減らせばいいのでは・・・・と思ったが、なんだかそんな政策をやり始めたみたいなことをいつぞや聞いた気がする・・・・。。


 今日のどうでもいいこと。
 今まで、マイPCの壁紙といえば

 こんなのとか
こんなのだったけど
(どこか分かったあなたには
神社仏閣マニアの称号を与えよう!)


ちょっと気分を変えて

 こんな感じにしてみました(*´∀`*)ゞ


 まあ、オレは相当飽きっぽいので(凝り性でもあるが)、気分次第であれこれ変えちゃうんだろうけどね(´・ω・`)

  2011年6月22日(水)
 ロイターより転載。パリ─東京を2時間半、EADSが超音速旅客機を開発へ

---

[ルブルジェ(フランス) 19日 ロイター] パリ─東京間が超音速旅客機で2時間半。そんな夢のような計画が19日、航空機大手エアバスの親会社で欧州航空・宇宙・防衛大手EADS(EAD.PA:から明らかにされた。

 二酸化炭素を排出しないゼロ・エミッションが特徴の同機は「ZEHST」と名付けられ、通常の滑走路から離陸し、成層圏を飛行するという。当初より商業化を目指して日本と共同開発中で、乗客数は50─100人を想定している。

 EADSによると、離陸には通常のターボジェットエンジン、成層圏までの急上昇にはロケットエンジンを使用。その後、ラムジェットエンジンと呼ばれるエンジンが点火され、高度3万2000メートルをマッハ4(音速の4倍)以上で飛行する。ターボジェットの燃料にはバイオ燃料を使う。

 同社のジャン・ボッティ最高技術責任者(CTO)は「外観はコンコルドに似ている。ZEHSTには新しいものはなく、すべてこれまでに開発されたものを組み合わせる」と説明した上で、2020年までには試作機を完成させたいと話した。

 また、ルイ・ガロワ最高経営責任者(CEO)は、「われわれは数年後に売り出すような商品について話をしている訳ではない。安全面や技術面に加え、これに人間がどう反応するかも見ていかなくてはならない」と述べ、実用化には30─40年はかかる見通しを示した。


---

 なんともまあすごいものを開発するようですね。コンコルドの後継機といったところでしょうか??
 それにしても、東京からパリまで直線で9730キロ。これを2時間半で結ぶということは・・・・時速3890キロ(笑)マッハ1が1225k/hだから、ある程度迂回するとしたら、確かにマッハ4以上ということになる・・・・んですかね??
 どうせ赤字垂れ流しでコンコルドと同じ運命をたどるのは分かり切ったことですが、今からそんなことを言っても仕方ないので、30年ほど生温かい目で見守っていくことにします(・∀・)

 ちなみに、これがそのZEHSTだそうです。
 見た目はかっこいいけど・・・・ねぇ(´・ω・`)


 今日のどうでもいい事。
 先日、NHKのBSプレミアムを見ていたら、ポポポポ~ンを放送していたぞ。。なんでNHKがACを流してるんだ??(´・ω・‘)

  2011年6月21日(火)
 NEWSWEEKより転載。ベトナムvs中国、南シナ海バトルの行方

---

 ベトナムと中国による南シナ海の領有権争いが激化するなか、中国のライバル陣営の頭には単純なアイデアが浮かんだようだ。それは、この海の名前を変えるというものだ。

 ベトナムは、南シナ海という現在の呼び名を「東南アジア海」に変えようと各国や国際機関に働きかける署名運動を展開。呼び掛けは支持を広げている。フィリピンも別の案を考えている。「この海が南シナ海と呼ばれる限り、その名称が含まれる国(シナ=中国)のものだというメッセージが無意識に伝わるおそれがある」と、フィリピン軍広報官のミゲル・ホセ・ロドリゲス准将は言う。「我々フィリピン人はここを西フィリピン海と呼ぶべきだ」

 領有権に関しては、名前が重要な意味を持つと考える人が増えている。石油や天然ガス、鉱物資源が豊富にあると思われるスプラトリー諸島及びパラセル群島は、中国と南シナ海周辺諸国の間で起きている領有権争いの中心地。ここも中国では南沙諸島および西沙群島と呼ばれているし、ベトナムも独自の呼称を持つ。

 だが、この数週間中国と周辺国、さらに潜在的にはアメリカまで含んだ国々の間で高まっている緊張を考えれば、呼称は表面的な問題でしかない。ベトナムはこの海域での調査活動中に中国船から攻撃的な妨害活動を受けたとし、6月13日に9時間に及ぶ実弾演習を行った。中国はこれをベトナムによる領有権の侵害だと非難しつつ、妨害活動を行ったことは否定している。

 ベトナムでは、これまで見られなかったような市民による反中国抗議デモが盛り上がっている。また、フィリピンの政治家たちは中国による「弱いものいじめ」に対抗すべく、中国産製品の全国的な不買運動を呼びかけている。

 南シナ海では現在、6カ国が領海権や島々の領有権を主張している。なかでも中国はどの国より広範囲の領有権を主張し、今やその範囲の拡大さえ目論んでいるようだ。ベトナムやフィリピンとの最近の小競り合いは、地域的・世界的な問題において中国がますます攻撃的な姿勢を取るようになった表れだ、と専門家は指摘する。問題は状況をどう沈静化させるかと、どの段階でアメリカが関わってくる可能性があるかだ。

 中国側は、対立は周辺国のせいだと言いたいようだ。政府系英字紙チャイナ・デイリーの論調もそうだ。だが同時に中国は、武力攻撃への不安を抑えるため地域内での「人気取り作戦」も展開。矛盾したメッセージを発している。

「アジア諸国と善隣関係を築く姿勢を守る中国は、領海を巡る争いによって近隣諸国とトラブルを抱えることを望んでいない」と、チャイナ・デイリーは述べる。「残念なことに、中国の善意と寛容さは近頃うまく伝わっていないようだ。フィリピンとベトナムは、この問題で再び中国を挑発する道を選んだ」

---

 まさに厚かましいことこの上ない中国外交だが、残念ながらこの二枚舌外交は結構に効果的だったりする。。なぜなら、相手国はいちいち中国の不当性を無駄に説明しなければならないし、何より中国国民はこれらの一連の行動を支持しているから。
 個人的には日本もこのくらいの厚かましさがあってもいいのではと思ってしまうのだが、そもそも日本外交とはアメリカ外交の一環にすぎないので、アメリカの許容範囲内でしか自由に発言ができなかったりするわけでして。。

 それはともかく、なんで最近中国がここまで近隣に覇を唱えるようになったかというと、それは当然経済力が増して、それにともなって軍備も増強されたから。つまり、圧倒的な武力で近隣諸国に圧力をかけ、言う事を聞かせるという、まさに覇権国家そのものと言えるでしょう。ま、一昔前の西欧諸国といっしょですな。

 おそらくベトナム、マレーシア、フィリピンあたりは協力して事にあたるだろうが、軍事力の差は圧倒的で勝負にならない。なんせ、中国は漁船の護衛に軍艦を出すくらいだからねぇ。。おまけに、漁船に扮した軍艦も作っているし。時々尖閣諸島近海に現れる漁船なんて、おそらくほとんどがその類だろう。
 これらの国はアメリカに泣きついているが、どうもアメリカはこの問題に腰が重いようだ。理由はよく分からないが、おそらくこれ以上紛争地域を増やしたくないのだろう。アメリカの借金はもはや14兆ドルに達していて、欧州同様火の車だからねぇ・・・・(´・ω・`)  それに、中国に土下座しないと、アメリカ国債を売られてハイパーインフレになる恐れもあるしね(個人的にはそうなる前に、日本は徐々にアメリカ国債を売るべきだと思っている)。。

 この事実が何を意味するかというと、軍事力=外交力というわけですよ。いかに論理的に自国の正当性を主張しても、圧倒的な軍事力で押されるとどうしようもありません。ペンは剣には勝てないのです。それが世界の外交の現実です。
 いまだに日本で非武装中立なんてよ迷い事を言ってる連中がいるけど、世界の現実を全く見ない非現実的な主張としか言いようがないです。。もし日本から自衛隊を無くしたらどうなるか??尖閣諸島を不法占拠されても文句ひとつ言えない、日本本土にミサイルを撃ち込まれても反撃一つできない。そういった事が現実に起こりうるわけですよ。。
 「自衛隊は違法」とか、「日本が平和なら世界は平和」とか、「人類皆兄弟」とか、左翼全開のバカな主張に踊らされていると、日本だけが世界の現実から取り残されて、日本一国が独り負けのような状況になるでしょうね。

 ちなみに、中国がどのくらい南シナ海の領有権を主張しているかというと・・・・

 このくらい(´・ω・`)
 もはや厚かましいとかそういう言葉ですら不十分。

 きちんと国益を主張しないと、これが現実に起こりうると肝に銘じたほうがいいですよっと。。

  2011年6月20日(月)
 JBPRESSより転載。世界経済を脅かす米国のゾンビ消費者

---

 世界経済は新世代のゾンビ(経済的な生ける屍)に足を引っ張られている。

 米国の消費者は前例のない家計引き締めの初期段階にある。2008年初頭以降の13四半期を平均すると、インフレ調整後の消費の成長率は年率換算0.5%だ。

 第2次世界大戦後、米国の消費者がこれほど長期にわたって、これほど弱かったことは一度もない。

 ゾンビ症候群には重要な前例がある。これは日本病の症状であり、日本の「失われた20年」の最初の10年を招いた原因だった。政府の後押しを受け、日本の銀行は多岐にわたる債務超過企業に信用枠を与え続け、リストラと避けられない破綻を先送りした。

 その後ゾンビ企業が密集した結果、日本の生産性の伸び率は著しく鈍化した。政策主導の銀行融資という命綱のおかげで、破綻企業は過剰な労働者と余剰設備を抱え続けることができた。だが、それがバブル後の日本から必要な活力を奪っていった。

 バブル後の米国も似たような状況にある。12年間続いた記録的な大量消費の後、米国の消費者はかつてない困難に陥った。消費の過剰は2つのバブルの上に築かれたもので、基盤となっていた不動産バブルと信用バブルはともに弾けてしまったからだ。

 米国の消費者が、バブルが誘発した大量消費の災禍から立ち直るには長い時間がかかる。過剰債務を返済するデレバレッジングは、やっと始まったばかりだ。

 確かに、家計部門の債務は2011年初頭に可処分所得の115%まで減少した。この数字は2007年に記録したピークの130%より15ポイント低いものの、1970年から2000年までの平均値である75%をまだ大きく上回っている。

 貯蓄の側にも似たようなパターンがはっきり見える。家計の貯蓄率は2011年3月と4月に、可処分所得のたった4.9%だった。2005年半ばにつけた大底の1.2%からは上昇したかもしれないが、20世紀最後の30年間の標準だった8%近い貯蓄率には遠く及ばない。

 日本の銀行と同じように、ワシントンの政策当局はあらゆる手段を講じて合理的な経済調整を防ごうとしている。

 米連邦準備理事会(FRB)は政策が誘発する株価反発の資産効果を消費者に使わせようとして、2度にわたって量的緩和政策を実施した。

 議会とホワイトハウスは、住宅差し押さえ抑制計画やその他の債務減免策を受け入れた。

 その狙いは、様々な問題を無視して再び消費し始めるようゾンビ消費者を促すことだ。グレートリセッション(大不況)によって家計がバランスシートに深刻な打撃を受けたにもかかわらず、だ。ここに隠された意味合いは、米国政府が無謀な行動の復活を黙認しているということだ。

 驚くまでもなく、米国の消費者は米国の政策当局者よりも賢明だ。財政・金融政策が持続不能な状況にあるため、家計は生命維持を図るこうした対策がよくて一時的なものであることを知っている。家計は自らの手で問題に対処しなければならないわけだ。

 労働所得が標準以下の世代や歴史的な高失業率、そして2400万人もの米国人が不完全就業状態にあることは、緊縮の必要性を強めるばかりだ。

 米国のゾンビ消費者にとって持続可能な選択肢は、支出削減とデレバレッジングと貯蓄しかない。最初の集団が退職年齢を迎えた総勢7700万人の老いゆくベビーブーマーにとっては、特にそうだ。

 日本のゾンビの場合と同じように、米国の消費者の慢性的な弱さがすぐに終わる見込みはない。債務負担と貯蓄率がより持続可能なレベルに戻るまでには、少なくともあと3年から5年はかかるのではないかと筆者は思っている。

 米国では今も消費が国内総生産(GDP)の約70%を占めているため、これは米国経済の成長率が大幅に落ち込むことを示唆している。

 米国が迅速に活力に満ちた成長源を発見すれば話は別だが、その点、ワシントンの政策麻痺はとても励みになるものではない。

 世界経済にも影響は及ぶ。日本の弱さと債務に喘ぐ欧州に加え、世界最大の消費国の長引く力不足は、輸出主導型の経済国にとって外需に持続的な圧力がかかることを意味している。急速な内需シフトが起きなければ、新興国世界の成長の奇跡はひどい幻滅を迎える恐れがある。

 残念なことに、米国のゾンビ消費者が米国にもたらす問題は、日本のゾンビ企業が日本経済にもたらした問題より深刻かもしれない。GDPの70%という米国の個人消費のシェアは、バブルで歪められた日本の設備投資部門が1990年代初頭に記録したシェアの3.5倍に上るからだ。

 日本の教訓、特にバブル後のゾンビの密集の教訓を学ばなかったことで、米国経済と世界経済は今後何年も厳しい状況に置かれることになる。成長に飢えた金融市場は大いに落胆することになるかもしれない。


---

 アメリカではリーマンショック以来個人の消費が落ち込んでいるようだが、それがいまだに続いているようでして。。ここで書かれているように、日本の「失われた20年」の後を追っかけているように見えます。んで、ついには政府が「お前ら豚は黙って消費してればいいんだよ!」と言わんばかりの政策を出したのですが、現実に気付いた消費者はもはや政府の言葉に耳を傾けることはなさそうです。

 実はこの問題はもっと根が深い。というのは、アメリカ人は住宅を担保にしてリボルビングで購入していたのだが、その住宅の価格が下がり借りられるお金が減ってしまった上、リボの支払いは数年から人によっては数十年先まで延々続くので、いくらアメリカ政府が購買意欲を誘っても、当分の間アメリカ国民の購買欲が復活することはないでしょうね。。
 ただ、そうなると、当然アメリカへの輸出頼みの国にまで影響が及ぶ。例えば日本や東南アジア諸国はそれ相応の輸出減少になるだろう。。まあ、日本は震災の影響で3月~は輸出減らしいんですけどね。。

 欧州はギリシャ問題で火の車だし、中国は不動産バブルが囁かれてる。。これらが破綻すれば世界はアップアップ間違いないのだが、できればそうなる前に軟着陸させて欲しいと思うのです。。
 そう考えると、今の日本の現状でも、円高になるのは仕方ないのかなぁとも思ってしまうわけでして。。各企業はもう100円↓の状況は「夢」と諦めて、今の80円近辺が適正な円の価値だと認識するしかなさそうですね。 

  2011年6月18日(土)
 毎日新聞より転載。脱原発:一部株主、電力6社総会で提案へ

---

 東京電力など電力6社の株主総会で、一部の株主から原発事業からの撤退などの提案が上がっている。提案は否決される公算が大きいものの、東京電力福島第1原発の事故のほか、イタリアの国民投票で反原発に9割以上の支持が集まるなど、原発への関心は高まっている。「脱原発」の提案にどこまで株主の賛同が集まるかが注目される。

 電力10社の株主総会は28、29日のいずれかに開催。原発を持たない沖縄電力を除く9社のうち、東北、東京、中部、関西、中国、九州の電力6社で、一部の株主が「地元に負担を押しつける原発からは即時撤退すべきだ」(東電株主)などと訴え、原発撤退や新増設の見直しを定款に盛り込むように提案している。

 各社はすでに取締役会で「電力の安定供給と地球温暖化対策のために必要不可欠」(中部電)、「安全確保に万全を期していく」(中国電)との意見をまとめ、株主に公表している。過去にも、電力会社の株主が原発への反対を表明することはあったが、賛同は広がらなかった。今年は事故の影響で関心は高く、「脱原発」の議案についても、「例年以上の賛同を得るのではないか」とみる関係者も少なくない。


---

 なかなかいい案ですね!今日の読売新聞には、「毎年5%程度の賛成しかなかった」みたいなことが書いてあったから(どうも某団体は毎年提案していたらしい)、それがどこまで伸びるか興味深いところです。

 ただねぇ・・・・。やっぱ難しいでしょう。。なんでって、東電の大株主がねぇ・・・・。。
 株主提案が可決するには出席株主の議決権の2/3が必要なのだが、手持ちの資料によると、保有株式上位10位で28.4%もあるんですよ。。もちろん東京都もその中に含まれている。たぶん、というか間違いなく事なかれ主義の大株主は原発廃止の議決は否決するだろうから、大株主以外のほぼ全員の株主の賛成が必要になるだろう。他の電力各社も似たような状況なので、ほぼ間違いなく否決されるでしょうね(´-ω-`)

 ・・・・ほんと、変化がないってのはつまらんですね(´・ω・`)

  2011年6月15日(水)
 首相の月内退陣しぼむ…会期60~90日延長も

---

 民主党は14日、22日に会期末を迎える今国会を大幅に延長する方向で調整に入った。

 菅首相が東日本大震災の復旧を柱とした小規模な2011年度第2次補正予算案(1・5次補正)の編成を指示し、赤字国債の発行を認める特例公債法案の今国会成立にも意欲を示していることも考慮して、60~90日程度の延長を視野に入れている。自民党は会期延長に反対する方針だが、野党側には容認する意見もあり、菅首相の月内退陣論はしぼみつつある情勢だ。

 首相は14日の参院東日本大震災復興特別委員会で、「少なくとも今、国会に出している法案についてはきちんとやっていく」と述べ、特例公債法案などを成立させるまで続投する考えを強調した。「いつまでにやめようと思っていたとしても公にしない」とも語った。

---

 と、なったかと思えば、岡田幹事長、延長国会中に菅首相退陣との認識

---

 民主党の岡田幹事長は15日午前、同党の安住淳国会対策委員長と国会内で会談し、22日に会期末を迎える通常国会を90日間延長する方針で一致した。

 これに先立ち、岡田氏は川崎市内で開かれた日本郵政グループ労働組合(JP労組)の定期大会であいさつし、「大震災のおり、国会を閉じて国会議員が夏休みを取っていることはあり得ない。大幅延長して必要な法案をしっかり審議して通していく」と述べた。

 岡田氏はそのうえで、「菅首相は『メドがついたら辞める。次の世代に委ねる』と言っている。(通常国会の)会期を大幅延長することと、菅さんがどこかの段階で交代することは全然矛盾しない」と強調し、菅首相は会期途中で退陣するとの認識を示した。その一方、岡田氏は特例公債法案は菅政権のもとで成立させたいとの考えを表明した。

---

 と、ついにイオン幹事長まで見放しつつあるようでして。。もはや四面楚歌もいいところの空き缶政権なわけですが、「総理を続けたいために総理に居座る」総理とか、もう勘弁してくれって感じですね。。その後どうせ民主党内で後継者を作っても速効でダメになるのは分かり切っているから、総選挙をしてくれって言ってるんですけどね。。
 どうでもいいことだが、「あいつは隠している」、「あいつは嘘をついている」、「あいつは信用できない」等々、全てを人のせいにしているのを見ていると、ふと「ああ言えば上祐」の名言を思い出してしまった(´・ω・`)


 今日の蘊蓄。
 地名で一宮とか三宮ってのがあるけど、それは昔国司が地方に赴任するときに参拝した神社の順番がもとになっている。つまり、一宮→二宮→三宮といった感じに参拝し、それから国司に赴任したらしい。ちなみに、総社というのは、時が経つにつれて3か所参拝するのが面倒になってきたので、「その1か所に参拝すれば3か所全て参拝したことになる神社」という意味のようです(´・ω・`)

  2011年6月9日(木)
 ロイターより転載。震災対応に一定のめどつくまで、責任もって仕事したい=菅首相

---

[東京 9日 ロイター] 菅直人首相は9日午前の衆議院震災復興特別委員会で自らの退任時期に関連して「仮設住宅での生活、がれき処理、原発事故収束に一定のめどがつくまで、責任をもって仕事をさせていただきたい」と語った。

 また「一定のめどがたったら若い世代に引き継ぐというのは、終わらすということではない。8月中に生活地域からがれきを搬出することを目標にやっている。その後の2次、3次処理には時間がかかるが、それにつなげていくことも含めて、私の責任だと思う」と述べた。

 谷公一議員(自民)の質問に答えた。


---

 世間ではすでに次期首相云々言いだしたのに、空き缶だけは未だに総理の椅子にこだわっているようです。これについて、毎日新聞によると

---

 枝野幸男官房長官は4日午前のテレビ東京の番組で、菅直人首相の退陣時期について「そう遠くない時期に若い世代に引き継ぎたい、という思いははっきりしている。何月何日、とは言えないが、そんなに長く居座る気持ちは首相にはまったくないと思っている」と述べた。首相が早期退陣を否定し、与野党から「居座り」と反発が広がる状況を収拾するため、退陣時期の目安を示す必要があると判断したとみられる。
 また、首相が福島第1原発について「冷温停止の状態になることが一定のめどだ」と語ったことに関し、枝野氏は「同じ『めど』という言葉を使い、代議士会での発言と混同されている」と指摘し、退陣時期とは関連しないとの見方を示した。
 枝野氏は番組後、記者団の質問に答え、9月の米国での日米首脳会談について「(首相は)出るとも出ないとも言っていない」と述べるにとどめた。首相と鳩山由紀夫前首相との間での認識の食い違いに関しては番組内で「国民の皆さんに今の政治の状況は本当に申し訳ない」と語った。
 一方、自民党の石原伸晃幹事長は4日午前、BS朝日の番組で、「長くても7月、できれば6月に辞めてもらいたい。6月の頭に辞めると言って、1カ月レームダックの首相でいると物事が進まない」と菅首相の早期辞任を要求した。そのうえで「(民主、自民両党の)大連立と閣外協力の二つがある。新しい信頼できる仲間でやりたい」と述べ、首相が退陣すれば与野党の協力体制は進むとの見通しを示した。


---

 と、なんと革マル官房長官までが「そう遠くない時期」と早期辞任を示唆しているにも関わらずだ(ビミョーな表現だが)。なんとなくだが、革マルは空き缶と距離を置きつつある気がするんだが、気のせいか??
 しかも、野党はおろか、同じ与党議員や国民までもが敵になるという異常な状況で、一体空き缶政権に何ができるというんだろう??ただ単に「総理大臣でいたい」というだけのことなら、前に書いたとおり、オレが掃除大臣に任命してやるから、とっとと福島原発の瓦礫処理をやって欲しい。ってか、いいかげん自分自身が瓦礫であることを認識してもらいたいですね(´・ω・`)

  2011年6月8日(水)
 ロイターより転載。大人の喧嘩は「先に110番したほうが勝つ」理由

---

 自分は殴り合いの喧嘩とは無縁だと考えている人は多いだろう。しかし刑事弁護に詳しい長谷川裕雅弁護士によると、「大人の喧嘩の多くは、喧嘩しそうにない普通の方が当事者になっている」という。

 多い事例の一つは、タクシー運転手とのトラブル。酒に酔った乗客が運転手と喧嘩になるパターンだ。酔ってタクシー内で寝込んでしまった場合、「目的地で運転手に揺り動かされた瞬間、防衛本能で思わず手を出してしまうことがある。この場合にタクシー運転手が警察に通報すると、飲酒している乗客が圧倒的に不利になる」(同)。

 酔ってタクシーに乗り、目が覚めたら警察官に囲まれていたということのないように、お酒の飲み方には十分に気をつけたい。

 交通トラブルにも要注意だ。車外に出ると、何もしなくても、相手が「突き飛ばされた」と言い出したりする恐れもある。相手が医師の診断書を取れば、何もしていなくても、傷害の容疑者とされてしまう可能性もある。このようなトラブルに慣れている“プロ”も存在する。挑発されても車外には出ずに、車内から携帯電話で警察に通報したほうが安全だろう。

 このように、ストレス社会では、些細な火種に端を発し喧嘩に発展することも多い。たかが小競り合いでも、暴力は立派な犯罪だ。相手に暴力をふるうと暴行罪(刑法208条)。相手に怪我を負わせたら傷害罪(刑法204条)で、15年以下の懲役または50万円以下の罰金という法定刑が待ち構えている。

「手を出したのはお互いさまだから大丈夫」と油断していると危ない。「喧嘩両成敗」は中世日本の法原則の一つだったが、現代の法律においては、大人の喧嘩に両成敗という考え方は存在しないからだ。長谷川弁護士は次のように解説する。

「お互いに手を出したなら、理論上は2人とも加害者であると同時に被害者です。ところが警察は、そのように判断しない。どちらか一方が加害者、もう一方が被害者というわかりやすい構図に当てはめて事件を片づけようとするので、実態はお互いさまでも、どちらか一方だけが加害者にされることもある」

 相手も手を出したのだから正当防衛だ、という抗弁も通用しない。正当防衛は、急迫不正の侵害に対して自分や他人の権利を守るためにやむをえず行う行為をいう(刑法36条)。最初に向こうから暴力をふるわれたら正当防衛が成り立ちそうだが、「相手に怪我を負わせた時点では怪我を負わせたほうが優位だったとみなされ、切羽詰まった状況ではなかった、すなわち急迫性はなかったと判断される可能性が高い」(同)。

 では、実際には何によって加害者/被害者が決まるのか。鍵を握るのは110番通報だ。

「警察は、通報した側が被害者であるという予断を持って現場に駆けつけます。そのためどちらかが血を流して倒れているといった明白なケースでないかぎり、そのまま通報者を被害者、通報しなかった人を加害者とみなして事件の処理に入る。どっちもどっちの場合は結局、先に通報したほうが圧倒的に有利になる傾向がある」(同)

 逆に相手に先に通報されると厄介だ。現場で警察官に「こちらが被害者だ」と主張しても、なかなか聞き入れてもらえないこともある。被害届を出すことは可能だが、受理を渋られたり、相手への報復目的で制度を悪用していると受け取られて不利に働いたりする可能性もある。加害者のレッテルを一度貼られると、後から覆すのは困難なのだ。身を守るためには、先にこちらが通報するしかない。

「もし先に相手に通報されたら、すぐに弁護士に連絡することも一つの方法。うまくいけば、こちらから被害届を出すなどして、被害者、加害者の構図をくつがえせることもある」(同)


---

 嫌な世の中になりましたね。。
 それにしても、仮にいきなり殴りかかられて、それに反撃してこちらが勝ち、相手が逆恨みで110番通報した場合とか、いきなり殴りかかられてフルボッコにされて、相手が110番通報して「先に殴られたからやむなく反撃した」とか言い出したら、どうなるんでしょうね??
 あと、この問題の困ったところは、警察官の主観が全てってことですよね。。後でどれだけ真実を話したとしても、担当の警察官がそれを信じなければどうしようもないっていう・・・・。。

 まあ、弁護士はともかく、オレみたいな草食系男子にはこのくらいがちょうどいいかもしれませんがね(´・ω・`)

  2011年6月3日(金)
 NHKより転載。首相 具体的退陣時期は明言せず

---

 菅総理大臣は、2日夜、記者会見し、東日本大震災からの復旧や東京電力福島第一原子力発電所の事故の収束に一定のめどが立った段階で退陣する意向を表明したことについて、具体的な退陣の時期は明言しませんでした。ただ、原発事故については、来年1月を目指すとされている原子炉の冷温停止が、一定のめどに当たるという認識を示しました。

 菅総理大臣は、2日の党の代議士会で「震災に一定のめどがついた段階、私がやるべき一定の役割が果たせた段階で、若い世代の皆さんにいろいろな責任を引き継いでいただきたい」と述べ、震災から復旧や事故の収束に一定のめどが立った段階で退陣する意向を表明しました。これについて、菅総理大臣は2日夜の記者会見で、記者団が具体的な退陣の時期を質問したことについて、「代議士会で私が言ったことばどおりだ。東日本大震災の復興に向かって、今年度の第2次補正予算も必要となるし、あるいはいろいろな体制作りも必要となるし、東京電力福島第一原子力発電所の事故の収束もまだ途中であり、安定的な形までもっていくにはまだ努力が必要だ」と述べ、具体的な退陣の時期は明言しませんでした。そのうえで菅総理大臣は、福島第一原発の事故について「事故の収束に向けた工程表で言うと、ステップ2が完了して、放射性物質の放出がほぼなくなり、冷温停止という状態になる。そのことが、私は、この原子力事故のまさに一定のめどだと思っている」と述べ、工程表では来年1月を目指すとされている、原子炉の冷温停止状態が、事故の収束に向けた一定のめどに当たるという認識を示しました。さらに菅総理大臣は、今月22日までの今の国会の会期について、「大震災の状況のなかで、国会で必要なことはいつでも議論できるようにしてほしいという意見もあるので、事実上の通年国会、12月のある時期までということになると思う」と述べ、12月まで大幅に延長する考えを示しました。民主党の鳩山前総理大臣は、2日夜、NHKの取材に対し「菅総理大臣は、私と会談した際には、『今年度の第2次補正予算案の早期編成のめどをつけたら辞任する』と約束したのに、話が全然違う。人の好意を裏切るのか。もう一度、菅総理大臣に確認し、私との約束がうそだったということになれば、両院議員総会を開いて、党の規約を改正してでも、直ちに辞めてもらうしかない」と述べました。


---

 結構前から「こいつら何でもありだな~」とは思っていたが、これはもはやそんなレベルを通り越しているだろ。。まあ、鳩ポンが空き缶の話をどうとったかによるだろうが、嘘つきとまで言うとは、さすがに鳩ポンも怒り心頭ってことだろう。
 だが、2人の覚書の内容とやらが

---

一、民主党を壊さないこと

二、自民党政権に逆戻りさせないこと

三、大震災の復興並びに被災者の救済に責任を持つこと

 1、東日本大震災復興の基本方針及び組織に関する法律案(復興基本法案)の成立

 2、第二次補正予算の早期編成のめどをつけること


---

 といった内容らしい。んで、「辞任という言葉はまずい」ということであえて辞任云々は入れなかったようなのだが、どうも空き缶はそれを逆手にとって「辞めるとは一言も言っていない」ということらしい。。
 さらに、時事通信に昨日の民主党代議士会において空き缶が言った内容が全文掲載されていたので、転載しとく。民主代議士会での首相発言全文

---

 代議士会にもっと頻繁に出て、皆さんの声を直接聞くべきだったが、この間それが果たせなかったことをおわびしたい。東日本大震災の中、野党から私に対し内閣不信任決議案が提出された。私に不十分なところがあったことが、こういう中でも不信任案を出すということにつながったと受け止めていて、私の不十分さについて大変ご迷惑を掛けることを、改めておわびしたい。
 今私たちが置かれた状況は言うまでもない。何としても3月11日に発生した大震災に対し復旧・復興の道筋を付けること、福島第1原発事故に対し一日も早い収束を図ること、そのことに全ての力を傾注しなければならない。この間、政務三役の皆さんはもちろん、全てのわが党国会議員、友党国会議員、野党の国会議員も含め、それぞれの立場で全力を挙げ、この課題に取り組んできたと受け止めている。
 被災者の皆さんからは、まだまだ遅い、不十分、なぜこんなことになるのかと厳しい指摘もたくさんいただいている。私の指導力、考え方、不十分だった部分も多々ある。しかし同時に、政治家だけでなく、国家公務員、地方公務員、いろいろな皆さんが全力でこの問題に取り組んでいることはお互い確認できるのではないか。わが党国会議員が全力を挙げて取り組んでいることも確認できると思っている。
 そういった中、今回野党から不信任案が提出されることになった。私は皆さんの前で三つのことを目標として行動していくことを申し上げたい。
 一つは言うまでもなく、大震災、原発事故は継続中だし、復旧・復興もこれからより本格化する。全身全霊、最大限の努力をする。当然のことだが、このことをまず国民の皆さんに改めて約束する。二つ目はこの民主党を決して壊さない、壊してはならない、そういう根本に立って行動することを約束したい。三つ目に、今のわが党中心の政権を自民党に戻すことのないようしっかりと対応していく。この三つのことを行動の基本に置いて進めていくことを皆さんの前で約束する。
 そしてこれからの復旧・復興の中で、野党から「お前が首相では物事が進まないので、その地位を外れろ」と強い指摘をいただいている。総理大臣という重い立場に就いたときに最も強く感じたのは、その立場に立ってその責任をしっかり果たしていかなければならない(ということだ)。今日も感じている。
 中には、地位にしがみ付くために発言し行動しているとの厳しい批判をいただいているが、私はその地位の責任をどこまでしっかり果たしていくことができるか、全ての国家公務員、全ての党の国会議員、内閣のメンバーと一緒にどこまで責任を果たしていけるかを考えて行動してきたつもりだ。
 これまで先送りしてきた課題に取り組みたいと国会で申し上げてきたが、この大震災が生じた中で、まず最優先でこのことに取り組むことを当然のこととして取り組んできた。私として、この大震災に取り組むことが一定のめどが付いた段階で、私がやるべき一定の役割が果たせた段階で、若い世代の皆さんにいろいろな責任を引き継いでいただきたい。この大震災、原発事故に対して一定のめどが付くまでぜひとも私にその責任を果たさせていただきたい。
 そのためにも野党の不信任案に対し、民主党衆院議員の皆さんの一致団結しての否決をぜひともお願いする。民主党が壊れることなく、自民党に政権が移ることがない、そうした道筋を歩み、一定のめどが付いた段階での若い世代への引き継ぎを果たして、次の時代をその中から、ぜひとも民主党が責任を持った政党として、国民の皆さんの理解を改めて築き上げていただきたい。
 そのことが、国民が政権交代の時に期待されたこと、そして被災地の皆さんが望まれていることにつながると考えている。どうか私の心情をくみ取り、一致団結の行動で不信任案を否決していただけるよう心からお願いする。
 【鳩山由紀夫前首相らの発言後】ちょうど1年前の6月2日、鳩山前首相からお話があったように、私もこの席におり、前首相の決断を初めてこの場で聞き、いろいろな状況を踏まえた中で、前首相が身を捨ててこの党、この国のことを考え行動したと強く感じたことを改めて思い出していた。
 いろいろ政策的なご意見、いろいろな質問もあった。私も放射能の影響、子どもに対する影響については強く心配している。それに対してさらにやるべきことがあることが明確になれば、しっかり取り組まなければならない。
 私の出処進退については私自身の言葉で先ほど述べた。鳩山さんとは直前に、わざわざ官邸においでいただき、一つの文章をいただき、それで確認をした。それを踏まえ、私の言葉で私の今後の行動について、皆さんの前で約束をした。
 私と鳩山さんだと、どうしても古い話になってしまう。一昨日も2時間余り(鳩山氏と会談し)、そのうちの半分くらいは思い出話だった。最初に鳩山さんが当時の新党さきがけを離党し、そこから始まったのが旧民主党。1998年に改めて現在の民主党になり、2003年に小沢先生(一郎元代表)率いる自由党と合併し、さらに今日の民主党になった。私と鳩山さんが(会談で)100%一致したことは、少なくとも私たちより若い世代が必ずや次の日本を担う、それに足りる人がどんどん育ってきている(ということだ)。本当にうれしいことだ。このことは私と鳩山さんで100%一致した気持ちだった。いろいろ不十分なところ、また私の性格がやや強気過ぎたり、勝手過ぎたり、いろいろなところがある。しかし、先ほど申し上げた、時間的長さも含め、しっかりとこの日本の国難を乗り越えていく。民主党が一致団結し、しっかり政権を担当し、次の時代に備えていく。そのために改めて不信任案を否決し、その間、私に先頭に立たせていただきたい。


---

 といった内容なのだが・・・・。。テレビ等では、これを辞任会見ととらえているが、オレはこれを何回見ても辞任会見には思えないんですよ。。一応---私として、この大震災に取り組むことが一定のめどが付いた段階で、私がやるべき一定の役割が果たせた段階で、若い世代の皆さんにいろいろな責任を引き継いでいただきたい---とは言っているが、その直後に---この大震災、原発事故に対して一定のめどが付くまでぜひとも私にその責任を果たさせていただきたい---と、当分辞めないことを示唆しているんですよ。イオンも「辞めるとは言っていない」とか言ってるし。。・・・・なんで民主党議員はこれを聞いて「(すぐに)辞任する」と判断したのだろう??
 鳩ポンは空き缶を記者会見の場でペテン師とまで言って、両議院総会を開いてすぐにでも退陣にするとか豪語しているが、昨日不信任案否決しておいて、そんなことってできるもんなんですかね??さすがにそれは国会を軽視し過ぎなんじゃないかと思うんですが。。
 
 個人的には、空き缶は辞めるべきだと思うが、「じゃあ誰がいいのか?」ってなると、言葉に詰まってしまう。ちらっと聞いた話では、自民党も仮に可決された場合、その後のどうするか白紙って話だし、たぶんそれは小沢あたりもそうだろう。
 結局、野党や小沢が可決後の展開を描けなかったうえ、鳩ポンが空き缶という人間を(またもや)無駄に信頼して上書きされてしまったので、こんななし崩し的な結果になってしまったのだろうね。。

 さて、これで形式的には空き缶政権は信任されたわけだが・・・・確実に野党はおろか小沢一派は敵になったわけでして。。もしこの状況でも「とりあえず政権が存続できてよかったよかった」と喜んでいるのなら、空き缶は間違いなく空気が読めていないと思うぞ。なんでって、今後ますます空き缶政権は苦しい政権運営を強いられるのは間違いないから。。それどころか、全く法案が成立せず、復興も何も全く先に進まない状況になる恐れもあるし、今後国際社会からも相手にされないかもしれない。・・・・たぶんされないだろうね。。

 はてさて、空き缶が「したたか」なのか、それとも鳩ポンが「愚か」なのか・・・・。。どっちだろうね(´・ω・`)

  2011年6月2日(木)
 11:00。鳩ポンが不信任案に賛成ですか・・・・。。たぶん昨日ギリギリで説得されて、上書きされたのでしょう(笑)これでオレの予想が外れて、不信任案は可決される可能性が高くなりました。。午後の国会は必見ですね(´・ω・`)

 ちなみに、ロイターでの調査結果はこんな感じ(´・ω・`)


 13:15。空き缶が退陣表明したが、実際に退陣するのは震災・原発にめどが立った後なんだってさ。。それは一体いつの事だよ!って突っ込みを入れたくなってしまうんですが。。


 15:20。賛成152:反対293。結果、内閣不信任案は否決されました(´・ω・`)
 ・・・・なんじゃそら??どうも鳩ポンがまたもや上書きされたみたいだが??

 それにしても、震災・原発にめどが立った後っていつの話なんだろうね??1年後か2年後か、もっと先か・・・・。。あまりにも抽象的すぎて、さっぱり分からないんだが。。しかも、そんなんで反対を明言していた議員のほとんどが反対票投じてるし。。松木ってのと、横粂ってのが(ちょい訂正)が賛成票を投じたくらいか??・・・・ほんと、政治って茶番だよな。。


 まさかの最後の大どんでん返しで不信任案が否決されたわけだが・・・・これで反対票を投じようとした小沢一派はますます苦しい立場になったってわけか。。まあ、オレは別にどうでもいいんだけどさ。。
 それと、政治なんて所詮数の力なんだって、つくづく感じたよ。。理念なんぞ全く関係のないところで全てが動いている現実。。・・・・世の中なんて、そんなもんか(´・ω・`)

  2011年6月1日(水)
 AFPより。前立腺がんリスク減少にコーヒーが効果、米研究

 コーヒーが前立腺がんに効果あるとのこと。とりあえず1日1杯飲んでおけば、全く飲まないよりいいんでないでしょうか。。それにしても、1日6杯飲む人ってどんな人なんでしょう??作家か刑事くらいしか思いつかないんですが、それだけ飲むと今度は胃を壊しそうな気がするんですが、大丈夫なんですかね??


 今日のどうでもいいこと。19世紀の朝鮮半島 韓国人が一生教わらない歴史 Old picture of Korea

 韓国併合前の朝鮮半島の風景です。これを見ると、いかに韓国が「日帝は朝鮮半島から資源をすべて奪ったニダ!」だの、「朝鮮半島は日帝の植民地にならなければ、もっと早く先進国化できたニダ!」だのといったことが全くのでたらめであることが分かるはず。
 ちなみに、この中にでてくる女性の乳房丸出しスタイルは、チマチョゴリの原型で、長男を出産した女性にのみ許され、この服を着ることが誇りだったそうです。国によっていろいろ文化が違いますね(・∀・)

  2011年5月31日(火)
 中日新聞より転載。「中電のリストラでやって」 岡田氏、燃料費増加分負担を拒否

---

 中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)の全面停止を受け、夏場の電力不足が心配される愛知県の大村秀章知事ら中電管内5県の幹部が31日、衆議院本館に民主党の岡田克也幹事長らを訪ね、電力の安定供給の確保をあらためて要請した。電気料金値上げにつながる懸念から、火力発電への切り替えに伴う中電の燃料コスト増加分を国が負担するよう求めたが、岡田幹事長は「中電のリストラでやってほしい」と拒否した。

 停止した原発分を火力発電で補うと中電の燃料コストは2500億円増加するとされる。大村知事は「浜岡は法律に基づかない国の要請による停止。そのコスト上昇分を中部の産業界などがかぶるのはいかがなものか」と反論したが、岡田幹事長は「党として(国の)負担は認めない」などと話したという。大村知事は今後、民主党へ再検討を要請する考え。要請に訪れたのは、長野県の和田恭良副知事と岐阜、三重、静岡各県の東京事務所長。


---

 なんていうか、中電からしてみれば踏んだり蹴ったりって感じですかね。。これで中電はほぼ確実に株主代表訴訟を起こされるでしょうね。。

Ω\ζ°)チーン

 それにしても、民主党の厚かましさって一体何なんでしょう??法的な根拠もなく浜岡原発を止めておいて、それで燃料費は自分たちでなんとかしろってさ。。どれだけ面の皮が厚いんでしょうね??これってさ、中部電力だけでなく、中部圏内の人間にまで負担させるってことだよ??自分たちのその場しのぎの思いつきのせいで。。中部圏内の人分かってるんですかね??


 続いて、東京新聞より転載。不信任案 攻防ヤマ場

---

 国会は今週、内閣不信任決議案提出などをめぐり、与野党の攻防がヤマ場を迎える。一段と菅政権への批判を強める小沢一郎元民主党代表らの動きも加わり、終盤国会は予断を許さない状況だ。

 三十一日には衆院東日本大震災復興特別委員会の集中審議、六月一日には党首討論と、菅直人首相が出席する審議が連日予定されている。

 自民、公明両党は、こうした場を活用して首相を追い詰めたい考えだ。福島第一原発事故の海水注入や情報管理問題を突き、政権担当能力の欠如を印象づける戦略を描く。論戦を踏まえ、不信任案の提出時期を探る方針。可決できなくても、民主党から造反者が出ることで、内部分裂を誘発する効果を期待している。

 自民党の逢沢一郎国対委員長は二十九日のNHK番組で、不信任案に関し「谷垣禎一総裁の腹は固まっている。そう遠くない時期に国民の声を受けて提出する」と強調。公明党の漆原良夫国対委員長は「菅政権に日本の将来を任せられないとの意思を明示する責任がある」と同調した。

 これに対し、民主党の安住淳国対委員長は「出してくれば、粛々と否決する。党を割る議員は、わが党にはいないと信じている」と強調した。

 民主党は、東日本大震災の対処方針を定めた復興基本法案の週内の衆院通過に全力を挙げる。自民、公明両党の要求にも柔軟に応じ、焦点の復興組織に関し、自公が求める「施策実施」の権限付与を受け入れ、三十一日にも本格的な修正協議に入れるメドをつけた。

 民主党執行部は「菅降ろし」に絡んだ動きに対し、「震災時だから、よく考えてほしい」(岡田克也幹事長)と震災復興を最優先して行動するようけん制。不信任案への同調をちらつかせる小沢元代表系議員には、説得を進めつつ、造反すれば除名処分も辞さない方針で、硬軟を使い分けて乗り切る構えだ。


---

 国会が香ばしいことになってますね。。いつもの当たらない天戯予想を書かせてもらうと、ちょい人数不足で否決されるでしょう。なんでって、不信任案の主力となる小沢派には貧乏暇なしの1回生議員が多く、万が一可決されたらプーになる可能性のほうが高いから、賛成には回りにくいだろうと・・・・。。かといって、恩師である小沢を裏切りにくいだろうし、嫌とはいいにくい部分もあるだろう。。否決してもどうせ冷や飯食いだろうし。。今頃小沢派幹部は実弾攻撃を仕掛けてるんだろうけど・・・・厳しいでしょうねぇ(´・ω・`)

 それに、オレの予想に反して可決されたとしても、空き缶は100%の確率で衆議院の解散をするだろうから、小沢派1回生はさらに窮地になるでしょう。。また、仮に不信任案が否決されても、今のまま内ゲバが続けば、次の選挙で確実に負けるだろう。。どちらにしても、1回生議員は風前の灯でしょうね。。

 それにしても、もし仮に可決されたらどうなるんだろう??当然衆議院は解散するとして、その後の総選挙の行方を考えてみる。。
 ・・・・民主は過半数割れの上、相変わらず内ゲバ状態。自民は躍進(できれば勘弁したいが)、みんなも躍進、公明は現状維持ってところか。。他?どうでもいいから知らん。減ることはあっても増えることはないと思われ。最大限頑張って現状維持。。
 できれば原発をどうするかマニフェストに書いてほしいが、自民も民主も原発推進なので、争点にはならないでしょう。。消費税も両方アップアップだから、争点になりにくい。。残りは・・・・当面ないな。。まあ、空き缶を信任するかしないかでどこに投票するかってことになりそうな予感なのです(´・ω・`)

  2011年5月30日(月)
 ロイターより、転載。消費税率は段階的引き上げが望ましい=内閣府

---

 内閣府と財務省は30日、政府の社会保障改革に関する集中検討会議に、消費税率を引き上げる場合は段階的な引き上げが望ましいなどとする報告書を提出した。

 報告書では、引き上げのタイミングについては、経済活動の「水準」より「変化」を重視し、景気が成熟する前、景気に勢いがある段階で引き上げ始めることが望ましいとも指摘。消費税の逆進性対策では、食料品などの軽減税率は効果が小さいとして否定的な見方を示し、格差や貧困の問題への対応という広い視野で取り組むべきと提言した。 

 報告書は与謝野馨経済財政・社会保障税一体改革担当相の指示で、内閣府が消費税の逆進性や消費税率引き上げが経済に与える影響について、財務省が複数税率や段階的引き上げの実務上の論点についてそれぞれまとめた。

<消費税上げのタイミング、経済活動の「変化」重視>

 どのような景気情勢なら消費税引き上げが可能か。引き上げのタイミングについて内閣府は「GDPギャップのような経済活動の『水準』よりも、実際の成長率など経済活動の『変化』を重視し、先進諸国の多くの例にみられるように景気が成熟する前、勢いのある段階で引き上げを始めることが望ましい」とした。

 引き上げ時期が景気の「山」に近い場合は消費税引き上げによるショックで景気が下降局面に入る可能性があるのに対して、景気が成熟する前の勢いのある段階で引き上げを行う場合はショックがあっても景気の腰を折る可能性が低いと判断しているため。

<段階的引き上げが望ましい>

 ただ、引き上げ方については経済への影響の観点から内閣府は「税率を一度に大幅に引き上げると経済の変動を増幅する恐れがある」とし、「段階的な引き上げ方が望ましい」としている。

 財務省も「中長期的な社会保障の見通し等を見越して相当程度の消費税率の引き上げが必要になることを考えれば、段階的に税率を引き上げていくことが必要になる」とし、引き上げ方では、マクロ経済に与える影響のみならず、「税率の変更は値札の貼り替えやシステム変更など事業者の納税事務コストを増加させることから引き上げ回数が増えることが事業者の事務負担に与える影響にも留意しつつ、検討が行われるべきである」と付言している。

<消費税上げの経済への影響、社会保障制度への不安払しょくでマイナス効果減殺> 

 一方、消費税引き上げが経済に与える影響について内閣府は、消費税を3%から5%に引き上げた97年の消費税増税が「97年─98年の景気後退の主因とは考えられない」とし、その後の、定率減税廃止や海外の付加価値税率引き上げなどの事例でも「増税や負担増が景気後退を招くわけではない」と指摘。社会保障制度の持続可能性に懸念が生じている現状では、「国民が払った税金が受益として返ってくることを実感できれば、制度に対する将来不安が払しょくされることにより、経済に与える影響は小さくなることが期待される」とした。

<軽減税率、逆進性緩和策として効果小さい>

 消費税の逆進性対策に関しては、内閣府も財務省も同様に、国の内外を問わず専門家の間では「食料品への軽減税率適用は、他の手段による対応に比べ、効果が小さいという見方が一般的だ」(内閣府)とし、食料品への軽減税率適用は高所得者の負担も軽減される問題点なども指摘し、複数税率の効果に懐疑的な見方を示した。

 そのうえで消費税の逆進性緩和について、内閣府は、格差・貧困問題に対する政策との組み合わせで取り組むべきだと提言した。

 財務省も、逆進性対策が求められる場合には、「軽減税率の効果は高所得者にも及ぶことから効率的ではなく、低所得者向けの給付措置などより有効な方策が考えられる」と提言。複数税率の導入について、単一税率に比べて税収減をもたらすことや、事業者の事務負担や税務当局の執行コストを増加させる弊害をあげ、「軽減税率の導入や非課税範囲の拡大よりは、課税ベースの広い単一税率による税制が望ましい」とした。

 報告書は定性的な分析にとどめ、消費税引き上げの時期や幅など数値的な提言は盛り込んでいない。ただ、内閣府は消費税が3%から5%に引き上げられた1997年と現在の財政状況を比較すると、債務残高対GDP(国内総生産)比は97年の100%から2010年には198%に倍増しており、「97年と比べ財政状況が格段に悪化した今は、当時と比べ消費増税の必要性ははるかに高くなっている」と警告した。


---

 とうとう出たって感じですか。。確か消費税をアップする時は国民に審判を問うとか言ってなかったっけか??政治主導云々言ってる割には、結局財務省の口車に乗せられてるし、東北地方の復興も全く展望が見えてこない。日本全体も自粛ムード一色になっている感じがするし。
 結構前からあちこちで出ている話題だが、経済がまわることによって東北地方にもお金がまわり、徐々に復興していくと思うのだが、それを増税なんかするとそれこそ家計や民間の需要も止まり、経済がさらに停滞することくらい分かり切っているはず。国民からの反発を想定してか、先回りして空き缶政権は連合系公務員の給与を削減したことには評価するが、もうひとつの労組である全労連は反発しているようですし。。
 なんか、この国にはまともな経済のブレーンはいないのかと思ってしまうのだが・・・・いないんだろうね。。空き缶に助言したい学者なんて皆無だろうし、経団連は消費税アップアップだし。。
 ほんと、今後の展望も描けない政治主導なんて53以外の何物でもないよね(´・ω・`)

  2011年5月29日(日)
 今日はいつもと違って?同和関係の方のお話を紹介します。同和日記は同和教育という新たな差別を作る教師たちより転載。

---

『Hagex-day.info』と言う、奥さん達の読売Webの投書風のものを集めたサイトが有る・・・

偶然目にして読んだら、奥さん達の思いを投書しているこれが結構面白くてひいきにさせていただいている・・

で、今日(2011.5.29)の投書に、同和教育を経験した人の投書が載っていた・・・

『■[2ch] 差別がないと困るのよ 』

http://d.hatena.ne.jp/hagex/20110529#p1

投稿者が、東京から関西に移り住んだ13年ほど前の経験を書いているのだが、そこに、同和教育の関西での問題の深さと言うものが書かれているのだ・・・

西日本での同和教育の異常性は、同和関係の団体に籍を置かせていただいている私も思うくらいなのだから、まったくと言ってもよいほど同和教育とかかわりの無いといっても良い関東からの転校生には余計理解できなかっただろう・・・

さて、部落差別解消と言う言葉や活動・・そして同和教育が飯の種になってしまっている・・・これは、私が過去にも書かせてもらって居ることなのだ・・・

部落関係者の中には、同和、部落差別と言う言葉を使ってのたかりと利権を得るためのものとしているのも居る・・・これは、どんなに解同や同和関係者が否定しても、国民のほうが良く知っていることなのだ・・・数年前のの奈良などの、仮病欠勤給与事件を見てもそうだろう・・

また、左翼活動家や、この投書の中に有る教師と言う、日教組組織教員がイデオロギ-と組織の影響力拡大のために、子供達に対してあえて差別と言うものを教え込む異常性・・・

これは、私も経験している・・・

小学校3年のときに、関西から赴任してきた女教師によって始められた、私に対しての学校を巻き込んだ差別言動が、私の人生を大きく変えた・・・おそらくは、私の出身地が、部落問題を持つ九州の福岡は博多であったことや貧しかったから利用しようとしたのだろうが、当時、この女教師に対して、小学生の私が殺意を覚えるほどの衝撃的な事件だった・・・

そして、学校は、その女教師の言動を黙認して、この教師や、それを放置する学校に対して反発する私を問題児として、川崎の児童相談所に送った・・・相談所の面談の結果は、問題なし・・だが、学校は、自分達の責任回避で、一度下した問題児と言うレッテルを撤回することも無かった・・・川崎市立南加瀬小学校・・昭和39年から41年のことだ・・・そして、その教師の煽りに乗っかったいい子ちゃんと言うやつら・・・しっかりと、差別教育に染まっただろうね・・・

そう、日教組なんて集団は、反軍隊だの平和活動だのや、同和差別と言う欺瞞の言葉を利用し、子供達にそのゆがんだ思想を押し付けて自分達の存在を誇示したいだけだ・・・そんな左翼勢力のイデオロギ-とプロパガンダに振り回されている解放同盟の幹部や、同和、部落差別と言う利権で飯を食う連中は、この投書読んで反省するべきだろう・・・


---

 この同和日記を書いている方はとてもしっかりした方で、少し前から読ませてもらっているのだが、いわゆる解同側から見た同和ではなく、どちらかというと解同そのものを否定しているんですよね。どうもこの方が言うには解同は「差別を撤廃せよ!」と叫ぶ事自体を仕事しているから、差別がほんとになくなると仕事にあぶれてしまうので、何としても差別を存続させるために無理やり差別を作り出しているということらしい・・・・(´・ω・‘)
 オレは関西には住んだことはないので、その辺りの事は全く知らないのだが、奈良県での事件はオレも知っているので、それだけ関西では根が深い問題なんでしょうね。

 んで、ついでにリンク先も転載しとく。

---

うちは転勤族で義務教育の頃よく転校させられた
基本的には関東の人間だけど津々浦々行かされたもんです

小4のとき某県某小学校に転入した(※大阪ではない)
4年の時は別に何ともなく友達もできて関西ノリにもすぐなじめて楽しく暮らしてたんだが
5年になって担任が変わった

その教師はいわゆる「同和教育に熱心な教師」だったらしい
それ自体はとてもいいことだと思うんだけど
なんか同和教育のマニュアルみたいなのを持ってて
それが「その地区?の生徒の生まれをカミングアウトさせること」だった
担任はどの子がそうか事前に知っていて
クラスみんなの前でその子本人がカミングアウトするよう仕向けるのだ
で、その子が名乗り上げるまでクラス全員が帰れない

みんな腹へってるし帰りたいしでイライラしてきてる中
プレッシャーに負けたのか立ち上がって名乗り出たのは俺とも親しいAだった
担任はよく名乗り出たとAを褒めてから
「それでいじめられた経験があるだろう、話しなさい」とか言い出した
だがAは全然いじめられてなかった、むしろ人気者だった
いじめられてないもんは話しようがないんだが担任は「そんなはずない、話せ」と責める
そしてまたAが担任の意向通り話さなければ帰れない空気に

Aはしかたなく「下校途中じゃんけんで負けたら次の電柱までみんなのランドセルを持つゲーム」をやった時の話をした
実際Aが他人に何かさせられたのなんて罰ゲームの時くらしかなかったから他のネタがなくそれを話すしかなかったのだろう
Aは担任に「誰にやらされた」と訊かれ俺の名前を出した
俺はAに謝れと担任に言われた
しかし「ランドセルは持たせたけどゲームだったしいじめてないから謝らない」と俺は言った
俺は空気読めないガキだった
今考えればすぐ謝っておけばよかっただけのことだった

教師のマニュアルでは
カミングアウト→いじめられ体験語る→いじめっ子反省→握手で仲直り→めでたしめでたし、さあ帰ろう
っていうシナリオがあってそのお決まりの手順をやりたかっただけらしい
しかし俺は「Aが同和だなんて今の今まで知らなかったんだからそのことでいじめようがない」と反発し
担任を次のシナリオに進ませなかった
結局6時を過ぎてしまい担任もみんなを帰さざるを得なくなった
しかし俺が謝らなかったので担任は反省の意なしと見なしてうちの親に電話した
ちなみに俺は同和の意味を知らなかったのでAは外国人か何かだったのかと思っていた
実際Aはちょっとハーフっぽい顔だったし

俺は親にまで連絡されてしまって大ごとになったことを察知して泣いた
泣いて親父に「絶対いじめてない。××××なんて言葉も言ってない」と訴えた
親父は「わかってる。お前はそんな言葉知らないし、知らない言葉を言えるわけがない」と言ってくれた
俺は信じてもらえたのが嬉しくてまた泣いた

そのあと何日かして親父の会社の人がうちに来た
深刻な顔で「へたしたら××支部(?よくわからない)から呼び出しが来るかもしれない。そしたらうちの会社からも
何人か行かせなきゃならんかも」と言っていた
俺はおぼろげながら自分のせいだということがわかってその夜からしばらく布団の中でガクブルした
親父もおかんもしばらく鬱っぽい顔をして家の中から笑いが消えた

結局それは取り越し苦労でうちの家族が呼び出されたりすることはなかった
親父はその後人気のない北陸支店に異動願いを出し
それが受け入れられて俺は年度なかばなのに転校することになった

転校する日Aに謝られたがAが悪いわけじゃないことはわかってたから
俺はやる夫AAみたいな顔でやつを許した
同和教育は必要なんだろうけどあんなシナリオが必要なのかどうか今でも謎だ


---

 オレが小さい頃住んでいた愛知県も日教組の割合が高いのだが、正直ここまでひどい差別教育はなかった気がする。・・・・記憶の限りでは。。そういった意味では、オレはまだ恵まれた教育環境だった・・・・のか??どちらかというと、差別教育なんぞほとんどなく育ったオレの環境が、普通な気がするんだが(´・ω・`)
 それにしても、こういう強要をする先生って一体何なんだろうと思ってしまう。自分の歪んだ思想を子供に押しつけるなんて、頭おかしいんですかね??

 オレはね、道徳教育は強制的に教育すべきだと思っているんですよ。判断のつかない子供に「これはいいことだ」、「これはダメだ」と教えるのは当たり前の事だ。たまに「子供に判断させるべきだ」なんて言う人もいるが、まともな判断もできない子供にそんな事ができるわけがないんですよ。だから、小さい頃にきちんとした道徳教育をする必要があるのだが、その教育をする先生や親が上記のような人間では、まともな子供が育つわけがない。。当然、上記のような歪んだ思想の持ち主が持論を強要するのは「論外」と言うより他に思いつく言葉が見つからないし、そんな人間が子供に教育をするのはおかしいと思うのだが、実際にこんな連中がうようよいる以上、なかなか変わっていかない。。

 そう考えると、今の世代ってきちんとした道徳教育を受けた人ってほとんどいないから、何がいいことで何が悪いことなのかの判断もつかない連中が多いのだろうね。「法を犯してなければ何をしてもいいんだ」とか言ってるのがその象徴なんじゃないかな。
 オレの親の世代の人が、「今の若い世代の態度が悪いのは、うちらの世代による子供の教育が悪い」って言ってたが、残念ながらそのとおりだと思う。んで、その親の世代が教育を受けたのが、日教組全盛のころ。。つまり、今日本が衰退しているのは単なるバブルが弾けた結果だけではなく、長い間続いた(続いている)戦後教育の必然ってわけですよ。。


 視点を変えて、今オレが問題にしている日教組について、ちょっとオレの知り合いの話をしよう。学生時代の友人で、今新潟県で小学校の教師をやってる奴がいるのだが、そいつが言うには、日教組の態度ってとにかくおかしいらしい。どんなかというと

・朝の朝礼にも参加しない(時間ぎりぎりに来る)
・帰りは当然定時(17:00)
・子供から嫌われている
・日教組同士でいつも固まっている
・会議でも上の空
・(日教組の)上の連中にやたらと媚びる

 等々、数年前の話なので忘れてしまったものもあるが、とにかく日教組の事を聞いたとたん突然不機嫌になって、悪口が止まらなくなってしまった。。そいつは、結構仲間内では人気があって、人の悪口とかほとんど言う奴ではなかったのだが、そいつがそこまで怒るということは、それだけ異常な思考の組織であり、そういう人間性を育てる組織なんだろう。とにかく、日教組と非日教組の間には目に見えない壁があるような言いようだった。・・・・ってか、もうどうしようもないほど高い壁のようだけどさ。。
 そんな連中が子供を教育してもまともな子供ができるわけがないし、そんな連中に教育を受けた子供は不幸と言うしかない。。もちろん全ての日教組がこんな連中ばかりではないだろうが、国歌斉唱で起立を子供の前で!拒否したりとか、普通では考えられない。なんでって、子供への教育より、自分の信条のほうが大切なんて人間を、誰が信用できるっていうんだ??


 そこで、取り出したのが左のグラフ。
 日教組の推移だそうです。
 これを見ると、最近は日教組の数も減ってきたようだが、
 まだ全体の30%弱もいる・・・・(´-ω-`)
 上記のことを見る限り、まずはこいつらの解体をしないと
 逆に差別は無くならないのではないかと思ってしまうんですが。。


 解同の話をするつもりが、いつの間にか日教組の話になってしまった・・・・。。
 話を少しだけ戻して、最後にオレが聞いた解同関係の話を書いておくね。

 オレの近所に市営の温泉施設があるのだが、そこに「私は部落出身だ!」とでかでかと公言しまくるおばちゃんが従業員になったとかって話が流れてきた。オレは1回だけそこに行ったことがあるのだが、その時ちょっと変なおばさんがいたので、「ああ、この人のことか」ってすぐ分かった。ただ、聞いてたほどではなかったのでそこまで気にしなかった。
 ただ、そこはあまりに塩素臭がきついので、それで行かなくなったのだが。。

 んで、いつだかオレの兄貴が来たときに、そこの温泉に行ったのだが、どうもそのおばちゃんが相当気に入らなかったらしく、「あそこには絶対行かない」とか言って、めちゃめちゃ怒っていた。なんでも、態度があまりに横柄すぎるというのだ。オレはピピーンとその「自称部落出身のおばちゃん」だと確信した。おそらく、解同絡みで市の温泉施設に勤務することになったのだろうが、なんでわざわざ公言するのかオレには理解不能だ。。どこの出身でもきちんとした対応さえしていれば問題ないと思うんだけど、違うんですかね??
 それからしばらくして、今度はその温泉施設の人事が一新されたという話が流れてきた。どうやら、あまりに悪評が流れたので、市も動かざるを得なかったのだろう。市としてはいい迷惑だったろうが、客からしてみればいいことだ。
 で、気が向いたときに行ってみたのだが、確かに従業員の対応が丁寧になっていた。さすがに従業員の顔なんて覚えていないが、対応は明らかによくなっていたので、それなりの効果はあったということだ。もちろん、そのおばちゃんがどうなったかなんて知らない。まあ、塩素臭は相変わらずきつかったので、結局それきりなんだけどね。。
 まあ、解同の力で無理やり就職しても、それをわざわざ誇示しまくってたらリストラされるといういい見本ですな。ってか、なんでわざわざ言いまくるのか、オレにはさっぱり分からないんだが・・・・(´・ω・`)

  2011年5月28日(土)
 共同通信より転載。放射線測定位置にばらつき 地表1mから80m、16都県

---

 空気中の放射線量を測るため、都道府県が設置しているモニタリングポストの地表からの高さが、地域によって大きくばらついている。放射性物質の拡散状況や地上の蓄積が正しくデータに反映されない可能性があり、自治体によっては、独自の測定方法を模索している。

 東北と関東甲信越の16都県を比較すると、福島県が最も低い地上1メートルにポストを設置しているのに対し、最も高い宮城県では高さ80・3メートルの県庁屋上だ。

 モニタリングポストでの測定は同一地点での数値の変化を調べることに重きが置かれてきたため、高さなど設置場所の条件は厳密には定められていない。周囲に遮蔽物がなく測定しやすいという条件で便宜上、自治体の施設屋上に設置されるケースが多い。

 高さ20メートルに設置している栃木県は「設置の際、文科省から『地表から放射性物質の影響を受けない高さの目安として10メートルが推奨される』と聞いたので現在の場所にした」(環境保全課)というが「なぜ20メートルかと問われると、特に根拠があるわけではない」という。

 データへの疑問からか、独自に放射線の測定を始める自治体も。千葉県では、県のモニタリングポストが設置されている市原市から距離がある地域について、インターネット上で「実は数値が高い」とのうわさが流れたのを受け、松戸市は23日に独自に測定を始めた。

 同様に測定を続ける市川市は県に対し、ほかの市とも連名で測定機の提供や測定方法の統一を要望している。

 東京都の場合、モニタリングポストは地表から19・8メートル。新宿区の4階建て庁舎の屋上に設置されている。しかし、住民から生活している高さでの数値が知りたいとの要望があるため、都では地表での測定も検討している。


---

 今さら感はあるけど、これはひどいですね。。なんなんだよ地上80メートルに設置って・・・・。。そんなもんでまともな数値が出るわけないだろうが。。そもそも、文科省の---『地表から放射性物質の影響を受けない高さの目安として10メートルが推奨される』---というのがおかしい。。一体どこから「影響を受けない場所を推奨にする」という発想が生まれるのか、オレにはさっぱり分からんよ。。
 最近では読売でも各地の放射能の値を公表しているが、それが市町村の発表そのままなら、信用しないほうがいいと思うぞ。松戸市のようにきちんと対応しているところなら問題ないが、宮城県みたいなところは見るだけ無駄だろ。。
 それと、以前紹介した全国の放射能度一覧表だが、ここのサイトを管理している人には申し訳ないが、ここの数値は文科省の出した数値を元に作成されているので、正確な数値はもっと高いものと思われ。。それじゃあどうしようと思ったら、確か二階堂さんとこに有志による放射能測定を行っていたサイトが紹介されていたのを思い出し、結構に探してみたが、見つけられなかった・・・・。。消しちゃったのか、オレが見つけきれなかったのか・・・・??(´・ω・‘)
 これじゃあ解決になっていないので、もうちっと探してみたら、放射線・原子力教育関係者有志による全国環境放射線モニタリングなんてのを見つけた。ちょっと測定範囲が限られているが、何もないよりはましだと思うので、もしなんだったら参考にどうぞ。
 ・・・・ってここまで書いていたが、たまたま有志による放射能測定サイトが検索に引っかかった。。ここなんだけど・・・・もうやってませんね。残念(´・ω・‘)  あれ??ここここから入ると「インターネットを開くことができません」とか出るぞ??なんだこれ??アドレスの#を消すと見れるんだけど、有志による数値はやっぱり見れないし。。あ゛~、なんでこんな時に見れないかね。。・・・・オレのパソコンのエラーなのか、それとも全体的に見れないのか、それともどこかが圧力をかけたのか・・・・。。
 ついでに、こんなものもあった。。こっちのほうがまだましかな。。数値がきちんと出てればもっといいんだけど・・・・。。


 なんか、ストテラジー(株)ってとこに、高度利用者向け緊急地震速報専用受信ソフトウエアなんてフリーソフトがあるみたい。なんでも、気象庁の高度利用者向け緊急地震速報を受信し、マグニチュード、予測震度、到達までの猶予秒数を計算してくれるすぐれものなんだそうだ。
 実際使ってないからどの程度のものか分からないけど、とりあえずインストールしてみたので、地震が起こったら結果を書くつもりだ。って、そんないつ起こるか分からんものを待ってても仕方ない気もするが・・・・(´・ω・`)

  2011年5月27日(金)
 昨日たまたたま見たNHKのニュースを紹介。”原発との共存”なぜ・・・・

 この中で敦賀市の原発事情を紹介しているのだが、中でも敦賀市の台所事情がすごい。なんと、敦賀市の予算は527億円なのだが、そのうちの70億円あまりが発電所の固定資産税とか交付金なんだそうだ。。んで、その70億円あまりの使い道は、公共施設等「ハコモノ」に限定されているらしいのだ。しかも、当然それらの施設に対する維持費がバカにならないし、徐々に原発の減価償却がすすみ、固定資産税が年々減少、平成8年度は114億円だったのが、10年余りに38億円にまで減少してしまったのだ。さらに、施設や機械等の老朽化がすすみ、その補修費用が必要になってきているらしいのだ。
 んで、その補修費用なのだが、なんと、新たな原発を2基建設するつもりなんだそうだ(笑) で、その交付金で補修費用を賄うんだってさ┐(´д`)┌
 インタビュアーは「抜け出せなくなるのではないか?」と疑問を呈したが、市長は「今しばらく原発との共存共栄を計る」とのこと。。

 さて、これを読んだ人は何かと共通点があると気がついただろうか?そう、敦賀市は完全に原発ジャンキーと化したわけですよ。。まさに「止めたくても止められない」泥沼に陥ったわけです。。もちろん、「いつかは止めないと・・・・」とは思ってるかもしれないが、それが自分の時になるのはできるだけ避けたいはず。なぜなら、そんなことをすると、敦賀市の財政が火の車になるから。。

 また、一般市民の声として、「地元民として、他の地域の反原発って話は無責任すぎる」だの、「家族はみんな原発に勤めてる」だの、「仕事の6割は原発関係」といった感じで、もはや原発とは切っても切れない関係にあるようだ。。地元の国会議員も原発推進派のようだし。。
 もはや敦賀市は、海岸に原発を建設する立地がなくなるまで原発を受け入れる覚悟なのかもしれませんね。。周辺地域はたまったものではないかもしれませんが、敦賀市にとってはどこ吹く風って感じだし。。まさに、禿孫の『俺が自転車操業の解消の仕方を教えてやる。もっと勢いよく(自転車を)漕ぐんだ」を地で行く地方自治体ですね(・∀・)


 NHKより転載。リニア中央新幹線 建設を指示

---

 最高時速500キロで走行する次世代の新幹線、リニア中央新幹線について、国土交通省は27日、JR東海に対して、東京と名古屋をほぼ直線で結ぶルートで建設することを指示し、本格的な着工に向けて動き出すことになりました。

 リニア中央新幹線は最高時速500キロで走行する次世代の新幹線で、最短で東京と名古屋の間を40分で、東京と大阪の間を67分で結ぶ計画です。この計画について、国土交通省は27日、JR東海に対して、新幹線の整備に関する法律に基づき建設を指示しました。この内、東京・名古屋間の建設ルートは南アルプスの地下にトンネルを貫通させてほぼ直線に通す予定で、JR東海では年内にも沿線の環境調査を始め、3年後には本格的に着工したい考えです。リニア中央新幹線は、東京・名古屋間は16年後の2027年、東京・大阪間は34年後の2045年の開業を目指しており、建設費の総額は9兆円に上るとみられています。建設の指示を受けたJR東海の金子慎専務は「いよいよ構想段階から実施段階に入った。沿線の地元自治体のご意見を伺いながら、早期の実現に向け努力したい」と話しました。


---

 ようやっと?リニアが実現に向けて動き出しましたね。。


 ルートは南アルプスルートに決定したもよう。
 どこに駅を作るのか知らないが、経済効果を最大限期待するなら
 「東京ー名古屋直通」の一択な気がするのはオレだけでしょうか??(´・ω・`)

 だって、甲府だの飯田だのって全然人いないんだもん・・・・。。


それにしても、全線開通が2045年予定って・・・・。。オレ生きてるかな?(´・ω・`)

  2011年5月25日(水)
 今日はちょっと気分を変えて、少し変わったお寺を紹介します。了法寺というお寺なのだが、このお寺、普通のお寺じゃないのです。なんと・・・・







 お寺の看板がこんな感じなんですよ(笑)


 たぶん?絵馬・・・・と思う(´・ω・`)


 一体何にお祈りをしているかというと・・・・


 どうも「これ」らしい・・・・(´・ω・`)
 一応?弁天様らしい。

  
 んで、これをどうも発売するらしいのだが、
 高さが42cmもあるそうな・・・・。。
 
 値段?そんなもん知らんがね(´・ω・`)


 ついでに、動画あるらしいので、それも紹介しとくね。

 それにしても、「最近のお寺も変わってきました」といういい見本ですね。お寺もここまでしないと経営が厳しいのでしょうか??まあ、最近は仏像を盗んだりする不届き物がいるようなので、神仏を敬わない人が増えてきたのかもしれませんね。
 ああ、オレは別にこういったものに興味はない。ただ、なんとなく面白かったので、紹介しただけなので、念のため。。

 ちなみにHPはこちらなので、興味ある方は是非どうぞ(´・ω・`)

 そうそう、このお寺、BS-1のJourneys In Japanという日本のあちこちを海外に紹介する番組で報道されてました(それ以前にも民放で放送されたらしい)。

  2011年5月22日(日)
 今日のどうでもいいこと。「21日に地震、世界破滅へ」米キリスト教徒が予言

 先日の地震予言もそうだが、キリスト教徒の間では予言がはやってるんですかね??まあ、今日になっても地震のニュースがないってことは、はずれたってことでしょうね。これは世界破滅ではなく、単に「世界破滅=この人の人生(世界観)の破滅」でも意味してるんですかね??(・∀・)

  2011年5月19日(木)
 今日はたわいもないことを中心に軽~くまとめたいかと(´・ω・`)

・ロイターより。。原発事故の原因は津波、地震ではない=海江田経済産業相

┐(´д`)┌

・イラクの子供を救う会ブログより一部転載。原発は日本の「疫病神」だ

---

(略)
西谷 この事故を受けて、原発を止めてほしいという運動が広がっています。即刻全ての原発を止めるべきでしょうか、それとも浜岡原発など、危ないものから順番に止めていくべきでしょうか?
小出 私は一気に止めるべきだと思っています。日本中の原発を即刻止めても電気には困りません。火力と水力でまかなえます。夏のピーク時でも足りています。しかし節電はしなくてはいけない。火力発電も環境には良くないですから。私たちはエネルギーを使いすぎている。エネルギーを浪費しなくてもいい社会を作ることが必要です。この悲惨な事故から、教訓を引き出して日本が変わらなければなりません。

西谷 そのためにはメディアの問題があります。原発の危険性を訴え続けていた先生たちのことをMBS(毎日放送)がドキュメンタリーにしましたが、その放送に関西電力が噛み付いたそうですね。
小出 「異端の研究者たち」というタイトルが示すように、原発に反対してきた私や今中さんなど「熊取6人衆」の活動を取り上げた番組でした。担当のディレクターさんは慎重に取材されて、私たちだけでなく原発推進の方の意見も取り上げました。関西電力から見ると、私たちのような意見をマスメディアに載せたこと自体が気に入らなかったのでしょう。
西谷 小出先生、今中先生たちをテレビに出したこと自体が気に喰わない。
小出 放送の翌日、関電がMBSに抗議に来て、CMのスポット契約を取り消すとか、ディレクターの人事に口を出すとか圧力をかけたようです。最終的には「MBSの社員は原発に関する間違った知識を持っている」という理屈で、関電がMBSの社員に「正しい知識」をレクチャーして決着したと聞いています。

(略)

---

 こういったことを言ってくれるのはありがたいのですが、なぜ小出氏が知っているのかが不思議。。関電→MBS→反原発先生→小出氏の流れですかね??


 4/18に御用学者が謝罪したって記事を掲載したけど、その内容があったので、紹介。Pcace Philosophy Centreの福島原発事故についての緊急提言より転載。

---

福島原発事故についての緊急建言


はじめに、原子力の平和利用を先頭だって進めて来た者として、今回の事故を極めて遺憾に思うと同時に国民に深く陳謝いたします。

私達は、事故の発生当初から速やかな事故の終息を願いつつ、事故の推移を固唾を呑んで見守ってきた。しかし、事態は次々と悪化し、今日に至るも事故を終息させる見通しが得られていない状況である。既に、各原子炉や使用済燃料プールの燃料の多くは、破損あるいは溶融し、燃料内の膨大な放射性物質は、圧力容器や格納容器内に拡散・分布し、その一部は環境に放出され、現在も放出され続けている。

特に懸念されることは、溶融炉心が時間とともに、圧力容器を溶かし、格納容器に移り、さらに格納容器の放射能の閉じ込め機能を破壊することや、圧力容器内で生成された大量の水素ガスの火災・爆発による格納容器の破壊などによる広範で深刻な放射能汚染の可能性を排除できないことである。

こうした深刻な事態を回避するためには、一刻も早く電源と冷却システムを回復させ、原子炉や使用済燃料プールを継続して冷却する機能を回復させることが唯一の方法である。現場は、このために必死の努力を継続しているものと承知しているが、極めて高い放射線量による過酷な環境が障害になって、復旧作業が遅れ、現場作業者の被ばく線量の増加をもたらしている。

こうした中で、度重なる水素爆発、使用済燃料プールの水位低下、相次ぐ火災、作業者の被ばく事故、極めて高い放射能レベルのもつ冷却水の大量の漏洩、放射能分析データの誤りなど、次々と様々な障害が起り、本格的な冷却システムの回復の見通しが立たない状況にある。

一方、環境に広く放出された放射能は、現時点で一般住民の健康に影響が及ぶレベルではないとは云え、既に国民生活や社会活動に大きな不安と影響を与えている。さらに、事故の終息については全く見通しがないとはいえ、住民避難に対する対策は極めて重要な課題であり、復帰も含めた放射線・放射能対策の検討も急ぐ必要がある。

福島原発事故は極めて深刻な状況にある。更なる大量の放射能放出があれば避難地域にとどまらず、さらに広範な地域での生活が困難になることも予測され、一東京電力だけの事故でなく、既に国家的な事件というべき事態に直面している。

当面なすべきことは、原子炉及び使用済核燃料プール内の燃料の冷却状況を安定させ、内部に蓄積されている大量の放射能を閉じ込めることであり、また、サイト内に漏出した放射能塵や高レベルの放射能水が環境に放散することを極力抑えることである。これを達成することは極めて困難な仕事であるが、これを達成できなければ事故の終息は覚束ない。

さらに、原子炉内の核燃料、放射能の後始末は、極めて困難で、かつ極めて長期の取組みとなることから、当面の危機を乗り越えた後は、継続的な放射能の漏洩を防ぐための密閉管理が必要となる。ただし、この場合でも、原子炉内からは放射線分解によって水素ガスが出続けるので、万が一にも水素爆発を起こさない手立てが必要である。 

事態をこれ以上悪化させずに、当面の難局を乗り切り、長期的に危機を増大させないためには、原子力安全委員会、原子力安全・保安院、関係省庁に加えて、日本原子力研究開発機構、放射線医学総合研究所、産業界、大学等を結集し、我が国がもつ専門的英知と経験を組織的、機動的に活用しつつ、総合的かつ戦略的な取組みが必須である。

私達は、国を挙げた福島原発事故に対処する強力な体制を緊急に構築することを強く政府に求めるものである。


平成23年3月30日

青木 芳朗   元原子力安全委員
石野 栞     東京大学名誉教授
木村 逸郎   京都大学名誉教授
齋藤 伸三   元原子力委員長代理、元日本原子力学会会長
佐藤 一男  元原子力安全委員長
柴田 徳思   学術会議連携会員、基礎医学委員会 総合工学委員会合同放射線の利用に伴う課題検討分科会委員長
住田 健二   元原子力安全委員会委員長代理、元日本原子力学会会長
関本 博    東京工業大学名誉教授
田中 俊一   前原子力委員会委員長代理、元日本原子力学会会長
長瀧 重信   元放射線影響研究所理事長
永宮 正治   学術会議会員、日本物理学会会長
成合 英樹   元日本原子力学会会長、前原子力安全基盤機構理事長
広瀬 崇子   前原子力委員、学術会議会員
松浦祥次郎   元原子力安全委員長
松原 純子   元原子力安全委員会委員長代理
諸葛 宗男   東京大学公共政策大学院特任教


---

 こういった文章を載せてくれるところってなかなかないんですよね。。だから、探すのも結構大変だったりする・・・・。。残念なのは、オレが気がつくのが遅すぎたってことですかね(´・ω・`)


・WSJ。マクドナルドに「ジャンクフード販売」中止要請―ロナルドにも引退勧告

 確かにドナルドはジャンクフードの象徴ですが、別にドナルドが悪いわけではなく、アメリカの食生活そのものが悪いと思うんですけどね。。大人が止めれば子供は食べなくなるとなぜ気がつかないんだろう??
 それに、ハートアタックグリルなんて超絶不健康なバーガー作ってるところもあるんですが。。なんだよ1こ8000キロカロリーって・・・・。。食べる奴バカじゃないの?って思ってしまうが、これが結構人気があるらしい。。が、どうも数人これ食べて死亡したとかなんとか・・・・。。


・おまけのWSJ。中国でスイカが爆発─新たな食品スキャンダル勃発

---

 

 爆発したスイカ(中国・江蘇省、13日)


 中国食品の安全性の問題が、文字通り「爆発」している。

 中国東部の江蘇省ではスイカの爆発が相次ぎ、本来はのどかな農地が、自然の地雷原へと変貌している。中国中央電視台(CCTV)が報じた。

 米国では、ビーチ好きやボーイスカウトなど、果物の爆発を愉快だと感じるある特定の集団の間で、スイカ爆弾は以前からよく知られている存在だった。しかし、中国市場において、スイカ爆弾はかなりの恐怖を引き起こしている。

 その理由は、爆発が突発的に起きるという点にある。中国の農家が果物の生育促進のために使用してきた化学薬品が、スイカの爆発の原因であるためだ。

 CCTVのビデオ報道によると、化学薬品が使われたスイカは、まず頂点付近に亀裂が入り、数分以内に破裂して果肉が露出した状態となる。江蘇省のある町では、年配の女性がスイカを切っている最中に爆発が起きた。

 農家の間では、化学薬品を農園に散布すれば、収穫が2倍になり収益が拡大すると期待されていた、とアナウンサーは説明した。

 ところが、化学薬品は正反対の事態を引き起こした。輸送中に爆発の恐れがあるスイカを仕入れようという青果市場はほぼ皆無だ。

 CCTVによると、上海仁済病院の胃腸科専門医は、スイカが人体に入ると、消化器官が刺激を受けることもあり得ると指摘する。

 スイカ問題に関するCCTVの報道は、食品の安全を脅かす化学薬品を暴露するための、政府支援によるメディアを使った大々的なキャンペーンの一環。中国の指導者らは最近、コスト削減や生産効率の向上、人為的な味の改良などにより儲けを増やすことを目的に、健康を害する恐れがある添加物を使用する習慣を撲滅すると確約した。

 政府指導者は4月、ラクトパミン含有の豚肉を食べて300人が中毒となったことを受け、1年間にわたる有害添加物の取締り強化を発表。ラクトパミンを豚が食べると筋肉が引き締まるが、人体に入ると、吐き気やその他の副作用を引き起こす

 中国は長年にわたり食品の安全性の確保に取り組んできたが、この問題は2008年、工業用化学物質のメラミンが混入したミルクで、少なくとも6人の子供が死亡、数万人が不調を訴えるという事件が起きたことで、急速に国民の意識に浸透した。この事件には世界中が注目し、衝撃を受けた政府が行動を起こした。今もなお、メラミンをはじめとする添加物の問題は続いている。

 今回の報道キャンペーンでは、食品安全に関する潜在的な問題を調査、報道することに関して、報道機関にかなりの裁量が与えられている。一部のオブザーバーはこのキャンペーンを、隠密裏に問題に対処する旧来の方法が有効ではなかったとの政府の告白だと解釈している。

 CCTVは、スイカの爆発による病気や負傷を報道していない。ただし、江蘇省の農家は、爆弾を内包したスイカで膨大な損失を被ることは間違いない。

 報道によると、消費者は、亀裂の入ったスイカの購入を避けるとともに、生育中に使用された農薬やその他の化学薬品を落とすために外皮を洗い流す必要がある。


---

。゚(゚ノ∀`゚)゚。アヒャヒャ

 いやいやいやいや。。スイカ爆弾とはなんと恐ろしいものを作ってんですかね。。いつぞやは毒餃子を輸出したし、中国国内では下水油のようなもの普通に出回っているし。。中国で食の安全を期待するのは無理ってもんですな。





φ(・ω・ )かきかき


[壁]ω・)何してるんですか?


んとね、放射能の勉強だよ(´・ω・`)


[壁]ω・)それはいいことですね!


あのね、放射能の研究を飛躍的に進めたのは、キューリ夫人なんだって(´・ω・`)


[壁]ω・)・・・・・・・・はい??


それにね、キューリ夫人って、ノーベル賞を5回も受賞したんだよ。すごい人だよね(´・ω・`)


[壁]ω・)え・・・・えと・・・・


それにしても、キューリ夫人って、ちょっとおいしそうな名前だよね。なんだか河童になった気分だよ(´・ω・`)


[壁]ω・)(突っ込みどころがありすぎて処理しきれない・・・・)

  2011年5月16日(月)
 読売新聞より転載。原発賠償「国負担増を」56% ・・・読売調査

---

 読売新聞社が13~15日に実施した全国世論調査(電話方式)で、東日本大震災の被災地救援・復興支援を巡る政府の対応を「評価しない」と答えた人は59%となり、前回調査(4月1~3日実施)の44%を大きく上回った。

 東京電力福島第一原子力発電所事故を巡る対応では「評価しない」が73%(前回61%)に達した。震災から2か月がたっても復興は進まず、原発事故収束への道筋を示せないことに強い不満が表れた形だ。

 原発事故の損害賠償については、国がもっと負担すべきだと思う人が56%だった。菅首相が中部電力浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)のすべての原子炉運転停止を求めたことを「評価する」は68%だった。

 復興財源とするための増税には「賛成」50%(前回60%)、「反対」46%(同32%)。賛成と答えた人に限って主に引き上げる税を聞くと、「消費税」52%が最も多かった。


---

 ・・・・なんて言うかさ。。よくもここまでさらっと嘘が書けるものかと感心してしまうね( `д´)  なんだよ「国がもっと賠償すべき」が56%って。んなわけないだろ。。
 ・・・・もう十分だろ??読売なんぞ読む価値ないんだよ。。オレは一応目を通しているけど、正直言って他の人には全くお勧めできない。間違っても新聞を購読してまで読む価値なんてないと断言できる。情報操作しかできない大手新聞なんて53以外の何物でもないよ。ネットの情報だけで十分だ。


 今日のどうでもいいこと
 ポポポポ~ンの動画の閲覧回数が5000000回超えてるし・・・・(´・ω・`)

 

  2011年5月15日(日)
 ちょっと面白い動画をいくつか見つけたので紹介。

 外国人向け保安院・東電の会見がついに無人になったそうです(笑)ほんと救いようがないですね。彼らの思考ルーチンって一体どうなっているのでしょう??こんな連中が日本の電力を供給・管理していると思うとぞっとします。。いいかげん、現実に気付いてほしいものです。ただ、できれば音声が欲しい・・・・。。

 続いては海外の動画。海外で、東京電力の対応が物笑いの種になってます 。これは東電の対応について海外の反応です。・・・・ほんとバカですね。。

 さらに、海外の見方「日本政府は記者クラブを使って情報統制している」。これはもはや世界では常識ですね。こんなことばかりしてると、そのうち日本そのものが世界から相手にされなくなる日がくるかもしれません(´-ω-`)

 一事が万事こんな感じで、海外ではもう完全に政府の発表を信用していません。そして、それに気が付いてないのは日本人だけ。。これを「日本の文化」と一言で片づけるのは簡単ですが、どう考えてもそれは違うだろう。。昔(明治時代以前)は政府に大人しく従っていればうまくいっていたのだろうが、もうそんな時代はとっくの昔に終わっている。。
 ・・・・結局、国民が変わらなければ、政府も変わらないってことですよね。新聞読んでるから「社会人」とかぬかしている連中なんぞ53ってことですよ(・∀・)


 ところで、5/13に東電の賠償云々言ってたけど、それについて以下の解説があった。
東電を救済するための政府による「ウソ?」

---

昨日政府は関係閣僚会議で東電賠償の枠組みを決定した。関連する政府文書はこちらです。

http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/pdf/songaibaisho_110513_01.pdf

この内容がこれまで政府がおこなってきた説明を食い違っているようなきがしてならない。つまり、どこかに「ウソ」があるように思えてならない。

さきほど衆議院議員の河野太郎さんにご寄稿いただいた原稿( http://getnews.jp/archives/116201 )は「東電のウソ」について言及したものだったが、ここでは、政府の発言と文書の違い、つまり政府のついているウソはあるのかという点について考えてみたい。

東電賠償問題に関しては3つの大前提があるはずだ。

1.被災者の方への賠償を迅速かつ確実におこなう
2.電力供給を止めない
3.国民への負担を最も小さくするものであること

しかし、昨日政府が関係閣僚会合で決定した東電賠償の枠組みは

「東電の負担を最も小さくする」

ということを前提としてつくられたもの。国民の負担を小さくすることを大前提とされていない。これでは、東電とそれを取り巻く利害関係者しか得をしない。国民の利益を第一に考えるべきであるにもかかわらず、前提が間違っている。このような国民を置き去りとした案がすんなり通るわけがなく、紛糾は必至。その結果、賠償問題の最終的な枠組み決定がされに遅れてしまう可能性すらある。

そして政府は、この枠組案の問題点を隠すために、表立ってウソをつきはじめたように見える。菅総理は枝野官房長官は、以下のような発言をおこなっている。

・「東電の救済ではない」
・「電力料金は上げない」
・「国民負担にはならない」

本当だろうか。最初にあげた政府文書を読むと、その内容と表立っての説明に違いがあるように見える。この件について元官僚で「官僚のレトリック」という著書を持ち元通産省官僚であった原英史さんに話をきいてみた。

――政府文書と、表立っての説明を見てみると、食い違いがあるようにも見えるのですが。

原:「言っていること」と「正式決定に書いてあること」に違いがありますね。食い違いを見ていくと、6つのおかしな点があります。

1.「東電の救済」は明記されています
2.東電の賠償額には上限が設定されています
3.電力料金は上がります
4.国民負担は必ず生じます
5.株主と債権者の負担は求められていません
6.政府は責任を負いません

――たくさんありますね……かいつまんで質問させてください。まず「東電の救済ではない」と菅首相が話しているのをテレビ等で観ましたが、この部分も文書とは食い違っているのでしょうか。

原:「東電の救済ではない」と菅総理が話している様子はニュースでも繰り返し流れていましたね。でも政府文書をみるとこの言葉と全く逆だということがわかります。今回、損害賠償のために「機構」を設けることになりました。そしてその機構が東電に対し「上限を設けず、必要があれば何度でも援助し、損害賠償、設備投資等のために必要とする金額のすべてを援助できるようにし、原子力事業者を債務超過にさせない」と書いてあります。

――手厚い援助ですね。

原:これはつまり、「東電を救済」するということなんです。

――気になるのは電気料金の件です。これだけの規模ですから、間違いなく電気料金に反映してくると思うのですが、枝野官房長官は「基本的に電力料金の値上げによらずに賠償の資金を出す」と述べ、そのための枠組みだということを強調しています。現実的な話なのでしょうか。

原:政府文書では、「電気料金を上げない」とはどこにも書いてありませんね。ここに書いてあるのは「負担金を事業コストから支払」ということです。

電力料金は、電気事業法19条で「コスト+適正利潤」と定められています。つまり負担金分コストが増せば、当然、電力料金は上がることになります。

――電気料金が上がる、という時点で国民負担は始まっているような気もしますが、枝野官房長官は、東電と関係者の努力で賠償額に相当する額を出すことができるとおっしゃっています。

原:つまり「国民負担はない」ということを言っているのですが、さきほどの政府文書上は、東電と関係者で頑張っても足りなければ国民負担になってしまいます。そもそも、東電と関係者の自助努力の範囲で収まるとは想定されていないです。

――それで済むのであれば、このような枠組はそもそも必要ありませんね。最後に、この問題で一番注目されている「株主と銀行の負担」についてですが政府文書上ではどうなっていますか。

原:この枠組決定後の会見で枝野官房長官は「債権放棄が一切ない場合はどうなるのか」と質問され、それでは「国民の理
解は到底得られない」としました。公的資金投入が投入されないという可能性を示唆したことになりますが、これも文書上は根拠がありません。この決定の前に政府は東電に6条件を示しました。その中に「利害関係者に協力を求めること」とありましたが、ここでも債権カットまでは言及していません。

――言っていることと実際の政府文書ってここまで違うものなのでしょうか

原:ここまで「総理や官房長官の発言」と「政府の正式決定」がかけ離れているものを、あまり見たことがありませんね。総理や官房長官は「東電の救済ではいけない」などの「思い」はあるのでしょうが、「思い」を政策に落とし込めていない。政治主導体制が確立できていないとこうなる、という典型みたいなものです。

――ありがとうございました

休み明けよりこの枠組みに関する議論が活発化し、場合によっては紛糾することだろうが、被災者の賠償、国民の負担、そして電力事業の将来がかかった話だ。しっかりと議論の行方を見守りたい。そして、おかしいと思う人はしっかりと声を上げて欲しい。


---

 どう転んでも政府は東電を救済したいようですね。「息を吐くように嘘をつく」というのがどこぞの国の国民性だが、それは政府にも当てはまるようです。ほんと、この国の政府や官僚の頭ってどういう構造しているのだろう。。本気でこの国をよくしていきたいと思っているとはとても思えないんですが。。
 もう、何かコメントするのも馬鹿馬鹿しくなってきた・・・・。。


 そうそう、13日のエントリーなんだけど、オレが思ったのは「今すぐ原発を停止」ってことであって、将来的に原発を停止ってことなら、オレも賛成ね。ちょっと誤解がある書き方をしたので、一応補足しとく。まあ、それでも浜岡原発については正直どうかと思うけどねぇ。。政府の対応を見る限りでは、将来的なことを考えてやってるとは思えないし。。

  2011年5月12日(木)
 昨日のチェルノブイリのドキュメンタリーを見ました。どんな内容かと言うと、事故直後の後始末に関することだったのだが・・・・正直不満だらけです(´-ω-`)
 なんでかというと、話があちこちに飛び過ぎて、何が言いたいのかよく分からないから。おおまかな内容としては

・ソ連政府(当時)は事故の事実を隠蔽したまま兵士に作業させた
・一部地域はロボットが稼働できないほどの高レベル放射能に汚染されており、その地域も人力で汚染物質を除去していた(単に機械の故障な気もするが)
・一応は放射能の危険性を承知し、必要以上の無理な作業はさせなかった
・それでも一部は被ばく、死亡した

 といった感じなのだが・・・・もうちっとなんとかして欲しいと思ったよ(´-ω-`)

 そして、一つ思ったことがある。それは、旧ソ連政府は放射能による汚染と死亡の因果関係を拒否しているんじゃないかとというこだ。このドキュメンタリーでは政府の人間は出てこないので断言はできないが、「致命的な障害(癌)がある場合を除いて年金の支給を止めてしまった」というあたりで、なんとなく読み取れる。だから、それを根拠にして、一部の連中が「チェルノブイリ事故で死んだ人間はいない」と言っているのではないかと思うのだ。

 ただ、この因果関係を証明するのは難しいと思う。なんでって、被ばくした人間がどうなるか定期的に検査する必要があるし、全ての人に障害が起こるわけではない。それに、普段の生活習慣やストレスでも体を壊すのに、「絶対放射能が原因だ」と断定するのは、とても難しいのではないだろうか??だからこそ、政府は「直ちに健康に影響はない」と言っているんだろうけどね。。

 んで、今回3日連続でチェルノブイリの特集として放送されたのだが、どうも初日は日本、2日目はフランス、3日目はドイツと、作った国はバラバラだし、作った年もばらばらだったようでして。。オレはてっきりNHKが全部作ったとばかり思ってたよ。。
 今回3つ放送されたけど、その中では1番フランスのものがよかった。昨日のエントリーのものね。ダメダメなのはNHKのドキュメンタリー。何が言いたいのかさっぱり分からなかった。だからか、すでに記憶から飛んでるし。。見損ねた人は、そのうち再放送されるだろうから、それを見たらいい。フランスのドキュメンタリーは見る価値あるから、結構おすすめできる。
  
 そのうちユーチューブでも出回るかもしれないが、あれ思い切り著作権犯しているんですよ。。ユーチューブ等の動画が勝手に削除されたって言ってる人がいるけど、NHKには当然削除する権利があるんですよね。。ただ、そんなことを言ったら「ニュース等投稿されたもの全部削除要請しろよ!」ってなってしまうわけでして。。現在NHKがチェルノブイリ関連のドキュメンタリーを削除しまくっているらしいんだけど、そういった意味では、チェルノブイリ関連だけ削除要請ってのは、やっぱ政府の隠蔽に加担しているってことにつながるって受け止められて当然なんですよね。。
 
 それと、書いてて気付いたのだが、放送日を5/9,10,11と書いていたが、実際は5/10,11,12でした。すいませんヽ(´Д`。)ノ


 ちょいネタ(と言っては失礼だが)。。5/11にスペインで地震があったのだが、実は、先日「イタリアはローマで5/11に地震が発生する」という予言があって、ローマではちょっとした騒ぎになったらしいんですよ。。これは「当たった」とみるべきか、「外れた」とみるべきか・・・・。。一体どっちなんでしょうね??(´・ω・`)

  2011年5月11日(水)
 チェルノブイリ事故のドキュメンタリーの内容ですが、ほんとは3日全部通して見て感想を書く予定だったけど、覚えきれないので書きたいことがあったので、中途半端ですが書いておきます。。

 チェルノブイリ周辺は、20年以上経った今でも高い放射能を撒き散らしているのだが、そこでは動物たちが普通に暮らしている。もちろん事故当初は周辺地域は死の土地だったし、家畜からは奇形の子供が生まれたという報告も数百例あったのだが、時間が経つにつれ、生き物が徐々に戻ってきて、いつの間にかその土地にはいなかった熊までがそこで生きているというのだ。
 これはなぜかというと、動物たちが放射能の汚染に耐える力を身に付けたからだという。
 知っている人は多いと思うが、放射能はDNAを破壊する。しかし、体というのはよくできていて、その壊れたDNAを修復することができる。つまりDNAが壊れるより早く修復すれば、何の問題もないというわけだ。チェルノブイリ周辺の生物は、放射能に耐える抵抗力を身につけることによって、チェルノブイリという極限の環境に適応したということだ。
 ちなみに、その破壊されたDNAがきちんと修復されないと、癌になるそうです。
 じゃあ全ての生物がそうなのか?というと、そうでもない。そこにはツバメが住んでいるのだが、ツバメには翼の長さが違ったり、異形の卵を産んだりと、明らかに異常が出ているのだ。残念ながら、ツバメには放射能に対する抵抗力がないため、そのような障害が出たものと思われる。

 それでは人間はどうか??なんと、チェルノブイリ周辺30キロは立ち入り禁止区域になっているのだが、そこで生活している科学者がいるのだ。。なんでも、野菜等は根から放射能も吸収するのだが、野菜によって吸収する放射能が違うので、放射能を吸収しない野菜を食べれば問題ないというのだ。サクランボもそこに植わっていたが、放射能は種に多いだけなので、果肉を食べても問題ないらしい。自らの体で大丈夫であることを証明しようとは、まさに科学者の鏡ってって感じなのだが・・・・呼吸によって放射能を吸い込んでしまうのではないかと思うんですが。。その辺は大丈夫なんですかね??
 それと、ウクライナのどの地域か忘れたが、産まれてくる子供の大半は何らかの疾患があると言っていた。ただ、残念ながら、それが遺伝によるものか、産まれてから放射能に汚染されたのかの説明はなかったし、何の疾患かも詳しい説明はなかった。おまけに、その地域の放射線量も言わない。その辺りをもう少しきちんと説明すればよかったと思うんだが。。なんとも中途半端に感じてしまったよ。。
 もうひとつ。研究者が防護服も着ないで石棺の中に入って行ったのだが!、数値を聞くと「40(44?)レントゲン」。。・・・・そんな普通に使ってない数値で言うんじゃねーよ。。分かるわけないだろ。。ってか、防護服も着ないで入っていいものなのか??と思ってしまったのだが、あんまり気にしてないようだ。。

 まだ最後の1回を見ていないので何とも言えないが、ひょっとしたらだが、人間も低量の放射能から少しずつ慣らしていけば、徐々に放射能にも耐性を持つのではないかと思ってしまった。もちろん一度に大量の被ばくをすれば当然体に何らかの障害が残る可能性があるし、妊婦や子供は放射能に対して抵抗力がないのは分かり切っているので、どの程度なら大丈夫かなんてことはなかなか難しい問題なんですけどね。。

 そういう意味では、マッドサイエンティストな考えの持ち主は、今の福島を「いい実験材料」と思ってるかもしれない・・・・。。日本の科学者にはそんな思考の持ち主がいないことを信じたいものです。。

 今日最後の1回があるのだが、どんな内容なんだろう??タイトルは「見えない敵」となっていたから、たぶん放射能汚染についてだと思うが・・・・。。

  2011年5月8日(日)
 共同通信より転載。経産省、原発重視の方針堅持へ 安全宣言で電力確保目指す

---

 原発の緊急安全対策を進めて「安全宣言」を早期に行うことで既設の原発からの電力供給を確保し、2030~50年には「世界最高レベルの安全性に支えられた原子力」を3本柱の一つとするとした、経済産業省の今後のエネルギー政策に関する内部文書が6日、明らかになった。

 14基の原発の新増設を盛り込んだエネルギー基本計画を含め、菅直人首相が政策の白紙からの見直しを表明、中部電力浜岡原発の停止を要請するなど、これまでにない政策を進める中、従来の原発重視を堅持する方針を早々に打ち出したことには今後、各方面から批判が出るのは確実だ。

 文書は、東日本大震災を受けた現行のエネルギー政策の課題に関するもの。事故で「原子力の安全確保に大きな疑問符」がついたとの判断から、「原因の徹底究明と安全規制の抜本見直しを進め、将来のエネルギーとしての適格性を判断する」としながらも「今後のエネルギーのベストミックス」の一つとして「安全性を最大限追求した原子力」を掲げた。

 その上で、30~50年に向けた長期的なエネルギー政策の3本柱の一つとして、太陽光発電などの再生可能エネルギーの拡大、ライフスタイルや産業構造の改革による省エネルギーの実現とともに「世界最高レベルの安全性に支えられた原子力」を据える考え方を示している。

 また、定期検査で停止した原発が再稼働できない状態が続くと、今後1年間で全国すべての原発が停止して地震直前に比べて3千万キロワット以上の供給力が失われると電力危機を強調。「緊急安全対策の徹底(安全宣言)により、既設炉からの電力供給を担保」するとの方針を示した。

 再生可能エネルギーについては今後拡大する方針を示したものの「太陽光発電のコストは原子力の約7倍」「電力の安定化対策として蓄電池の大量導入など年間数千億円が必要」など、これまでの評価の記述をほぼ踏襲している。


---

 いやはやなんと言ったらいいか分からないですね。。どれだけ機器を安全設計にしても、それを扱う人間がサルだと全く役に立たないことが、先の事故でも全く分かってないようです。すでに何だも書いている通り、今回の事故は全面的に人災であって、きちんとした危機管理ができていれば起きていなかった事故なんですよ。。なんか、安全宣言とかって、自分たちの天下り先を安全宣言したいんじゃないかとさえ思ってしまうよ。。

 昨日の新聞では空き缶が浜岡原発を止めるとか訳の分からないことを言いだしたが、これだって最悪の事態を想定し、万全の対処をしていれば、停止する必要なんて全くないと思うし。・・・・していればですが。。ってか、なんでそんな突発的にそんなこと言い出すんだ??政府が言うことじゃないだろ普通。。くだらないパフォーマンス考える時間があったら、今後の東北地方の復興をどうするか考えろっつーのな。
 まあ、もちろん将来的には原発は廃止すべきだと思うが、それはあくまで次のエネルギー源を見つけてからであって、今現在は稼働するのが妥当だと思う。そうでないと、このまま日本中で原発を停止してしまったら、日本経済が成り立たない。。九州でも玄海原発の停止云々で、今年の夏は電力不足の危険性があるし。。
 原発廃止を叫ぶのはいいと思うが、もちっと現実を見て行動してほしいと思うよ(´-ω-`)

 それにしても、いまだに財源云々言っているが、復興費用なんぞ、東九州自動車道みたいな無駄な道路の建設を止めれば結構捻り出せるから、それを使えばいいと思う。毎年やっている意味のない道路工事の費用も復興財源に回せばいい。今やらなければいけないのは、日本が全力で東北地方を復興させること。それ以外は全部後回しでいい。
 それじゃあ地方が回らない??公共事業がないと地方が成り立たないとか言ってるから地方はいつまでたっても国に頼るはめになる。。そのくせ地方分権とか言ってるのはなんだかおかしな話なんですが。。まあその話はいつの日か機会があれば(と言って書いたためしがないが)。。
 ついでに書いておくが、小沢一派がトリガー条項の廃止について騒いでいるが、この金のない時に一体何を言ってるんだろうと思ってしまう。二言目には政権公約云々だが、そんなもん誰も覚えちゃいないんだから、気にしなくていいんだよ。もしそんなに気にかけるなら、それも復興財源にあてればいい。昔は道路特定財源だったのだが、復興財源に変わるだけ。それなら問題ないだろ??小沢利権もあるだろうから、それ以上ごたごた言うな。
 個人的には、「廃止」じゃなくて「延期」でいいんじゃないでしょうか??って感じなんですけど、どうでしょう。。復興まで何年かかるか分からないが、例えば5年の間凍結して、その後対応を考えればいい。先送り?その通り。でもそれでいいじゃん。

  2011年5月7日(土)
 ちょっと黄昏てました(´・ω・`)

 GW前頃に九電工の人が来た。何事かと思ったら、どうも太陽光発電の話らしい。この方が言うには、今起こっている原発問題云々があるので、太陽光の話があちこちからきているらしい。んで、それならということで戸別訪問を・・・・ということのようだ。
 んで、電気料金表を見せて「これだけ安くなりますよ」みたいなことを言っているのだが、「それじゃあ機器やパネルが壊れたり、補助金が打ち切られたりしたらどうなるんですか?」って聞いたら、「あ゛~~。。詳しいですねぇ」とか言われてしまった。。
 別にそこまで詳しいわけではないのだが、太陽光発電なんて所詮補助金がもらえ、比較的電気料金を高く買い取ってもらえるのでよさそうに見えるだけで、補助金がカットされ、買い取り料金が安くなってしまえばメリットなんぞあるわけないわけで。。おまけに、機器が壊れると当然修理費用はかかるし、パネルなんて台風の時に石が飛んできて壊れるかもしれない・・・・くらいのことは知っている。

 ただ、それでもほんのちょっと太陽光に興味はある。全ての家庭に太陽光が導入されれば、多少は原発の変わりになるかもしれないから。正直その程度しか太陽光の利点なんて思いつかないですけどね。海外では大規模太陽光発電が進んでいるが、残念ながら日本にはそんな無駄な土地はないし。。「耕作放棄地に作ればいいじゃん」という案も、オレは「日本の食料は日本で作る」というスタンスなので却下。
 そういった意味では、太陽光発電はあくまで個人の自己満足的な意味合いになるのだが、計画停電の時など緊急時に威力を発揮するかもしれない。。少なくとも、明りがあるのとないのは天と地の差があるしね。
 
 んで、肝心の設置値段についてだが、いくらになるかは「分かりません」だってさ。どうやら、屋根の面積や取り付けるパネルの枚数によって結構差があるみたい。九電工の人は屋根の面積が分かれば設置費用等もある程度計算できると言ったが、断った。なんでって、オレがつけるわけじゃないから(´-ω-`)


 最近の池田氏のブログだが、どうも方向性がおかしい気がする・・・・。。人のエントリーを「自称ジャーナリスト」とか、「にわかエコロジスト」とかこけおろしたり。。どうも人を小馬鹿にしたような文章があちこちに見受けられるんですよ。。
 
 ・・・・なんていうかさ。。疑問が起こって、それに対して勉強するのが、一体何が悪いんですかね??って思うんですよ。だってさ、誰だって最初は間違って当たり前じゃん。勉強して失敗(間違いを指摘されたり)して、さらに勉強してってのは、どこの誰でも一緒だと思うわけですよ。
 それを「にわかエコロジスト」とかって批判するのは、専門家しかブログを書いてはいけないとかってなってしまうし、「お前らみたいな素人が口にするな。ただ黙って専門家(この場合は池田氏ね)の言うことを聞いてればいいんだ」って暗に言っているようにも見える。

 オレはね、この方の言ってることの全てが間違っているとは思わないんですよ。ただ、どうも「上から目線」ってのがどうにも嫌いだし、原発に関しては「チェルノブイリの放射能汚染の1/10(だから大したことはない)」、「原発事故は死亡者数は石炭や火力より少ない(だから大したことはない)」と一点張り。。チェルノブイリ周辺で癌で亡くなった方の数が4000人にもなるというのに、その数には全く触れていないし、今現在20万人?もの人が避難していることも眼中にないようですし。。
 それと、どうもこの人はホルミシス効果を信用しているようなのだが、それはどんなものかというと、低濃度の放射能は体にいいという仮説である。例えばラドン温泉やラジウム温泉なんてのは放射能泉として知られているが、そんなようなものだ。オレも最近はその説を信じつつあるのだが、100%断言できるものではない。それに、外部被ばくと内部被ばくの違いもあるし、あくまでそれは一般の大人の話であるので、妊婦や子供に当てはまるかどうかも分からない。
 どんな場合でも、1番悪影響が出る人を基準にするのが当たり前なので、福島原発周辺の人間が避難するのは当たり前だと思うんですけどね。。
 
 こういう方のことを老害って言うんだってつくづく思ったよ。もはや石原都知事と同レベルの存在( `д´)
 
 まあ、これ以上人を批判するのもいい気がしないのでもう止めておくが、それでもブログは見てる。なんでかというと、コメント陣が優秀だから。最近はエントリーは流す程度で、コメントばかり追っかけてる感じ。そういう人が多いのに気付いたのか、コメンターの方々は自分のブログの紹介を始めてるし。。
 ・・・・ある程度いいブログが見つかったら、たぶん見ることはなくなるでしょうね(´・ω・`)

  2011年5月2日(月)
 NHKより転載。ビンラディン容疑者 死亡か

---

 アメリカのCNNテレビなど複数の主要メディアは、アメリカ政府高官の話として、同時多発テロ事件の首謀者で国際テロ組織アルカイダを率いるオサマ・ビンラディン容疑者が死亡し、遺体が収容されたと伝えました。

 アメリカのCNNテレビやロイター通信は、複数のアメリカ政府高官の話として、オサマ・ビンラディン容疑者が死亡し、遺体が収容されたと伝えました。しかし、どこで遺体が収容されたかなど、詳しい状況は明らかにされていません。このあと、オバマ大統領がホワイトハウスから声明を発表することになっています。アメリカ政府は、10年前の同時多発テロ事件直後からビンラディン容疑者がハイジャックの犯人たちに資金を援助していたことなどを根拠にビンラディン容疑者を事件の首謀者と断定し、身柄の拘束に全力を挙げてきました。同時多発テロ事件からおよそ1か月後の2001年10月7日には、ビンラディン容疑者の引き渡しを拒否したアフガニスタンのタリバン政権に対する軍事攻撃を開始しました。翌11月にタリバン政権が崩壊したあと、アメリカ軍が、アフガニスタン東部のパキスタンとの国境に近いトラボラの山岳地帯にビンラディン容疑者が逃げ込んだとみて、激しい空爆を行う一方、一帯に地上部隊を投入し、大規模な捜索を行いましたが、身柄を拘束することはできずにいました。


---

 ・・・・という記事があります。たぶんほとんどの人が信じるでしょうが、長年陰謀論を追っかけてきたオレとしては、「またか」という感が否めない。同時多発テロなんてのはユダヤ資本(昔は政府の自作自演説が有力だった)が引き起こしたものであるのは判明しており、証拠は後で紹介するので見てほしい。

 それはともかく、ビンラディン一族というのが存在するのは間違いない。というのは、この一族はサウジの有力財閥として認知されているのから。それに、このビンラディン一族のサーレムという人物は、昔子ブッシュが経営していたアルブスト・エナジー会社の共同経営者だったし、その父親のムハマンド(予言者と同じ名前だが、実は結構いる)はこれまた父ブッシュとカーライルなんて投資会社で一緒に仕事をしている。つまり、ブッシュ一族とビンラディン一族はずぶずぶの関係ってことだ。

 ただ、オサマという人物がどんな人物だったかについては、いまいちはっきり言えないんですよ。。なんせ、それだけずぶずぶの関係であるのに、なぜテロを起こす必要があるのか、さっぱり分からなくって。。ウィキにはそれ相応の事が書いてあるけど、どうも反米に転向したあたりの記述が曖昧なんだよな。。それに、---スーダンの建設会社「アル・ヒジュラ」、イスラム銀行「アシュ・シャマリ」の支配株も保有している。これに加えて、投資財閥「タバ」を所有し、代理人を通して、ケニアに貿易会社、イエメンに器械製造会社、出版社、セラミック生産工場を監督している。---ってあるんだけど、これどこまで本当の事なんだ?って思ってしまう。。ずっとアフガンだのパキスタンだのに潜伏していて、そんなことができるのか?ってことですよ。。これを信じるかどうかは個人の勝手だが、オレとしてはいまいち信用がおけないのです。。
 それに、去年の1月に、FBIがオサマの現在の姿として公開した写真が、実は別人のコラージュであったって事もあった。詳細はAFPを参照してほしい。


 こんな感じ(´・ω・`)

 インターネット上で見つけたスペイン左派の連合会派、
 「統一左翼(IU)」の代表ガスパル・リャマサレス氏の写真から、
 髪の毛と額の部分を画像合成の素材に使用した。

 
 とのこと。
 ちなみにこの方、反米思想の持ち主らしいです。
 ・・・・どうでもいいか(´・ω・`)


 「FBIってこんなお粗末な事してるんだ!」って思うかもしれないが、実際アメリカの情報収集能力なんてたかがしれているようでして。。イスラエルのモサドとかイギリスのMI-6に比べたら、CIAなんて雑魚扱いって感じのようです。それじゃあ日本はどうなのかというと、日本にはそもそも情報を収集する機関が存在しないんですよねヽ(´Д`。)ノ  だからいつも欧米の戦略にやられっぱなしなわけでして。。京都議定書なんてのも、結局日本だけがバカをみるはめになったりしたわけでして。。そういった意味では、日本にも情報局を作るべきなのですが、一部にスパイ云々とか言ってるバカがいるからそれすらできないという現実もあるし。。情報の大事さが分からない人に何を言っても無駄なんですよね(´-ω-`)

 話がめっさそれましたので、元に戻します(´・ω・`)

 ・・・・とまあこんな感じで、オサマに対する情報そのものがあやふやで、その上ものすごい少ないんですよ。。だから、欧米の一部のメディアでは「オサマは架空の人物」とさえ言われているんですよね。もっと言えば、アルカイダ自体が架空の存在とさえ言われているくらい。

 オレは先に書いたとおり、同時多発テロをユダヤ資本が起こしたとの見方をしているから、オサマの存在を疑問視しているのであって、ひょっとしたら実在するかもしれない。が、その場合でも同時多発テロに関与したとはどうしても思えない。


 さて、これだけでは消化不良を起こしそうなので、なぜ同時多発テロにオサマが絡んでいないのかを紹介しとこう。

 まずはLoose Change Japanese nihongo 911。報道されない同時多発テロの事実を解説してくれています。日本語で説明してくれているので分かりやすいです。1時間20分もあるので、時間のあるときにどうぞ。

 次に、BBC第7ビル崩壊20分前にフライング報道1/3BBC第7ビル崩壊20分前にフライング報道2/3BBC第7ビル崩壊20分前にフライング報道3/3です。なんと、同時多発テロが起こる20分前にBBCが同時多発テロの報道をしている!動かぬ証拠です。この放送後、BBCは炎上したらしいのだが、BBCはこの疑惑報道に関して一切コメントを発していないようです。

 ついでに、スティーブ・ジョーンズ博士の論文も紹介したいのですが・・・・なぜか日本語だけ文字化け。。一瞬だけ日本語が見えるのですが、すぐに文字化けしてしまって話にならない。ひょっとしたらIEが悪いのか、それともぷららがいらんことをしているのか・・・・??その辺はちと不明。。

 ・・・・とまあこんな感じですよ。


 ただ、どうしても陰謀論には反対論がつきまとうわけでして。。そっちも同時に紹介しときます。。PULL ITというサイトなんだけど、こちらは陰謀論の矛盾点をちくちくつついているようです。興味ある方はどうぞ。


 どちらが正しいか?オレはやはり陰謀論が正しいと思う。どう考えてもBBCのちょんぼ報道が大きすぎる。。これだけだけでも、オサマとは別次元の勢力があることがわかるはず。
 ・・・・まあ、この手の話は疑ってしまえばきりがないが、オレがここでどうこう言ったところで、世界は「オサマ・ビンラディンが殺害された」という流れになってしまうことが残念だと思ってしまう今日この頃です(´・ω・`)

  2011年5月1日(日)
 先日、内閣官房参与に任命された小佐古敏荘氏が辞任したってニュースを見たけど、その全文があったので転載します。官房参与が辞任・記者会見資料を全文掲載します

---

 平成23年3月16日、私、小佐古敏荘は内閣官房参与に任ぜられ、原子力災害の収束に向けての活動を当日から開始いたしました。そして災害後、一ヶ月半以上が経過し、事態収束に向けての各種対策が講じられておりますので、4月30日付けで参与としての活動も一段落させて頂きたいと考え、本日、総理へ退任の報告を行ってきたところです。
 なお、この間の内閣官房参与としての活動は、報告書「福島第一発電所事故に対する対策について」にまとめました。これらは総理他、関係の皆様方にお届け致しました。


 私の任務は「総理に情報提供や助言」を行うことでありました。政府の行っている活動と重複することを避けるため、原子力災害対策本部、原子力安全委員会、原子力安全・保安院、文部科学省他の活動を逐次レビューし、それらの活動の足りざる部分、不適当と考えられる部分があれば、それに対して情報を提供し、さらに提言という形で助言を行って参りました。
 特に、原子力災害対策は「原子力プラントに係わる部分」、「環境、放射線、住民に係わる部分」に分かれますので、私、小佐古は、主として「環境、放射線、住民に係わる部分」といった『放射線防護』を中心とした部分を中心にカバーして参りました。
 ただ、プラントの状況と環境・住民への影響は相互に関連しあっておりますので、原子炉システム工学および原子力安全工学の専門家とも連携しながら活動を続けて参りました。
 さらに、全体は官邸の判断、政治家の判断とも関連するので、福山哲郎内閣官房副長官、細野豪志総理補佐官、総理から直命を受けている空本誠喜衆議院議員とも連携して参りました。


 この間、特に対応が急を要する問題が多くあり、またプラント収束および環境影響・住民広報についての必要な対策が十分には講じられていなかったことから、3月16日、原子力災害対策本部および対策統合本部の支援のための「助言チーム(座長:空本誠喜衆議院議員)」を立ち上げていただきました。まとめた「提言」は、逐次迅速に、官邸および対策本部に提出しました。それらの一部は現実の対策として実現されました。
 ただ、まだ対策が講じられていない提言もあります。とりわけ、次に述べる、「法と正義に則り行われるべきこと」、「国際常識とヒューマニズムに則りやっていただくべきこと」の点では考えていることがいくつもあります。今後、政府の対策の内のいくつかのものについては、迅速な見直しおよび正しい対策の実施がなされるよう望むところです


 この1ヶ月半、様々な「提言」をしてまいりましたが、その中でも、とりわけ思いますのは、「原子力災害対策も他の災害対策と同様に、原子力災害対策に関連する法律や原子力防災指針、原子力防災マニュアルにその手順、対策が定められており、それに則って進めるのが基本だ」ということです。

 しかしながら、今回の原子力災害に対して、官邸および行政機関は、そのことを軽視して、その場かぎりで「臨機応変な対応」を行い、事態収束を遅らせているように見えます。

 
 
とりわけ原子力安全委員会は、原子力災害対策において、技術的な指導・助言の中核をなすべき組織ですが、法に基づく手順遂行、放射線防護の基本に基づく判断に随分欠けた所があるように見受けました。例えば、住民の放射線被ばく線量(既に被ばくしたもの、これから被曝すると予測されるもの)は、緊急時迅速放射能予測ネットワークシステム(SPEEDI)によりなされるべきものでありますが、それが法令等に定められている手順どおりに運用されていない。法令、指針等には放射能放出の線源項の決定が困難であることを前提にした定めがあるが、この手順はとられず、その計算結果は使用できる環境下にありながらきちんと活用されなかった。また、公衆の被ばくの状況もSPEEDIにより迅速に評価できるようになっているが、その結果も迅速に公表されていない

 初期のプリュームのサブマージョンに基づく甲状腺の被ばくによる等価線量、とりわけ小児の甲状腺の等価線量については、その数値を20、30km圏の近傍のみならず、福島県全域、茨城県、栃木県、群馬県、他の関東、東北の全域にわたって、隠さず迅速に公開すべきである。さらに、文部科学省所管の日本原子力研究開発機構によるWSPEEDIシステム(数10kmから数1000kmの広域をカバーできるシステム)のデータを隠さず開示し、福島県、茨城県、栃木県、群馬県のみならず、関東、東北全域の、公衆の甲状腺等価線量、並びに実効線量を隠さず国民に開示すべきである。

 また、文部科学省においても、放射線規制室および放射線審議会における判断と指示には法手順を軽視しているのではと思わせるものがあります。例えば、放射線業務従事者の緊急時被ばくの「限度」ですが、この件は既に放射線審議会で国際放射線防護委員会(ICRP)2007年勧告の国内法令取り入れの議論が、数年間にわたり行われ、審議終了事項として本年1月末に「放射線審議会基本部会中間報告書」として取りまとめられ、500mSvあるいは1Svとすることが勧告されています。法の手順としては、この件につき見解を求められれば、そう答えるべきであるが、立地指針等にしか現れない40-50年前の考え方に基づく、250mSvの数値使用が妥当かとの経済産業大臣、文部科学大臣等の諮問に対する放射線審議会の答申として、「それで妥当」としている。ところが、福島現地での厳しい状況を反映して、今になり500mSvを限度へとの、再引き上げの議論も始まっている状況である。まさに「モグラたたき」的、場当たり的な政策決定のプロセスで官邸と行政機関がとっているように見える。放射線審議会での決定事項をふまえないこの行政上の手続き無視は、根本からただす必要があります。500mSvより低いからいい等の理由から極めて短時間にメールで審議、強引にものを決めるやり方には大きな疑問を感じます。重ねて、この種の何年も議論になった重要事項をその決定事項とは違う趣旨で、「妥当」と判断するのもおかしいと思います。放射線審議会での決定事項をまったく無視したこの決定方法は、誰がそのような方法をとりそのように決定したのかを含めて、明らかにされるべきでありましょう。この点、強く進言いたします。


 緊急時には様々な特例を設けざるを得ないし、そうすることができるわけですが、それにも国際的な常識があります。それを行政側の都合だけで国際的にも非常識な数値で強引に決めていくのはよろしくないし、そのような決定は国際的にも非難されることになります。


 今回、福島県の小学校等の校庭利用の線量基準が年間20mSvの被曝を基礎として導出、誘導され、毎時3.8μSvと決定され、文部科学省から通達が出されている。これらの学校では、通常の授業を行おうとしているわけで、その状態は、通常の放射線防護基準に近いもの(年間1mSv,特殊な例でも年間5mSv)で運用すべきで、警戒期ではあるにしても、緊急時(2,3日あるいはせいぜい1,2週間くらい)に運用すべき数値をこの時期に使用するのは、全くの間違いであります。警戒期であることを周知の上、特別な措置をとれば、数カ月間は最大、年間10mSvの使用も不可能ではないが、通常は避けるべきと考えます。年間20mSv近い被ばくをする人は、約8万4千人の原子力発電所の放射線業務従事者でも、極めて少ないのです。この数値を乳児、幼児、小学生に求めることは、学問上の見地からのみならず、私のヒューマニズムからしても受け入れがたいものです。年間10mSvの数値も、ウラン鉱山の残土処分場の中の覆土上でも中々見ることのできない数値で(せいぜい年間数mSvです)、この数値の使用は慎重であるべきであります。

小学校等の校庭の利用基準に対して、この年間20mSvの数値の使用には強く抗議するとともに、再度の見直しを求めます。

 また、今回の福島の原子力災害に関して国際原子力機関(IAEA)の調査団が訪日し、4回の調査報告会等が行われているが、そのまとめの報告会開催の情報は、外務省から官邸に連絡が入っていなかった。まさにこれは、国際関係軽視、IAEA軽視ではなかったかと思います。また核物質計量管理、核査察や核物質防護の観点からもIAEAと今回の事故に際して早期から、連携強化を図る必要があるが、これについて、その時点では官邸および行政機関は気付いておらず、原子力外交の機能不全ともいえる。国際常識ある原子力安全行政の復活を強く求めるものである


---

 ・・・・なんていうか、空き缶政権がいかに場当たり的で法を軽視しているかってことですよね。混乱ぶりが手に取るように分かります。それにしても、おそらくこの方が1番納得できないのは、小学校の線量基準の変更でしょうが、「誰がこのことを決定したのか」ということについて触れていないのが残念です。
 今後この方がブログ等で政治の内幕を公開してくれたらうれしいのですが、そういったことはあまり期待できそうにない。。数年後に本として出版するとしても遅すぎる。政府側にいた人間といえど、もちっと事実関係を話してほしいものです。
 
 ところで、今回紹介したのはNHKの科学と文化に特化したニュースのようだが、今までこんなもんがあったなんて知らなかったよ。。NHKいい仕事してるじゃん!って思った。最近はNHKも偏向報道が多々あって「中共・韓国の手先」みたいなことをしばしば他のブログで見かけるが、こういったところできちんと仕事してるんだなってつくづく思ったよ。
 それにNHKの番組には実は結構いいものがあって、例えば先日少し紹介した「いのちドラマチック」なんて、人間がいかに生物を作り変えていったかということを紹介してるし、「新日本風土記」等で日本の様々な伝統を紹介してるし、海外のニュースもBS-1で見られる。他にもい番組があるので、オレは全テレビ視聴の70%くらいはNHK、特にBS系だ。。
 そんなわけで、NHKの中にも今の日本に危機感を持つ人や志のある人がまだ残っているわけでして。。テレビのニュースには全く期待していないが、NHKの「かぶん」には過分に期待してる今日この頃なのです(*´∀`*)ゞ


 あまりに震災関係のエントリーでこのページが重くなってしまったので、3/11~4/21までの震災関係のエントリーを『あーかいぶ』の『東日本大震災』に移しました。今後、地震と原発関連は最初はこちらでエントリーし、しばらくした後に『あーかいぶ』に移動する予定です。ご了承くださいませ(´・ω・`)

  2011年4月28日(木)
 いつもとはちょっと違った目線で、FOOCOM.NETから転載。超約・放射能汚染1~疫学が示す「年間100nSv未満は大丈夫」

---

● 「安全」か「低減必須」か―矛盾する情報

 福島第一原子力発電所の事故による食品の放射能汚染は、人体にどれほどの影響を与えるものなのか?
 模範解答は、「暫定規制値以下であれば安全。規制値を上回る高濃度汚染の食品には出荷規制がかけられているので出回らない」。新聞にはそう書いてある。でも、そう簡単に答えられない人も多いはず。なぜならば、前回書いたとおり、一方で「食品中の放射性物質は、本来、可能な限り低減されるべきもの」とも言われるからだ。注意深い人は必ずここで引っ掛かっている。「じゃあ、規制値を下回っていても、やっぱり危ないってことだ」と、多くの人たちが思っている。

 だが、それは口に出せない。だって、そんなことを言ったら、「風評被害を助長するのか」と袋だたきに遭いそうだから。

 納得できていないのに、「怖い」と言えないのは、それはそれで恐ろしい風潮だ。今の「安全だ」「福島産を食べましょう」しか言えない社会は、中国産冷凍餃子事件の直後、わけもわからずみんなが「中国産は危険だ」と言っていたのとまるっきり同じ。私にはそう見えてしまう。

 だから、説明しようと思う。国や科学者がきちんと説明してくれないのなら、私が勝手に通訳を買って出てしまおう。実は、科学者の中には言葉を尽くして説明しようとしている人や研究機関もあるのだが、情報が一般の人たちになかなか届かない

 私が思いきって “超訳”して、多くの人におおまかに把握していただき、さらに細かいところは自分自身で調べてもらいたい 。
さて、どれくらいできるか? 農薬や食品添加物の解説に比べるとはるかに難しいが、とにかく書いてゆきます。超訳なので、私の主観も入り交じるが、出典を書きますのでお許しを(4月19日のコラムで「明日から」と書いていたが、諸般の事情により遅れてしまった、すみません) 。

 次の順に書く予定。ご意見がありましたら、info@foocom.netにメールください。

(1)年間100mSv未満であれば大丈夫~たくさんの人を対象に統計的に調査する「疫学」から言えること
(2)放射性物質の摂取、放射線の曝露はなるべく少ない方がいい~放射性物質は、DNAを傷つける遺伝毒性発がん物質であり、毒性学に基づきこう言われてきた。しかし、この考え方は今、大きく変わりつつある
(3)厳しい基準はどこから~食品安全委員会の「緊急とりまとめ」経緯
(4)リスクのトレードオフに要注意~放射性物質にばかり気を取られていると、知らぬ間に別の大きな問題が…
(5)リスク軽減の社会的コスト~そのリスクを小さくするのに、いったいいくらを費やすの?
(6)「リスクを少々我慢」で得られるベネフィット~自分の利益、だけでなく、社会の利益、他人の利益も考えよう

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

● 疫学から出てきた「100mSv未満なら大丈夫」

 まず、「暫定規制値以下なら安全」と「できるだけ摂取するな、被曝するな」の矛盾の解説から。それには、上記(1)(2)の「疫学」の見方と「毒性学」の見方の両方を知ってもらわなければならない。まずは、疫学について説明しよう。

(1)100mSv未満であれば大丈夫〜たくさんの人を対象に統計的に調査する「疫学」から言えること

 疫学とは、「疾病の罹患など健康に関する事柄の頻度や分布を調査し、その要因を明らかにする科学研究」である。
 個人のおかれた環境や食生活等と疾病に関するデータを数多く集め統計的な解析を行うことで、疾病の原因を探って行こうとする学問だ。人で実際に起きていることを把握する研究だから、その結果の重要性は、細胞や動物を使った実験結果の比ではない、とも言える。

 ただ、調査対象人数が少なかったり、質問が不適当だったりすると、間違った結果が出てくる場合がある。本当はリスクがあるのに、リスクを検出できない場合もある。また、「○○という行動をしていた人たちは、発がんリスクが高い」という相関関係が出てきたとしても、それは偶然の一致の可能性もあり、別の要因がからんでいる場合も多く、「○○という行動ががんの原因」とは言いきれない。ほかの疫学調査や実験なども考慮に入れて検討する必要がある。

 放射線の影響については、原子爆弾の被害者や1986年のチェルノブイリ原発事故などの症例を基にした研究があり、原発で働く労働者などを対象にした数多くの研究結果もある。
 また、地球は場所によって、自然から受ける放射線量が異なり、日本は年間放射線量が1mSvを下回るところも多いが、世界の平均は2.4mSv、高いところでは10mSvのところもある。この高自然放射線地域に住む人々の調査も行われている。

 大人数を対象としたこれらの疫学調査で分かってきたことはまず、事故などにより一度に数Svというような大量の放射線を浴びると、どの人も死亡などの深刻な影響を受ける、ということ。しかし、放射線量が少なくなってくると、がん以外の健康影響は見られなくなり、人によって影響が出たり出なかったり、となって「発がんの影響はどの程度」ということが分かりにくくなってくる。

 とはいえ、「100mSv以上であれば発がんリスクがわずかに上がる」というところでは、大多数の疫学者の意見が一致している。わずかに、というのは具体的には0.5%。つまり、1000人のうち5人が、年間100mSv以上の放射線を浴びることが原因でがんになる、ということだ。

 こう書くと、「大変だ」という印象になるが、日本人の4〜5割は一生のうちに1度はがんにかかるので、1000人中500人ががんにかかるのが、年間100mSvの放射線により1000人中505人に増える、ということになる。

 もとの500人のがんの原因は、タバコであったり自然放射線であったり紫外線であったり食品中に含まれる発がん物質であったり、とさまざまだろう。がんは、細胞中のDNAの損傷がきっかけとなる。

 余談だが、食品中の発がん物質と書くと「農薬か、食品添加物か」と多くの人が思ってしまうけれども、これらは、「DNAを傷つけるタイプの発がん性は持たない」ということが確認されている。むしろ、カビ毒や加熱調理によって生成する発がん物質等がDNAの損傷を引き起こす。

 話を元に戻すと、事故などが原因の100mSvの放射線被曝では、0.5%の発がんリスクの上乗せが認められる。しかし、放射線被曝がそれよりも少なくなると、リスクの上昇を見出せなくなってしまう。これは、もうがんは起きない、つまり発がんリスクゼロを意味するのではなく、ほかのさまざまな要因や個々人の生活習慣の違いなどによるがん化の影響が大きいために、自然放射線を除く“追加”の放射線被曝の影響はもはや区別できなくなり、隠れてしまうのだ。

 隠れてしまうようなリスクは、あったとしても非常に小さなものなので、現実の生活の中では無視できる。
 こうしたことから、「年間100mSv未満の放射線被曝は、実際上影響なし」とする。これが現在の疫学者の大多数の結論である。

● 現状の汚染は、年間100mSvにはほど遠い

 では、現在の汚染の程度はどうなのか? 文科省のモニタリングデータを見ると、原発から約30km離れた浪江町で4月20日、40μSv/時を超える地点があった。印象としてはかなり高い。同町では、3月23日から27日間の積算値で18.94mSvになった地点があるという。100mSvには至らないが、もし住み続けるとかなりの量を被曝してしまうことが分かる。

 野菜の汚染では、これまでに放射性ヨウ素が15020Bq/kgという高汚染のホウレンソウが見つかっている。BqとSvの換算式はまた別の機会に説明したいと思うが、これを計算するとこのホウレンソウを1kg食べることによりその後の50年間で0.24mSvを被曝することになる。

 たしかに高いが、100mSvにはほど遠いことも理解できる。設定されている暫定規制値は500Bq/kgや2000Bq/kgなど安全側に立った厳しい数値であり、暫定規制値以下であれば被曝は小さい。

 被曝は、空気や土壌などに含まれる放射性物質による外部被曝、食品や空気として体の中に取り込んだ放射性物質による内部被曝の双方を合わせた線量について、検討しなければならない。現在のモニタリングデータからは、警戒区域、避難区域以外で、暫定規制値を下回った食品を食べていれば、被曝量は100mSvにはかなり遠い。そのため、科学者たちは「健康影響は懸念しなくていい」と言っている。

●こまかしはないか?


 でも、でも、である。なんだかごまかされたような気がしないか?
 「微量の放射線のリスクを区別できないとか、ほかの要因があるからわからない、なんて、単なる調査不足でしょう。そのことを棚に上げて安全だ、なんてとんでもない」と思う人がいるのでは?

 そうではない、と私は考える。100mSvよりも少ない放射線被曝がもたらす小さなリスクは、最低でも10万人以上の人々を10年以上にわたって調査しないと、なにも言えない、示せない。しかし、事故にしても原発労働者の調査にしても、10万人を超える人たちが年間数十mSvもの放射線を被曝するような事例はそうそうあるものではない。
 少なくとも、チェルノブイリの事故は該当するが、その調査結果は「100mSv未満の放射線被曝ではがんリスクの上昇は見られない」である。

 次には、大勢の人たちにこんな疑問が湧いてくることだろう。「大人はそうかもしれない。でも、子どもはどうなんだ? 子どもは大人よりも弱いはず」。チェルノブイリ原発事故では、約10万人の青少年が300mSv以上の甲状腺被曝を受けたと見られており、甲状腺がんが増加した。調査により、がんにかかった人たちの約4割は、放射線被曝が原因とみられている。
 しかし、チェルノブイリの子どもを対象にした疫学調査でも、100mSv未満の被曝による影響は見えてこない。おそらくそれほどリスクは小さく、ほかのがん化要因にかき消されてしまう、ということだ。

 なお、妊婦のお腹の中にいる胎児については、大人よりも弱い放射線で影響を受けやすく、特に妊娠初期は奇形、死亡など影響を生じることが分かっている。ただし、少なくとも100〜200mSv以上の被曝がないとこれらの影響が出ないと、チェルノブイリの原発事故等の調査結果等に基づいて考えられている。

 ただ、妊婦や子どもなど弱い人への影響を考えるべき、とする姿勢は重要だ。そのため、疫学的な見解の大多数が「100mSv未満は、実際的な健康影響はない」であるとしても、そのまま100mSvという数字を元に規制措置を講じるようなことは、どの国際機関も勧めていないし政府機関もしていない。
 規制のもとになる数値をさらに低くし10mSvとしたり5mSvとしたり、という措置が講じられている。

●なぜ、安全と言いきってくれないのか

 さて、ここまで書くと、多くの人がこう思うはずだ。「だったら、『100mSv未満だったら安全です。なんの心配もいりません』と宣言してほしい。妊婦や子どものことを考えて、『5mSv未満は安全です』でもいい。とにかく、数字を出して言いきってほしい。科学者がぐだぐだ言うから、世間は混乱する」と。

 でも、科学者はそれができない。なぜならば、ここに(2)の遺伝毒性のある発がん物質を巡る論争、毒性学で決着のついていない大きな問題がからんでくるからだ。
 次回、この論争を詳しく説明したい。建前と本音のところで、科学者も困っている。


---

 さらに、超約・放射能汚染2~毒性学の建前は「極力低減」

---

 前回、疫学を基にした「100mSv未満であれば、大丈夫」の根拠について説明した。しかし、一方で科学者たちや食品安全委員会などは、「放射性物質の摂取、放射線の曝露はなるべく少ない方がいい」という方針も同時に示している。この矛盾を説明するには、放射能研究に触れるだけでは足りない。遺伝毒性発がん物質を巡る議論の経緯を背景として語る必要がある。

●遺伝毒性発がん物質は「閾値なし」

 遺伝毒性発がん物質とは、細胞中のDNAを傷つけ、それによってがん発生をもたらす力をもつ物質のことだ。この場合の「遺伝」という言葉は、親から子に毒性が伝わる、という意味ではない。遺伝子(DNA)を傷つける、という意味で、遺伝毒性という表現が使われている。

 放射性物質の多くは人の体外にあっても強い放射線を出し体内のDNAを傷つける。また、空気を吸ったり食品を食べるなどして体内に取り込まれると、体の中で放射線を出して崩壊し、安定化する。この時の放射線によって細胞中のDNAを傷つけるので、放射性物質も遺伝毒性発がん物質である。そのほか、調理によってできるアクリルアミドやヘテロサイクリックアミン、カビ毒のアフラトキシンなどがよく知られている。

 

 一般の化学物質の暴露量と生体影響の関係。
 閾値(それ以下の量では毒性がない限界量)がある。
 たとえば農薬は、閾値のある化学物質しか使われておらず、
 残留基準はADIを大きく下回る数値で設定されている。


 そして、遺伝毒性発がん物質の大きな特徴が「閾値(いきち)がない」とされていることだ。
閾値というのは、それ以下の用量では毒性がない限界値だ。一般の化学物質では、暴露量(摂取量)と生体への影響が、左の図のような関係にあるとされている。つまり、無毒性量があり、それを下回れば体への影響をもたらさない。

 ところが、遺伝毒性発がん物質は違うとされている。たとえ一分子であってもDNAを損傷し、不可逆性の変化をもたらすとして「閾値はない」という仮説が支持され、「遺伝毒性発がん物質は極力摂取を減らすべき」とされてきた。

●近年は「閾値あり」が優勢に

 ところがこの仮説が今、毒性学の世界でも揺れに揺れているのだ。「遺伝毒性発がん物質にも、閾値あり」、つまり、無毒性量があり、それ以下であれば生体への影響なし、とする仮説が出てきている。いや、むしろこちらの見方が今や主流といってよいのではないか。

 生化学の進歩は目覚ましく、細胞のDNA修復の精緻な機構やアポトーシス(多細胞生物において、異常細胞が自ら死ぬことで、生物としての健全性を保つ仕組み)が解明されてきた。また、発がんには、複数の遺伝子変異が必要ということも分かってきた。「DNAの損傷は不可逆的で、たった一つの損傷でも影響がある」という古典的な考え方は、覆されている。

 だが、繰り返すが科学者の間で20年近く、揺れに揺れている論争である。「閾値あり」仮説はまだ科学者のコンセンサスには至っていない。その結果、化学物質の毒性について検討している多くの国際機関は、昔からの「閾値なし」仮説のままで、リスク評価やリスク管理を行っている。

 たしかに、「in vitro」(試験管内で)という言葉で表される細胞を用いた実験では、「閾値あり」ということを示すかなりの証拠が出ている。しかし「in vivo」(生体内で)という言葉で表される生きた実験動物などを用いた系においては、「閾値あり」を示す研究結果はまだ多くない。そのため、どの機関も「閾値なし」仮説のまま進むことの問題は十分に把握しているものの、あまりにも大きなテーマなのでそうやすやすとは方針転換できないのだ。

 その姿勢は、日本の機関も同じである。食品安全委員会においては、2005年のアセトアルデヒドの審議あたりにうかがえる。
 つまり、遺伝毒性発がん物質について多くの科学者、機関には建前(閾値なし。極力削減すべし)と本音(閾値あり。一定量までは許容できる)があるのだ。

●市民に分かりにくい「両論併記」

 ここまで説明してやっと、放射能汚染の問題に戻って来られる。
 食品安全委員会は、3月29日に出した「放射性物質に関する緊急とりまとめ」の中で、規制の根拠となる数値を放射性ヨウ素とセシウムについて示し、「食品由来の放射線曝露を防ぐ上で相当な安全性を見込んだもの」「かなり安全側に立ったもの」などと表現した。

 審議の中では主に、疫学や放射線治療の中で得られている知見の観点から専門家が発言し、「年間100mSv未満は、発がんリスクが検出されないという研究が圧倒的に多い」とか「いや、20mSv弱の曝露で、固形がんのリスクが若干上がっているという調査結果もある」などと、低線量放射線の発がん影響について多くの意見が出た。その末に、かなり厳しい数値(放射性ヨウ素については甲状腺等価線量50mSv=実効線量にして2mSv、放射性セシウムについては実効線量5mSv、あるいは10mSv)をとりまとめた(この経緯については、次回書きたい)。

 が、これだけ発がん性について議論していても、緊急とりまとめにおいては「今回の検討では、低線量での発がん性のリスクについての詳細な検討は行えていない」と書かざるを得ない。それは、遺伝毒性発がん性についての毒性学的な研究の評価をしていないからだ

 また、同じ文書で「放射線への曝露はできるだけ少ない方がよいということは当然のことである」と書かなければならない。遺伝毒性発がん物質の閾値についてまったく検討していない以上、食品安全委員会としては、これまでの「閾値なし」仮説を踏襲し、組織としてとりまとめに盛り込まざるを得ない。

 この矛盾。だが、食品安全委員会を責めることはできない、と私は考える。
 緊急時で、毒性学的な見地からリスク評価をする時間がなかったことはよく理解できる。この問題に挑みだしたら、情報収集にも審議にも極めて長い時間を要し結論はなかなか出ない。だから、毒性学的議論はばっさり切って、「実際上の人への影響」という疫学的な見地を中心に評価をとりまとめた。それは、極めて適切な判断だと思う。ただ、それが故に、一般市民には極めて分かりにくい両論併記的な評価結果になってしまった。

 いずれにせよ、毒性学上の「閾値ありかなしか」という議論は、極めて微量における問題である。放射線の影響は、前回書いたように、そのような微量のレベルでは、ほかのがん要因にかき消され、閾値があろうがなかろうが、「リスクの上昇」には至らない。したがって、実際の私たちの生活における対策において、この問題は考慮しなくてよい。無視してよい。

 だが、科学者として学術的に誠実であればあろうとするほど、食品安全委員会の文書は一般市民に分かりにくくなってしまう。科学者の説明も難解になってしまう。放射線の影響を語るのも理解するのも、やっぱり容易ではない。そのことに改めて慄然とする思いである。


---

 この記事の内容についてのコメントはしないでおきます。できないから(´・ω・`)
 
 それよりも、オレがこの記事を気に入ったのは、「中立の立場で記事を書いている」ってこと。オレのような反東電人間は「お前ら何言ってんのじゃあ!」って感じだし、御用学者はオウムのように「直ちに健康への被害はありません」を繰り返すばかりだし、何をどう信じていいか分からない部分があまりに多かったわけでして。。
 それを、こういった一歩引いた立場の人が詳しく説明してくれると、とても参考になるし、信用できる。ほんとはこういった人がメディアに出て説明してくれるといいと思うのだが、出てくるのは東電の息のかかった御用学者ばかりなので、よけい「それは本当のことか?」と疑ってしまう。
 だから、最近はテレビのニュース等はほとんど見なくなってしまった今日この頃なのです(´・ω・`)






それにしても、最近ちょっと疲れたな・・・・(´-ω-`)

 
[壁]ω・)そういう時はいいものがありますよ


( ・ω・)モニュ?


(○^ω^)_旦~~♪


o口(・ω・`)ゴクゴク


[壁]ω・)ちなみに中身はトンスルです


(*゚ω゚):;*.':;ブッ!!

  2011年4月24日(日)
 今日は久々にパソコンのお話です。興味ある方だけどうぞ(´・ω・`)

 最近PC用のキャプチャーが必要になってきた。。なんでかというと、ちょっとオフゲーをはじめて、テレビからの情報が遮断してしまったから(´-ω-`)  まあ、テレビと言っても、ニュースだのバラエティーだのは全く見ない人間なわけでして。。んじゃあどんな番組を見るかと言うと、「いのちドラマチック」とか、BS-1の「今日の世界」とか、海外のドキュメンタリーとか、そんな時事問題とか知的好奇心を刺激するものが好きなわけですよ。。あとはいくつかアニメも見るくらいかな。。
 だから「絶対見なければならないテレビ番組」というのはないわけだが、オレは超のつくながら人間なので、「パソコンとにらめっこしながらテレビを見る」とか、音楽を聴きながらテレビを見る」とかってのが全く普通なわけですよ。。だから、オフゲーをやっていると、テレビを見ることが全くできなくなるわけで。。「じゃあ録画すればいいじゃん」となるが、オレはDVDレコーダーもブルーレイも持ってない。そこで、「パソコンでテレビが見られて、おまけに録画もできる」というわけで、キャプチャーが必要になったわけでして。。

 んで、早速探してみたのだが・・・・け、結構するもんなんですね、キャプチャーって。いいものだと20000円くらいするし。。オレ、せいぜい8000円程度のものかと思ってたよ(´-ω-`)、

 仕方ないので中古でいいものないか探してたら、なんと、「中古のキャプチャーにはB-CASカードがついていません」とかって説明が。。はい??なんでキャプチャーにB-CASカード??と思ったが、どうやら最近のキャプチャーも地デジを見る為にB-CASカードが必要らしい。。

 なんじゃそりゃ( `д´)

 もうね、もーあいた口がふさがらないよ┐(´д`)┌

 地デジに移行するときにB-CASカードが必要云々言ってたのは覚えてるけど、こんなところにまで必要とは恐れ入ったよ。。しかも、もし中古のキャプチャーを購入した際はB-CASカードを再発行する必要があるのだが、その手数料は2000円もするようでして( `д´)
 普通にテレビを買う際も当然B-CASカードが必要になるのだが、その際1枚600円程度らしいので、テレビなんて日本全国に数千万台はあるはずから、当然数千万×600円のお金がここに何もせずとも入っていくわけでして。。一体どれだけの利権なんだろうと思ってしまうわけです・・・・。。

ε=ε=ε=(((怒゚Д゚)ノノ ゴルアァアァアァ!!!

 ・・・・って気分でいっぱいだよこんちくしょうヽ(`Д´)ノ

 とりあえず、フリーオ等対抗策はあるのだが、今はキャプチャーが問題なので、話を元に戻します。。 この話はいずれ機会があればまたします(´・ω・`)

 ・・・・とまあ現状はこんな感じなので、アナログ時代のキャプチャーは53と化すことが判明したので、新しいものを購入する必要ができたわけだが、正直言って今までキャプチャーなんて必要なかったから、全然知識なんてなかったわけですよ。。
 まあ、ある程度のパソコンの知識はあるので、キャプチャーの説明を見てればなんとなく分かってきたのだが、ここで問題が一つ発生。なんと、オレのパソコンのスペック、特にグラボが、最近のキャプチャーにはちょっとぎりぎりぽい状況だったのだ。。まあ、ぎりぎりとは言っても一応は推奨以上のものもあるのだが、ものによってはオレのグラボではスペック不足なものもあるので、ある程度性能と価格を見ながら買う必要があるわけでして。。さすがに3年も経つと、スペック不足が目立ってくるものですね(´-ω-`)

 んで、これだけでは情報不足なので、家から1番近いパソコンショップまで1時間以上かけて移動し(これが田舎の嫌なところだ)ちょっと店員に聞いてみたのだが、ここでまたもや問題が発生。なんと、最近のキャプチャーは昔のキャプチャーとは違ってテレビの映像は見れないらしい(昔はできたということらしい??ちょい不明)。。なんでも、最近のキャプチャーとはいわゆる=地デジチューナーだというのだ。。おまけに、パソコンの画面をテレビに出力しようと思っても、それもできないらしいのだ。。
 いや、これは困った。。オレが考えてたのは


 こんな感じで、テレビとパソコンがそれぞれどちらでも
 見られるようなものだったんだが、
 どうやらオレの野望は見事に打ち砕かれたようだ・・・・(´-ω-`)


 ただ、よくよく聞いてみると、テレビとパソコンの映像をそれぞれ出力できるものがあるらしい。が、その値段は30000円・・・・。。おまけに、それにはキャプチャー機能がないので、結局キャプチャーを買う必要があるわけでして。。他にも、キャプチャー機能があり、さらにテレビの映像をパソコンに出力するものがあるにはあるのだが、それにはパソコンからの出力機能がない。。予算の都合があるので、さすがにそこまでして無理に上記のシステムを構築するのは馬鹿馬鹿しい。。
 結局何も決まらずに家に帰ったのだが、よくよく考えたら、テレビの映像を出力する必要はあまりないわけで。。ってことは、アンテナ→パソコン→テレビというような映像の流れがあればいいわけか。。まあ、話を聞く限りでは、パソコン→テレビの出力が面倒ということになるのだが(というか高価な気がする)。。
 
 あ~。。なんか、もうパソコンからの出力もあきらめて、普通に地デジチューナーでもいいような気もしてきたよ(´-ω-`)
 とりあえず、どの程度まで妥協するかを、財布と相談しながら決める必要がありそうですね(´・ω・`)
 
 ところで、少しウィンドウショッピングをしてみたのだが、グラボの価格がすごいことになってるね。。なんなんだよ57000円って。。安いパソコン1台買えそうな値段じゃないか( `д´)   いくら開発費がかさむからって、その値段はないだろうにね。。
 それに比べて、パソコンショップオリジナルの組み立てパソコンが結構安かった。。安いものでは60000円くらい?であった。まあ、そういったものはオンボードとかスペックが少し落ちるものが多いが、それでも普通に使う分には問題ないと思う。
 自作派のオレとしては少し考えてしまう類のものだが、1つ1つのパーツを全部自分で買えば結構な値段になってしまうわけでして。。理想と現実の狭間で少し考えてしまうところがあるんですよ。それに、そういった出来上がったパソコンだと、いらないものがついてきてしまうんですよ。。例えばたいていその手のパソコンにはHDDがついてくるんだけど(当たり前か)、別にそんなのいらないし。。なんでかというと、今現在で総容量3T近くあるので。。正直サーバーできそうな容量だよ。。
 それに、ケースメーカーの趣味なのか、パソコンショップの趣味なのか知らないが、なぜか黒いケースが多いんですよ。。オレは黒いケースってかっこいいと思うのだが、なんか圧迫感があって、オレの部屋には置きたくないんだよ。。
 とりあえずそのセットを買って、中身総入れ替え(笑)という手もあるにはあるが、新品のケースが53になるのはもったいない。。んじゃあセカンドPCにしたらとも思ったが、そうするとOSがない(ん?OSついてるのか??)。。

 ・・・・いやある。。XPがあった。。セカンドPCをXPにすれば、全て解決できる。

(ノ´▽`)ノオオオオッ♪

 なんて名案だ(*´∀`*)ゞ  
 足元のプリンタの横に置いておけば、色が黒でも問題ないし邪魔にならない。いける。いけるぞぉぉぉ!!

 ・・・・お金があればの話ですが(´-ω-`)
 とりあえず、ますはキャプチャーですかね(´・ω・`)

  2011年4月23日(土)
 「あの」田原総一朗氏のお話をちこっと紹介。民主党内にも広がる「これは菅災だ」との批判

---

東日本大震災の発生から40日以上が経過した。震災後の事態の推移を見ていると、これは「天災」ではなく「人災」である、という捉え方が強まっている。

今回の震災は大地震、大津波、原発事故の三つが同時に起こったという点で過去に例がない。東京電力・福島第一原子力発電所について言えば、事故はいまだに継続しており、40日たっても事態収拾のメドがついていない。

東京電力の勝俣恒久会長は4月17日日曜に記者会見し、福島第一原発の安定化に向けた工程表を発表した。原子炉の冷却水が100度以下になって安定する「冷温停止」まで最短でも6~9カ月かかると説明した。原子炉を冷温停止状態にするためには本格的な冷却装置が必要だが、その復旧の見通しはまだ立っていない。

原子炉には、もともと強力な冷却用高圧ポンプが設置されている。しかし、震災後はまったく機能していないため、仮設電動ポンプを使って冷却作業を進めている。新たな冷却装置の準備はできているものの、原子炉建屋内部は高濃度の放射線に汚染されているので持ち込めない。

毎日480トンの真水を注入しており、その水は放射線に汚染され、建屋の地下や坑道に流れ出ている。そうした汚染水は6万トン以上もたまり、日々増え続ける。汚染水の処理が一番の問題になっているのだ。

勝俣会長の記者会見は、いろいろな説明があったものの、つまるところ原子炉の安定化には具体的なメドがついていないという内容だった。

ほかにもいろいろな問題がある。原発から30キロ圏内に住んでいた人たちの住居をどうするのか。補償をどうするのか。あるいは避難所にいる人たちの支援をどうするのか。

仮設住宅の建設もまったく追いつかない。今後、大きな余震が発生して再び津波の被害に遭うことも考えられるため、仮設住宅は高台に造らねばならないが、その用地確保が難しい。山を切り開くといったことも必要になるだろうが、具体的にどのように進めるのか。

こうした問題を一つずつ解決して実行に移していくには、国土交通省や厚生労働省、農林水産省、経済産業省など各省庁が協力し合わなくてはならない。しかし、これは民主党内閣の非常に悪いところで、声高に「脱官僚」を主張してきたため、官僚たちの協力がうまく得られていないのが現実だ。

かつての自民党政権なら、各省庁の課長クラスが知恵を出し合い、復興のためのシナリオ作りに柔軟に対応していたのではないか。

菅内閣は4月14日に「東日本大震災復興構想会議」を立ち上げたが、この会議の目的は「復興に向けた指針策定のための復興構想について幅広く議論を行うこと」としている。メンバーは学者を中心に構成しており、官僚も議員も入っていない。

阪神・淡路大震災のときは「阪神・淡路大震災復興委員会」がつくられ、委員長には国土事務次官を務めた下河辺淳氏が就任して中心的役割を果たした。そのバックには、警察庁長官から政治家に転進し、法務相や総務庁長官、官房長官などを歴任した後藤田正晴氏がいた。今回の会議にはこうした豊富な経験を持つ人物が皆無で、あまりにも性格が異なる。

原発事故を含めて「天災ではなく人災である」という声が強まっているが、民主党内では「人災ではなく、もはや“菅災”である」との強い不満を抱く議員が増えている。「菅災」とは、菅直人首相の場当たり的な対応が招く災害の拡大という意味である。

菅さんにきわめて近く責任ある立場の複数の民主党議員から私は直接話を聞いた。彼らが口をそろえて言うのは、「菅さんは下からあがってくる意見を一切無視する。聞く耳も持たない。しかも、手前勝手なその場限りの策ばかりを弄する」というものだ。具体的な例を挙げよう。

3月19日、菅さんは自民党の谷垣禎一総裁に電話を入れ、「副総理兼震災復興担当相として内閣に入ってほしい」と伝えた。しかし、谷垣さんは断った。

首相が野党の代表にこの手の依頼をするときは、事前に幹事長同士が話し合うなどの根回しを行い、対等の連立なのか、自民党から大臣として何人受け入れるのか、といった条件を話し合うものだ。しかし、そうした条件提示は一切なく、言ってみれば自民党に下働きでもさせるかのような雰囲気であったため、谷垣さんは憤り、断った。

菅さんは4月11日に公明党の斉藤鉄夫幹事長代行に電話を入れた。細野豪志首相補佐官を福島第一原発事故の担当大臣にしたい、ついては公明党も閣僚増員に必要な内閣法改正に協力してほしいと伝えた。

ところが、これは菅さんのまったくの思いつきで、官房長官も民主党の幹事長も、そして細野氏本人さえも聞かされていなかった。公明党では「菅さんが細野氏をダシにして斉藤鉄夫氏を一本釣りするつもりなのではないか」という憶測が流れた。斉藤氏は幹部会で事情を説明し、「これからは非通知の電話には一切出ない」と釈明せざるを得なかった。非通知電話とは、もちろん菅さんからの電話を含めてという意味である。

さらに4月13日、菅さんは松本健一内閣官房参与と首相官邸で会った。福島第一原発から30キロ圏内の地域について、菅首相が「当面住めないだろう。10年住めないのか、20年住めないのか、ということになってくる」と述べた、と松本氏は記者団に語った。

ところが、菅さんは「そんなことは言っていない」と強く否定し、松本氏は「私の発言だ。首相は私と同じように憶測(推測)しているかもしれないが、首相はそんなことは言っていない」と訂正せざるを得なかった。


とても尋常ではない話ばかりだ。さらに続く。

4月15日、復興に向けた司令塔となる「復興実施本部」について、それを提案した国民新党の亀井静香代表が自民党の谷垣総裁に参加を要請したものの、拒否されたことが明らかになった。亀井氏は菅さんから、いわば“首相代理”として野党との調整役を任されていた。この一件は、菅さんが民主党のどの議員も信用していない証拠と考えざるを得ない。

このように菅さんの度重なるその場限りの身勝手な行動が続き、自民党や公明党はもちろん、民主党議員たちからも「菅さんではダメだ」という声が非常に強くなっている。小沢一郎さんとの代表選のときに菅さんを支持した議員たちの多くも同じように考えている。

周囲で「人災ではなく菅災だ」と言われていることに、どうやら菅さんは気がついていないらしい。「裸の王様」状態なのである。

被災地では連日、多くの人たちが復興に向けて一致団結しているというのに、この期に及んで政界は相変わらずメンツの張り合いに終始し、混迷を続けていている。

私は本連載で、復興のために政治家は一致団結すべきだと繰り返し書いてきた(「政治家に覚悟はあるのか」「大連立をめぐる菅首相と自民党の思惑」)。こうした非常事態に政治的空白をつくるべきではないと考え、菅首相のままで自民党と公明党が協力し、期間を限定して震災復興のために民主党と連立を組むべきだと主張してきた。

しかし、事態はいっそう深刻になり、私も考えを変えた。菅さんが“頑張れば頑張るほど”に混迷の度を深めていく。これ以上の悪化を回避するために、「菅抜き」で与野党が一致団結できる仕組みを早急に考えるべきである。

それがたとえ「政局だ」と批判されようが、復興に向けて政治がただちに機能するのなら、そうした選択をすべきだろう。


---

 菅災は言い得て妙ですね(笑) ほんと、官僚は信用できない、アメリカは信用できない、小沢派は信用できないって、信用できないものばかりですね。。空き缶が信用してるのは、ひょっとして韓国とか中国あたりなんでしょうか??そんなところに相談しても、何一つ解決しないことくらい分かるだろうに・・・・。。
 しかも、先日は櫻井財務副大臣が「首相求める声は当然」と公言したとか。。もはや外敵だけでなく、政権内部にまで敵を作っているようです。それでいて支える人間は反日革マルとか、一体どんな状態なんだろうと思ってしまう。。
 ・・・・想像すると、ちょっと笑えてきますね(・∀・)

 ただ、これだけ批判があるにも関わらず菅降ろしがなかなか起こらないのは、それに代わる人材がいないから(´-ω-`)
 ・・・・いやね。。ほんとに思い浮かばないんですよ。。「この人なら政権を任せられる」って人、誰かいる??

 んじゃあということで無理やり空き缶が辞任した場合の後継者を考えてみる。。面倒なので羅列すると、枝野、仙谷、岡田・・・・くらい??・・・・かな??ああ、これにプラス原口ってとこですかね。。やっぱ人材不足だ。。話にならん。特に前3人なんてどうしようもない。。反日、中共の手先とか、もはや議員ではなく日本にいらんレベルだろ。。原口は孫禿とグルらしいからパスだし。。

 ここは小沢一派が内閣不信任に賛成して民主党離脱、自民と連立ってのが1番無難な選択肢になると思うのだが、そうすると首相は谷垣・・・・。。 できれば石破さんあたりならまあいいんじゃないかと思うのだが、まだ古臭い考えの勢力がうようよいるので難しいと思われ。。第一、小沢一派は頭が火の車なのでそうそう動きにくいし、その他一同は単なる頭数なので、「じゃあとりあえずオレがダミー新党作るよ」とか言える人間なんていないだろうし。。

 結局、「日本では誰が総理になってもいっしょ」というのがオレの結論。今後の合言葉は「復興は民間で」とかにしたらどうでしょうね??

 どうでもいいことだが、空き缶はじめ革マルとか海江田とか役に立たない閣僚が多すぎる。。そんなに大臣になりたかったら、オレが全員掃除大臣に任命してやるから、閣僚全員で福島第一原発に行ってがれきの撤去してきなよ(*´∀`*)ゞ

  2011年4月20日(水)
 ロイターは消費税3%引き上げ復興財源により転載

---

政府、民主党は19日、東日本大震災の復興財源に充てるため、消費税率を現行の5%から3年程度の期間限定で3%引き上げ、8%とする増税案の検討に入った。複数の党幹部が明らかにした。災害復興のため、消費税増税でも理解が得られると判断した。被災者の負担増軽減が課題となり、増税分還付などが考えられるが、事務処理手続きが煩雑になるとの指摘もある。景気後退を招きかねず反対論も強く、調整は難航必至だ。

---

 そらきた。増税だってさ。。まあ、やむを得ないという気もするんですがね。。それでも反対。なぜって、期間限定とか言っても、絶対そのままなし崩し的に引き上げたままになるのが分かり切っているから。。それに、3年後に民主党政権なんぞなくなってるだろうし。。
 そんなことするくらいなら、復興債のほうがよほどまし。「銀行は買わない(買えない)だろう」なんてどこかに書いてあったが、それなら個人が買えばいい。昔の個人向け国債(今あるのか??)のような感じにすれば、買う人は結構いるはず。個人資産は1400兆円(そのうち負債は300兆円)あるのだから、10兆や20兆くらい平気で消化できるはず。
 
 そうそう、昨日のWSJのエントリーですが、今日の読売に載ってました。。いろいろ案があるようですが、個人的にはやはり個人向け国債の方法がベターだと思う。これなら少々利率が低くても、たくさんの人が買ってくれるはずだしね。


 それと、原発関係の事業仕訳したら、結構埋蔵金が眠ってそう。。

原子力委員会(JAEC)(内閣府) 
原子力安全委員会(NSC)(内閣府) 
原子力安全 保安院(NISA)(経済産業省) 
原子力発電環境整備機構(NUMO) 
(社)日本原子力産業協会(JAIF) 
(社)日本原子力学会(AESJ) 
(財)原子力安全技術センター(NUSTEC) 
(独)原子力安全基盤機構(JNES) 
(社)日本原子力技術協会(JANTI) 
(財)原子力安全研究協会(NSRA) 
(独)日本原子力研究開発機構(JAEA) 
(財)原子力研究バックエンド推進センター(RANDEC) 
(財)日本原子力文化振興財団(JAERO) 
(社)火力原子力発電技術協会(TENPES) 
(財)原子力国際協力センター(JICC) 
(社)原子燃料政策研究会(CNFC) 
(財)原子力環境整備促進・資金管理センター(RWMC)


 ・・・・なんでこんなにあるんだ( `д´)   こんなにいらんだろ。。これ全部統合してゼロにしちまえよ!そうすれば数千億は軽く捻りだせるんじゃないのか??
 んで、ついでに出しとこう。

日本原燃(株)←東電社長清水正孝が現会長
核燃料サイクル機構←天下りと渡りがいっぱい

 まだありそうだが、もう面倒なのでやめとく。。これらもいらないから、全部清算しちゃいなよ!

 それと、ちと古いけどこんな記事見つけた。。日本原燃社長「安全な炉、改めて原発推進論作れる

---

日本原燃の川井吉彦社長は31日の定例会見で、福島第一原発の事故で議論となっている原子力政策について、「早々に原子力の見直しという話も出ているが、日本の英知を結集すればより安全な炉が造れる」と述べ、推進の立場を改めて示した。

また、六ケ所工場が中核となる国の核燃料サイクル事業をめぐっては、東京電力の勝俣恒久会長が「(原発事故の影響で)遅れる」との見通しを示したが、川井社長は「多少の遅れはあっても日本のエネルギーの先行きを考えるとどうしても進めなければならない」とした。

そのうえで原燃の六ケ所工場の安全対策について触れ、電源車を3台配備し、電源喪失を想定した新たな訓練を今月に実施するなど、原発事故を踏まえた対応も説明。津波の被害は「工場は標高55メートルにある」などと、津波の影響を受けにくい立地であることを強調した。

川井社長は震災後、再処理工場の完成に向けた作業を中断していることも明かした。「炉の熱を上げるために電力がかなり必要」として、東北電力の電力供給能力を見極めて再開するという。

3月11日の地震から3週間近くたっても放射性物質の放出をいっこうに食い止められない状況については、会見の冒頭で「止まることを祈るような気持ちで見守っている」と述べた。「一日でも早く収束させ、原因究明後、貴重な経験を生かしていきたい」とし、事故を教訓にしながら原子力政策の継続を前提にした発言を繰り返した。

川井社長は東京電力出身。原燃会長も、東京電力社長の清水正孝・電気事業連合会会長が務めている。

---

 いやはや、頭の中が壊れているんでしょうか??福島原発があれだけのことになっても、まだ原発にこだわるとは・・・・。。今回の事故は津波云々ではなくて、人災ということが全く理解できてないようです。。どんな優れた設備やシステムも、それを扱う人間がダメダメだと全く役に立たないわけでして。。だからあんな風になったんですけどね。。
 原子力に関わる人たちはどうしてもそのことが理解できないようなので、今後も地震や何らかのトラブルの際に、毎回同じことを繰り返すんでしょうね(´・ω・`)


 最近あちこちで代替えエネルギーが何かないか探しているのだが、かなりの数が見つかった。それらを徐々に取り入れていけば、原発は全く必要なくなると思う。それに、それらはクリーンエネルギーだから、世界各国に輸出しても、汚染することもない。そういったクリーンエネルギーを導入・輸出したほうがはるかに日本のためになるはず。。
 ちなみに、どんなものが見つかったかはそのうちまとめてアップするつもりだが、その・・・・いつになるか不明。。できるだけ早くするつもりなので、少しお待ちを(´・ω・`) 

  2011年4月19日(火)
 ちょい朝日から転載。「原発推進は決して間違いではない」与謝野経済相

---

与謝野馨経済財政相は15日の閣議後の記者会見で、「今後も日本経済にとって、電力供給にとって、原子力発電は大事だ。(原発を)推進してきたことは、決して間違いではない」と述べ、東京電力福島第一原発事故を受けても「原子力は必要なエネルギー源」との認識を示した。

与謝野氏は日本原子力発電出身で、通産相などとして原発を推進してきた。原発の安全性について「言い訳がましいことは言いたくないが、最良の知見、最善の知識、最良の技術でベストなものをその当時は作ったと確信をしていた」と説明。「原発を推進してきた立場として今回の事故に謝罪をするつもりはないか」という記者の質問に対し、「ないです」と述べた。


---

 与謝野は自分が癌であるだけでなく、日本の癌のようです。まあ、国会議員なんてほとんどが電力会社から金もらっている連中ばっかなので、与謝野だけを攻撃しても仕方ないんだけどさ。。このあたりは、アメリカにおける旧投資銀行(GSとかMSとか)みたいなもんかもしれませんね(´・ω・`)


 なんだかすごい動画を見つけてしまった。。かなり昔のものなのか画像が汚いのだが、内容はブラックジョーク以外の何物でもない。。「プルトニウムを飲んでも大丈夫」、「でも吸い込むと危険」とか、全く意味不明な内容でプルトニウムの安全性を紹介しているとか、どんだけ・・・・だよって思ってしまう。。
 とりあえずリンク貼っておくので、まあ笑ってくださいまし。
 ・・・・ってか、これ作ったやつプルトニウムジュース絶対飲めよ!


 ひさびさ、WSJより転載。東電は必要なら破綻も-電力会社は銀行ではない

---

福島第1原子力発電所の危機収束に苦闘する日本政府にとって、対応を迫られている課題がもう一つある。福島第1や場合によっては他の原発も含む廃炉費用や原発危機の被害者に対する補償費用を東京電力がどのように調達するのかという問題だ。

東電の株主や債権者は、不透明なコストが巨額に膨れ上がるのを恐れ、神経質になっている。報道によると、金融市場の鎮静を図るため日本政府は東電の救済を検討している。だが、それは最悪の選択肢だ。むしろ必要とあらば東電を破綻(はたん)に直面させるべきだ。

報道では、政府が後ろ盾となって保険機構を創設し、機構に補償金と廃炉費用の支払いを肩代わりさせる案が検討されている。代わりに東電は政府に優先株を発行し、その配当で長期間かけて政府に返済を行う。

さらにこの機構は、電力会社から毎年保険料を徴集することで、将来的な原発災害に対する保険の役割も担うという。これは、既に米国の規模を上回っている現在の原発事業者向けの民間の強制保険をさらに拡大するものだ。

報道によると、これは1990年代後半に経営難に陥った銀行の再建に用いられた手法と似ている。経営が悪化した銀行は預金保険機構を通じ公的資金を注入される一方、預金の払い出しを保証してもらうことにより経営を安定させた。

一見したところ、東電と経営難に陥った大手銀行にはいくつか共通点があるようにみえる。東電は1998年の一部の銀行と同様に支払い不能に陥る可能性がある。規模も大手行並みに巨大で、経済を機能させるために不可欠であり、たとえ短期間であっても営業を停止させれば、とてつもない金銭的代償が発生する可能性がある。

だが、共通するのはここまでだ。銀行と東電のような企業の間には根本的な違いがある。その違いは、預金保険機構のような仕組みの導入は不要であるのみならず、さらなる問題を引き起こす可能性さえあることを示唆している。その問題を理解するために、まず銀行には特別待遇が必要な理由を検証していこう。

銀行がその他の企業と異なる点は3つある。1つは、銀行の調達資金は、大半が短期的なものであり、銀行の存続性に対する預金者やその他投資家からの信認が失われればたちまち枯渇してしまう点だ。2つ目は、銀行資産の相当部分はすぐに現金化できない融資で構成されている点だ。この2つは、投資家が銀行に突然資金の全額返済を求めてきた場合、支払うことができない可能性があること意味する。

3つ目は、大半の銀行には他の金融機関と交わした未履行の金融契約がある点だ。これは、ある銀行で取り付け騒ぎが発生し、支払い不能に陥った場合、その他の銀行に対する債務も履行不能になる可能性があることを意味する。そうなれば、その他の銀行でも預金者がパニックを起こし、預金を慌てて引き出そうとする可能性がある。こうした危機の飛び火は金融システムの大部分を危険に陥れかねない。


こうした点において、東電が銀行のように特殊でないことは明らかだ。1つ目については、東電の調達資金の大半は長期債券であり、債権者の大半が直ちに返済を要求する仕組みにはなっていない。2つ目については、東電には安定的な収益源があり、その金額は比較的容易に推定できる。しかも東電は競争にさらされていない地域的独占企業であり、通常の企業以上に収益予想は容易なはずだ。

したがって、東電が金融債務の返済に十分な収益を得られるかどうかを見極めるのは簡単だ。会社更正法に基づく通常の破綻処理では、それを見極めた上で必要に応じて債務を再編する。破産手続きが必要だと判断されても、企業は営業を続けたまま何の問題もなく手続きを進めることができる。

しかも、東電の破産によって他の電力会社が危機に陥ることはない。それどころか、顧客による電力会社の乗り換えが可能であれば、他の電力会社はむしろ得をすることになる(ただし、これには現行法の改正が必要)。

電力会社が破綻しても、銀行破綻のときのようにシステム全体を機能不全の危機に陥れることもない。東電の債務を保有する金融機関が債務の棒引きを迫られる事態になった場合は、東電を下支えするのではなく、それら企業が監督することで直接問題を処理させるようにすべきだ。

東電を通常の破綻処理から免責しようとすれば、別の新たな問題が発生する可能性がある。これについては預金保険機構の例から学ぶべきことがある。

政策当局は長年、預金保険を与えることで銀行を保護したために、銀行経営者は手堅い経営を、預金者は銀行に対する監視をそれぞれ怠ることになり、モラルハザード(倫理の崩壊)を招く結果になったと考えてきた。これを是正するため、銀行規制は強化され、無謀な経営は抑制されている。

政策当局は、東電は地域的独占企業であり、その業務の性質上、危険な各種のモラルハザードを引き起こす可能性があると考えた。そのため特別な規制を設けることでそれを防ごうとした。だが、その規制はうまく機能しなかった。

今ここで東電に特別な保険を提供すれば、安全性と効率の向上を求める市場のプレッシャーから東電をさらに隔離することになる。

日本政府は、東電を銀行ではなく、元世界最大手のエネルギー取引会社、米エンロンと同様に考えるべきだ。エンロンは誤った経営判断で会社を危険に陥れ、その結果破綻に追い込まれたことで知られている。同社の破綻は混乱を引き起こしたが、システム全体を不安定化させることはなかった。

東電は重要な日本企業だ。だが、通常の企業に課された法律を免れるほど重要ではない。


---

 そらそうでしょう。「地域独占企業だから潰せない」とか言ってたら、「やりたい放題して最後に政府に泣きつけばいい」となりかねない。。まあ、電力は公共性が高いので、政府との癒着がある程度あるのはやむを得ないのではとも思ってしまうが(と言うと語弊があるが、対立関係はまずいってことね)、今のようなずぶずぶの関係で「東電は悪くない」とか、「原発は必要」とか、「どうやって東電救おうか」なんて考えてるような国会議員だの財界だのをのさばらせておいても、国民にはなんらメリットはないわけで。。
 日本航空ではないが、まず徹底したリストラして、それでも補償できないなら破産でGo!でいいんじゃないでしょうか??
  ・・・・ってか、この案知らないんですが。。電力会社全部で少しずつ補償し、それで足りない部分は政府が・・・・ってのは知ってるんですが、それとはちょっと違う気がする。。どこからこんな情報出てきたんですかね??


 最近は煽るようなエントリーが多いが、そのくらいしないと原発も原発利権も絶対なくならないので、あえてやっております。ご了承くださいませ(´・ω・`)

  2011年4月18日(月)
 J-CASTニュースより転載。原発推進学者が次々懺悔「国民に深く陳謝する」

---

東京電力の福島第1原子力発電所の深刻な事故を受け、政府の原子力安全委員会の歴代委員長を含む原発推進派学者の重鎮たちが原発の「安全神話」崩壊に懺悔を繰り返している。特に元原子力安全委員長の松浦祥次郎氏や前原子力委員会委員長代理の田中俊一氏ら原発推進の学者16人がこのほど、異例の緊急提言を行った。

 「原子力の平和利用を先頭だって進めてきた者として、今回の事故を極めて遺憾に思うと同時に国民に深く陳謝する」との謝罪を前面に掲げた提言の内容は政府や東電の発表よりも今回の事故を深刻に受け止めており、緊迫感が伝わってくる。

「私たちは事故の推移を固唾を飲んで見守ってきた。しかし、事態は次々と悪化し、事故を終息させる見通しが得られていない」「膨大な放射性物質は圧力容器や格納容器内に拡散・分布し、その一部は環境に放出され、現在も放出され続けている」 「特に懸念されることは溶融炉心が圧力容器を溶かし、格納容器に移り、大量の水素ガスの火災・爆発による格納容器の破壊などによる広範で深刻な放射能汚染の可能性を排除できないことである」

提言は、水素爆発などで格納容器が破壊され、放射性物質が長期にわたり国土を汚染する可能性を指摘している。日本を代表する学者たちが、チェルノブイリ原発事故級の最悪の事態を想定していることがわかる。

 16人は東京大学名誉教授、京都大学名誉教授、東京工業大学名誉教授など錚々たるメンバーで、原子力安全委員会や原子力委員会の歴代委員長や委員を務めるなどした日本を代表する原子力の専門家たちだけに、発言には重みがある。

 特に気になるのは、「当面なすべきことは原子炉及び使用済み核燃料プール内の燃料の冷却を安定させ、大量の放射能を閉じ込めること。これを達成することは極めて困難であるが、これを達成できなければ事故の終息は覚束ない」と述べた点で、有効な解決策を見いだすのが難しいことを自ら認めているとも受け取れる発言だ。

 2011年4月1日、会見した田中俊一氏は「原子力の平和利用を進めて、まさかこういう事態、これほど国民に迷惑をかけるような事態は予測していなかった。結果的にこういうことになっていることについて、原子力を進めてきた人間として、国民に謝らなくてはならないという気持ちは、みんな持っていると思う」と心境を明かした。

田中氏は提言をまとめた理由について「(我々は)余計なことを言わなくてもいい年齢だけれども、黙っていられないと。とにかく早くこの状況を抜け出して頂きたいという思いでまとめた」と述べた。学会で地位も名誉もある学者たちが、自分たちのこれまでの仕事を全否定するような今回の提言や会見が、事故の深刻さを物語っている。


提言は、最後に事態打開策について「当面の難局を乗り切るためには、関係省庁に加え、産業界、大学等を結集し、我が国がもつ専門的英知と経験を組織的、機動的に活用しつつ、総合的かつ戦略的な取り組みが必須である」と指摘する。

提言に加わっていない原子力安全委員会前委員長の鈴木篤之氏(日本原子力研究開発機構理事長)も4月6日、衆議院経済産業委員会に招致され、「国民にたいへん申し訳ない。私にとって痛恨の極みだ。この事故を反省し、よく考えていかないといけない」などと反省の弁を述べている。

原子力安全委員会では、歴代OBに限らず、現役首脳も自己批判に追い込まれている。斑目春樹委員長は、やはり6日の衆議院経済産業委員会で、「今回の事故を深く反省し、二度とこのようなことが起こらないよう指導していきたい」などと弁明に懸命だった。


---

( ゚∀)キタ!!( ゚∀゚ )キタ━━━  

 って感じですかね。。そらそうだよ。。あれだけの被害出しといて、「原発は安全です」なんて言ってるほうがおかしいと思う。。おまけに、原子炉解体に一基あたり1000億とかって話を聞くと、どこが安価で経済的なのか分かったもんじゃない。しばらく(当分)原発御用学者には引っ込んでてもらいたいものです。

 今後東電がどういった方向になっていくか分からないが、とりあえず財界や銀行連中が言ってるような「東電に責任はない」とか「補償は全額政府がすべきだ」とかありえないから。。個人的には、電力をさらに自由化して、「どこどこの電力会社から電力を買う」とかってできればいいと思うのだが、たぶんそんなことは不可能なので、あんま期待していない(´-ω-`)
 あと、できることなら、原発関連の利権を徹底的に潰してもらいたい。原発の利権に絡むとこっていうと・・・・ちょっと分かんないけどさ。。例えば大手ゼネコンとか、原発メーカーの東芝・日立・三菱重工あたりですかね??もっと言えば、保守点検する会社や警備会社も多少はおこぼれがある・・・・かもしれない。実際は知らん。。
 そう考えると、道路利権なんてかわいいもんだと思えてしまうのはオレだけでしょうか??(´・ω・`)


 ちょっと原発の位置を調べてみました(´・ω・`)

 日本の原発の位置。
 大きさの関係上、字が見にくいのはご容赦を(´-ω-`)

 ネタ元はこちら
 
 んで、こっちが日本の活断層の地図です。


 んで、これを重ね合わせると・・・・

 こんな感じ(´・ω・`)
 
 なんと、ほとんどの原発が活断層の上ヽ(´Д`。)ノ
 なんていうか、わざわざ活断層の上に作ったように見えるんですが。。
 
 ・・・・誰だよ立地決めた奴。。


 世界の地震分布図だそうです。
 
 ・・・・日本、インドネシア、チリ、ニュージーランドがぶっちぎりですね(´-ω-`)


 ・・・・とまあ、こんな感じです。。これを見れば、いかに日本が危ない橋を渡っているか、よく分かると思う。

 今までさ、ずっと「いかに地震に強い構造物を作るか」という感じで、原発にしても他の発電所にしても作ってきたけど(他の建造物もそうだが)、これからは「地震が起こって壊れても、それによってすぐに危機的状況になるのを防げる」ような、そんな発電方法にしたらいいんじゃないかと思う。例えば、水車型発電みたいな感じのものや、各家庭でも扱えるようなもの(太陽光の効率いいものとか、コジェネあたり?)とか、浅く広く電力を作れるようにしたらいいんじゃないかということですよ。。それなら新興の企業も参入しやすいと思うんですが、どんなもんでしょうかね??

  2011年4月17日(日)
 ちと自分勉強用。興味ない方はスルー推奨ということで(´・ω・`) 放射線量の正しい認識を持とう

---

今回は、ニュースで目にすることの多い2つの「放射線量」の単位について、測定器の動作原理にさかのぼってお話ししたいと思います。

4月12日付で原子力安全委員会は3月11日から4月5日までの間、大気中への一部の核種の放出総量として、

ヨウ素131が1.5×1017ベクレル
セシウム137が1.2×1016ベクレル


相当が出ている、という、測定値を基にする試算結果を発表しました(PDF)。
実はここで「ベクレル」単位で「放射能の量」を示すことには、原理的に無理があるのですが、このあたりのことを、きちんとお話ししておきたいと思うのです。

原発内部の状況や、各地の放射線量を表す単位として、先ほどから使っている「シーベルト」という言葉が登場します。また、水道水中の放射性物質や野菜の放射能汚染などの話では「ベクレル」という単位が使われます。
「ベクレル」と「シーベルト」、2つが混乱して紛らわしい、という意見を聞きますが、違う単位が出てくるからには、何か理由があるはずです。
それを、測定原理からきちんと理解しておくと、これらの値のどちらも、目安にしか過ぎないけれど、各々参考になるものだ、とお分かりいただけると思います。
最初に乱暴に説明すれば野球の打者評価で考えて「ベクレル」は「打率」と似ており「シーベルト」は「打点」と似ています。
野球に詳しくない方もおられると思うので、おさらいしておくと「打率」というのはバッターが打席に立った時にヒットを打つ割合で、3割バッターと言えば10回打席に立つと3回の高い確率でヒットを打つ選手ということです。
これに対して「打点」というのは、自分が打ったヒットによって、チームにどれくらい点が入ったかということで、例えば満塁で迎えた4番打者がホームランを打てば、本人が打った球は1つですが、合計4打点が入ります。

これとよく似たことが「ベクレル」と「シーベルト」にも言えます。1ベクレルというのは、1秒間に1回放射性物質の崩壊があるという「頻度」を表すもので[回/毎秒]という単位を持ちます。
2ベクレルなら毎秒2回、10ベクレルなら毎秒10回の崩壊があるということです。そこでまず、このベクレルからお話しすることにします。
誰もが気になる食品についてベクレルが使われる時には、さらに分量の問題を確認しなければなりません。
例として、放射性ヨウ素131が混ざった水道水やミルクが、赤ちゃんにとって安全かどうか、を考えてみます。
国の安全基準は、放射性ヨウ素131が1キログラム当たり100ベクレルを超える水は粉ミルクを溶くのに使わないようにと定めています。
水を1キロ飲む赤ちゃんはいませんから、いま仮に哺乳瓶に100グラムのミルクを作るとします。
すると1キロ当たり100ベクレルですから100グラムなら10分の1の10ベクレル、つまり哺乳瓶のミルクの中では毎秒10個ほどのヨウ素131がベータ崩壊を起こしてキセノンとなり、毎秒10個の電子が飛び出してくる、という状態になります。

ミルクの中から電子が飛び出す、などというと奇異に思うかもしれませんが、「健康に良いらしい」なんていって飲まれている各地の温泉のお湯には、けっこうな高濃度で放射性物質が入っているケースがあり得ます。
この程度の分量であれば、自然界でも普通にあり得ることで特に問題はなく、これを飲んだ赤ちゃんも、あるいは大人であっても、仮に飛び出してくる電子で細胞や遺伝子が傷つけられても、十分に補修して健康を保つことができる量だ、ということになります。
ホウレンソウなどの葉物野菜の放射線量として暫定規制値1キロ当たり2000ベクレルというのは、その野菜を1キロ持ってきたら1秒当たり2000個の電子が飛び出してくるという状態を指します。
ホウレンソウばかり1キロ食べる人も、そんなにたくさんはいないでしょうから、いま「お浸し」にして100グラム、このホウレンソウを食べたとします。
1キロ当たり2000ベクレルですから100グラムでは200ベクレル、つまり1秒間に200個電子が飛び出してくるわけです。
人間の大人の体がこの程度の放射線のアタックを受けても、免疫系が働いてきちんと健康を守ることができるので、健康上それほど大きな問題はないだろう、として暫定基準量に定められているのです。

水道水や野菜の中から検出されるヨウ素131の害は、1986年以前にはあまり知られていませんでした。
これがチェルノブイリ原発事故で周囲に撒き散らされ、特に子供が食べ物などを通じて摂取し、喉の甲状腺に蓄積されて「甲状腺ガン」を多く引き起こしたことから、健康への深刻な影響が知られるようになったものです。
先にも触れたように、ヨウ素131はベータ(β)崩壊して電子を飛び出させます。

               β崩壊
ヨウ素131    →    電子(β線) + キセノン131 + 崩壊熱

1回の崩壊で1個、電子が飛び出してきます。私たちはこれを目で見ることができませんが、適切な装置があれば、それを測ることができます。
そこで「ベクレル」という単位のデータを測る道具の1つ、よく知られた「ガイガーカウンター(ガイガー=ミュラー計数管、GM管)」の仕組みをご説明しておきましょう。
まず「ガイガー計数管」というくらいですから、この道具は「数を数える機械」だということを覚えておいてください。
ガイガー計数管は細長い管、つまり筒の真ん中に針金の芯が1本通してあるような形をしています。針金と筒の間には高電圧がかけてあり、途中の空間にはヘリウムなどのガスが詰めてあります。
この高電圧の管に、ホウレンソウや水道水の中のヨウ素131から出てくるベータ線(その正体は電子)のような、電気を帯びた粒子が飛び込んでくると、ガイガー計数管内のガスとぶつかってガスが電離します。
このため筒と芯との間にパルス状の電気シグナルが流れます。このシグナルで「カチッ」とか「ピー」とか音が出るようにすることができますし、1個、2個とシグナルの数を数える装置を作ることもできます。
何秒間に何個のシグナルがあったか数えれば、1秒当たりの個数が分かりますね。
こんな具合にして、核分裂で飛び出してきた粒子の個数を測ることで得られるデータが「ベクレル」ですが、もう1つ重要なことを付け加えておかなければなりません。
ベクレル単位でデータが出てきたら、必ず何という放射性元素の何崩壊の個数を数えているか、確認しなければ、意味がないのです。
いま世の中で食品についてあれこれ言っている大半はヨウ素131のベータ崩壊で出てくる電子が、食品1キロ当たり、毎秒何個放出されるかを報道しているもので、もし物質が違ったら、話は全く別のことになります。
例えばセシウム134のベータ崩壊で出てくる電子の数を数えた時の「何ベクレル」という数値は、ヨウ素の時と全く別の健康安全基準で考えなければなりません。

ベクレルという単位がヨウ素131などの物質(核種)と崩壊様式が決まらないと意味を持たない、ただの「崩壊回数の頻度」(何回崩壊/毎秒)でしかないのに対して、シーベルトという量はもっと複雑な、統計的な操作を加えた人間のための目安です。
言ってみれば、ベクレルが「個別的」に物質から放射される線量の目安であるのに対して、シーベルトはある種の「平均値」を示しているのです。その最大のポイントは「人間の健康に及ぼすインパクト」を示しているという点です。
ニュースで「1号炉内の放射線量が100ミリシーベルト」とか「福島市内の線量計の値が10マイクロシーベルト」などという時、いちいち「ヨウ素」とか「セシウム」といった物質の名前が出てきませんね?
線量計の示す「シーベルト」単位の放射線量は、2つの意味で複合的なものなのです。
実はシーベルト(Sv)という単位の量は、あとでお話しするグレイ(Gy)という単位の量から計算で得ることができます。
ここでは簡単に、ヨウ素131のβ崩壊から出てくる電子線による健康被害も、ほかのガンマ(γ)線による健康被害も、どれもこれも合わせてこれぐらい、平均値として体に悪そうな影響がある、という目安として、お医者さんの現場で便利なようにシーベルトという量が提案され、工夫されてきたと思って下さい。
例えばいま、原子炉の中で作業をするとします。炉内では「γ線だけ」とか「β線は抜きで」とか、人間の勝手が通用しません。様々な核種の様々な放射線が一挙に人間に降り注いできます。
そしてその全体が、私たちの健康に影響を及ぼします。そもそも放射線医学が、広島・長崎の原爆被災地での医療活動から発達してきた経緯を思い出してください。
こういう全体を考えるうえでは「ヨウ素131が1個崩壊した」というようなベクレル単位よりも、もっと現実に役立つシーベルトがあった方が、医療の対策などが取りやすかったわけです。

そこで、各地の「放射線量」がどのように測られているか、一例としてシンチレーション検出器と光電子増倍管という測定装置の仕組みをご紹介したいと思います。
先ほどお話ししたガイガー=ミュラー計数管は、高電圧をかけた測定管に電気を帯びた粒子が飛び込んでくると、カチ、カチと数を数えることができる装置でした。
 しかし、アルファ(α)線(ヘリウム原子核)やβ線(電子)は比較的近距離にしか到達せず、遠くまで届くのはガンマ線(光線)です。
このγ線は正体が光ですから、電気など帯びていません。ではどうしたら、このガンマ線を測ることができるか? という時、力を発揮するのがシンチレーション検出器なのです。
シンチレーションというのは「ヒラメキ」という意味で、アンリ・ベクレルが放射能を発見したきっかけの「ウラン塩」のような蛍光物質にγ線が当たると、ガンマ線よりよほど取り扱いしやすい蛍光が放射されるという現象を利用したものです。
適切な蛍光物質を使ってシンチレーション検出器を作ったとしましょう。そこにβ線(電子)やγ線(光線)が飛び込んでくると、シンチレーション検出器はそのエネルギーを取り込んで、蛍光を発します。
この蛍光を集めて光電子増倍管という別の装置に送り込むことで、それまでは光線だった放射能の影響を電気的なシグナルに変えられます。
この量を測ってコンピューターで処理することで、どれくらいの放射線がシンチレーターにやって来たかを見積もることができるのです。
ちなみにこの「光電子増倍管」の中には「光電効果素子」と呼ばれる、光が入ってくると電子が飛び出す仕かけが組み込まれています。この光電効果の理論によってアルベルト・アインシュタインは1921年のノーベル物理学賞を授与されますが、この知らせは日本に向かう船旅の途上に受け取ったのだそうです。
日本各地には様々な「線量計」が設置されており、その一つひとつがどういうものかは分かりませんが、放射線を計測する根本的な原理は、飛び込んできた電子や光線を測定可能な何らかのシグナルに変えるというもので、それ以外にはありません。
アンリ・ベクレルやアーネスト・ラザフォード、もっと言えば大もとのヴィルヘルム・レントゲンなど原子物理草創期の人々は写真のフィルム(乾板)が感光するというシグナルで放射能の存在を知りました。
ガイガー=ミュラー管を作ったハンス・ガイガーはラザフォードの元学生、ガイガーよりさらに1世代下の物理学者でガイガーの学生だったヴァルター・ミュラーは、もっと正確に放射能の量を計測する装置を工夫しました。
そして1個1個の崩壊をシグナルとして検出する装置を作ったわけです。このおかげで1秒当たり何個の崩壊という「ベクレル」という単位が意味を持つようになります。
第2次世界大戦が始まると、各国で核兵器の研究開発が始まります。原爆や水爆を正確に設計するには、放射能の量を正確に測らなければなりません。
人類で初めて原子核分裂を発見したのはドイツの物理学者オットー・ハーンと、ユダヤ系のためスウェーデンに亡命していた物理学者リーゼ・マイトナーの業績でした。
これは1938年、まさに戦争の最中であったため、米国に亡命した科学者たちは科学技術に優れるナチス・ドイツが原爆を先に完成させる、と思い込んで米国政府を動かしました。
同じ1938年のノーベル物理学賞を受賞したイタリアの物理学者エンリコ・フェルミは、ノーベル賞の授賞式に参加した足でファシスト党のイタリアから米国に亡命します。
1942年にシカゴ大学のアメリカンフットボール場に作った実験原子炉「シカゴ・パイル1号」で原子核分裂の連鎖反応制御に初めて成功します。通常の原子炉技術の基礎は、この時に確立されました。
フェルミはこの「シカゴ・パイル1号」で兵器にも使えるプルトニウムを生産し、原子爆弾製造の「マンハッタン計画」を中心となって指導、製造されたウラン型原子爆弾は広島に、プルトニウム型原子爆弾は長崎にそれぞれ投下されました。
ちなみにフェルミは原爆投下後の威力と放射能の健康被害にショックを受け、水素爆弾の開発には倫理的な立場から反対しています。

さて、今まで見たように、実はベクレルという単位は安価な比例計数管などで数えることができる「核分裂の回数」であって、そのままでは放射能の量など、実は原理的に測ることができません。
そうであるのに、なぜ原子力安全委員会ともあろうものが、そのようなデータを出すかと言うと、実は大規模災害について、過去のデータと参照する上では、ベクレル単位の曖昧な測定でしか比較ができない、という現実を指摘しておかねばならないと思います。
ここについては、かなり多くの方、しかも一定の範囲で職業的にこの問題に関係している人が、確信犯で誤っています。
ツイッター上で数人、懇切に定義から説明して理解させるようにしましたが、もうこれ以上は勘弁していただきたいので、ここに記して終わりにしたいと思います。

重要なことは「光電子倍増管」などの測定器は高価で進んだ技術だ、ということで、そんなにあちこちには置けないのです。
日本ではJCO事故以降、東海村にたくさんの高度な線量計が備え付けられましたが、例えば旧ソ連などでは、そんな高度な放射能計測をする機材も予算もなかったと思います。
手元にあるD・ボタンスキーの標準的な核エネルギーのテキスト(第2版、2004年、シュプリンガー;英文)などを見ても、過去の大型原子炉事故の被害状況は、ベクレル単位で放射性物質量を代表させる形を取っているように見えます。が、これは痛し痒しのところがあるものです。
誰でもどこでも、そんなに高価な線量計で、核種まで特定して、きちんと放射線量が測れるわけではありません。仕方なく安価なカウンターで原子核崩壊の回数を数えて(ベクレル単位)その度数をもって放射性物質の量を見積もる参考値にしよう、としているのが、その実のところと思います。
と言うのも、実際に飛び散った放射性物質とか、あるいは使用済み核燃料などを取り扱う際には、それによる残留放射線量の強さや、どれくらいの期間残るのか、あるいは発熱がいつまで続くのか、といった対策を取ることが重要なのであって、その目安にベクレル単位が生きればよいということになるからです。
世の中の実測値は、安価な計数管でのベクレル値が大半です。例えば各地でホウレンソウや水の線量を一律に測ろうとする時には、安価な計数管を活用することになります。

逆に、原子力安全委員会が行うのはシミュレーションですから、ヨウ素131とかセシウム137とか、物質ごとに量を見積もることができます。
いま出ている数字は3月15~16日頃にかけて、どばっと排出された放射性物質が大半を占めています。
ここでヨウ素131が1.5×1017ベクレルある、ということが何を意味するか、もっと言えばどれくらいで消えるかを最後にお話ししましょう。
半減期だけ時間が経つと放射性物質は2分の1になります。半減期の10倍経つと1024分の1、つまり約1000分の1になりますので3桁、量が下がります。ヨウ素131の半減期は約8日、その10倍は80日になります。
もし、これ以降新たに大規模な噴出がなければ1.5×1017ベクレルのヨウ素131は

約80日後に ~1014ベクレル 放射能を発する程度の分量
約160日後に ~1011ベクレル 放射能を発する程度の分量
約240日後に ~108ベクレル 放射能を発する程度の分量
約320日後に ~105ベクレル 放射能を発する程度の分量
約400日後に ~102ベクレル 放射能を発する程度の分量
約480日後に ~10ー1ベクレル 放射能を発する程度の分量

までに崩壊して、無害なキセノン131に変化します。
と言うことは、2011年3月15日頃に大量噴出したヨウ素131は、60半減期相当が経過した2012年の夏、7月半ば頃には、ほとんど存在しなくなる、と見積もることができるでしょう。
一方、セシウム137は1.2×1016ベクレルあるとされますが、半減期が30年とヨウ素の1300倍以上長いので、同じ程度減少するには1800年もの時間がかかることが分かります。
以上はあくまで今後大規模な噴出がなかった場合、としての大まかな計算ですが、こうした確認の仕方で、随時、発表されるデータを検証していくことが大切な姿勢だと思います。


---

 え~~。。9/10くらい理解できませんが、ヨウ素が徐々に減っていくことだけは理解できました。ただ、セシウムがこのままだとやばそうです。いや、やばいです。。どのくらいやばいかさっぱり分かりませんが、かなりの長期間よくないということ・・・・だと思います(´・ω・`)


 もんじゅが相当やばいらしいです。。状況はこんな感じ

---

2010年8月26日、炉内中継装置(直径46cm、長さ12m、重さ3.3トン)がつり上げ作業中に落下する事故が起きた
原子炉に鉄クズ(交換装置)3.3トンが落下し、回収が不能であることがわかった
燃料棒の交換方法断たれる
休止不能で制御棒なんとか突っ込んで冷やし続けている状態
燃料が高濃度のプルトニウムで福島よりずっと臨界しやすい
プルトニウムは臨界を防ぐ制御棒効きづらい上に温度にムラができやすい
プルトニウムの量は長崎原爆の100倍以上
本州のど真ん中福井県にあるが、地震プレートの真上にあることが建設後にわかった
高速増殖炉の構造上配管が複雑でクネクネしててペラペラ、地震に構造的に弱い
耐震性をどれだけ強化しても、地震のゆっさゆっさ自体は今の技術では防げない
ゆっさゆっさすると、炉内で巨大な鉄クズもゆっさゆっさ、燃料棒破損も
中を見るカメラが故障し、修理不能であることがわかった
冷却系が液化ナトリウムで、水や空気に触れると大爆発を起こす
福島でやっているほぼ全ての冷却方法が今のままでは通じない、逆に爆発的火災になる
2011年2月21日、装置を現場で担当する燃料環境課長が敦賀市の山中で自殺
今までに2兆4000億円以上つぎ込んで年間維持費だけで500億円掛かり、これまでの発電量は0
燃料の質と量から、チェリノブイリや広島長崎なんか目じゃない人類史上最強の事になる
半径300kmは…



炉から燃料棒を取り出すための装置が炉に引っかかった

外すために炉の蓋を開ける→炉内の冷却剤が空気と触れて爆発→終了\(^o^)/

じゃあ冷却剤を抜こう→燃料棒を冷却できなくなって爆発→終了\(^o^)/

じゃあ燃料棒を抜こう→その装置が壊れてる\(^o^)/

じゃあ引っかかってる所を削ろう→ちょっとでも破片が冷却剤に触れれば爆発→終了\(^o^)/

じゃあどうすればいいの?→現状どうしようもない。回収はこれまでに24回行われたが全て失敗\(^o^)/
燃料棒が完全に冷えるまで数十年待つしかない(年間維持費500億円、もちろん発電などできない)


ちなみに発電所は活断層の真上\(^o^)/
構造的に地震に弱い\(^o^)/


 日本原子力研究開発機構敦賀本部

 9/6PDFより抜粋

---

 現在、引きあげる作業をしているが、すでに24回失敗しているようでして。。まあ、2ch経由なので必要以上の不安は必要ないと思うけど。。万が一のことが起こったら、福井~関東地方は福島周辺よかひどい状況になるわけで・・・・。。
 ただ、いろいろ見ていたら、現在は原子炉を停止中なので、燃料棒を冷やす必要はないとのこと。まあ、なんとかなるでしょう。・・・・地震が起こらなければ(´・ω・`)
 それと、復旧作業にあたっていた燃料環境課の男性が自殺したそうです。。これに対し、遺族が「これは他殺だ」と言っているそうです。。・・・・ソース元不明ですが。。
 なんにせよ、無事に修理を終わらせてほしいものです(´-ω-`)

 一応福井県民の友人に、最悪の事態に備えておけとメール送っときましたが、あまり気にしてなさそう・・・・。。というか、この事実を友人に聞いたら、「あまり騒がれていない」そうです。。ってか、どうもオレがメール送ってから調べたらしく、「知らなかった」ようです(´・ω・`)


 ・・・・とりあえずさ、事故が起こったらきちんと記事にしろよ。。ほんとマスゴミって役に立ってないよな。。知らないわけないんだよ。福井新聞記事にしてるし。。重大事故(ってか最悪中日本終わる)になるかもしれないほどの事故を記事にもしないとか、何考えているんだろう??これでもし何かあったら、ヘリ飛ばして「スクープです!」とかぬかすんですかね??
 今回の福島原発事故もそうだけど、マスゴミは原発関連に関しては異常なほどに報道しない。それでいて電力会社の「原発は安全です」なんてプロパガンダは垂れ流し。もういいかげん、マスゴミの報道を元にした「事実の解明」は、あきらめたほうがいいと思うぞ。。

  2011年4月16日(土)
 今日の読売新聞に、震災復興基金みたいなものを作って、そこで義捐金等を一元管理しようという案があると書いてあった。・・・・まああれだ。どうせどこぞの天下り団体にお金が流れるだけだから、そういったことはやめてほしいんですけど。。今この現状で政府だの官僚だのを信用してるって人がどれだけいると思っているんだろう??はっきり言って、共同募金や赤十字は募金のプロです。そんな無駄な基金を設立するくらいなら、共同募金等にお金を渡したほうがよほどましだし、信用できるってなもんだ。
 空き缶政権には、いいかげん会議のための会議を止めてほしいものです。

 ところで、この記事は読売新聞の1面にあったんですが、オンラインでは出てないんですよ。。1面にも関わらず。。ネットユーザーが見ると都合が悪いと考えているんですかね??

  2011年4月14日(木)

 近所の桜が満開だったので、1枚撮ってきました。
 いつもはもう散ってしまってもいい時期なのだが、
 どうやら今年は少し遅いようですね(´・ω・`)

 被災した方は、しばらくは桜を楽しむ余裕もないかと思いますが、
 いつの日か楽しめる日が必ず来るので、
 それまで決してあきらめないように頑張ってほしいものです。


 ところで、日本人の心の花とも言える桜ですが、その中でも1番人気があるのは、言わずと知れたソメイヨシノです。
 そのソメイヨシノですが、江戸時代に交配に交配を重ねた結果生まれた品種なのですが、実は全国にあるソメイヨシノは、全て1本の木から挿し木で増やしていったのです。つまり、ソメイヨシノは、全てクローンということですね。そのせいで、ソメイヨシノ同士では受粉せず、自分で種子を作ることができないのです。おそらく、数十数百の交配を繰り返した後ようやく生まれた品種なので、それと全く同じ品種を作ることができなかったのでしょうね。
 ちょっと言い方を変えると、「日本人が滅亡すれば、ソメイヨシノも絶滅する品種」ということですね(´・ω・`)

 さて、そのソメイヨシノですが、なぜそんなに人気があるのでしょう??あくまで個人的な意見ですが、淡い色合いと散り際の美しさが、日本人好みなのではないかと思うのです。ほんの数日美しい花をつけた後、風に吹かれてさっと散っていく様はなんともはかないものですが、「潔い」ことが好きな日本人にはぴったりと言えるのではないでしょうか。
 日本人には昔から諸行無常という、この世のものは全て滅するものだという概念があり、古人もいずれ極楽浄土に旅立つ日が来ることをごく自然に受け入れてきたのでしょう。そのはかなさに、日本人は自分の姿を想い重ねながら見たのかもしれませんね。

  2011年4月13日(水)
 ちょっと目玉サイトの紹介。なんと原発業界御用学者リストというのを見つけてしまった(*´∀`*)ゞ
 誰が作ったか知らないが、相当な暇人なんだろう。。とりあえず、ここに載ってるやつが身近にいれば、石とか腐った卵を投げ・・・・てはいけません。こっそり吊るしあげましょう(・∀・)

  2011年4月12日(火)
 原発の現場で働いているらしい人が2chに書き込みをしているようです。詳しい書き込みはこちらを参照してもらうといいかも。。2人ほど関係者っぽい人が登場するが、オレにはこれが真実かどうかの見極めができない。。が、個人的には本物であって欲しいと思う。。コメントでも賛否両論で、「こいつは本物だ」とか、「実は東電社員じゃないの?」とかいろいろある。。

どちらにせよ、現在現場で働いている方々には頭が下がります。みなさんの無事な帰還を祈ります。

 ただ、この情報を鵜呑みにするのは少し危険な気がする。いや、この人が嘘を言っているとかではなく、この人が事実を知らされていない可能性のほうね。。もちろん本当の可能性もあるが、オレは政府と東電の情報を信じてないので、彼らに「原発は安全です」と言ってるかもしれないという、深読みをしてしまうわけですよ。。
 それに、いまだに原発の後始末のロードマップが出てこない。きちんと「今こういう状態です」と言えば誰もが納得できるのに、それすらないから「ほんとに大丈夫なのか?」と不安になり、信用無くす。
 
 たぶんみんな忘れてるだろうからあえて書くけど、不安院なんぞ地震直後に原発からとんずらして、いまだに現地に行こうとしない。結局情報は東電頼みとなり、記者会見は全部東電からの垂れ流し。それだけしかしないなら、不安院なんぞいらなないし、東電が記者会見したほうがよほどまし。。そもそも、記者会見をしている人が実はヅラだったと判明した時点で、「こいつは記者会見する前から嘘をついている」わけでして。。


 それにしても、こういうエントリーを書く度に、日本は縁の下の力持ちによって支えられているんだなぁということをひしひしと感じてしまう。だから、今のように政府が機能不全でも、日本はうまくいってるんでしょうね。

  2011年4月7日(木)
 なんだか言論統制云々って話があるようですね。。東日本大震災に係るインターネット上の流言飛語への適切な対応に関する電気通信事業者関係団体に対する要請

---

 総務省は、本日、電気通信事業者関係団体に対し、東日本大震災に係るインターネット上の流言飛語について、各団体所属の電気通信事業者等が表現の自由に配慮しつつ適切に対応するよう、周知及び必要な措置を講じることを要請しました。本日、「被災地等における安全・安心の確保対策ワーキングチーム」において、「被災地等における安全・安心の確保対策」が決定されました。同対策においては、東日本大震災後、地震等に関する不確かな情報等、国民の不安をいたずらにあおる流言飛語が、電子掲示板への書き込み等により流布している状況に鑑み、インターネット上の流言飛語について関係省庁が連携し、サイト管理者等に対して、法令や公序良俗に反する情報の自主的な削除を含め、適切な対応をとることを要請し、正確な情報が利用者に提供されるよう努めることとされています。
 同対策を踏まえ、総務省では、社団法人電気通信事業者協会、社団法人テレコムサービス協会、社団法人日本インターネットプロバイダー協会及び社団法人日本ケーブルテレビ連盟に対して、東日本大震災に係るインターネット上の流言飛語について、各団体所属の電気通信事業者等が表現の自由に配慮しつつ適切に対応するよう、周知及び必要な措置を講じることを要請しました。


---

 あ~~。。まあこれを見ると、確かに言論統制に見える。が、たぶんほとんどの人は大丈夫。なぜなら、ほとんどの人はメディア(海外含む)を転載したものや、自分の知識をそのままブログ等に載せただけだから。これで「流言飛語」なんて言われたら、それこそ言論の自由の弾圧なので、そういう時は訴えればいいだけの話。

 んじゃあ、どういうのを指すかと言うと・・・・たぶんたった一人の人間を対象にしてるものと思われる。いちいち誰とは書かないが、おそらくリチャードと思われ(・∀・)   大体さ、純粋水爆云々とかってさも本当のことのように書いておいて、東京湾付近で「不発が続いた」とか、バカじゃないの?とか思ってしまう。
 あんなきちがいが運営しているブログなんぞ、とっとと強制閉鎖すればいいんだ。害悪以外の何物でもないよ。まあ、あんなもんを信じる奴もちょっとおつむが吹っ飛んでるから、いっしょに強制閉鎖させてしまえばいいんだ。。まあ、そんなことしたら、「政府の陰謀だ!」とか言い出しそうだが、あんな連中ほっとけばいいんだよ。うっとおしいだけだから。。

 ・・・・と、ほとんどの人は思うだろうが、実はリチャードの言ってることは本当なんですよ。。だって、オレが直接北朝鮮でデビットに聞いたんだから、間違いない。政府は間違ってるよ。早くリチャードのブログをきちんと検証して、全国の原発にガードマン雇ったほうがいいよ(・∀・)





[壁]ω・)・・・・・・・・


( ・ω・)(また出た)モニュ?


[壁]ω・)いえ。。あんまりそんなことを書いていると、ここにも削除要請きますよ??


大丈夫。データは全部手元にあるから、ほとぼりさめた頃にまた再アップすればいいよ(´・ω・`)


[壁]ω・)でも、fc2からBANされるかもしれませんよ??


fc2は良心的だから大丈夫だよ(´・ω・`)


[壁]ω・)でも、もしBANされたら・・・・??


そりゃあ、もちろん最後の手段・・・・。。でも、ここでは怖くて言えない(´・ω・`)


[壁]ω・)あんまり悪ふざけしすぎないようにね!


気をつけます(´・ω・`)

  3011年4月6日(水)
 東電の株価チェ~~~ック!

 さて、今現在の東電の株価状況です。。終値は337円。。
 完全にマネーゲームと化してます。。
 もちろん今後どうなるか、さっぱり分かりません(´・ω・`)


 んで、一つ気付いたことがある。。なんと、東京都が3.1%もの東電の株式を保有してるのだ(笑)。。これは、順位でいうと第5位という大株主になる。。東電の株式を所有している企業は相次いで評価損を計上したようだが、東京都は都民にどういう説明をするのでしょうか??

 んで、どう考えても今年の配当は0円だから、ちょっとここで計算計算。東電の発行済み株式数は16017000千株。東京都の持ち株はこのうちの3.1%だから、16017000千株×3.1%=496527千株。で、配当が年間60円とすると、496527千株×60円=29791620千円=297億9162万円!東京都の予算は平成23年度で117642億円だから、約298億÷124223億で、おおよそ年間予算の0.25%にあたるわけか。。
 まあ、金額的には大きく予算が減るって程ではないが、数字だけみるとそれなりにでかい。おまけに、計画停電によるダメージがひどいので、さらに東京都は厳しい経営が予想されます(他の県は知らん)。。
 なんにせよ、東京都の予算減少は、そのまま東京都民へのサービス低下につながる。そういった意味では、東京都も東電の監視をするべきだったと思うのだが、実際やってたかは不明。
 とりあえず、東京都民は、東京都を通じてもっと東電をつついたほうがいいと思うぞ。。なんせ、間接的な株主なんだから(・∀・)

  2011年4月4日(月)
 さて、通常モードに戻っても、正直言って何も書くネタが思いつかないので、やはり今回も原発ネタを・・・・。。

 先日東電の社長の入院の疑義を書いたが、どうやら、やはり入院していたようだ。しかも、2、3日おきにあちこち転院しているらしい。・・・・アホかっつーのな。やましいことがなければ、堂々と入院してればいいのに、なんでこそこそしてるんだ??それこそ「自分は悪い事をした」って世間に表明してるってことだろうが。。しかも、マスゴミもわざわざ退院だの会社で治療だの嘘ばっかり書きやがってさ。そこまでして東電守りたいってのが、オレには理解できんよ。
 それに、これも先日書いたけど、最初は汚染水の濃度が1000万倍と言っておいて、実は10万倍でしたと訂正し、いつの間にかまた1000万倍に戻ってるんだが、これは一体どうなってるんだ??これって1000万倍という数字があまりにでかすぎる為に、わざわざクッションを入れたってだけの話だろ?結局のところ、そうやって大事な事実を大した事のないように見せかけてるってだけじゃね~か。。
 全く、こんなくだらないことばっかやってるからどんどん信用失っていくんだよ。。

 んでは、ここで読売新聞の4/1の記事をちこっと紹介。

---

 日本政府の情報発信不足は、世界の不信感を募らせた。米国は原発上空に無人偵察機を飛ばして情報収集。日本をあてにしていないことの裏返しだ。自国民に原発の半径約80キロ圏内への退避を求めたのも、日本の説明より悲観的なシナリオに沿ったものだ。
 フランスでもメディアは連日、「日本国民は十分な情報を知らされていない」と日本政府や東電への不信をあらわにしている。


---

 まあ、一言で言わせてもらうとですね・・・・


お前が言うなお前が!

 ってことですよ。
 情報を知らせていない片棒を担いでおいて、偉そうに言ってんじゃねーよ!誰だよこんなクソみたいな記事書いた奴。まるで「自分たちはきちんと書いています」と言わんばかりじゃねーか。。大体、大手マスゴミの報道をまともに信じてる連中なんて、いまだに「原発事故は大したことはない」とか思ってるんじゃないか?

 まあ、誰が何を信じるかはその人の勝手だが、ちょっと2つほど原発賛成のブログを紹介する。1つ目は池田信夫氏なのだが、3/31に「自動車や石油火力は原発より危険である」とか、トンデモエントリーを書いている。あまりにひどいエントリーだったので、コメントするかすまいか散々迷ったが、この人のブログを見ている人はみんなとてもしっかりした考えを持っている人たちのようで、オレが書こうと思っていたことは別の人が全部書いてくれたし、他の人のコメントはとても参考になった。
 んで、オレが1番いいと思ったコメントを紹介させてもらうと

---

 発電用の原子力と石炭を比較することには意味があると思いますが、車と比較してそれより危険性が低いということには、一切の価値を見いだせません。ただのミスリードのためだけの荒唐無稽で失笑ものの愚論でしょう。
 なにせ、原子力発電所と自動車は代替関係にないので、どちらかのみを選択するようなトレードオフ的なものではないから。タバコの話なども同じ。
禁煙をしつつ原発を止めた方が発ガンリスクは下げられるのであって、禁煙か原発を止めるかという問題ではないので、比較するべきものではそもそもない。
そんなイメージ論に意味があるなら、世の中のたいていのものは毎日一杯の水を飲むより危険だ、とか何でも言える。あるいは、冬山登山よりは安全だ、とでも。
そんな意見は無意味無価値どころかミスリードを生めば有害ですらある。


---

 ですかね。まさしくその通りでしょう。なんで自動車と比べるのか全く分かりません。また、煙草にしても、煙草はあくまで個人の問題なのに、原発は自分には関係ないところで放射能を撒き散らすので、これまた対比のしようがない。。
 まあ、福島県も原発利権の恩恵を受けていたといえばそうなのだが、それはあくまで「原発が安全だったら」という仮定の話であって、これだけの事故を起こされて、「でも恩恵は受けてたじゃん」とか言われて納得できるものではないだろう。。
 
 んで、もう一人原発を擁護されてる人を紹介します。藤沢数希という方がこちらも同日の3/31に「原発を擁護する」というエントリーをしてるんですが・・・・。。もうね、も~突っ込みどころ満載で、どこに突っ込んだらいいのか分からないくなる。。原発は経済的とかいいつつも、原発は作ることより壊すことのほうがはるかに難しい(だから壊さずにそのまま操業したほうがいい)とか、もはや理解不能なエントリーです。。
 当然コメント欄は非難轟々なわけだが、当の本人は完全無視。次の日のエントリーには池田氏のエントリーをそのままパクったようなエントリーしてるし。。

 今回2人を引き合いに出したが、このような原発推進論者の言い分を見てみると、1つのことが分かる。それは放射能に関してほとんど全く話題にしないこと。まあ、藤沢氏は4/3のエントリーで少し書いているが、それでも原発周辺以外は大丈夫とか平気で書いているし、池田氏にいたっては、原発事故での死亡者数に癌(白血病は癌の1種です)で死亡した人数を入れてないから、全く正確な人数が反映されていない。チェルノブイリ事故による死亡者数の推定によると、30キロ圏内の60万人を対象とすると4000人、全ヨーロッパの5.7憶人を対象とすると16000人が死亡しているらしい。これはあくまで推計にすぎないが、少なくとも死亡者数が石炭や石油より少ないなんてことはありえない。
 それに、原発事故でいったん放射能に汚染されると、その土地が死の土地になってしまうくらい、チェルノブイリを見れば一目瞭然だ。その周辺の土地への立ち入りは完全に禁止されるし、周辺の土地も汚染の度合いによっては農業もできなくなる。
 そういった部分を一切考慮に入れずに「原発は安全だ」とか言いふらすなんて、無責任にも程がある。
 特に藤沢氏なんて、「1人2500万の補償として、20000人で5000億、多めにとっても1兆くらい。東電は売り上げが5兆もあるから全然平気」とか書いているが、補償がたった2500万とか、売り上げと利益(正確には経常利益)の違いも分からないとか・・・・。。この人金融のプロらしいが、それでこんな経済のど素人みたいなことを書いて、恥ずかしくないのかと思ってしまう。オレも経済のど素人だが、正直そこまでひどくはないと思う。。

 まあこういった人たちは、たぶん東電から厚遇されたんだろうけどね。。なんでも3/23に最大2兆円規模の緊急融資が決まったというニュースがあったから、その一部がこういった人たちに流れていると勝手に推測。ああ、それと日雇い労働者の手当が日給40万円!だそうだから、そっちにも流れてそう。
 今現在でこういった推進論者に賛同するのは、とりあえず計画停電をなんとかしてほしいと思ってる人(事業者含む)、放射能汚染を他人事と思ってる人、電力会社の関係者くらいなので、ほっとけばいい。


 ・・・・とまあ、こんな感じで、オレも反原発論者にこっそり転向したわけだが(推進派ではないが)、だからといって他の反原発論者のように「今すぐ全原発の稼働を止めろ!」とかシュプレヒコールを上げるつもりは毛頭ない。なんでって、いまだに代替えエネルギーが見つかってないから。。
 まあ、みんながみんな猿のような暮らしに戻りたいならそれでもいいが、ほとんどの人がそんな生活をできるはずがないので、今すぐ原発廃止しろってのはあまりに現実的ではないと思う。大体さ、1日中エアコンがんがんかけておいて、「原発廃止!」も何もあったもんじゃないだろ。。まずはできるだけ電気を使わない生活をして、それから叫ぶならまだ分けるけどさ。。

 オレとしては、まずは「オレは原発推進派だ!」とかってのは選挙で落選させるところから始めるべきだと思う。。そういや、これに関するものがどっかにあったよな~なんて思ったら、J-CIAにあった。。

 ・・・・ほとんど民主党公認ばっかだな。。民主党+電力会社支援とか、何もしないで落選しそう・・・・・。。まあ、これ以外にも原発推進派はいそうだが、よくよく考えてみれば、原発推進派って民主党よか自民党のほうが多いような気がする・・・・。。
 もうさ、いっそのこと足切り制度でも作って、「有効投票数の何パーセント以下の場合、当選者なし」とかってすればいいんじゃないかと思うんだが、そんなのってやっぱだめなんかね??今議員数の削減云々言ってるくらいだから、こんな制度あってもいいんじゃないかと思うんだけど・・・・。。

  2011年4月3日(日)
 さて、先日書いたとおり、オレはこっそり北朝鮮に脱出し、そこでのんびり温泉に浸かっていたのだが、そこで思わぬ人に会った。その人は、今話題のデビッド・ロックフェラー!
 オレは早速「今回の純粋水爆を仕掛けたのはあなたですか?」と聞いたら、デビットはオレの肩をたたきながら「ハッハー!」と会心のアメリカンギャグをかまし、そのまま立ち去って行った。
 んで、その時「やはり中国製はだめだな。今度はインド製にしよう・・・・」とぼそっとつぶやいた。オレの耳は003並みの地獄耳なので、半径30m以内の全ての音を聞きとれるので、間違いない。
 だから、リチャードの言ってることは間違いなく本当のことなので、今後の彼の言動に注視しましょう!








[壁]ω・)・・・・・・・・


( ・ω・)モニュ?


[壁]ω・)一体どこまでが本当のことですか??


も、もちろん全部本当のことだよ(´・ω・`)


[壁]ω・)そうですか・・・・。ところであなたは英語が話せるのですか?


話せないよ。でも、デビットは日本語ペラペラだったから大丈夫だったよ(´・ω・`)


[壁]ω・)そうですか・・・・。それにしても、北朝鮮に温泉ってあるんですか??


もちろんあるよ。ウラン温泉っていうの。体にいいんだって(´・ω・`)


[壁]ω・)・・・・本当ですか??


もちろん本当だよ。民主党公認だから間違いないよ(´・ω・`)


[壁]ω・)それなら安心ですね!



 ・・・・というわけで、世間はまだ自粛モードのところが多いですが、オレはそろそろ通常モードに戻ります。まあ、今回の地震で考えていたエントリーがすべて吹き飛んだので、当分は原発関係がメインになりそうですが・・・・。。

  2011年4月1日(金)
 昨日、九州電力の玄海原発の地下10キロ地点に純粋水爆が設置されたという緊急情報を入手しました。オレの住んでいる地域も危険なので、今から親戚がいる北朝鮮に高跳びします。しばらく更新できませんが、みなさんの無事を祈ります。

  2011年3月23日(水)
 ここのところ地震、特に原発関連にばっか目がいっていたのだが、海外にも少し目を向けてみようと思います。

 フランスで放射能が検出されたらしい。あちらでも不安が広がっているが、「まあ大丈夫でしょう」とのこと。それと、フランスはアメリカに次ぐ原発大国だが、そこで福島原発の事故を受けて反原発運動が広がっているようだ。
 ・・・・あくまで個人的な見解だが、フランスは大丈夫でしょう。なぜって、イタリアやギリシャ等南ヨーロッパはともかく、北ヨーロッパは地盤が安定しているので、ほとんど地震が起きないし、そもそも福島原発の事故は人災が原因だから。つまり、何らかの事故が起きても、それに対応するマニュアルや訓練ができていれば、被害はそれほどないと思う。チェルノブイリだって、もともとは作業員の知識不足や無理な運転が原因であったわけだし。。
 どんなものでもそうだが、結局最後は人次第ってことじゃないですかね。

 そういえばチェルノブイリで思い出したけど、この時って確かヨーロッパでもチーズとか乳製品で放射能が検出されなかったっけ??きちんと覚えてないけど。

 世界中へ放射能を撒き散らしているのに、いまだに「安全です」とか言ってる政府や東電を見ていると、どうやら今回の問題をいまだに国内問題としか理解してないようだ。

 国連決議を受けて、欧米がリビアに対し空爆を実施したようです。ここのところ日本は地震一色だったので、この間に何があったのか全く不明。。ただ、地上軍の派遣に対しては慎重な模様。ま、この辺は予想どおりってとこですかね。なんでも、アラブ連合が反対しているとか何とか・・・・。。確かに、独裁政権が多いアラブ諸国からすれば、カダフィの次は自分のところにお鉢が回ってくるかもしれないので、必死に反対するよね。。

 今日の新聞で、東電の事故補償に対しても国が一部補償するということになりそうって書いてあった。これに対し、池田信夫氏が政府は東電を救済するなと書いている。全くもってその通り!って感じですね。東電の国有化という案も賛成。一度半解体状態にして、一からやり直したほうがいいと思います。
 ただ、少しだけ疑問があってですね。。池田氏は売り上げが5兆円と書いているが、売り上げ=利益ではない。東電の利益は2011年度の連結(予定)でおよそ1100億円。推定数兆円規模になる補償を、東電1社で賄えるわけがない。池上氏がそんなことを知らないわけがないので、おそらくあえて利益ではなく売り上げだけを書いたのだろうが、そこに少し恣意的なものを感じてしまう。。まあ、国有化や徹底的なリストラは大賛成なので、この際徹底的に膿を出してもらいたいものだ。
 ・・・・が、政府は東電とずぶずぶだから、ほとんど政府が補償するんでしょうね。


 20:15頃、九州北部で地震があった。・・・・震度3ってことは、今回も地震兵器が不発だったってことですか??それにしても、不発が多いね。ひょっとして、その純粋水爆とやらは中国製ですか??

  2011年3月22日(火)
 なんだか地震兵器なるものが噂になってるそうですね。基本的にトンデモ系は扱わないのだが、あまりにも引っかかってくるので、ちと発信地の方のブログを覗いてみた。以下、その主張と感想、分析もろもろ。

・なんでもロックフェラー系ユダヤ人が日本各地にボーリングをして、そこに小型の純粋水爆を埋め爆破し、地震を起こしているらしい。

・最終目的地は東京だそうだ。・・・・日本に打撃を与えたいなら、東京だけで十分では??

・東京近辺(海ほたる辺り)で震度3の地震が多数あるが、それは水爆の爆破に失敗したから。深度はおおよそ30キロ~40キロ。

・日本には深度10キロの深さにまでボーリングできる船があり、それが東京湾にあるらしいが、もしそれで水爆を埋めたとしても深度30キロに水爆埋めるなんて不可能だろ。。

裏社会の人がどうこうってあるけど、本人完全否定してるし。。以下それぞれの言い分を転載。

 まず、リチャード氏のブログより。

---

私は仕事にゆきます。あす夕方まで戻れません。
2011/03/15(火) 10:45:18 | URL | 小吹 伸一 #- [ 編集 ]
岩手・宮城・福島・茨城・長野ときて静岡? なんで? プレートの落ち込み?


---

んで、下が小吹氏のブログより。

---

私は仕事にゆきます。あす夕方まで戻れません。
 2011/03/15(火) 10:45:18 | URL | 小吹 伸一 #- [ 編集 ]

 岩手・宮城・福島・茨城・長野ときて静岡?
 なんで?
 プレートの落ち込み?
 山口乙矢
 2011/03/15 23:40】

※本人のブログのものをそのままコピペしたので、名前もそのまま掲載しています

---

 ・・・・まあ、そういうことですよ。。

バンカーバスターの弾頭に純粋水爆を装填とある。純粋水爆とはこんなものだが、放射能を出さないなら、福島原発の被害なんぞ何ら関係ないのでは?そもそも、福島原発の被害ってのは人災なわけだし。。それに、バンカーバスターで云々言ってるけど、バンカーバスターってのは、ミサイルなわけですよ。ってことはだ、東京湾に誰かがミサイルを撃ち込まないといけないわけですよ。んなこと、誰にも気づかずにできると思うのか??しかも、最大掘削深度10キロとか言ってるのに、地震の震度は30キロ~40キロ。バンカーバスターの最大貫通力は40メートル。ってことは、深度30キロのところに到達するには(30000m-10000m)÷40mで、500発ものバンカーバスターが必要になるのだが、それだけ大量のミサイルを東京湾岸の人は誰も見てないのか??しかも、ピンポイントで当てる必要があるので、一か所に延々打ち込む必要あるし・・・・。。まあ、「B61-11核爆弾」とやらでもっと大きな穴を開けられるとしても、それでも数百発は必要だろ。。この人は自分が書いていることを理解しているのか??

・ちなみに、ここで書かれている深海掘削船、おそらく「ちきゅう」ですが、

---

下北半島沖の掘削調査のため青森県・八戸港に停泊していた地球深部探査船「ちきゅう」の船内見学中、津波を避け、沖合に避難し、自力航行できなくなっていた同船の同県八戸市立中居林小の児童48人は12日午後1時半過ぎ、海上自衛隊のヘリで約24時間ぶりに救助された。男子児童(11)は「船にいたら本当に大丈夫なのか心配で怖かった。無事に帰ることができ、うれしい」と安堵(あんど)の表情だった。

2011年3月12日18時37分  読売新聞)


---

 ・・・・だそうですよ。しかも、「ちきゅう」は応急処置を行うため、3/18に室蘭港に向けて向けて八戸港を出発したとありますが(ニュースはいずれ下にさがって消えるでしょうが)。。

・レーザー起爆型水爆・・・・意味不明。ってか、どんなものか説明もないし。いっちゃあなんだが、自分でもどんなものか理解してないってことでは??

ヤフー知恵袋より転載:311の前日にイスラエルから「日本の地震、大丈夫?」とメッセージって・・・・。。自作自演もここまでくると大したものですね。

本当に「計画停電」の必要はあるのか?.。ありません。しかし、東電に必要なのは原発であって、電力ではありません。

Biglobe経由で警視庁ハイテク犯罪対策総合センターより記事を自主削除するかどうか問い合わせあり。・・・・んなもんBiglobe経由で送ってくるわけないだろ。。


 面倒だからもういいや。これ以上はやっとれん。てか、真剣に考えるのが馬鹿馬鹿しくなってくる。
 それにしても、こんなもん本気で信じてる人って結構いるんね。ほんと、日本人ってこの手の話に弱いねぇ。。ちょっと調べればすぐわかることでも、そのちょっとを調べないためにうっかり騙されてしまう・・・・。。まあ、それが日本人のいいところかもしれませんが。。

 ・・・・というわけで、この方のブログの検証は時間の無駄でした。。それにしても、コメントも痛いものばっかりで、まともな神経では見てられない。。ちょっとした狂信者だよ・・・・。。

 そうそう、同じようなことを考えてる人がいるようで、鉄人堂妄語録というところで同じようなことをしていました。ってか、こっちのほうが詳しいので、オレも参考にさせてもらいました(´・ω・`)

  2011年3月12日(土)
 前ブーに続いて、空き缶までもが在日から献金を受けてていたって、大騒ぎになってますね(´-ω-`)
 個人的には他で書いている通り、在日と知らなかったら仕方ないんじゃないでしょうか?。前ブーのような確信犯(本人は否定しているが)ではない・・・・と思うので。。

 それはそうと、今後こういった問題が起こることを防ぐために・・・・どうすればいいんだろう?(´・ω・`)  いやね、最初は「通称ではなく本名で献金すればいいじゃん」なんて思ったのだが、外国人からの献金を禁止してるので、それじゃよけいダメダメじゃん(´-ω-`)  ってな感じで。。まさか、献金を受けるときに、いちいち在日かどうかを確認するわけにもいかないしねぇ。。

 だったらさ、在日が使っている通名をやめればいいんだよ。あちこちサイトを覗いてみると、日本への帰化にもいろいろ問題あるみたいなんだけどさ。例えば、就職で差別されるみたいな。。ただ、日本語しか話せない、韓国にも行ったことがないって人が結構いるのに、「自分は韓国人だ」とかってのは、おかしいだろ。。どれだけわがまま言ってれば気が済むんだろうと思ってしまう。まあ、自分は帰化したいが、親や親戚等が反対するって話もよく聞くから、言い分も分からないでもないんですけどね。。
 どこぞのとぼけたジジィが「在日は特別」とか言ってたけど、別に特別でもなんでもないから( `д´)


 だけどね・・・・うふふふふふ
 在日もとうとう年貢の納め時がくるかもしれないんですよ(・∀・)

 以下、ひめのブログをそのまま転載。

---

2012年

素敵な事がおこります゜+。:.゜
ヽ(*´∀`)ノ゜.:。+

韓国で【改正国籍法】が施行

改正国籍法が施行されると

①兵役検査を受けていない者の韓国国籍離脱は認めない

②日本は重国籍を認めないから、帰化取り消し(民主党が必死な重国籍法案はこの対策)

③兵役検査を受けていない者は韓国へ帰国して裁判所に出頭

④③の時点で住民票登録がなされるので、在日ではなくなる(在日は難民扱いなため)

⑤③で出頭しないと犯罪者扱いになり、日本の警察官が逮捕して強制送還しなくてはならない。犯罪者の財産は全て没収。

⑥日本政府が⑤を拒否れば、韓国政府から韓国人を拉致していると批判されることになる。


日本には‥
【兵役をやった外国人に日本国籍を渡してはいけない】っていう決まりがある
o(^-^o)(o^-^)o

すばらしすぎヾ(´∀`)ノ


帰化人‥嫌な顔がいっぱい思い浮かぶわぁ( ´艸`)

奴らも必死なわけだよw
これを知った時はすぐばあちゃんに電話しましたw

いつも冷静&温和なばあちゃんが
『ええっ!!!!!ほんとね?!もういっぺん言って!!!』
と興奮(//∀`)

あと 1 年 1 ヶ月 !!!

ナイスな法整備をしていた日本の先人と、
在日の財産をピンポイント狙いした韓国明博大統領もGJ!!!

そもそもは

芸能人とか金持ちが偽診断書で兵役逃れをしていて、それをどんどん告発していたら

『じゃあ在日ってどうなの?』
って話になり、

そこからの改正国籍法のようです

あと、財政難の韓国が在日が貯えた金を狙って作った法案だという噂も( ´艸`)

在日は日本で脱税しまくって財産を貯えたけど、韓国国籍になれば韓国政府がキッチリ税金請求します!


前大統領
『朝鮮戦争で我が国が苦しんでいたとき、弾の飛んでこない日本でぬくぬくとし、在日特権などというものを得て財をなした者が韓国人などと名乗るな。おまけにその日本で参政権までよこせとは何事か!』
と演説してました(・∀・)


韓国が経済破綻した時、
韓国政府は在日に支援をおねがいしたそうです。でも在日は出さなかった

この時の恨みも相当こもっているようで(´∀`)


ばちって当たるんですねwww
あー楽しみっ!!!


マスコミが政権交代を煽り、外国人参政権だの移民だの必死こいてる理由はこれでしょう。

自分らの都合でわたしたち日本人を巻き込まないでくださいねー。


民主党政権になって1年2ヶ月。
重国籍やら外参権やらは何とか阻止ができております(*ノノ)


参議院の過半数割れもありますし、私的には『最悪な状況ではない』かと。


まぁ油断はできませんが!
期限が分かってればがんばれるってもんですよね(´∀`)



祖国にはきちんと忠誠をつくし、納税も兵役もきっちりやっていただかないと!!!


---

 という感じです(・∀・)
 ちなみにオレは保守思考の人間だが、実は同じ保守思考の人のブログはほとんど見ないので、こういった情報に結構疎かったりするのです(´-ω-`)
 まあ、このまま全部うまくいくかどうかは分かりませんが、結構期待していいんじゃないでしょうか(*´∀`*)ゞ
 何しろ、韓国がほぼ在日を狙い打ったと言ってもいい法律ですから、日本がどうこうできるはずがありません。おまけに、参議院は民主党は過半数割れしているし、親韓の公明党も今は民主党と距離を置いているので、いつものとんでも救済法案もなかなか可決できないだろう。とりあえず、統一違法選で民主党が大敗し、空き缶が総辞職&解散総選挙になれば、言うことなし!。ひめさんではないが、早く2012年になってほしいものです(・∀・)

 ちなみに、こちらが改正国籍法です。ほんと、いい法律ですね(*´∀`*)ゞ


 ああ、それとついでに書いておくけど、土肥隆一とかって議員がなんだか叩かれていますね(´・ω・`)  なんでも、竹島の領有権の主張中止を求めた共同宣言に謝罪したとか??
 それだけじゃあちと内容不足なので、調べてみたら、全文を見つけたので、今回もコピペだ(・∀・)

---

韓日キリスト教議員、第92 周年3.1 節共同宣言文(全文)

 和解と平和を成す韓日両国の未来を開いていこう


 来る3 月1 日は大韓民国の民族指導者たちと国民が一緒に、民族自決と独立に対する念願を一心に集めて立ち上がった3.1 節が92 周年を迎える日だ。
 私たち、韓・日両国のキリスト教議員は、政治・社会的に遮られている両国の壁を崩そうと努力してきている。
 私たちは、第92 周年3.1 節を迎え、3.1 精神を振り返って、韓国と日本両国が和解と平和の未来指向的な関係を開いていって、さらに進んで、東アジアと世界平和に寄与しなければならないことに、意を集め、心を一つにして、次のように宣言しようとする。


 第一、日本は恥ずかしい過去に対して言葉だけではなく、「責任ある行動」を通じて、過去の歴史の真相を究明して、被害者に対する実質的な賠償措置を履行しなければならない。

 韓・日両国が真の友愛を交わす善隣関係を形成して、容赦と和解の歴史を開くためには、真の謝罪と賠償が、その出発点であることを謙虚に認めなければならない。

 今も日本軍慰安婦、サハリン強制徴用被害者など、歴史の被害者は苦痛と傷をそのまま抱えこんだまま、幽明境を異にしている。

 日本政府は、これ以上過去に対する勇気ある直視を回避せずに、真の姿勢で、過去の過ちを認めて、被害者に対する本気の謝罪と真相究明、そして適切な賠償措置を履行しなければならない。


 第二、日本は平和憲法の改正と軍事大国化を通じた軍国主義の復活の試みを直ちに中止しなければならない。

 不変の平和憲法を改正しようと軍備拡張と、韓半島有事の際、自衛隊の介入の可能性を開く総理の発言などは、いまだに日本の侵略を鮮明に記憶している韓国と東アジア諸国の不安感と警戒心をあおっている。

 日本は、過去の過ちによって、近隣諸国が持っている憂慮と不安を払拭させなければならない責任を持っている。そして、それは不変の平和憲法の改正の試みを中止し、軍事大国化の欲心を捨てることを通して実践されなければならない。



 第三、日本政府は、歴史教科書の歪曲と独島領有権主張で、後世に誤った歴史を教えて、平和を傷つけようとする試みを直ちに中止しなければならない。

 過去の日本の侵略を美化して、過ちを認めない歴史教科書が継続して出版され、これを採択する学校が増加しているのが実情だ。

 日本政府は、歪曲された歴史を教育することは阻まず、むしろ傍観して奨励する姿を示している。

 歴史を正しく記録して、教育することは誤った歴史の繰り返しを防止して、過去から教訓を得て、平和な未来を開いていくために必ず必要なことだ。

 日本は歪曲された歴史教科書の出版を禁止して、歴史の真実と被害国家との共感に基づいた正しい歴史教育のために力をつくさなければならない。

 韓国と日本は、和解と平和の未来を一緒に開いて行かなければならない。韓日キリスト教議員連盟と韓国国会の朝食祈祷会は、両国が過去を正しく清算して、容赦と和解を通して、平和の未来を開いていくことで、両国国民の架け橋となって、その役割を黙々と担っていく。

                            2011 年2 月27 日

    韓・日キリスト教議員連盟韓国側会長キム・ヨンジン議員

      日・韓キリスト議員連盟日本側会長土肥隆一議員

        韓国国会朝食祈祷会長ファン・オヨ議員


---

 ・・・・3回くらい読み返したんだけどさ、どう見ても韓国側のいつもの主張でしかないだろ。。どこにも日本の主張が盛り込まれていないのに、なんでこんなもんが共同宣言なんだ?

 とりあえず・・・・あまりに馬鹿馬鹿しくて、言葉が見つかりません(´-ω-`)  いやね、情報収集のためにあちこち探し回ってたんだけどさ、どこもあまりに感情的になってて、読んでてちょっと引いてしまったんですよ(´・ω・`)
 なんでも、神戸の事務所にも抗議の電話等がバンバンかかってきているらしいし、HPも閉鎖しちゃってるし。。
 とりあえずさ、みんな冷静になろうよ。んで、落ち着いたら、もっかい抗議の電話をしよう(・∀・)  少し時間が経てばみんな落ち着くだろうから、それから掛け直せばいい。それも、回線がパンクするくらいにかけまくるんだよ。そのほうが冷静に追求できるので、なおさら効果的だと思いますよ(・∀・)   

 それにしても、なんで民主党にはこんなのばっかりなんだろう?別にね、元在日でもいいんですよ。国会議員になっても。ただ、国会議員になるのは、あくまで日本のために国会議員になるのが当たり前であって、韓国のために国会議員になるのっておかしいと思うんですよね。。はっきり言って、こんなこと書くのも馬鹿馬鹿しいんだけどさ、そんなこも分からない人間があまりに多いから書かざるを得ないんだよ(´-ω-`)
 とりあえず、即効で解散総選挙してくれ。んで、日本を第一に考えてくれる人が国会議員になってほしい。
 ・・・・なんでこんな当たり前のことが日本では難しいんだろうね??(´・ω・`)


 ああそうだ。今野党各党が献金問題で空き缶を攻撃してるけど、どうせ野党だって在日からもらってる人がいるだろうけど、そういった人はどうするんですかね??公明党とか社民党とか、結構朝鮮とずぶずぶだし、外国人参政権に賛成の人とか自民党にもいるんですが・・・・。。
 この際だから、国会議員全員調べて公表すればいいんでないでしょうか?。んで、出てきたら、野党の言い分通り議員辞職。自分たちが言い出したんだから、自分たちも責任をとるのは当然の話だろ?それとも、閣僚はもらったらダメで、野党はもらっても問題ないんですかね??
 

土肥関連の情報をとあるところからコピペ(*´∀`*)ゞ

---

衆議院第一議員会館議員室
土肥隆一
電話番号03-3508-7288
住所〒100-0014
東京都千代田区永田町2丁目2-1
衆議院議員土肥隆一神戸事務所
郵便番号:654-0012
都道府県:兵庫県
住所1:兵庫県神戸市須磨区飛松町3-1-6
住所2:北浜ビル本館3F
電話番号:078-736-4440
FAX番号:078-736-4470
民主党
〒100-0014東京都千代田区永田町1-11-1
TEL:03-3595-9988(代表)FAX:03-3595-9961
https://form.dpj.or.jp/contact/ 


---

  2011年3月11日(金)
 ペーパーカンパニーという言葉を知っているだろうか?その名の通り、紙切れ1枚と私書箱だけあればできる会社で、ちょちょっと用紙に記入・サインすれば、「はい会社のできあがり」って感じだ。そんなのがタックスヘイブン(租税回避地)にはごろごろある。
 このペーパーカンパニーがどういう使われ方をするかというと、例えばいかがわしいヘッジファンド(=村上ファンドみたいなの)とか、中国のような投資リスクのある国に投資をする際、本社にとばっちりがくるのを防ぐために使われる。例えば、親会社が100%出資し、そのペーパーカンパニーに親会社から役員を出向させ、そのペーパーカンパニーを使って投資を行う。んで、やばくなったら計画倒産(笑)みたいな。。だから、別名ダミー会社とも言われている。・・・・というか、こっちのほうがいい得て妙かもしれませんね(´・ω・`)
 ちなみに、他にもマネーロンダリングの資金う回路に使われたりもするが。。

 んで、世界的に問題になっているペーパーカンパニーだが、何が厄介かって、連絡手段が私書箱への郵送しかないってことだ。しかも、なんとか電話番号を調べて電話取材をしようものなら「一切お答えできません」の一点張り。会社の実態も分からず、資金の出所も不明。そんなペーパーカンパニーが、世界中の市場に投機しているのだ。しかも、海外からの投資なので、自分の国にはビタ1文入らない。。
 そんな厄介なペーパーカンパニーだが、海外の企業は相当利用しているようだ。
 去年もいつだか書いたが、中国は法律がころころ変わるうえに、中国と合同で会社を設立したはいいが、うまくいかず撤退する場合、莫大な違約金を払わされる。その額は日本の本社に大打撃を与え、本社も倒産してしまうくらいだ。
 そのあたりのことはたまに紹介する「中韓を知りすぎた男」に詳しく出ているのでそちらを参照してもらえればいいのだが、実は今回の話は中国関連ではない。。

 では何かと言うと、去年あたりからやたらと日本の山林が海外に買収されているという話が出ているが、その買収しているのが先に書いたペーパーカンパニーだ。買収された土地は町の水源等もあり、もしそういった土地に工場を建設し汚水を流したら、環境汚染につながると、市町村は不安がっている。
 しかし、反対に、そういった土地買収に期待を寄せる声もある。例えば、そういった土地をリゾート施設にしようという考えだ。過疎に悩むような市町村にとってみれば渡りに船といった感じだが、残念ながら買収した企業がそういった土地の利用をするとは限らない。例えば、今中国では不動産バブル真っただ中だが、中国政府は不動産の投資に規制をかけはじめている。だから、安くなった日本の山林を買い漁っているというのだ。
 それよりももっと問題がある。それは、林業に従事する人たちだ。というのは、「今すぐでも山林を売りたい」と言う人は、全国にかなりの人数がいるということだ。そりゃそうだろ。。自分は高齢で、後継者もいない。事業は海外の安い木材に押されて衰退の一途。それでは無意味に持って税金を払い続けるより、売ってしまったほうがましって思うだろう。

 この問題は国会でも取り上げられたようだが、上記のとおり市町村によって対応がバラバラなので、対応策も出にくいのではないだろうか?もっと知りたい人は東京財団のHPを見てもらえればよく分かると思う。
 また、同ページで対策が提言をされているようなので、こちらはコピペしておきます。

---

第1に、山林の地籍調査(境界画定)の促進が急務である。境界を確定していくことは、あらゆる施策の基本である。境界確定には隣接する土地の所有者同士の合意が必要であるが、このまま10年もたつと、現在の境界(目印)を知る老人から、山とは縁遠い次の世代へと代替わりが進み、境界が確定できないままとなる山林が増えていく可能性が高い。

境界線も曖昧なまま山林の転売が繰り返され、地元からは遠く離れた所有者に所有権が移っていけば、自治体における公平な徴税も困難になり、また路網整備等、林業再生に必要な事業への所有者合意を取り付ける行政コストも多大なものになろう。

地籍未確定の山林が、地権者間の調整がつかず利用できない土地になってしまったり、境界や所有権をめぐって係争が多発する場とならないよう、まずは境界確定の促進が急務である。

第2に、林地取引をできるだけ公開市場化していくことである。一般的に、森林売買は相続税対策や譲渡にかかる所得税対策など、それぞれ個別の事情があり、閉鎖的な商慣習の中で行われることが少なくない。そのため、適性な売買価格を知ることが難しく、仲介者(山林ブローカー)が活躍する余地が残されている。

今後は、そうした非公開の相対取引ではなく、個人情報に配慮しつつ、透明性を高めたマーケットで林地が売買されていくことが重要である。例えば、都道府県において売買相談窓口を設けることなどは、その第一歩となろう。

第3に、売買において森林のもつ公益的機能がきちんと担保される仕組みが必要である。例えば、地域の水道水源林など重要なインフラに該当する森林については、今後、地価上昇が見込まれる区域(監視区域)とみなし、国土利用計画法を広義に適用して売買の事前届出制を設け、価格と利用目的について公的機関のチェックを加えることも検討すべきである。さらに、そうした対策では不十分な場合や緊急度の高いケースについては、最終手段ではあるが、冒頭に挙げたニセコ町の事例のような「公有林化」も進めていくべきであろう。


---

 ・・・・とまあこんな感じだ。なるほどな~と思うが、オレはそれだけではちと不十分な感じがする。というのは、例え森林を自由に売買できるようになったとしても、林業の担い手がいなければ、結局衰退してしまうからだ。
 個人的には、第3に書いているが、そういった山林は国、あるいは市町村が買い取るのが1番いいと思う。んで、ついでに林業の担い手も育てるのだ。たぶん赤字になってしまうが、日本は昔から「木」の国だから、林業が衰退してしまうのはどうかと思う。
 
 ただねぇ・・・・林業に関しては、「こうすればどうだろう?」っていう案が、何も思いつかないんですよ(´-ω-`)  日本の木材が高いのは人件費もさることながら、山林での伐採と輸送にかかるコストが大きいので、少々のことではコスト削減できないし。。

 んで、アメリカのとある番組で興味深い番組をやっていた。どういう番組かというと、「アメリカで、家庭にどれだけのアメリカ製品があるか?」いう番組で、調べてみたらほとんどが外国製だったので、番組も実験者も驚いていた。んで、「じゃあ全部アメリカ製品にしよう」ってことになったのだが、意外とほとんどのものがアメリカ製品で揃えられたのだ。しかも、値段はほとんど変わらない値段で。。こういった番組見たアメリカ人は、これからアメリカ製品を買うようになるかもしれないな~と思った。
 で、これを日本の林業にも当てはめて、「日本国民が日本の木材を使うようにすればいいんじゃないか」と思うのだが・・・・難しいかなぁ(´・ω・`)

 ・・・・なんだか書いてて行き詰ってしまった。。んで、解決策を考えていたのだが、ひょっこり「みんなの森」というサイトを見つけた。
 そこに木材の関するデータがあったので、少し紹介すると・・・・


 産業用材の生産・輸出・輸入上位5カ国。
 輸入は日本がぶっちぎりですね(´・ω・`)

 製材品の生産・輸出・輸入上位5カ国。
 こちらはアメリカに次いで2位のようです。


とりあえず2つ表を見たが、人口に比べて明らかに木材輸入の量が多いですね(´・ω・`)


 これは世界の木材輸出国の規制状況。
 数年前に中国も輸出規制してたはず。


 表を見ればわかると思うが、平成10年と少々データが古い。最新のものは、おそらく中国が木材輸入の上位にきてるんじゃないかと思う。
 まあそれはともかく、徐々にではあるが世界的に木材の輸出規制があるのは間違いない。木材輸出大国であるカナダはそのようなことはないと思うが、同じく輸出大国であるロシアは徐々に輸出関税を引き上げてるようなので、今のような日ロ関係だと、因縁つけて木材の輸出をストップするとか言い出しかねない。
 「そんなことするわけないじゃん」なんて思うことなかれ。ロシアは昔、ウクライナへの天然ガスの供給を完全に止めたことがあるのだ。その理由は「旧ソ連時代の格安だった価格をヨーロッパ並みの価格に引き上げることに反対したから」とか、「ウクライナがヨーロッパ向けの天然ガスをちょろまかしている」というものだったが、その結果、ウクライナは極寒の冬を迎えることになってしまった。結局料金を支払うということで合意したが、ロシア側は今後の対策として、ウクライナを経由しない方法(ロシアからドイツまで海底パイプを設置しているようだ)でヨーロッパに供給しようとしている。
 ウクライナの言い分が正しいかどうかはともかく、ロシアは平気でそんなことをする国なので、信用しないほうがいい。ってか、極東の天然ガス問題で、みんな知ってるか(´・ω・`)

 ・・・・って、また少し脱線したが、ようは「輸入に頼ってると、いざという時ににっちもさっちもいかなくなるよ」ってことだ。そりゃオレだって、同じ品質なら安いほうがいいに決まっている。しかし、「安いから輸入にしよう」一辺倒では、ウクライナの二の舞になりかねない。
 最近はアジア諸国の人口増加や中国の発展が著しいため、いつか需要が供給を上回る日がくるんじゃないかと思っている。そうなったときに「日本には資源があるのに、木材の育成や間伐の技術がない」とかなったら、もう笑い話の世界だ。
 そう考えると、やっぱ、「この製品は日本産の木を使用しています」とかってアピールするのがいいんじゃないかという結論になってくるが、どうでしょう?日本産の木材の品質がいいか悪いかオレには分からないけど、そういうことを積極的にアピールをしたら、結構な人が「お、これ日本の木で作られているのか」と思って買ってくれる・・・・んじゃないかと期待したいところです(´・ω・`)
 そうした流れができてくれば、「林業に興味がある」って人が増えてくるんじゃないかと思うんですけど・・・・やっぱ難しいですかねぇ。頑張って立て直して欲しいんですけどね。日本の林業(´・ω・`) 

  2011年3月8日(火)
 リビアが完全に内乱状態になりました(´-ω-‘)  オレは、カダフィがデモを武力弾圧し、それに対してデモが暴徒と化した時点で、カダフィ政権は終わったと思ったが、カダフィは予想に反して暴徒の徹底弾圧をはじめた。。
 軍の一部はそれに反対して反体制派に与したようだが、もともとカダフィは軍を信用しておらず、装備は旧式のまま。おまけに、反体制はほとんどが民間人で、戦いの素人。。対して、自分の息子が指揮する部隊は欧米から輸入した最新式のものだし、何より空軍が完全に制空権を確保している。
 ただ、士気に関しては圧倒的に反体制派が上だし、暫定政権を作る動きもあるようだ(現在成立したかは不明)。きちんとした組織と情報伝達ができれば、反体制派に有利に感じるが、実際どうなるかは全く不明。正直、どっちに転んでもおかしくないくらい。
 まあ、仮にカダフィが反体制派を鎮圧したとしても、今後の政権運営は厳しいし、各国から制裁を受けるのは間違いないだろうね(´-ω-‘)
 ついでに書いておくと、ボリビアのチャベス大統領が仲裁を申し出たけど、もともとカダフィと親しいので、カダフィ政権が維持される恐れがあるので、反体制派は当然拒否。
 反体制派は国連に飛行禁止区域の設定を求めているが、現在検討中。。有志の軍事訓練もはじめているが、今のところ烏合の衆に毛が生えたって感じで、とてもじゃないが戦力にならないだろう。 

 ・・・・とまあ、通り一辺倒な話題はかる~く流しておいて、今後の展開を予想。
 
 ・・・・難しいですね(´・ω・`)
 いやね、今回はほんとに難しいんですよ。。確かに、いつも通り西欧諸国が「カダフィが人道に対する罪だ」とか言って制裁云々やり始めたけど、それでカダフィ政権が倒されるかと言うと、どうなんだろう?と思ってしまうんですよ。例えば、今のカダフィは、イラクのフセインや先日のエジプトのムバラクの末期と全く一緒の立場だ。かつては欧米に協力していた(カダフィは2008年に欧米と和解した)が、利用価値がなくなるとポイって感じに捨てられるみたいな・・・・。。
 ただ違うのは、カダフィはそれらを教訓にしているってこと。おそらくカダフィは、反政府組織に欧米から資金が流れてきていると読んで、徹底的に攻撃しているんじゃないかと思う。んで、反体制派を「アルカイダの仕業」と言ってるのは、当然表だって欧米を批判するのを避けてるからだろう。
 もし今後これ以上長期戦になるなら、間違いなく反体制派に不利。なぜって、物資が不足してくるから。カダフィが金に物を言わせて傭兵をさらに増やせば、戦局は一方的な展開になるし。
 反体制派が勝つには国連、というよりNATOを味方につけるしかないが、NATOはアフガン等過去に何度も介入して、結構痛い目を見てるので、今回も空爆をするかはビミョーだ。それに、仮にNATOが介入、カダフィ政権を倒したところで、今度は反体制派となったカダフィ側が、新政府に対してゲリラ攻撃をしてくるだろう。その時当然盾になるのはNATOであって、アフガンのように泥沼になれば「なんで他国のために自国民の血を流さなければならないのだ?」という批判が噴出、撤退することになる。
 
 書いたことがどこまで現実になるかは不明だが、今のとろこのくらいしか書くことができないですね(´・ω・`)

 ・・・・とまあ思いつくまま書いていたら、条件付きでカダフィが政権の座から降りるとかってニュースが流れた。どこまでほんとか分からないが、あまりに急な展開なので、ちと以外な感じがする。まあ、これで事態が鎮静化するならそれはそれでいいのだが、今後どうなるかさらに不明に・・・・。。

  2011年3月7日(月)
 最近の民主党はあまりに突っ込みどころが多すぎて、逆に書く気が起こらなくなってしまった・・・・。。だってさ、オレが民主党の内ゲバについて書こうと思ったら、前ブーも虚偽記載してるし、長妻は閣議にも出さずにこっそり年金の3号被保険者の不平等な救済をやってるし。。も~何をどう書いたらいいか分からくなってしまったよ┐(´д`)┌

 まあ、なんも書かないと何が起こったか分からないので、ちと書いておくことにしよう。。

 個人的には前ブーは最低外務大臣BANでしょう。。たとえ知り合いでも、在日から献金受けてたなんてどうかしている。ただ、前ブーなんて書いてるけど、外務大臣としては前任のイオンなんぞよりは頑張ったと思うよ。確かに対米従属路線まっしぐらだし、対中強硬路線は露骨すぎる部分もあるが、アメリカから「尖閣諸島は日米安保の適用内」と言わせたのは評価してるし(もちろん口だけだろうが、とりあえず虎の威を借りておけばいいんだよ)、対露交渉も問題ないと思う。ただ、国土交通大臣時のダム問題はあれだけど・・・・。。
 それと、仮に辞任するとして、次に誰が外務大臣やるかってのが問題だ。まあ空き缶政権なんぞどうでもいいが、今の民主党で外務大臣できる人なんぞそうそういないぞ。。
 だいたいさ、左派思想の人間って、考え方が内向きな人間ばかりで、日本のことしか関心がないように見えるんだよ。。だから「自衛隊は違憲だ」とか、「日米安保反対」とかって現実を無視したことを平気で口にするんだよ。。

 日本は世界有数の経済大国だから、当然世界は日本の動向に注目する。それなのに、アデン湾で海賊行為が横行した時は、日本の船舶が往来しているにも関わらず「自衛隊派遣禁止」ときたもんだ。もし仮に日本の船舶が海賊に襲われた場合、左派は、「自衛隊の派遣は違憲なので派遣しません。だけど日本の船舶は守ってください」とか、諸外国に向けて言えるのか?と思ってしまう。
 尖閣諸島にしても、鳩ポンなんぞは先日香港のテレビに出演していまだに「友好の海」とか抜かしてたけど、どうやったら領有権を主張している国の船舶を自由に往来させようとかって発想になるのか、理解できん。。ただ単に相手にすきを与えるだけだってのに、なんで気付かないんだろうと、いいかげんあきれてしまう。
 日米安保にしても、もちろん沖縄を含め日本各地にいろいろな問題がある。だがそれは、日本人が自分たちの国土の防衛を放棄してしまったからなんだよ。。自国の防衛は自国民でするのが普通なのに、彼らは自衛隊は違憲といい、それでもって米軍には出て行けという。じゃあ「どうやって日本を守るのか?というと、「永世中立国」、「憲法9条」・・・・。。
 左派の理想とするスイスは、実は各家庭に銃が常備されていて、街中でも普通に銃が売っている銃社会だ。当然銃による犯罪も多数ある。先日は銃規制の法案が否決されたらしいし。それに、スイス国民と左派日本人との決定的な違いは「祖国を守る意識」だろう。スイス国民にはその意識が当たり前にある。武器を所有しているのはその表れだ。たとえ永世中立国でも、攻められないとは限らない。自分たちの国は自分たちで守る。それがスイス国民にはあるのだ。
 だが、左派日本人はどうだろう?「日本なんて嫌い」、「日本に生まれてこなければよかった」。こんな言葉ばっかりだ。それで「永世中立国なら攻められないだろう」、「憲法9条があれば、どこも攻めてこないだろう」とか言っている。どこにそんな確信があるのか、オレには理解不能だ。
 おそらく空き缶も同じ思考だろう。対外戦略が何もないから、対米従属路線に戻らざるを得なかった。そんな風に見える。まあ、「支持率1%でも辞めない」なんてのは、おそらく普天間問題を早いとこ解決したいアメリカからの圧力があったからだろうけどね。。どうせ4月の統一選挙は間違いなく大敗だろうから、そこで総辞職って流れになると予想(´-ω-‘)

 ・・・・話がめっさあさっての方向に飛んでしまったので、元に戻します(´・ω・`)


 ・・・・と、昨日ここまで書いたのだが、今朝になって前ブーが外務大臣を辞任するってニュースが飛び込んできた。・・・・まあ、当然でしょうね(´・ω・`)  なんでも、献金した在日韓国人は日本人名(いわゆる通称)で前ブーに献金していたらしいが、相当前から知り合いであったらしいので、前ブーはその人が在日であったってことは間違いなく知ってるはず。
 ・・・・そのうち議員もBANされそうですね(・∀・)
 ついでに書いておくと、蓮舫とか白眞勲あたりももらってそう。というか、民主なんて元在日の巣窟だから、つつけばいくらでもでてきそうなので、野党各議員はがんがん調査すべしだ(・∀・)

 んで、外務大臣の後任だが、どうやら枝野がしばらく兼務するらしい。。・・・・だから極左じゃだめだってば( `д´)  国内問題にしか関心がないような連中に、外交なんぞできるわけないんだよ。。例えば・・・・・・・・??いないじゃんヽ(´Д`。)ノ
 いかんな。。ほんとにいない。。まあ、当たり前と言えば当たり前だが、ここまで人材が見つからないとは。。も~無理やり考えると松原さんあたりだろうが、この人も反菅で入閣の見込み0だしね。。んじゃ、最後の手段として考えられるのは、自民との連立だが、まずないだろうね。。正直空き缶政権はそこまでしないといけないくらい追い込まれているように見えるが、実現は無理でしょう。さてさて、どうなることやら、空き缶政権が心配ですね(・∀・)

 まあ、こんな危機的な状況でも内ゲバやる余裕があるようだから、民主党は本気でこのまま総辞職も解散もせず、日本滅亡まで突っ走るかもしれませんね(´・ω・`)

  2011年3月5日(土)
 今朝起きたら、室温7.5度でした(´-ω-`)

((´д`)) ぶるぶる・・・さむ~~

 せっかく少し暖かくなって、ようやっと春の兆しが見えてきたな~、なんて思ってたらこの室温。。まあ、この季節は気温の変化が激しいから仕方ないんだけどさ、できればすんなりと春になって欲しいものですね。
 
 んで、この季節の困ったちゃんが、言わずと知れた花粉症。。一歩外に出た瞬間からくしゃみが連発するのは、マジで勘弁してほしい(´-ω-`)
 が、なんだか最近はいろいろ研究しているようで、どうも花粉を通常の1%以下しか飛散させない杉の開発に成功し、徐々にそれを植樹していくらしい。

(ノ´▽`)ノオオオオッ♪

 それはすごい成果だ(*´∀`*)ゞ   なんでもかんでも新しい品種を作るのは考え物だけど、こういうのは許す!。とりあえず遺伝子操作もしてないし、環境にも悪影響与えないと思うので、いいんじゃないでしょうか?それに、国民の1/4?が花粉症になっている現状では、もはややむを得ないかと・・・・。。

 ただ、一つ問題があってですね。。仮に今植えてある杉を伐採し、その後に新しい杉を植樹、成長するまでに、数十年かかるんですよ。。おまけに一気に伐採するわけにもいかないので、当然それ相応の時間がかかる。ということは、成果が表れるのは当然早くて数十年後であって、オレが爺になるか、もしくは墓の中で永眠する頃ってことだ(´-ω-`)

 それとですね・・・・。。杉の後に杉を植えるのはどうかと思うんですよ。というのは、杉のような針葉樹林を見てればわかると思うけど、杉林の土地ってめちゃめちゃ痩せてるんですよ。。なんでって、杉は常緑樹で1年中葉っぱが生えているので、地面まで光が届かず、新しい草木が生えないから、生命の循環が起こらないからだ。
 
 あくまで個人的な考えだが、新しい杉を商業目的で植えるならいいが、もし単なる保水目的なら、くぬぎや樫の木等どんぐり類をたくさん植えたらいいんじゃないかと思う。なぜって、最近熊とかサルが食料不足で町まで下りて作物に被害を与えてるってニュースを見たことある人は結構いると思うけど、もしそういったどんぐり類を植えれば、動物たちの食料になって、少しは被害が減ると思ったからだ。もしなんだったら、クリやカキのような果物を植えてもいいかもしれない。
 もちろん、生態系を壊すようなことは避けなければならないが、今まで杉が植えてあったところに広葉樹を植えるのならそこまで生態系を壊すことはないと思うし、逆にどんぐり類を植えることによって様々な動物がやってきて、生態系が豊かになるんじゃないかと思うのだが・・・・どんなもんだろう??
 
 まあなんにせよ、日本中で炸裂している花粉爆弾を何とかして欲しいと思う今日この頃なのです(´・ω・`)

  2011年3月2日(水)
 ネットでのカンニング問題が話題になっていますね。「こいつは相当な知能犯だ」とか、「自動翻訳も知らないこいつはバカだ」とか、様々な論評がありますが、やはりHNが全部いっしょだし、Yahooの知恵袋で「解決済み」にすると、削除できなくなるということを知らないことなどから、「こいつはバカだ」という結論になりそうですね(まあ、オレも知らなかったのでバカの一人になるのですが)。。
 ・・・・と書いていたら、他にもミクシィやツイッターでも同様のHNで同じような書き込みがあったって記事を見つけた。まあ、27日時点でそれらは全て削除されたらしいが。
 
 ・・・・・・・・バカですね(・∀・)

 んで、その対策としても、これまた議論が起こるであろうわけですが、いつだか韓国で同じようなことが起こった後、携帯を持ち込みの禁止にしたり、ボディチェックをするようになったそうですが、日本も同じような対策が必要になるでしょうね。
 ただ、妨害電波的なものを流すみたいな書き込みをどこかで見かけたが、それを大学側でするのは現実的ではない。携帯を机の上置くように指示してたところもあったけど、2つ以上持ってる人もいるので、あんま効果ない気がする。。
 ちょっと視点を変えて、「持ち込み可にして自分で調べさせるといい」という意見もあったが、それだと経済的な理由で携帯やノートPC等を持てない人が不利になるので、それも無理。

 やっぱ欧米のように、入学は簡単にして、卒業を難しくするのが現実的でしょう。後は本人の努力次第ですしね。まあ、簡単といても十分難しいらしいが・・・・。。それと、試験を歴史や数学等ではなく、それぞれの大学の専門分野を中心に試験を出すとかってのはどうでしょう?何の知識もないより、専門分野を多少でもあった状態で大学に入学したほうが、その後の授業も楽じゃないかと思うんですけどね?まあ、その場合は、「じゃあ高校の授業は一体何なんだ?」という突っ込みが入りそうですが・・・・。。
 ただ、オレが高校生だった時、高校の授業って大学に入るための勉強のように感じたんだよ。。「ここが入試で出るから覚えておけ」みたいな。。正直言って、あれは何とかしてほしいと思ったよ(´-ω-`)

 ・・・・ここまで書いて、あとアップするだけだったのだが、忘れてしまっていた。。んで、思い出してアップしようと思ったら、「携帯の持ち主が見つかった」とかってニュースが流れた。・・・・こういうのをサル知恵っていうんだって、つくづく思ったよ(´・ω・`)

  2011年2月28日(月)
 相撲の八百長問題について、ちと遅いですがオレも参戦しようと思います(´・ω・`)

 相撲とは、相撲道であり、武道です。武道とは、「技を磨くことによって自分の人格を高めること」を目的としています。対照的なものはスポーツでしょう。スポーツは、「勝てばOK」な世界です。サッカーはその最たる例でしょう。ラフなプレーは当たり前。服をつかんだり、「神の手」を使ったりといった感じで、そういったものをテレビで見ると、せっかくの華麗なプレーも台無しです。野球や陸上でも、ドーピング問題が度々上がってきますしね。
 しかし、武道はそうじゃありません。先に書いたとおり、武道の目的は「人格を高めること」であって、勝つことが目的ではありません。これは、武道ではないが、書道や華道でも同じで、「美しい字をかければいい」、「美しく飾れればいい」と思ってやる人など、どこにもいないと思う。
 この「道」というのは、武士道の元になった考えだと思う。これは、藤原正彦氏の言葉を借りると「卑怯を憎む心」という考えだ。武士道とは江戸時代に完成された「道」だが、書道や華道、茶道等は平安時代や室町時代に既に完成されているので、それらが武士道精神の形成に影響を与えたのは間違いないと思う。
 自分を高めるために、体を鍛え、心を磨く。そうやって日本人は「道」に人生の生き方を求めたのです。

 ここでちょっと自分のことを少し書きますね。
 オレは昔弓道部に在籍していた。弓道は真ん中に中てなければならないアーチェリーと違って、一尺二寸(36cm)の的に中ればいいのだが、これがなかなか難しい。ほんのちょっとでも気を抜けば、矢は的に中ってくれないのだ。また、射型も重要で、こちらもちょっとでもおかしなことをすれば、まず中らない。
 つまり、心と技が一体にならなければ、絶対に中らないのだ。逆にいえば、完成された射型と精神があれば、いくらでも中る。だから、皆理想の射型(正射)と精神を目指して頑張っている。「正射をすれば中りはついてくる」それが弓道の理想です。
 しかし、学生弓道をしている人の中には弓道を取り違えた人もいるようで、「とにかく中ればいいんだ」という人もいる。そういった連中の射型は、たいてい左腕(押し手)を完全に固定して、ロケットのように矢を発射する。こういう中て方を「中て射」と呼んでいるのだが、どれだけ中て射で的に中ても、誰も冷めた目でしか見ない。どれだけ上位入賞しても、「なんだ。中て射かよ」で終わってしまう。そんな射型で中ても、誰も尊敬しないのだ。

 このように、武道を志す人には、ほとんどの人が卑怯を憎む心を持っている。しかし、中には勘違いした人もいるようで、「八百長は違法ではないから問題ない」とかぬかす連中もいる始末・・・・。はっきり言ってホリエモンレベル。もっかい藤原正彦氏の言葉を借りると「最低の人間」です。
 仮にスポーツと考えても問題でしょう。海外で八百長疑惑が発覚したら、たいてい処分の対象です。
 もしこのようなことが許されるなら、プロレスのようなショーでしかない。そう、プロレスはショーであって、スポーツではない。全てのストーリーが初めから決まっていて、レスラーはそれに沿って動いているだけだ。
 もし相撲が今の状況を続けたいのなら、ショーとして相撲を続ければいい。それなら誰も八百長とは言わないだろう。相撲が好きだって人は、それでも見るかもしれませんしね。

 ただその場合、当然武道と国技の看板は下ろしてもらうけどね。ショーを武道と呼ぶなんて、オレは認めんよ。

  2011年2月24日(木)
 松木とかって政務官が小沢の処置(党員資格停止)に反対して)辞任したんだって。

 ・・・・あほかこいつは。。党のことで揉めてるんだから、党の役職を辞任するのが筋だろうが。なんで国民の生活に直結する政府の役職を辞めることになるのか、さっぱりわからん。どう考えても国民>小沢だろうが。こいつの頭の中は小沢が絶対神で、それ以外のものはゴミとでもいいたいのかね?
 たぶん小沢信者なんて、こんな連中ばっかなんだろうな。「自分はこんなに小沢に忠誠を誓っています」とアピールして、小沢のご機嫌をとるのに必死で、「国民生活が第一」なんて法螺吹いてるやつな。民主党内で内ゲバやるのは勝手だけど、こんな壊れた思考の持ち主なんぞが政務官やってたなんて、どうかしている。「お前は小沢のために政治家やってるのか?」と、突っ込みを入れたくなるよ。
 インタビューではTPPに反対云々言っていたけど、そんなもん後付けの理由に決まっている。もしそれが理由だったら、TPP推進を表明した時点で辞任してたはず。

 ま、これでますます空き缶政権は苦しくなったので、それはそれで評価できるかな(・∀・)


 さて、そんな小粒な話題はもうどーでもいいとして、現在小麦価格が上昇しているようです。


 シカゴの小麦価格だそうです。
 ・・・・明らかに上昇していますね(´・ω・`)
 
 ちなみに、これは日足です。


 で、これが週足。
 ・・・・6月から鬼上昇していますね(´・ω・`)


 小麦価格上昇の要因は、去年の夏の猛暑によって、ロシアやオーストラリア等での干ばつが原因なのだが、そのせいで、日本の企業も値上げや企業努力等の対応を迫られているようだ。また、上昇しているのは小麦だけでなく、とうもろこしやコーヒー等まで上昇している。

 ・・・・が、オレが問題にしたいのはそこではない。実は、この干ばつによって、ロシアやウクライナといった小麦輸出大国が輸出規制をしたのだ。これは、輸出国が自国の国民の食料を最優先にしたからなのだが、そのせいでアフリカ辺りの小麦輸入国では品不足になり価格が暴騰、各地で暴動が発生し、各国政府は補助金を出すなど対応に追われた。同じことが2008年にもあったが、その時は今回よりもっと多くの国が小麦輸出規制をした。
 このように、食料というのは、さまざまな外的要因で価格が変化する。特に今は人口増加で、食料価格が全体的に上昇気味にある。特に問題なのが中国富裕層で、世界中の資源を食い潰しそうな勢いだ。
 
 時々「食料なんぞ外国から買えばいいんだ」みたいなことを書いている輩がいるが、もしTPPを推進してアメリカの安い米が大量輸入され、日本の米産業が壊滅し、さらに何らかの理由で(不作や戦前のような日米関係悪化等)米の輸入が止まった時、日本も同じようなことが起きる。
 もちろんこれは最悪のシナリオで、実際には日本は米余り状態だから、そんなことにはなりにくいだろう。それに日本は中国、ロシア、韓国と領土問題を抱え、当然北朝鮮との関係も最悪。経済関係はともかく、安全保障ではまず「味方」になりえない。つまり、日本は周辺に潜在敵国ばかりなのだ。。そんな状態でアメリカとの関係も危うくなれば、日本の存在事態も黄色信号となるので、当分アメリカとの関係も(いろいろ問題があるが)現状維持となりそうだ。
 ただ、最悪の事態を想定し、そうならないようにするのが危機管理というものだ。
 それに、日本はハイテク製品や自動車を輸出しているが、残念ながら「日本製品だから絶対買う」というものではない(一部必須の製品は除く)。日本がダメなら、韓国でも中国でも、EUでもある。しかし、農産物には変わりはない。今回や2008年のように世界的に不作になれば、変わりがないのだ。

 日本には、埼玉県ほどの大きさの耕作放棄地があるそうな。オレのお袋のおばさん夫婦も、高齢+子供が後を継がなかったので、今は休耕田となっている。年に1回、近所の人に頼んで、荒れないように田起こしだけはしているそうだが。。おそらく、日本の農家の現状なんて、どこもそんなもんだろう。
 そんな状況で、ようやっと農業の産業化が議題になったそうな。どんな方法かというと、中小企業が参入しやすいようにLLC(合同会社)を作り、アジア市場(中国向け?)への輸出促進を図るんだそうだ。んで、地域内で農地の集約を進めるらしい。
 ・・・・ようやっとかって感じですね。あまりに遅すぎだけど、何もしないよりいいんじゃないでしょうか。この方法なら、既存の農家もまあ不満はそれほどないでしょう。というか、後継者もいない農家は不満なんぞ言ってる場合じゃない気がするぞ。

 日本は国土の7割が山岳地帯で、平地には1億2000万人が住んでいる。ぶっちゃけ言えば土地不足な状態だ。そこが農業大国との決定的な違いなわけだが、だからといって食料を輸入に頼ればいいという発想は、先に書いたとおりやめたほうがいい。んで、できることなら、こうした改革はがんがんやったほうがいいと思う。
 日本の農家のほとんどは兼業農家だから、1人当たりの生産量なんてたかが知れてる。そんな状態では必要経費が高いのは当たり前で、安く生産するにはある程度の大規模化は避けられない。当然農業からの収入なんぞスズメの涙だ。しかし、民主党は農家への個別保障なんぞするから、よけい少量しか生産しない零細兼業農家が増えるはめになった。
 マスゴミでは「農業人口が減った」とさかんに宣伝しているが、実は日本の1.6%に比べて、英国0.8%、米国0.9%、ドイツ1.0%となっている。つまり、日本ではまだまだ農業人口が多いのだ。これからはもっと兼業農家を減らし、現在検討している方式か何かで新規の農業参入を促し、より大規模化をするのがベターだと思う。


 まあ、全てうまくいくとは思えないが、何もしないでこのまま農家の高齢化+耕作放棄地の増加とかってのはやめてほしいと思う今日この頃です(´・ω・`)

  2011年2月21日(月)
 デモが中東全域に広がった。サウジアラビアやオマーンでもあったそうだ。しかも、リビアやバーレーンでは、死傷者まで出ている模様。
 ・・・・正直言って、ここまで拡大するとは予想していませんでした(´・ω・`)  もはや中東全域で何が起こっても不思議ではありません。とりあえず、日本の原油輸入先である、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、カタール、イラン、クウェートだけでも、これ以上の混乱が起こらない事を祈るばかりです。
 まあ、1970年代のような石油危機が起こることはないと思いますが、穏便に終わって欲しいと思う今日この頃です。


 ああ、それと、時々ネタにしている代替えエネルギーですね。それをできるだけ早くなんとかすべきでしょう。先日海底を掘削して、海底資源の開発云々とかって記事があったけど、こういったものはできるだけ早く実用化すべきでしょう。資源のない日本は海外から頼らざるをえませんが、それらが自国で採掘できるようになれば、他国に対して強力なカードを持つことができるので。特に、日本近海には、日本が消費する天然ガスの96年分(試算)ものメタンハイドレードが眠っているので、一気に資源大国になる可能性もある。
 ただ、採掘することによって海底の生態系が壊されたり、メキシコ湾の惨劇のようにならないように、細心の注意が必要ですけどね。
 
 こんなことを書いていると、日本の未来はバラ色に見えてしまうわけだが、実はメタンハイドレードの話は数年前からあった。しかし、いつの間にかこの話は全く話題に上らなくなってしまっていた。その時は米の圧力で立ち消えになったということで落ちがついた(と思った)のだが、今またメタンハイドレードの話が浮上してきたってことは、米から開発許可が出たのかもしれません。・・・・ああ、米はまだメキシコ湾の原油流出の影響で掘削がしにくいから、日本に資源を求めてるんですかね??(´・ω・`)

  2011年2月16日(水)
 先日、中国で利上げをしたそうですね。ただ、どこも「4カ月で3回目の利上げ」、「貸出金利は6.06%、預金金利は3%になった」というばかりで、政策金利の推移が全く分からない状態。。それじゃあ、今金利が高いのか、それとも大したことないのか分からないので、ちょっと探してみた。

 んで、見つけたのが、左のグラフ。
 最新ではないが、中国の政策金利の推移が分かる。
 2010/10時点で5.56%だが、その後2回利上げしているので、
 おそらく6%程度になっているはず。
 
 ( ・ω・)モニュ?

 ってことは、貸出金利=政策金利ってことか?

 

 ちなみに、これは上海/シンセンCSI300という指数。
 見にくいぜ・・・・。。

 2008年1月にバブルが崩壊したのが分かる。

 上の政策金利をもっかい見ると、株のバブル化に合わせて利上げしているのが分かる。
 んで、完全にバブルが弾けるまで金利を上げ続けていたようだ。

 ちなみに、中国オリンピックは2008年8月なので、
 ほぼ底の時にオリンピックがあったということですね(´・ω・`)

 どうでもいい事だが、数年前に「オリンピック後に中国のバブルは弾ける」と予測した
 オレの予測は完全に外れました(´-ω-`)


 中国の不動産バブルを警戒数する声がぼちぼち出ているが、こうして見るとまだ上昇する余地があることが分かる。中国の不動産バブルの崩壊は、早くて来年か2~3年後くらいかも?

 いや、分かんないんだけどさ。。そんなに遠くない時期に必ずあるよ(・∀・)

  2011年2月14日(月)
 ちょっとテキトーなことをツイッター風につぶやいてみます(´・ω・`)

・エジプト大統領が辞任。なんでも軍が後任を決めるらしい。エジプト軍はアメリカから毎年15億ドルもの援助を受けているので、アメリカの傀儡政権ができる可能性あり。ただ、それでエジプト国民が納得するかは不明。ちなみに、ムバラクの推定700億ドルの資産は、裁判所によって凍結された模様。

・エジプトのデモを受け、リビアやイラク、イラン等々、中東各地にデモが広がっている模様。

・予想通り、中国ではエジプトのデモを検閲不可としたらしい。

・世界を席巻しているアメリカのとうもろこし産業だが、それでも政府の援助をもらわないと赤字らしい。ちなみに、アメリカのとうもろこしはデンプン質ばかりで全く栄養価がなく、ほとんどが飼料や加工用だ。作ってる農家も「食料」と認識してないらしく、当然口にしない。

・海外脱出者が増えているらしい。東南アジア、特にマレーシアが人気らしい。なんでも、月20万で生活できるうえ、至れり尽くせりな環境なんだそうだ。そんな情報を知ってるのは当然資産家連中なので、日本の資産家の海外流出がますます増えれば、今後日本はさらに衰退していくでしょう。

・去年の口蹄疫に続き、今年の鳥インフルエンザや新燃岳の噴火とか、南九州がひどい被害を受けてるけど、あの地域に何かあったのか?って思ってしまう。オレが言うのもなんだが、一回お祓いとかしてもらったほうがいいんじゃないかと思う。こんなこと書くと、科学しか信じないような人は笑うかもしれないけど、非科学的なことは間違いなく存在するので。。

・そういや、オーストラリアも被害がすごいらしいですね。なんでも数年連続の干ばつ、日本の国土の2.5倍の面積が洪水で浸水、さらに超巨大サイクロンが上陸したそうです。そのせいで、各地で深刻な被害が発生したもよう。さらに、日本はオーストラリアから石炭を輸入しているが、その炭鉱も水没して、復旧のめども立ってないらしい。

・ベルギーで延々政権ができない状態が続いているようですね。なんでも今日で245日になるらしい。。一応暫定政権はあるらしいが、影響力は・・・・っといった感じのようだ。去年書いたとおり、今ベルギーではオランダ語圏とフランス語圏で完全に分裂状態であり、それが原因でそんな状態になってるらしいが・・・・。。まあ、それでも国として存在しているようなので、ある意味「たくましい」と言えないこともない・・・・ことはないかもしれない(´・ω・`)

・世代別の金融資産を見ると、60代以上が6割、50代も含めると8割にもなる。そういった意味では、世代間格差を是正するため、子供手当はあってもいいんじゃないかと思う。ただし、財源をきちんと提示したらの話ですが(´・ω・`)

・オレが今やってみたいスポーツは、ウイングスーツだ(*´∀`*)ゞ

・とうとうエアコンが11度↓でスタンバイモードになってしまった。。ここまでくると、さすがに「壊れた」という実感が出てきますね(´・ω・`)

・あまりに寒いので、外からの寒気を少しでも減らすためカーテンを締め切り状態にして、肩掛けに包まっている状態。・・・・傍から見るとちょっと怖いかも(´・ω・`)

  2011年2月12日(土)
 前ブーがロシアに訪問したけど、領土問題は平行線で終わったそうですね。
 ロシアが日ソ共同宣言を反故にして「北方四島はロシアの領土だ」とぬかすのは、どう考えても尖閣諸島における空き缶の弱腰外交が原因でしょう。「押せば折れる」。こう思われているのです。
 今月7日にはロシアの閣僚の北方四島の訪問を「許し難い暴挙」とか言ってたけど、そんなことを今頃言ったって効果ないに決まっている。結局、「APECに中国が欠席したら、自分のメンツが潰れる」という短絡的な発想が、北方四島の返還まで完全に否定されてしまったとしか言いようがありません。
 
 日本は江戸時代からずっと鎖国していたので、外交経験が他の国に比べて貧弱です。というか、日本の位置は極東という、ある意味世界でもトップレベルのへき地です。周辺にはせいぜい中国と朝鮮があるくらいだし。つまり、ほとんど外交というものが必要ないわけで・・・・。。そういった地理的な要因が、日本人の外交が下手な理由だと思うのですが、今の民主党政権の外交は、そんな「外交下手」というレベルを超えているだろ。。
 まあ、これも理由は簡単で、戦後の「人類皆兄弟」という教育が染みついた人間ばかりだからなんだけどね。だからどんな問題でも「話せば分かる」というフィクションをいつまでも夢見ているのだ。

 今回のロシア閣僚の北方四島への訪問で、空き缶政権はようやっとそれに気がついたみたいだが、時すでに遅し。もういかなる「平和的な方法」でも、四島は還ってきません。しかし、オレ個人は軍事力を行使するのは反対だし、日本人のだれもそんなことを望んでないと思う。
 もし可能性があるならば、例えば、ロシアで「革命」が起こった際に、どさくさに紛れて奪い返すとか、そんなところだろ。。

 できることなら、せめて日ソ共同宣言まで話を戻してほしいものだが、民主党政権ではもーだめだめだな(´-ω-`)

  2011年2月11日(金)
 先日、「エジプトでデモが鎮静化しつつある」と書いた矢先、再びデモが活性化した。。なんでも、釈放されたワエル氏を英雄扱いして、祭りの神輿に仕上げたようだ。・・・・全く。。オレが「鎮静化しつつある」って書いたんだから、そのまま鎮静化しろよって言いたいですね(´・ω・`)

 まあそれはそうと、おそらく今回の釈放はアメリカの圧力があったからだろうが、どうやらオバマ氏は本気でムバラク政権を潰すつもりのようですね。。ムバラクが9月で退陣を表明しているのに、「いますぐ辞任しろ」とか、どう考えても内政干渉以外の何物でもないんですが。。
 それに、もしムバラクが即時辞任したとして、今後誰が大統領になるのだろうか?とりあえず、副大統領のスレイマン氏に大統領の権限を委譲したらしいが、オバマ氏はこれも否定してるし、反政府デモのエルバラダイ氏でも全ての人が納得できないだろう。
 きちんとした後継者も決めないままムバラクが辞任すれば、イラクと同じ国民の分裂が起きる可能性まで出てくるし。。

 エジプトがさらに混乱すれば、スエズ運河の運航に支障が出る。そうすれば、世界中の物流に悪影響が出ることになる。
 とりあえず、これ以上混乱することがないように、平和裏に政権移譲が行われてほしいものです(´・ω・`)

  2011年2月8日(火)
 エジプトで、2/1から行方不明になっていたグーグル幹部のワエル・ゴニム氏が、実はエジプト当局に拘束され、昨日解放されたらしい。どうやら、ワエル氏は今回のデモを裏から支援していたようだ。

 ・・・・なんていうかさ、気持は分からないでもないけど、1企業、特にマスゴミやメディア等に関わる社員があんま他国のことに干渉するのは、どうかと思うんですよ。例えば、中国の検索大手である百度(バイドゥ)の日本法人が、「沖縄は独立すべきだ」とか言い出したら、誰だって不愉快に思うでしょ?それと同じレベルなんですよ(ちなみに、本国では「朝鮮、沖縄、モンゴル、ベトナム他中国周辺はもともと中国の領土」と教育しているようです)。。
 欧米のこの手の人ってさ、「自分はよかれと思ってやった」って言うけどさ、それって単なる自己満足にすぎないと思う。そもそも、ジャーナリストってのは、真実を伝えるのが仕事であって、メディアを使って扇動するのが仕事ではない。彼の場合はジャーナリストでも何でもないけど、自分の職種を利用して国民を扇動するなら、マスゴミとやっていることは全く一緒だ。だいたい、その国の国民でもないのに、「この国はこうあるべきだ」とか発信するのはおかしだろ。。どうしてもやりたいなら、エジプト国籍を取得、グーグルを退社したうえで発信すべきだ。

 ・・・・しかしまあ、なんでそんなことをしたんだろう??

 だってさ、エジプトといえば、中東におけるアメリカの同盟国なんだよ。。それを、アメリカ人がわざわざ自国の国益を損してエジプトのデモを扇動するとか、全くもって意味不明だ。いっちゃあなんだが、昔ジョージ・ソロス(+CIA)がグルジアやウクライナで反政府組織を扇動して親ソ政権を倒した構図とよく似ている。ただ、今回違うのは、先に書いたとおりエジプトが親米政権ってことだ。
 考えられるのは、エジプト政権打倒によって、ムスリム同胞団がイスラム教によって統治する政権の樹立し、反イスラエルであるムスリム同胞団がパレスチナのハマス、レバノンのヒズボラ、そしてイランと手を組んでイスラエルを倒すのを暗に手助けする・・・・という陰謀論だが、実際は知らんし、分かるわけがない。。
 とりあえず、ムバラクは9月に退陣を表明したからか、そろそろデモは沈静化しつつあるようです。今後どうなるかは分からないけど、9月まではとりあえずだらだらいくでしょう。ただ、きちんと大統領選が行われるかはビミョー。エジプトでは軍の影響が大きいので、たぶん軍が誰かしら候補者を出し、その人が無難に当選して決着するものと思われ。


 どうでもいいことを少々。一昨日愛知の知事選+名古屋市長選があったのだが、それと同時に北九州市でも市長選があった。愛知の選挙のニュースはたぶん全国版でやるだろうが、北九州はローカルニュースでしかやらなさそうなんで、オレはこっちを少し書いておく。
 北九州の市長選は、現職で元民主党衆議院議員の北橋氏と、共産党が支持する三輪氏の一騎打ちとなったが、結果は北橋氏が214227票、三輪氏が76980票で、北橋氏の当選が決まった。・・・・のだが、問題は投票率。過去最低の37%だってさ。そりゃ、民主党と共産党じゃあ、どっちにも投票したくないわな。もうね、もー「究極の選択」と言ってもいんじゃないでしょうか。。しかも、他の自民や社民まで相乗りでこの投票数、投票率ってのは、いかに国民が政党離れしているかが分かるってなもんだ。
 
 自民にしても民主にしても、だめなもんはだめなんだよ。いいかげん、若い連中で新党作れよ。。じじいどもがのさばってる限り、どっちの政党もダメダメだよ。60↑のじじいは「長老」として隅っこでうたた寝してるくらいでちょうどいいんだよ。キングメーカー気取りでいつまでも出しゃばってくるから、どっちの政党も支持率伸びないし、古臭い体質から抜け出せないんだよ。カビの生えた頭でどうこうしようったって無駄。一刻も早く引退して、若い世代に政治を任せてほしいもんです(´・ω・`)

 ・・・・書いてるうちにふと思ったんだが、今の日本に足りないものって、吉田松陰みたいな日本人の心の支柱となる思想家なんじゃないかって思った(´・ω・`)
 ちょっと本筋とは全然関係ないんだけどさ、なんとなくそんな気がしたので書いておきました(´・ω・`)


 さらにどうでもいいことだが、先日エアコンの設定温度を17度にしたら、室温が12.5度になったらエアコンがスタンバイモードになってしまい、それ以上室温が上がりません(´-ω-`)  夏に書いたとおり、オレの部屋のエアコンは温度を測るところが壊れているからだと思うが、それにしても寒い・・・・。。まあ、昼間は太陽があるのでそれなりに温かいし、14度くらいならエアコンなぞ全くいらない体になったので、あまり不便を感じていない。ただ、朝一だけはどうにも寒いので、とりあえずスタンバイモードになるまでは作動させている。
 昔は22度でも((´д`)) ぶるぶる・・・さむ~~  とか言っていたのだが、変われば変わるもんなんだと、自分を見て思ってしまう今日この頃です(´・ω・`)

  2011年2月6日(日)
 最近中東であれこれあるようなので、情報不足ではあるが、少し簡潔に書いてみますね(´・ω・`)

 最近はエジプトで大規模なデモが起こって紙面を賑わせているが、そもそもはチュニジアのデモが飛び火したことからはじまる。
 チュニジアはベン・アリーが長期政権を続けていたが、インターネットを使った学生らがデモへの参加を呼びかけ、それが呼び水となって大規模なデモへと発展、ベンは軍隊へ鎮圧を指示したが、軍はそれを無視したことによって、政権は崩壊した。その後ハメッド・ガンヌーシ元首相が暫定大統領に就任したが、元閣僚数名がそのまま残ったため、再び暴動が起こり、現在も混乱が続いているようだ。

 そして、それをきっかけにエジプトへデモが飛び火した。

 エジプトでは、チュニジア同様にムバラク大統領による長期政権が続いており、こちらも不平不満が鬱積しており、チュニジアでのデモをきっかけに国民の我慢が一気に爆発したようだ。ムバラクはインターネットや携帯を使えないようにしたが、それでもデモは全国に拡大し、とうとうデモ参加者が百万人とも言われるほどの規模に膨れ上がった。
 ムバラクはとうとう今年9月に行われる大統領選に出馬しないと表明。しかし、デモ参加者は納得せず、今すぐの辞任を要求する。

 この事態を受け、ムバラクは軍に鎮圧を指示したが、エジプトでも軍は動かなかった。エジプトでは徴兵制があり、国民の軍への信頼は厚く、もし軍がデモを鎮圧したら、今度は軍への攻撃がはじまる恐れがあるからだろう。
 で、オレはこのままムバラクが辞任するかと思っていたが・・・・なんと官製のムバラク支持者が、デモ参加者とぶつかりだした!ほんとかどうかわからないが、政府がお金を出して政府支持者を集め、反政府デモに対抗しようとしているらしい。

 ・・・・いっちゃあなんだが、これは最悪の選択だと思う。なんでって、完全に国民を2分した争いになってしまうから。そんなことをすると、タイと全く同じ状況になってしまう恐れがある。タイではタクシン派と反タクシン派が延々争い続けていて、ちょっとしたことですぐに暴動が発生してるのだ。
 このままでは、もし9月にムバラクが次の大統領選に出馬しなくても、次の候補者次第では大荒れになってしまうかもしれない。まあ、お金で集めている時点で=傭兵ってな感じになるので、タイほどひどい事態にはならないかもしれない。

 個人的には、デモ、というより暴動に対する対応は2つしかないと思う。きちんと話し合って解散させるか、それとも武力で鎮圧させるか、だ。武力は軍が拒否しているので無理。となるとやはり話し合いしかないわけだが、数万~百万に膨れ上がったデモに対して説得するのはかなり難しいだろう。
 まあ、エジプトは観光業がおもな産業なので、現状が続けば今度はデモに対して不満が起こることも考えられるので、ムバラクはそれを狙って時間稼ぎをしている・・・・かもしれない。実際は知らん。。
 
 現在デモ参加者は、元IAEA事務局長のエルバラダイ氏を頭にしているが、この人は外国暮らしが多いらしく、あまりエジプトの政治には詳しくないようで、一部のデモ参加者からは支持されていない。ただ、エルバラダイ氏は世界中のトップと面識があるので、もし仮に大統領になっても、外交はそつなくこなせそうな予感。ただ、おそらく国内事情には疎いと思われるので、不満の鬱積したエジプト国民を納得させられるかはビミョーだ。

 また、仮にムバラクが辞任したとしても、それはそれで問題だろう。
 エジプトは間違いなくイスラム教の国だが、政治では政教分離が進んでいて、宗教色の濃い政党というのは非合法な存在とされている。だが、最大野党であるムスリム同胞団はイスラム教による統治を目指しているうえ、ハマスとの関連を指摘されている。というか、ハマスの幹部は元ムスリム同胞団であるらしい。また、アル・カイーダとの関係も噂されている。
 そのせいか、やり方はハマスに似ていて、社会的弱者への食料配布等をして、支持を伸ばしているようだ。今回のデモを裏から支援しているという話も少し出てるが、実際はどうかこれまた不明。どうにも歯がゆいが、今手持ちの情報では断定できない部分が多すぎるのが悲しいですね。。

 ・・・・とまあ、ざっと流すとこんな感じなんだが、なんと、エジプトの国営放送ではこの一連のデモを一切報道していないのだ!しかも、一時的にだがインターネットや携帯電話まで使えなくしてしまったらしい。。

 これはさすがに問題だろう。国内でこれほど混乱しているのに、それを一切報道しないとか、どうかしているよ。しかも、デモの様子を報道したアルジャジーラは取材許可を取り消されたって話だし・・・・。。まあ、そんな状態だから、エジプトでは報道の自由がないって言われてるし、人々の不満が溜まるんだけどねぇ。。

 それと、デモが飛び火したのはエジプトだけでなく、ヨルダンやイエメンにも飛び火している。これらの国も長期独裁政権が続いており、こちらも今後の動向が気になるところ。今のところヨルダンでは国王がリファイ首相を事実上更迭、後任のバヒート氏に改革を指示。イエメンでもサレハ大統領が2年後の大統領選に出馬せず、また息子の出馬もないと表明した。
 
 このように、一気にデモが中東諸国に飛び火したわけだが、これはインターネットとアルジャジーラによる情報の伝達が大きいだろう。今まではこのようなことが起こっても、情報を統制されて軽くあしらわれていたのだが、「他の国や地域でも同じことが起こっているんだ」と分かれば、「俺たちも頑張ろう」って気になる。
 ただ、逆に為政者からすればこれはとても都合が悪いことでして。。まあ、だから独裁者は情報の統制をするんだろうけどね。。

 ああ、そういえばお隣の国も独裁だったっけ。。きちんと報道してるのかねぇ??(´・ω・`)

  2011年2月3日(木)
 温泉ページを少し修正していて気がついたのだが、なぜか「山梨県の温泉」だけが、文字化けしていた@@:
 しかも、いくつか写真等もおかしくなってるし・・・・。。

 とりあえずFTPツールでサーバーのデータを削除し、もう1回アップしてもまだだめだめだし・・・・。。

 これは困った・・・・と思ったが、ふとリロすればいいかも・・・・なんて思って試してみたら、なんとか直りました(*´∀`*)ゞ

 ひょっとして、どこぞの誰かが変なもん仕組んだのか?と思ったが、文字化けしていたのは全ページ中そこだけだったので、おそらくアップ中のバグでしょう。・・・・たぶん(´・ω・`)

  2011年1月28日(金)
 ちょっと面白い投稿を見つけたので紹介します(・∀・)


子供たちにランドセルを背負わせたいのが伊達直人 
子供たちに借金を背負わせたいのが菅直人

必殺技を決めるのが伊達直人
「俺に決めさせるな」が菅直人

虎のマスクで顔を隠すのが伊達直人
虎の威を借るのが菅直人

フェアプレーで戦うのが伊達直人
スタンドプレーで目立とうとするのが菅直人

施設にランドセルを贈るのが伊達直人
中国にランド・セールするのが菅直人

贈与するのが伊達直人
増税するのが菅直人

リングで虎をかぶるのが伊達直人
選挙で猫をかぶるのが菅直人

仮面をかぶって戦うのが伊達直人
仮免で国を動かすのが菅直人

マスクを外すと一般の人が伊達直人
マスクを外すと欲望の人が菅直人

明るい春をもたらすのが伊達直人
春の見通しが立たないのが菅直人



 いつぞやの、謎の鳥を思い出しますね(*´∀`*)ゞ

  2011年1月23日(日)
 最近やけにネットの読み込みが遅いな~?なんて感じていたので、昨日の夜に、ちょっとあちこちでネットの速度調査をしてみた。そしたらさ・・・・下りが2Mしか出てないんですよヽ(´Д`。)ノ

 なんですか、その速度は?うち一応光なんですけど(´・ω・`)

 んでね、時間を空けてもう一回やってみたらさ・・・・今度は20Mだったよ。。しかも、今(10:00)測ったら、65Mときたもんだ(・∀・)

 
 んん~。。この差は一体何なんでしょうかね?
 ・・・・って、結論は簡単。結構な人間がP2P使ってるからだろうね。。

 オレはP2Pそのものは否定しないし、実際使ってた時期もあった。ただ、さすがにネットを使う時間に2Mしか出ないのでは、ちと考えてしまう。。


 プロバイダ変えようかな?(´・ω・`)

  2011年1月20日(木)
 動物アレルギーの人っているじゃないですか。動物に触っただけで肌がかぶれちゃう人。そんな人に限って?動物が好きで、でも触ることができなくて・・・って感じの人って、結構いると思う。しかし、なんと、猫に限ったことだが、これを解決した猫がアメリカで生まれたのだ!
 実はこの猫アレルギーの正体って、尿とか唾液なんだけど、1番の原因はFeld 1というタンパク質で、これは猫のフケや垢に含まれている。つまり、猫をなでただけでアレルギー反応が起きるわけだ。
 んで、アメリカでは、このタンパク質を持たない猫の開発に成功したのだ!
 当然猫アレルギー持ちの猫好きには大好評。嫌がっているように見える猫を無理やりなでているのをみるとちょっと引いてしまうが、そこは愛情の裏返しということで、勘弁しとこう(・∀・)

 で、この猫、やはり普通の猫と違って少々高い。日本円で確か500000円~くらいしたと思う。まあ、その値段で愛猫を買えるなら、安いものかもしれないね(*´∀`*)ゞ

 ただ~~し!この話にはちと問題があってですね。。実は日本ではこの遺伝子操作された猫を飼うことは禁じられているんですよ(´・ω・`)  「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」という無駄に長い法律のせいなんだけど、ようは「生物の多様性を破壊する恐れのある遺伝子組換え生物はいけませんよ」って法律だ。もちろん大豆とか稲のように、一部に遺伝子組み換え作物が既に登場しているが、それらの種子は外部に漏れないように厳重に管理されている。・・・・はずなのだが、実は相当ざるな部分もある。。が、ここでは省略。ようは、植物にしろ動物にしろ、遺伝子組み換え生物は、うちらは扱ってはいけないってことだ。当然輸入も禁止。。

 ところが、である。既に何名かがこの猫を個人輸入しているらしいんですよ @@;

 はっきり言って、これ違法ですから。。もし見つかったら当然猫は没収、本人はタイ~ホとなるので、もし遺伝子組換え猫を購入していたら、即効でK察に出頭するように(´・ω・`)


 ・・・・ぬ、ぬか喜びさせて申し訳ありませんm(_ _)m


 そういえば結構前の話だけど、アメリカで2倍の速度で成長するサケを作り出すことに成功したそうな。これは養殖として育成するようだけど、もしこのサケが自然界に逃げ出したら、生態系に重大な影響を与える恐れがあるかもしれません。FDA(米食品医薬品局)は「養殖サケが逃げ出し野生化する可能性は「極めて低い」」と言ったらしいが、もちろんその根拠は不明だ。。さらに、今までに開発されたとうもろこしや小麦は飼料用として使われていたが、サケは直接口に入ることになるため、人体への影響も懸念されているそうな。

 ・・・・まあ、口だけでしょう。もしこの遺伝子組換えサケが市場に溢れることになったら、アラスカ~カナダ辺りは徐々にこのサケが増えていくことになるでしょうね(´・ω・`)

 ちなみに、なんでアメリカでこんなことが普通に行われているかと言うと、先に書いた遺伝子組換え生物に関する規制が何もないから。。カルタヘナ議定書っていうんだけど、実は、この規制はとんどの国、というかほぼ全世界の国(なんと中国も!)が批准しているのだが、アメリカは批准していない。というかアメリカも議定書を締結しているのだが、批准していないため、このようなことが起きるのだ。理由は簡単、自国の利益になるから。農産物以外輸出するものがないアメリカでは、この遺伝子操作された生物を全世界に輸出するつもりのようです。
 こうなると、そのうち牛肉とかも遺伝子組換えをしたものが出回ることになるかもしれませんね(´・ω・`)

 ・・・・ってかさ、TPPなんぞに加入してしまったら、アメリカの遺伝子組換え生物がガンガン入ってくることなるんじゃないか?(´・ω・`)

  2011年1月18日(火)
 え~~~~~~。。先日書いたとおり、昨日からXPのデュアルブートをもっかい試してみたんですが、やっぱダメダメでした(´・ω・`)  なので、もっかいIDとかパス送ってもらうことになるので、どうかよろしくお願いしますm(_ _)m

 ・・・・って一体誰に言ってるんだオレは(´・ω・`)

 そうそう、ようやっとウィンドウズライブメールのことがちこっと分ったよ。。今までのOEは拡張子がdbxだったのだが、ライブメールはemlだった。んで、転送ツールを使ってOEのメールを復元したら、ライブメールではdbxのまま使うようになっていた。つまり、今迄はOEのファイルをコピペすればよかったんだけど、それができなくなったってわけだ。。
 オレはどうも昔のまま使うってのが苦手で、新しいものは新しい形で使うのが1番と考えているので、この際以前のバックアップはすべて捨てて新しいものに対応していくつもりだ。メールのバックアップ方法も何となくわかったし、これで関係者各位に迷惑をかけることはない・・・・はずだ(・∀・)

 で、でも、その前にパ、パスを送ってくださいませ・・・・

  2011年1月17日(月)
 行橋と豊前の間に椎田道路という有料道路があるのだが、それが去年の6月くらい?に試験的に無料になった。すると、それまでは、それこそ「狸のほうがよく通る」ような道路だったのが、今や往来はひっきりなしの状態で、一体どこにこれだけの交通量があったのだろう?と思ってしまうくらいだ。
 なんせ、椎田道路と下道の差なんてせいぜい5~7分程度なので、地元の人がそんなもん使うはずがない。となると、使うのはよほどの急ぎの用事か、お金が有り余ってる人かどちらかだろう。
 そうなると、当然椎田道路は大赤字で、日本でも屈指の赤字路線であるのは地元では知らない人はいない・・・・と思う。

 が、最近その椎田道路で道路工事をしているのだ。どうやら、この椎田道路を東九州自動車道として活用するためらしい。とりあえず、椎田道路の出口であるみやこ町と豊前市で延長工事をしているのだが・・・・個人的には、こんなもん必要ないと思うんですよ。。

 なんでって、ぶっちゃけ言って、そこまで交通量がないから。。この東九州自動車道は、福岡の小倉から宮崎~鹿児島までを結ぶルートだ。しかし、そのルートには、正直言ってそこまで大きな都市はない。少なくとも、福岡や熊本のような都市はないし、道も全然混んでいない。例えば宇佐から別府まで宇佐別府道路なんて道路が通っているが、そこはいつ通ってもガラガラで、ここも「狸のほうがよく通る」くらいだ。
 そんな状態の道路を全部開通しても、過疎まっしぐらの地方が夢見てるような経済効果なんぞ期待できるわけがない。せいぜい、別府や湯布院への時間が少しだけ縮まるくらいだ。

 しかも、民主党は、そんな赤字路線を造っておいて(許可をしたのはたぶん自民党だが)、高速道路全線無料ときたもんだ。利用者がお金を払わないってことは、当然その維持費は税金が使われるのだが、子供手当の財源すら確保できないのに、「マニフェストで約束したから」の一点張りでいまだに無料にこだわっているとか、何を考えてるのか理解できん。民主党は、いまだに打ち出の小づちがどこかにあると夢でも見てるのかね?

 正直言って、こんな赤字確定道路造るくらいなら、椎田道路を片側2車線にしてバイパス化したほうがよほどましだ。どうせ混む時なんてGW、お盆、年末年始くらいものもだから、それで十分対応できる。小倉から大分別府方面へは九州自動車道から大分自動車道方面で事足りるし。

 どこにでも高速道路なんて、すでに時代錯誤な思考でしかないと思う。もうね、もー選択と集中。今の日本にはこれしかない。もっと限りある資産を有効に活用できる方法を考えようよ。。いつまでもバブリーな頃と同じこと考えたってできるわけないんだから(´・ω・`)

  2011年1月16日(日)
 昨日のエントリーの後、どうにも気分が悪くなって、結局1日ぐだぐだになってしまいました。どうやら風邪を引いたようです(´・ω・`)  間違ってもの○いやた○りといった類のものでは決してないので念のため(・∀・)
 今は大分よくなったけど、そんな状態なので、今日は軽いエントリーで流しますね(´・ω・`)


 先日お袋が「旅の宿」っていう入浴剤を買ってきた。箱には「にごり湯シリーズ」とか「十和田」、「白骨」といった有名どころの温泉の名前が並んでいて、いかにも湯の華を使った商品に見えるが・・・・。。裏を見るとですね。。

「本品は温泉の湯を再現したものではありません」
 
 ときたもんだ。
 そのことをお袋に話すと

 え @@;

 とか言って驚いてた。
 そりゃそうだ。表だけ見れば、誰だって湯の華使っているように見えるわな。。まあ、お袋は賞味期限以外ほとんど表示を見ないので、気付かないのも無理はないが・・・・。。

 まあ、そのことを承知で買っている人はいいが、なんも知らずに買っている人もいるはずなので。。くれぐれも表示は気をつけて購入しましょうね(´・ω・`)


追記・・・・もし昨日のエントリーを読んで気分が悪くなったという方は、速攻で気にしないようにしてください(忘れてくださいな)。。気にするとどうしても「残って」しまうものなので(´・ω・`)

  2011年1月15日(土)
 直方の整骨院に治療に行ってるのは去年書いたけど、その途中に仲哀トンネルというトンネルがある。んでそこを抜けると香春町というところになるのだが、いつもそのトンネルを抜けた途端気分が悪くなってしまう。なんでかな~?なんて不思議に思っていたのだが、どうもトンネルの先にある古墳?のようなものが原因であるような気がする。なんでって、その古墳のほうを見ると、なおさら気分が悪くなるからだ。。
 ・・・・って書くと訳が分からないかもしれない人がいるかもしれないが、オレは少しばかり霊感があるので、いわゆる霊地みたいなところでは、体が無駄に反応してしまうのだ。。ただ、霊を視たり声を聞いたりすることはできず、せいぜい「ここは何かが祭られている」とか、「ここは磁場が悪い」ってのが分かる程度だ。
 っていうか、こんな文章書いてる時点で気分が悪くなってくるんだけど、我慢してさくさくすすみます(・∀・)

 んで、その古墳って一体なんなんだろうと思って調べてみました(´・ω・`)


    こんな感じ(´・ω・`)
 どうやら、鏡山大神社というのがあるらしいので
 今度はそれを調べてみる。


 とりあえず、由緒を調べてみたら、「仲哀天皇の御代、天皇は神功皇后と共に熊襲を御征伐になられたが、やがて陣中に崩ぜられた。 皇后は熊襲の叛服常なきは新羅の後援によるものとて、御親ら男装し舟師をひきい新羅に向はせられた。 その途路、此の岡に天神地祇を祭り、必勝を祈願し御魂代として御鏡を鎮め給ひ崇め給いしが、御社の草創と伝えられるが、祭神は神功皇后を主神に仲哀天皇及び応神天皇(西暦二七〇年)を併祀せられたる神社にして御鎭座より此の方一千七百余年を閲する御宮居である」らしい。それとどうやら、仲哀天皇と神功皇后が御祭神のようだ。が、それ以上のことはいまいち不明だ。


 ちなみに、万葉集にもいくつか歌が残っているそうです(´・ω・`)

 梓弓 引き豊国の 鏡山 見ず久ならば 恋しけむかも

 大君の 和魂あへや 豊国の 鏡の山を 宮と定むる


 う~~~ん。。これだけでは不十分だな(´・ω・`)  別に悪霊を鎮めるための神社でもなさそうだし、伊勢神宮のような別格の神社でもない。なのに、なんでこの神社周辺でこんなに気分が悪くなるのか、さっぱり理解できん。
 んで、もう少し詳しく調べていたら、どうやらこの神社のすぐ近くに河内王という人の墓があることが分かった。どうやら、宮内庁管轄の勾金(まがりかね)陵墓参考地らしい。

 φ(・ω・ )かきかき

 んで、この河内王とは、一説には天武天皇の息子の長皇子の息子、川内皇子と言われているらしい(本朝皇胤紹運録)。が、どうも時代考証的に合わない気がする。詳しいことは九州歴史紀行の河内王を参考してもらうと早いと思うけど、自分流解釈で書くと、天武天皇が没したのが686年、息子の長皇子が没したのは715年、河内王が筑紫太宰帥の赴任したのが689年(694年没)だから、年齢的にみても相当無理がある。それに、科学的な調査もろくにされないまま報告されたらしいし。。
 ただ、日本書紀にある河内王と、万葉集にある河内王はどうも同一人物である可能性が高いので、実在の可能性自体はあると思う。まあ、日本書紀なんぞ嘘ばっかりなのであてには出来ないのだが、他に資料らしい資料が見つからないので、こんな嘘八百なものでも「ないよりまし」となってしまうわけでして。。このへんが、古代を調べる際のネックになってしまいますね(´・ω・`)

 ただ、天武天皇の子供という説もちらほらあるようでして・・・・。。こうなってくると、この河内王の墓というのも眉唾となってくるのだが、「んじゃあ誰の墓なのか?」となると、「さっぱり分かりませんがな)」となってしまうわけでして(´・ω・`)


 ・・・・ま、知らないままのほうがロマンがあっていいのかもしれませんね(・∀・)
 
 いや、でも、オレの気分が悪くなる原因がはっきりしないので、どうにもしっくりこないものが・・・・

  2011年1月14日(金)
 今日は、最近問題になっている国際結婚にういて書いてみようと思います(´・ω・`)

 国際結婚とは、まあいちいち書くまでもないと思うが、一応説明しとくと、国籍の違うカップルが結婚することだ。んで、なんでこれが問題になってるかというと、どうもハーグ条約の一つである国際的な子の奪取の民事面に関する条約というのがネックになっているらしい。

 ハーグ条約とは、国際私法の統一を目的として作られたハーグ国際私法会議で締結された条約の総称で、総数は40くらいある。日本はこの会議の構成国だが、その条約の全てを批准しているわけではなく、今のところ6つだけ批准している。

 「国際的な子の奪取の民事面に関する条約」はその一つで、国際結婚して、その後離婚となった際の子供の扱いの処遇に関する条約なのだが、日本はその条約には批准しておらず、批准した国の人と結婚&離婚となった際に、問題が発生しているのだ。

 この条約を簡単にまとめると、「離婚した際に、相手の同意なく子供を国外に連れ出した場合、連れ出した親は拉致とみなされる」というものだ。これを解決するには子供が16歳になるまでその国にいるか(16歳になると、この法律は無効になる)、離婚する際に相手ときちんと取り決めをするかのどちらかしかない。
 で、今問題になっているのは、その条約を批准している国の人と結婚&離婚した際、相手の同意もなしに勝手に日本に連れ帰ってしまうということだ。

 わかりやすくするために、実際にあった事例を少し紹介しますね。
 アメリカに渡った日本人が、そのままアメリカ人と結婚し、子供をもうける。しかし、父親の虐待がひどくなり、耐えられずに離婚してしまう。で、母親は子供といっしょに日本に帰るのだが、父親は「子供を拉致した」と訴えを起こす。で、子供に会おうと来日するが、今度は母親が住居侵入等で父親を通報、逮捕となる。
 って感じだ。
 まあ、他にも、裁判で「父親に定期的に会わせるように」という判決が出ても、それを無視して日本に帰国するって事例はがあったけど、それは間違いなく論外ですから。。

 これは、子供に対する親権の考え方の違いから起きるようだ。日本は(戦後は)ほぼ母親に親権があり、父親は母親が拒否すれば子供に面会もできない。しかし欧米では共同親権が当たり前で、定期的に会う権利が裁判等を通じて話し合われているのが一般的だ。
 これは完全に文化の違いであるので、どっちが正しいのかという問題ではない。また、この条約を批准しているのがほとんど欧州や北南米に限られる。そんなものを「先進国だから日本も条約を批准しろ」っていうのは問題だろ。。日本の法律も改正する必要がある可能性もあるし(というか必須らしい??)。。

 また、先に書いたけど、父親の虐待が原因の離婚でも、母親は子供を連れて帰ることができず、おまけに慣れない国に子供が16歳になるまで暮さなければならない。つまるところこの条約は、条約を批准している国で結婚した場合、相手にとても都合のいいものであるといえる。


 ・・・・とまあこんな感じなんだけど、オレはこの条約の批准の判断にちと迷っている(´・ω・`)  確かに今の日本の慣習はおかしいが(母親に面会拒否の権利があるとか変すぎる)、だからといって、虐待する父親にも親権があり、母親も日本に帰ることができないというのも変だ。

 なので、「国際結婚する際は、相手の国の法律をきちんと確認したうえで結婚してくれ」ってのが結論です。ま、自己責任ってやつですね(´・ω・`)

  2011年1月13日(木)
 今日は久々に時事問題を書こうと思ったが・・・・なんと今朝の新聞に「仙谷が官房長官を辞任」とかってあるじゃん!


( ゚∀)キタ!!( ゚∀゚ )キタ━━━


 ウフフフフフフフ(・∀・)

 ようやっとこの時が来た。これでターゲットが一人減ったってわけだ。こういうのをみると、やっぱ草の根活動って大事なんだなってつくづく思う。
 さてさて、んじゃ次はどうなのかな?
 
 ・・・・どうやら官房長官は枝野らしい。。・・・・こいつも問題だな。なんせ革マルの幹部とお友達なんだからねぇ(´・ω・`)
 
 「革マル」ってなんぞや?思う人もいるかもしれないので、ものすご~く簡単に説明すると


   まあ、こんなことをする人たちなわけですよ(´・ω・`)

 Wikiによると、白のヘルメットに赤の縁取り、んで前面に黒でZの文字。
 これが革マルの正装だそうですよ(・∀・)


 この革マル派というのは、警察から監視されていて、このようなものを作成して注意喚起を促しているくらいだ。んで、枝野はこの革マルと覚書を交わしているんですよ。。つまり「革マルの趣旨を理解、賛同し、協力します」ってことだ。
 その辺りのことは「枝野 革マル」で検索すればいろいろ出てくるから、これ以上の説明は省くけど、警察が監視している組織が支持したような人物が議員なうえ、さらに官房長官にまでするなんてのは、オレにはもはや理解不能だ。
 
 まあ、民主党にはこの手の連中が他にも多数いるので、箇条書きでさくさく紹介しますね(・∀・)

・千葉景子 ・・・・慰安婦への補償や、永住外国人への地方参政権付与を求める市民集会に祝電。火炎瓶を投げて警官を殺傷
・岡崎トミ子・・・・税金・公用車を使い、韓国の日本大使館に対する反日デモ参加
・白眞勲・・・・韓国の為に全力を尽くす、と当選後に公言
・川端達夫・・・・外国人参政権推進、朝鮮学校無償化推進
・輿石東・・・・日本の癌である日教組の親玉
・田城郁・・・・元革マルの構成員
・前原誠二・・・・アメリカのポチ
・仙谷由人・・・・尸解仙
・管直人・・・・「沖縄は独立したほうがいい」
・小沢一郎・・・・中国人
・鳩ポン・・・・宇宙人
他多数

 って、他にも大勢いるけど、あまりに多すぎて書ききれんがね(´-ω-`)  もっと詳しく知りたい人はこちらをどうぞ。まあ、ここを見ると、売国奴は民主党だけでなく自民党にもいるので、そいつらも動きがあればぼちぼち書いていくつもりだ。ただ、その手のことってマスゴミは産経以外どこも書かないから、なかなか世に出回らないんだよね(´-ω-`)  産経自身も嘘、ねつ造記事があまりに多いからほとんどチェックしないし・・・・。。全くこまったもんだ(*´□`)

 ただし、間違ってもらいたくないのは、オレが嫌いなのはこういった売国奴であって、民主党でも社会主義思想でもないってこと。例えば、社民党の主張する外国人参政権云々や北朝鮮学校無償化を批判はするが、福祉等に関しては批判も否定もするつもりはない。ただ、民主党や社民党の大部分の主張が、日本国民<外国人であり、「日本人は悪い」という自虐史観が考動の原点にあるので、それを批判しているだけだ。
 
 ちなみに、今は民主党政権ということもあって、民主党議員を中心に批判を展開しているが、もしこれが自民党政権に戻ったら、当然自民党の売国議員を攻撃するので、そのつもりで(・∀・)
 
 売国議員に、右も左も関係ない!(笑)
 求めるのは日本国民と国益を第一に考える政治家のみ!


 どうでもいい話ですが、めちゃめちゃ面白いサイト見つけました。借力ってとこなんだけど、もう説明不要なくらい面白いので、ぜひ除いてみてはいかがでしょう?(・∀・)

  2011年1月12日(水)
 先日書いたデュアルブートの顛末をちこっと書きますね(´・ω・`)

 日曜日からデュアルブートにチャレンジしようと、オレは空いているFドライブにXPを入れてみた。どうせ失敗してももっかい初期化すればいいだけの話だと思って・・・・。。が、なぜか知らんが、デュアルブートではなくXPが立ち上がってしまう。なんでや??
 んで、もっかいデュアルブートを調べてみたら、どうやら先にXPをインストールして、それから7をインストールすればいいことが判明した(参照はこちら)。んで、オレは早速Cドライブを初期化して7を再インストールしてみた。・・・・できんじゃん(´-ω-`)  しかも、なぜか知らんがバックアップしておいたメールを復元できないヽ(´Д`。)ノ、


 いやまて。。それは非常にまずい。。これがないと、なんか合った時にしゃれにならんことになる。。仕方ないので、デュアルブートを置いといて、先にメールの復元を試みる。で、2時間後・・・・





 ふっ・・・・やっちまったぜ┐(´д`)┌





 保存メール全部復元完全不可能となりましたヽ(´Д`。)ノ





 ・゚・(つД`)・゚・ ウワァァァン





 これはやばい。さすがにやばい。ど、どどどどないしよ??

 ・・・・って、どうしようもないがね(´-ω-`)  復元できんもんはできんのだからどうしようもない。。それにしても、去年XPから7にするときはなんも考えなしにできたのに、なんで今回はできんのか、さっぱり分らん。。

 ・・・・あ゛~。。もうね、も~メールは諦めました。。んで、仕方ないので、デュアルブートに戻ることにします(´・ω・`)


 さて、7をインストールしたら、今度は7しか立ち上がらなくなったので、今度はそれをどうにかしなくてはならない。んで考えたのが、1つのドライブを2つに分けて、それぞれにOSを入れる方法だ。早速オレはPartition Wizardというソフトを入手して、CドライブをCとGに分割。で、先にGにXP、その後Cに7をインストールしてみた。

 ・・・・できんじゃんヽ(`Д´)ノ

 おいおい、一体どうなってるんだ??どこのサイト見ても、XP→7の順番でインストールしたら、デュアルブートできるって書いてあるぞ。お前らそろいも揃って嘘書いてんじゃねーよ( `д´)   いや、しかしなぁ。。夏に実験したときはできたんだよなぁ。このときはデュアルブートとは知らずに不具合と勘違いしてしまったけど、あの時は確かに出来たんだよ。んじゃなんぜ今回はできないんだ??

 う~~~~む(´-ω-`)  さっぱり分らん。分らんが、とりあえずデュアルブートできないことだけは理解できた。それと、GドライブのXPが53ということも。。なので、さくっとGドライブを消去し、Cドライブに併合させ、Cの7を普通に使えるようにして、とりあえず終了。サイトもなんとかアップ出来るとこまできた。
 後はメールの復元だが、覚えてる範囲でもっかいメール送ってもらうしかないので、とりあえずそれでいくつか復旧完了。覚えてないのは・・・・まあなんとかなるでしょ(´・ω・`)


 さて、現在この状況なわけですが・・・・今後どうするかねぇ(´・ω・`)  EドライブにXPを入れてみるか、もう諦めるか・・・・。。またXPしか立ち上がらなくなったら嫌だしなぁ・・・・。。ああ、そういえば、後からXPをインストールした場合、コマンドプロンプトでデュアルブートできるとか書いてあったっけ。

 ・・・・ま、ダメもとでやってみますか。ブートHDDはバイオスで設定できるってどこかに書いてあった(気がする)し。どうにもダメダメなら、もっかい全部やり直せばいいだけだし。というわけで、もっかいチャレンジしてみます(・∀・)

 これで更新が数日なかったら・・・・ご想像におまかせします(´・ω・`)


追記・・・・ウィンドウズライブメールが、なぜか受信はできるのですが、送信ができない状態。訳分かりません(´・ω・`)
さらに追記・・・・22:00現在、室温13.5度。。寒いっすヽ(´Д`。)ノ

  2011年1月10日(月)
 結構あちこちで2012年の事が騒がれてますね。どんな話題かというと、世界中の大国の指導者が一気に入れ替わるらしいのです。
 具体的に書くと、2月にロシア、春にフランス、秋に中国、11月にアメリカと、なんと来年だけで常任理事国のうち4カ国の指導者が交代するらしいのです(再選の可能性もあるが)。んで、巷では来年の事を「パーフェクトストーム」と呼んでるそうです(´・ω・‘)
 ついでに書いておくと、3月に台湾、4月に金日成生誕100周年(金正日から金正恩への代替わりとの噂)、12月に韓国と、東アジアの指導者も軒並み交代するようでして、来年は目が離せない年になりそうです。
 んじゃあ、今年はつまらないかというと・・・・もちろん不明だ(´・ω・‘)  とりあえず今のところ大きな動きは見られないが、気がついたことがあったら気まぐれで書いていこうと思います。。
 
 ああ、そういや、書き忘れたことがあった。2012年に当然日本も交代すると思われます(´・ω・‘)  つまり、2012年は、東アジアの指導者が全て交代するってことですね(・∀・)

  2011年1月9日(日)
 年が明けても、いまだに民主党内で内ゲバが続いているようですね(´・ω・`)  たぶんほとんどの人がもう小沢なんぞどうでもいいと思っているだろうに、いまだに空き缶は「小沢を追い出せば支持率が上がる」という幻想を抱いているようです。すでに空き缶政権は尖閣問題で死に体の状態であり、今更小沢問題が解決しても支持率なんぞ上がるわけがないのに、それに全く気付かないところがちょっと憐れに見えてしまいますね(´・ω・`)

 まあそれはともかく、ここまでこじれてしまったら、民主党はもう修復不可能でしょう。何をするにせよ、こんな状態では党内ですら話がまとまらないだろうに、それでも同じ党を名乗るなんて、どう考えても滑稽に見える。
 もうさ、ここまできたら離党しかないでしょ。それも小沢一派だけじゃなくて、鳩ポン一派も離党すればいいんだ。すでに小沢と鳩ポンは切っても切れない関係であり、今更こいつらがそれぞれ別行動なんてありえない。なんだかんだで金魚のフンはそれなりの数だから、それなりの影響力はあるだろう。
 んで、そこで他の野党と組んで、内閣不信任案でも提出すればいい。現在、民主306、自民116人、公明21人、他30人ちょっとだから、70人ほど離党すれば不信任案が成立する。・・・・ちときついかね??(´・ω・`)  まあ、迷う連中はいるだろうが、民主党内に不満分子が結構いそうだから、そいつらに小沢&鳩ポンマネーをばら撒けば、それなりについてくるはず。どうせ1年生議員なんて貧乏だろうし、イデオロギーなんぞ持ち合わせちゃいないだろうから、尻尾振ってついてくるだろう。
 もちろんその後で衆議院解散で、おそらく自民党の谷垣が総理になるだろうが、それも能力不足で1年持たないでしょう。。というか、今の議員のレベルでは、誰がなっても1年持たないだろう。が、それでも今の空き缶よりはいい。とりあえずの目標は空き缶政権の打倒なんで、その後のことはその時に考えればよろし(´・ω・`)

 ・・・・というのが今年~来年あたりのオレの希望するシナリオだが、先に書いたとおり、今の議員のレベルでは誰が総理になっても1年持たないでしょう。。なんでって、今の議員の中心って、戦後の自民党の長期政権のもとでずぶずぶに平和ボケしてしまった連中ばっかりで、まるで危機意識の乏しい連中ばっかりだから。平和というのはとてもいいことで、文化的にはとても成熟するが、反面政治や軍事に関しては怠惰で無能な人間しか生み出さない。それは江戸時代と全く一緒だ。
 たぶん、今の時代は、新しい時代への過渡期なんだと思う。ちょうど江戸末期に黒船が来たように、今度は中国が尖閣にやってきたというわけだ。江戸幕府は倒れ、明治政府は50年かかって日本を完全に独立させたわけだが、今の日本はどうだろう?50年かけてアメリカから独立できるだろうか?中国包囲網を作って、日本の国益を十二分に主張&確保できるだろうか?そして、それだけの長期ビジョンを描ける人間がいるだろうか?

 ・・・・無理だろうなぁ。。高齢化で、変化を嫌う連中がますます増えるから。新しい日本云々主張する人が選挙で勝てなくなっちゃうからなぁ。この辺りは金融日記の若者が搾取される理由を参照してもらえれば分かりやすいと思う(一部納得できない文章もあるが。。)けど、こんな状態では新しい日本なんぞ作れるはずがないんだよね(´-ω-`)


 ・・・・ちょっと大規模なガラガラポンを期待してしまったオレでした(´・ω・`)

  2011年1月7日(金)
 去年書いたとおり、OSをWindows7にしたのだが、いくつかのソフトがWindowsXPしか使えないので、ちと困っている。まあ、どうしても使わなくてはいけないソフトではないのだが、あればあったで便利なので、7とXPが両方使えないか調べてみた。・・・・すると、別々のパーティションにOSを入れれば、両方使えることが分かった。これをどうもデュアルブートと言うらしい。。

 んでは早速いつものごとくレッツチャレンジ!・・・・ってまだしてませんがな(´・ω・`)  いやね、どこのHDDに入れようか迷ってるんですよ。。オレの現在のHDDの構成はC,D,E,Fの4つで、そのうちCに7が入っていて、Eが完全に空の状態なのだが、Cをパーティションを分けて入れるか、空のEに入れるかのどちらかなんだが・・・。。う゛~~~~ん、悩ましいぜ(´・ω・`)


 そういえば、ちょっと探し物している最中に、いいサイトを見つけたので紹介します。

 K本的に無料ソフト・フリーソフトっていうサイトなんだけど、ここって無料のソフトを大量に紹介してるんですよ。しかも実用的なものばかり。掘り出し物が結構あると思うので、一度見た見ることをお勧めします(*´∀`*)ゞ

  2010年1月6日(木)
 最近ガソリンの値段が高いと思ったら・・・・

 徐々にWTIが上がっているようです。。

 ちょっと表がでかすぎな気がしますが
 リーマンショック頃のWTIの大暴騰&大暴落を
 見せたかったので、あえてでかくしました。

 ちなみに、これ以上小さくすると、
 数字が分からなくなってしまうので
 どうしようもありませんでした(´・ω・`)

 が、やっぱでかい・・・・


 ちなみに、なんで上昇しているかは不明です(´・ω・`)

 ああ、知らない人はあんまいないと思うけど、WTIってのは「米英軍によるイラク攻撃を侵略とみなし、イラクで戦争犯罪が行われたと考える世界の反戦平和運動が提唱している民衆法廷運動」・・・・ではなく、ウェスト・テキサス・インターミディエイトの略で、アメリカのテキサス州を中心に産出される原油のことだ。ちなみに、世界の原油の1~2%、アメリカの原油の6%のシェアがある。
 世界にはアラビア産の原油や北海産の原油等世界各地にあるのだが、それらを差し置いて、このWTIってのが世界の原油の基準価格になるのだが、割合を見る限りWTIのシェアは、大した数字ではない。というか、ほとんどアメリカ市場だけで消費されるマイナー原油にすぎない。ではなんでこんなしょぼい産出量しかない原油が基準価格になるかというと、硫黄分が少ないから。。つまり、不純物が少ない良質の原油だから、基準価格になるってわけだ(他の質の悪い?原油はWTIよか少し安くなるってこと!)。

 日本のガソリンはほぼアラビア産の原油なわけだが、このWTIをもとに価格が決められるので、WTIが上がれば当然アラビア原油も上がる。それに為替が関わってガソリン価格が決められるのだが、その価格が反映されるのはおよそ2ヶ月後くらいなので、まだまだガソリン価格は上がり続けるでしょう。。

 当然のことだが、いつまで上昇するかは不明だ(´・ω・`)

  2011年1月5日(水)
 今日のNHKの番組で、低体温と冷え性が違うってなことを言っていた。ちょっと適当に聞き流していたのであんま詳しくないが、どうも低体温とは体の内部の体温が下がることで、冷え性とは体の内部の温度を上げるために手足が冷える症状・・・・らしい(´・ω・`)

 これだけではちんぷんかんぷんなので、もう少し具体的に書きますね。

 低体温とは、主にアルコールの飲みすぎ、糖尿病、心臓病等によって引き起こされる症状で、読んで字のごとく平熱が下がって35度くらいになるので、体の免疫力が下がり、病気になりやすくなります。もし体温を測ってあまりにも低かったら、食生活の改善や適切な運動を心がけたほうがよろしいかと(´・ω・`)
 
 んで、冷え性とは、体の内部は温かいが手足が冷える症状なのですが、これは手足が冷えて、手足の血管にまで血液がまわらないのが原因です。つまり、冷え症とは単なる血行不良にすぎないのです。ぶっちゃけ言うと、冷え性とは冷え症ではありません。つまり、病気ではないのです。。

 よく「冷え性の人は手足ではなくお腹を温めたらいい」とか書いてあるけど、個人的にはそれは単なる一時しのぎに思える。んじゃあどうしたらいいかというと、去年書いたとおり、オレはエアコンの温度を下げ、無理やり寒さに慣れるという強硬手段によって、冷え性を克服した。もしどうしても冷え性を克服したい方は、是非お試しあれ(*´∀`*)ゞ   ちなみに、現在のエアコンの設定温度は19度になりました(・∀・)

 しかしまあ、両方の症状に言えることですが、食生活の乱れと運動不足が原因のようです。栄養のあるものを食べ、家でおこたの中でごろごろせずに少しは体を動かせってことですね(´・ω・`)

  2011年1月1日(金)
 明けましたね(´・ω・`)  正直全然おめでたいと思わないのですが、明けてしまうのはどうしようもないので、受け入れるしかないのがつらいです。。これで「来年はもう1年2010年だ!」とかなったら面白いのに、有史以来そのようなことは1度たりともないのがつまらないですね(´・ω・`)  

 ところで、新年早々ですが、オレのテレビのリモコンがどうにも調子悪いのです。。どう悪いかというと、例えばBS-1のボタンを押すと、なぜか地上波アナログのチャンネルに飛んでしまうのですヽ(´Д`。)ノ  うちはとっくの昔に地デジに変えてるから、当然画面はガーピーガーピーな状態なわけでして。。しかも、1回だけなら分かるけど、もっかいBSに戻して別のボタンを押しても、地上波に飛んでしまうし、テレビをつけ直しても直ってないし・・・・。。なんというか、単純だが面倒な状態なわけですよ。。
 とりあえずしばらく様子見して、どうにもだめなら持ち込みですかね?(´・ω・`)  たぶんまだ保証期間内のはずなので、なんとかなる・・・・と期待だ(・∀・)

 そうそう、今年は何気に目標を立ててみました。どんな目標かというと・・・・マイペースで頑張ると、空き缶政権を叩き潰すです(・∀・)   人間やっぱ無理はよくないので、自分のペースで空き缶政権にプレッシャーをかけていくのが1番だと思いますのでね(・∀・)

 まあ、年初早々アホ丸出しのエントリーですが、今年もよろしくお願いします(*´∀`*)ゞ