つぶやき2019

つぶやき2019


  2019年5月9日(木)
ナゾロジーより転載。宇宙の「冷たさ」から電力をつくる装置が発明される

---

スタンフォード大学の研究チームは、宇宙の絶対零度を利用した電力の発電に成功したと発表した。地球と宇宙との温度差を利用し、地表から放出される熱を採取することで電力が作り出されるというものだ。今回の実験で得られた電力は微量だったが、改良を重ねれば太陽光のない夜間の発電も可能になるという。

研究の詳細は、4月23日付けで「Applied Physics Letters」上に掲載されている。

Experimental demonstration of energy harvesting from the sky using the negative illumination effect of a semiconductor photodiode
https://aip.scitation.org/doi/10.1063/1.5089783

熱の放出を利用した発電

研究チームのシャンフィ・ファン氏によると、この発電機はソーラーパネルの仕組みと見事に対照的になっているという。
ソーラーパネルは外部から入って来る太陽光を利用して発電するが、日光がなければ発電できないという明確な欠点がある。

しかし今回の発電機は、太陽電池のように入射する放射線を利用するのではなく、地球と宇宙との温度差で放出される熱を利用する。
宇宙の絶対零度ー正確には3K(摂氏-270.15度)ーと地球表面との間には大きな温度差が見られる。そこでフォトダイオードの装置を空に向けると、宇宙との温度差で地表から出ていく熱を捕獲できるという理論だ。

これによってソーラーパネルの生み出すものと同種の電力が得られるという。

実用化への道のりは遠い

実験の成功にもかかわらず、得られた電力量は予想していたものを大きく下回る量だった。
当初の計算では夜間の発電も賄える分量の4ワット/平方メートルが得られると推測していたが、実際に得られたのは64ナノワット/平方メートルという微量の電力。
これはソーラーパネルが平均して100〜200ワット/平方メートルの電力量を生み出すことを考えれば、実用化には程遠いことが分かる。
原因は地表から放出される熱を効率的に採取できたなかったためとのこと。しかし宇宙の冷たさから電力を直接的に作り出せると証明できたのは、非常に大きな進歩だろう。
夜が2週間も続く月面などで利用できれば、今後の宇宙ミッションにも役立つかもしれない。


---

 ほほう。地球と宇宙との温度差を利用した発電とな。これはすごい。これが実現すれば、ここで書かれているようなソーラーパネル的なものだけでなく、コンクリやアスファルトのような熱を吸収する物質で効果ありそうだ。

 ただ、電力は微量と言ってもいいレベルなので、実現は相当先の話になりそうですな(´・ω・`)

  2019年4月30日(火)
ネット上の拾い物。

アメリカ合衆国➡︎ソビエト社会主義共和国連邦へのレンドリースの量

航空機 14,795 戦車 7,056 ジープ 51,503 トラック 375,883 オートバイ 35,170 トラクター 8,071
銃 8,218 機関銃 131,633 爆発物 345,735 トン 建物設備 10,910,000 ドル 鉄道貨車 11,155
機関車 1,981 輸送船 90 対潜艦 105 魚雷艇 197 舶用エンジン 7,784 食糧 4,478,000 トン
機械と装備品 1,078,965,000 ドル 非鉄金属 802,000 トン 石油製品 2,670,000 トン 化学物質 842,000 トン
綿 106,893,000 トン 皮革 49,860 トン タイヤ 3,786,000 軍靴 15,417,001 足


天皇が今日で退位された。平成も終わり。そして、明日から令和になる。
それに伴い、俺もブログを引退した。もう十分かと思えば、実際は書き足りない事は山ほどある。しかし、もう疲れた。この2年ほど続く頭痛と耳鳴りで、もう限界。どこぞの誰かにいいように使われるのも、もうたくさん。
だからこれからは、このサイトのみで、のんびりしていこうと思う。

  2019年4月23日(火)
沖縄の在日米軍問題を解決する方法を考えてみた。

1:憲法9条を改正し、自衛軍を創設
2:在日米軍の一部を撤退させ、その穴埋めを自衛軍が補填
3:日米地位協定を改正し、米軍兵士を日本の法律で裁く
4:沖縄各地にある米軍キャンプを沖縄に返還する

・・・・

全部無理か。

  2019年4月16日(火)


これはひどいな。
まだ正確な情報ではないが、どうやらノートルダム大聖堂は修復中で、その際に何らかの不具合があったのではないかと考えられている。
ただ、火事が起こったのは夕方だったので、作業中かどうかは微妙な気がするし、火元は屋根裏という話もあるが、これもまだ予想の話。
・・・・もう少し情報が出てこないとどうしようもないな。。

んでさ、ふと思ったが、日本の建物には大抵火災報知器がついてるし、大きな建物にはスプリンクラーもついているはずだが、フランスにはないのかなって思てしまった。・・・・って、ないんだろうな。。

ノートルダム大聖堂は1163年に着工し、1225年に完成した、歴史ある建物だ。シリアやアフガンもそうだが、このような歴史的な建造物が失われるのは何とも悲しいものがある。できることなら、時間はかかってもいいから、元通りに再建してほしいものだ。


・・・・ちと気になって日本の文化財保護に関して調べてみたら、文化財保護法があった。が、これって昭和25年制定か。さすがに古臭くないか??さらっとしか見てないが、どうも防災に関する項目はない気がするし。
日本の文化財も火災で失われないように、重要な建物にはスプリンクラーや放水銃等の防災設備を常備するような法律が必要だろ。いや、やってるところは既にやってるかもしれないけど、法律で強制的にでもしないと、失ってからでは遅いからな。

  2019年4月14日(日)
ベンチマークを試してみたぞ。

まずはメインとサブのスペックから。

メイン
CPU:Core i7-8700
グラボ:GeForce RTX2060 6G
メモリ:20GB

超高性能というわけではないが、必要十分なスペックかと。

サブ
CPU:Core i7-2600
グラボ:GeForce GTX 1060 3G
メモリ:8GB

グラボとメモリはそこそこだが、さすがにCPUがあれすぎる(;・∀・)


で、ベンチマークですが、FireStrike(高性能ゲーム用パソコン用)で試してみた。なんでって、特に意味はない。先にサブでやった時に、たまたまFireStrikeだったから(ちなみに、負荷がかかりすぎたのか、サブで1回堕ちた)。


さて、お待ちかねの結果ですが…

メイン:17165
サブ:9682

となりました(検証サイト等でよくある対比グラフは割愛)。
なんと1.8倍弱の性能!
んん~。さすがに性能差が違いすぎる。


3DMARKにはFireStrikeの他にも様々なベンチマークがあるので、興味がある方は試してみてはいかがでしょう(´・ω・`)

  2019年4月11日(木)
いろいろ(初期不良)あったが、新PCが日曜に到着し、本日ようやっと2PC体制が構築できたので、その顛末を書いておく。

1:新PCにメモリを増設しつつ、セットアップ
2:1マウス+キーボード+ディスプレイで2PC体制を構築
3:PC間をUSBで接続し、データ移動→諸事情あり失敗
4:やむを得ず、大容量USBメモリを購入し、データ移動
5:本日全行程完了

・・・・ってな具合だ。
その間にあちこちの情報に踊らされたり、古い情報をそのまま信じていたりで、少々無駄な出費をしてしまったが、それは授業料と割り切る事にした。
まあ、新PCはメインで、旧PCは主に溜め込んだデータ(尋常ではない量)のアーカイブと、旧ゲーム(ウィンドウズ10で動作しないもの)関連なんだけどね。
・・・・ん?そういえば、ノブヤボ創造PKは10で動いたな。まあ、2013年発売だから、そこまで古くないからかな(大志?あれはクソゲーらしい)。

それはそうと、新PCの増設HDDの性能があまりに53すぎる。。とにかく書き込み速度が遅くて、USBメモリで30分くらいの量が、HDDだと5時間以かかるんだよ。。さすがは無料キャンペーンという名のジャンクパーツ処理。安かろう悪かろうは所詮そんなものか(´・ω・`)

  2019年3月31日(日)
長らくウィンドウズ7を使ってきたが、今年いっぱいでサービス終了ということで、やむなく新しいパソコンを先日購入、今日届いた。まあ、そろそろ8年くらい経つから、買い換えるにはいい時期なんだけどね。

んで、早速接続してみたが・・・・あれ?電源は動いているのだが、ディスプレイは反応しない。おかしいと思って中を見て見ると、SSDがないでやんの。。
仕方ないのでサービスセンターに電話してみると、どうやら最近のSSDはマザボと一体化しているらしい。

( ・ω・)モニュ?
んじゃあ、なんで動かないんだ?

・・・・ってなわけで、そのままサービスセンターとやりとりした結果、まさかの初期不良と判明。

初・期・不・良!

いや~、PS2買った時のソニータイマー以来だよそんな言葉聞いたの。

ああいや、別に怒っているわけではないよ?ミスは誰にでもあるし、機械の故障もめずらしくない。これは事故であり、誰のせいでもない。ただ、メモリを刺し直したり、接続実験を何回も繰り返した事が徒労になった事が少し空しくなっただけだよ。

ハハハ

  2019年3月30日(土)
かなり昔、おそらくこのブログを書く前くらい、北方領に関して「安倍-プーチン間で2島返還ならできる。まずは周辺国(中露南北朝鮮)の脅威を減らす事が重要」的な事を書いた。
しかし、その当時とは状況がかなり変わり、もはや北方領土交渉はかなり厳しくなってしまった。

まず起こったのが、EUでの難民の受け入れ問題だ。シリアやパキスタン、アフガニスタンから北アフリカまで、かなりの数の難民がEUに押し寄せた結果、それに反発した加盟国で極右勢力が台頭し、難民排斥の動きが起こったのだ。このナショナリズムの高まりはロシアに飛び火し、プーチンといえでも、日本に妥協しにくくなってしまった。

また、プーチン自身の問題もある。年金改革を実施しようとしたらプーチンの支持率が激減し、70%程度だった支持率が、30%にまで落ちてしまったのだ。そんな状況で日本に妥協すれば、いかにプーチンと言えども首が飛ぶ。

正直、現状での北方領土の交渉は限りなく難しい。プーチン後、ロシア経済が破たんした際に金を払って取り戻すか、プーチンレベルのカリスマが現れロシア国民を納得させるか、はたまた世界大戦が起こりそのどさくさで取り戻すか。どうなるにせよ、一筋縄ではないだろうね。

あと、ロシアが北方領土返還後、アメリカがそこに基地を作るのではと言ってるが、これは完全に杞憂だ。アメリカは徐々に各地の基地の規模を縮小しているし、そもそも北方領土に基地を置くくらいなら、北海道の北部あたりに置いたほうが、はるかにましだろうからな。三沢に基地もあるしね。


イギリスのブレグジット、EUの内部分裂、支那の経済問題、アメリカの白黒問題の再発等、世界中で様々な問題が噴出している。徐々に不安定化する世界がどうバランスをとっていくのか。なかなか難しい情勢が続きそうだ。

・・・・何?北朝鮮?あそこは更地にするのがベストだぞ。人道?知らんがな(´・ω・`)

  2019年3月27日(水)
現在の横並びの義務教育が限界に感じるので、今後日本が生き残る為の教育制度を書いていこうと思う。

・留年の導入
早熟な子供はともかく、晩成型の子供はどうしても授業に遅れがちになってしまう。これはその子の頭が悪いわけではなく、性格的な問題である。例えば分数が理解できないまま上級生になると、その先の少数や二次関数等も理解できないままどんどん年をとってしまい、いずれ他の教科もついていけなくなり、いわゆる落ちこぼれになってしまう。それよりも、理解できるまでじっくり勉強させたほうが、その子にとってもプラスになるはず。
留年制度を取り入れたオランダでは親からの反対やいじめ等もあり最初はうまくいかなかったそうだが、今では留年は当たり前の制度になってるそうだ。そもそも、大学では浪人や留学なんて当たり前なのに、なんで義務教育では留年はタブーなんだ。おかしいだろ。。おそらく日本でも最初は混乱があると思うが、一世代くらい経てば、徐々に浸透していくと思う。
今の馬鹿みたいな横並びな教育が、落ちこぼれを生んでいる最大の原因。・・・・とここまで書いてて気づいたんだが、オランダでは学力だけではなく、日常生活レベルでその学年のレベルに達してない子供を留年させるんだそうだ。おまけに、留年する事に親も本人も不満がないという。いいかげん、画一的な順送りシステムではなく、その子レベルに合った教育をさせるべきだ。
あと、オランダでは留年と同時に飛び級の制度もあるが、これについては今回は不勉強なので、ここでは割愛する。

・文理選択の早期導入
当然だが人には個性があり、超大雑把に分けると、文系人間と理系人間に分けられる。・・・・もちろんアーティストのようにそれ以外の人間もいるが、それはとりあえず除外しておく。
んで、学校によっても時代によっても違いがあるかもしれないが、俺の場合では高2の時に文理の選択があった。はっきり言って、これでは遅いと思う。いや、今がどうかは知らないが。。ちなみに、先のオランダでは中等教育、12歳で将来の選択をするんだそうだ。・・・・が、さすがにこれは早いと思う。個人的には中学2年くらいがベターだと思っている。
なんでこんな事を書いてるかと言うと、AIはもちろん、化学や物理、自動機械まで、ありとあらゆるところに理系の力は欠かせないからだ。というか、今後日本が生き残るには、絶対に必要な政策なわけ。そういった理系人間を育てるためには、高校では遅すぎるんだよ。
はっきり言って、今後の日本には、文系はほとんどいらない。せいぜい国語、社会、英語に携わる人だけでいい。それ以外は全員理系を目指すべき。それも、できれば半強制的にでも、理系を増やす。もちろん本人の意思が一番重要だが、ある程度オールマイティに学科をこなせるような人材は、できるだけ理系分野に進ませるようにすべき。
今の日本には、科学者や技術者が圧倒的に足りない。今のままだと、間違いなく日本は衰退する。というか、今現在確実に日本の競争力は落ちている。人口減少時代、いかに効率的に貴重な人材を活用できるかが、日本の重要な課題だろう。

・道徳教育
昔の修身と言えば言いすぎだが、道徳教育も必要だと思う。戦前はある程度のしつけは親の役目だったが、それを放棄してしまっている親が結構いる。何が良くて何が悪いかを、1から教える必要がある。そうしなければ、日本人のモラルはますます低下してしまうだろう。


つらつら書いてみたが、とりあえずはこんなもんか。まあ、どれだけ書いたところで、先の読めない無能政治家や、現状維持しかできない官僚には理解不能だろうが。。
20年先を見ていると、日本の将来に明るい兆しなどどこにもないが、備忘録的に一応残しておく。


・おまけ
最近・・・・というわけでもないが、教師による生徒への猥褻行為が多発している。うらやま・・・・いやいや、実にけしからん行為だ。最悪、子供はトラウマとなって、男性不信とかなりかねないではないか。各学校は、ロリコン禁止の一環として、定期的にロリコン適性テストを導入して、猥褻行為を未然に防ぐべきだ。

  2019年3月26日(火)
 タイトル通り、こそ~りツイッターを復活させてみた。まあ、復活と言っても昔の垢は消してしまったので、新垢になるわけだが。。正直、一からフォロアーを増やす作業が死ぬほど苦痛だが、こればかりはどうしようもないので、ぼちぼちやっていこうと思う・・・・思う。

 それはそうと、ちろっとやってて思ったのが、右も左もアクセル全開で、コメントを見ていて寒気がしてしまったって事。飽きもせずにいつまでも「アベガー」、「朝鮮ガー」。「支那ガー」と叫んでいる。

 もう少し理性的になればいかに自分が恥ずかしいコメを連発してるか分かりそうなものだが、そういう連中ばかりが固まって叫んでいると、なかなか難しいのかな。同じ思考の持ち主同士で意識を共有できるってのは、居心地がいいだろうし。

 ・・・・そう考えると、中立を是とする俺の立ち位置はヒジョーにビミョーなんだよな。同じ立ち位置の人ってすごい少ないし、時事に興味がない人相手につぶやいても、誰も見ないし。この状況でどれだけフォロアーを増やすことができるのか。。先行きが不安だ。


https://gigazine.net/news/20180913-eu-approve-controversial-copyright-directive/

EUでリンク税なるアホな法案を審議中らしい。

「改正著作権指令第11条は、「加盟国は、加盟国のパブリッシャーに対し、情報社会サービスプロバイダによる報道出版物のオンライン利用に対して、情報社会指令第2条及び第3条第2項に定める権利を付与しなければいけない」と規定しています。これは、外部のウェブページ上にリンクを貼る行為を複製権や公衆送信権の対象にすることで、ウェブ上のコンテンツの権利者に著作権料の請求権を認めるものです。リンクを貼る行為に対して使用料が請求される可能性があることから「リンク税」という呼び名で広く知られるようになったこの条文ですが、著作権料を請求できるのは出版社などのコンテンツ制作者(権利者)でありEU加盟国(行政)ではないので「税」ではありません。より正確には「被リンク利用料請求権」のような内容ですが、一般には「リンク税」と呼ばれています。」

つまり、リンク元のブログ主が、リンク先のメディアなりに著作権料を払うってことになるんですが。。
たかだかブログ作るのに、いちいち個人やクレカの情報を登録する必要があるとかちょっと考えられないし、今現在匿名でブログを書いてる人とかどうするんだと。。それに検索エンジンとかどうなるんだ?グーグルで「自民党」で検索したら、3300万もヒットしたんだが、これ全部に著作権料払うことになるのか??

・・・・ここまですると、完全にインターネットそのものの否定なんですが。。法案作ってる人、頭大丈夫か?

  2019年3月25日(月)
 体調が悪くて1年以上何もできない日が続いた。というか、今もきつくて、正直何をするにもきついし、何もする気が起きない。ただ、このままでは完全に腐ってしまうので、少しずつでも元に戻ろうと、筆をとることにした。
 
 とりあえずやった事は、ブログとツイッターの復活。特にツイッターなんてまた1からフォロアーを集めないといけないから、たまったもんじゃない。ほんと、何をするにしても全てが裏目に出ているが、今はできる事を地道にやるしかない。

 ・・・・いろいろと頭が痛いな(;´Д`)